MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
30㎝オーバーの良型デコダイ連発!アジも好調!【外房・飯岡沖】

30㎝オーバーの良型デコダイ連発!アジも好調!【外房・飯岡沖】

周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!

perm_media 《画像ギャラリー》30㎝オーバーの良型デコダイ連発!アジも好調!【外房・飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

今年は当たり年でアジも好調! メリハリを効かせたシャクリで 良型デコダイの数釣りを楽しもう!!

良型主体で絶好調! 数釣りが期待できる

今年は桜の開花が早かったが、千葉県飯岡沖のハナダイの調子の上がり方も負けてはいない。

早くも絶好調モードに突入し、良型主体に釣れ盛っている。

その攻略法を飯岡港「龍鳳丸」の佐藤純基船長に聞いてきたので紹介していこう。

「この時期としては例年以上に型が良いので、釣った人はビックリすると思うよ。本来なら手のひらサイズが多い時期なんだけど、上がってくるのは25㎝から30㎝前後の良型ばかりで、日に日に数も伸びているからね。これから梅雨に向かって、どんどん活性を上げてサイズアップしてくるんで、今後も楽しみだよ」と船長も期待を寄せている状態だ。

そんな良型ハナダイが釣れているポイントは漁礁周り。

水深30m前後と浅く、釣りやすいので入門者やビギナーでもバッチリ楽しめると船長はいう。

「釣り方もさほど難しくないし、うちは誰もが楽しく釣れるよう経験に合わせた仕掛けを用意しているからね。大船に乗ったつもりで遊びに来て」とのこと。

ちなみに今年は東日本大震災以降、低迷気味だった美味しいアジ(身幅の厚い25㎝クラス)が復調し、お土産になっているのも嬉しいポイントといえる。

では、さっそく攻略法に入ろう!

60号ビシを背負える ライトタックルが主流

この釣りを楽しむためのタックルから紹介していこう。

「龍鳳丸」のハナダイ釣りは、アミコマセを使用するシャクリ釣法で、使用するビシはFLサイズの60号。

そのため竿は60号ビシが背負えることが第一条件にあげられている。

「一日手持ちで誘い続ける釣りになるので、軽くて短いものが理想的だよね。ちなみにお客さんの大半は、長さ2m前後のLT用、もしくはゲームロッドを使っているよ。最近のこの手の竿は感度がすこぶる良いから、アタリも取りやすいし、何より魚の引きも強く感じるんで釣っていて楽しいと思うよ」と船長が教えてくれた。

カゴに詰めたコマセをシャクって、まきながら釣るので、竿の調子はコマセを振り出しやすい7対3から6対4調子をセレクトするといいだろう。

リールは、ポイントの水深が30m前後のため、小型の両軸リールで問題ないが、手返し重視で小型電動をチョイスする人もいる。

ちなみにこれから暖かくなるにつれハナダイはサイズアップしてくる。

35㎝を超えるデコダイ(オデコが突き出る)ともなればマダイに負けないくらい引きが強烈になるので、両軸も電動もドラグ性能のいいものを用意して挑むことをおススメする。

道糸はPE2~3号だ。

60号のビシが背負えるゲームロッドと道糸PE2~3号を巻いた小型両軸リールで挑もう

ビシの窓調節とその他の小物について

続けてビシの窓調節の話もしておこう。

当地のコマセはアミコマセを使用するが、このコマセはオキアミコマセに比べるとビシから出やすく、窓調節を誤るとタナを探っている(後に説明)途中で無くなり、この釣りでキモとなる仕掛けとコマセの同調ができなくなるので要注意だと船長はいう。

「コマセのまき過ぎは、同調できなくなるだけでなく、ハナダイのお腹がすぐ一杯になって食いが悪くなるからね。振り出したコマセで魚を寄せると同時に、ウイリーやエサまで食わそうというのがこの釣りの妙味で、それを実現するには、下窓は全閉。上窓を1/3分の程度開けて、まずは様子を見るのがセオリー。それで指示範囲のタナを2往復探って回収し、少々余っているというのが理想的」とアドバイスをくれた。

テンビンは腕長35㎝前後のものでOK。

クッションゴムは、太さ1.5㎜。長さ20~30㎝が標準で、40㎝オーバーの大型が頻繁に顔を出すようなら50㎝を使うようにしよう。

使用するビシはFLサイズの60号。その窓調節は上1/3開け、下は全閉が基本だ

船宿では3種類の仕掛けを用意

コマセシャクリのハナダイ釣り使われる仕掛けは、ハリに化繊を巻いた疑似バリのウイリー3本と一番下に空バリ1本を付けた全長2.5~3mが一般的だが、「龍鳳丸」では、空バリ3本の全長2.5mをイチ押しで推奨している。

「確かにウイリーと空バリのハイブリッド仕掛けは、手返しも早く、エサ取りにも強い、空バリにエサを付けるからウイリーへの反応が薄いときでも保険がきくなどメリットはたくさんあるよね。ただし、それはシャクリが上手にできて、仕掛けとコマセの同調をイメージできる人が使える武器だと俺は思っているんだ。実際、上手くシャクれない人が使うと、空バリのオキアミにだけヒットしてくるからね」と船長。

なお船長の考えは、誰もが楽しく釣れることを前提に船を出すことにある。

「その点、エサのオキアミを付ける空バリ3本仕様の仕掛けは、シャクリがぎこちなくてもオレが指示するタナの中にエサが入っていれば、ハナダイが食う確率があるからね。初めて乗船してくれたお客さんの腕前なんてわからないでしょ。だからオレはこの仕掛けを第一に押しているんだ」とその理由を説明してくれた。

ちなみに、全く経験のないお客さんのために、最も簡単な胴付き2本バリ仕掛けも用意しているとのことなので、入門者でも安心して楽しみに行ける。

仕掛けは、幹、ハリスとも2~2.5号。ビギナーは空バリの3本を推奨。慣れた人はウイリー。

空バリにはエサのオキアミ付ける

振り出したコマセの中にハリを入れて食わせる

ここからは、実釣編に入ろう。

まず最初に覚えたいのは、攻略の〝はじめの一歩〟となる『仕掛けを絡ませずに投入する方法』だ。

前述した通り、「龍鳳丸」の仕掛けは全長2.5mとビギナーが扱う仕掛けとしては幾分長目となるので、前項の仕掛けイラストを見てイメージトレーニング。

しっかりマスターしておこう。

続いて覚えたいのが、この釣りの最重要課題となるコマセと仕掛けの同調法になるが、やることは上のイラストで解説している通り、3工程のみと超カンタンだ!

「ビシをシャクって、止めて待ったら、リールを巻いて次のシャクリに入る〟を繰り返すだけだからね。難しく考えず、シャクってまいたコマセの煙幕の中にエサを付けたハリやウイリーを次々と入れていくイメージでやってみると上手くいくので実践してみて。ちなみにこの釣技は、習うより、慣れよ!だよ」と船長。

なお注意点は、メリハリをつけて3つの工程を行うこと。

コマセはビシをシャクリ上げて止めた時にフワッと出るし、止めも食わせの間になるので3秒間はしっかり待ってから、次のシャクリに入るようにしよう。

イラストで紹介しているシャクリ幅や待ち時間は基本形なので、自分でいろいろ試すことも忘れないように!

指示ダナのチョイ上まで探り大型をゲット!

ポイントに着いたら船長は魚探の反応と潮流れを見て、ただちに指示ダナを出す。

「通常は〝底から10mまで探って〟といった感じで、海底からの指示ダナをアナウンスするよ」と船長

この場合の海底とは、ベタ底から探るってことではなく、底から仕掛けの長さ分を即、巻き取った位置からという意味だ。

「うちの仕掛けを使っている人ばかりじゃないからね。市販のハナダイ仕掛けは3m以上のものもあり、具体的に底から〇m上げた位置からとハッキリ言えないからさ。ちなみに2.5mのうちの仕掛けなら潮の抵抗で多少浮くことを計算。2m底を切った位置から探り出すのが理想かな。ベタ底でほっとくと漁礁や根を攻めているので根掛かりするんで要注意だよ」という。

タナの範囲内を探っていると、良くアタる食いダナがわかってくる。

そんなときは、ビシを海底まで落とさず、そのタナ下1mくらいの所から探ると効率よく数を伸ばすことができるので覚えておこう。

「オレは魚影の濃い部分の上限までのタナをアナウンスするけど、大型のデコダイはその上にいることが多いからね」と船長が嬉しい情報をくれた。

今年は、大型のアタリ年。

大型デコダイを狙って掛けて、その引き味を存分に楽しみましょう!!

【外房・飯岡沖】良型デコダイ 釣行レポート

ビギナーは空バリにエサが得策! メリハリあるシャクリが効果的!!

ポイントは水深30m前後の人口魚礁周りが中心だ

良型デコダイ連発!

良型はスリリングなやりとりが楽しめますよ

ハナダイもマダイ同様の三段引きで激しく抵抗する。ドラグ1㎏を目安に設定して挑もう

常連さんはエサ付け不要のウイリー仕掛けで数を伸ばした

25~30㎝クラスの良型が現在のアベレージ。35㎝オーバーの大型デコダイもまじる

これも30㎝オーバー。コマセで釣れる飯岡沖のハナダイは型が良いことで昔から有名だ

30㎝を超える良型や一荷で掛かった場合は、船長にお願いしてタモですくってもらい確実に取り込もう

ハナダイは群れで行動しているので追い食いが可能。ヒットしたらゆっくり誘い上げてみよう!

食いダナを直撃して数を伸ばすのもあり

「ヒットしたらアワセをしっかり入れることが重要です。特にウイリーの場合はね」と常連さんがアドバイスをくれた

水深が浅いので初挑戦の女性でも楽しめた

10年振りにアジ復調!

東日本大震災以降、不調の年が多かったアジが2月後半から釣れるようになった!

体高、身幅の厚い25㎝クラスのアジがアベレージだ

マダイ、イシダイ、マハタ、ホウボウ、ショウサイフグ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「龍鳳丸」

周 年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。

「今年は当たり年といえそうだよ。例年ならこれから梅雨にかけてグングン活性を上げてサイズアップしていくんだけど、今期はすでに良型が顔を出して、数も伸びているからね。規定の50枚まで数を伸ばす日も近いんじゃないかな」と嬉しい見通しを語ってくれたのは飯岡港「龍鳳丸」の佐藤純基船長。

飯岡沖のハナダイ釣りは、生きエビを使う胴付き釣りとアミコマセを使用したシャクリ釣りの二つの釣法があるが、「龍鳳丸」ではタナを探りやすく、良型のヒット率が高いとの理由でシャクリ釣りで出船している。

ちなみにシャクリ釣りでは、ウイリー仕掛けを使うのが一般的だが、こちらでは空バリ仕掛けにエサを付けるスタイルを推奨(特に入門者やビギナーに)している。

「エサの威力は絶大で、ウイリーに反応しないときや上手くシャクれず、コマセと仕掛けが同調しないときでも指示したタナの中にエサがあれば食ってくるからね」と船長がいうように、この日もシャクリの甘い初挑戦の女性が、一荷を連発させていた。  

ポ イントの水深は、30m前後と浅く釣りやすいので入門にも最適だという現在のハナダイ釣り。

攻略法をチェックし、オデコが張り出した30㎝オーバーの良型デコダイを仕留めに出掛けよう!!

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル