MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いよいよ 乗っ込み宣言!タイラバで狙う 東京湾のマダイ!

いよいよ 乗っ込み宣言!タイラバで狙う 東京湾のマダイ!

東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!

perm_media 《画像ギャラリー》いよいよ 乗っ込み宣言!タイラバで狙う 東京湾のマダイ!の画像をチェック! navigate_next

いよいよ乗っ込みシーズン突入! タイラバで大ダイ狙いはいかが!?

3月に入って三寒四温で暖かくなってきた。

気温の上昇に伴い、各地で待望の桜の開花宣言が聞こえてくる。

関東地方でも例年よりも早い開花宣言を迎えた。

釣り人にとって、この時期にもう一つ気掛かりなのはマダイの開花宣言ならぬ、「乗っ込みマダイのXデー」だ。

Xデーは すぐそこだ!

産卵期を迎えたマダイが一気に食いが立ち、普段では考えられない釣果で大ダイが口を使う。

4月が最盛期だが、3月のいわゆるプレ乗っ込みからマダイのメッカ東京湾口では好釣果の報せが聞こえ始めた。

最盛期へのXデーもすぐそこだ。
 
ただ、これは東京湾口のオキアミをコマセに用いたコマセマダイがメインの話。

実はコマセを使用できるのは東京湾口の久里浜沖までで、以北にある観音崎や走水沖にも多くのマダイが生息しているがコマセを使用できない。
 
ここでの釣法は「タイラバ」が主流。

ヘッドと呼ばれるカラフルなオモリにネクタイやスカートと言ったヒラヒラのアピール度の高いパーツとフックを付けた仕掛け。

いわゆる疑似餌でマダイを狙う。

シンプルな仕掛けゆえ、釣果を出すための高いゲーム性が人気だ。
 
走水港の「政信丸」は通年タイラバ船を出しており、廣川政信船長に今シーズンの状況をうかがうと「今年はマダイの群れが例年より濃いですよ3月に入って連日3㎏オーバーが出ています。今週は4.7㎏も上がりました。色も乗っ込みらしく黒ずんできていて、お腹はパンパン。いよいよ乗っ込み最盛期ですね!」とのこと。
 
3月19日はタイラバ乗合で出航予定。迷わず予約となった。

集合は午前6時、平日にもかかわらず、計7名の釣り客が集まり、船長が各自の席希望を調整して、午前7時にいざ出航。

前日同様 食い渋りか?

ポイントは港を出て10分ほどの走水沖からスタート。

水深は55mほど。

潮が速いことが多いエリアなので80~120号と幅広く用意したほうがいい。

釣行日は潮が緩くて80号からスタート。

底から10m幅を探る。

前日もタイラバで出船した「政信丸」だが、後半までアタリが非常に遠かったそう。

この日も同様のコンディションも予想されたが、そんな心配どこ吹く風で、トモの古川さんが最初の一投の着底直後に竿を曲げた。

これは幸先のいいスタート!
 
しかし、力強い引きではあるものの、マダイ特有の三段引きとは少し違う。

上がって来たのは嬉しい外道の良型ホウボウ。

魚の食いは悪くない! と期待したのだが…その後は前日同様にアタリが遠い。
 
タイラバは着底を確認したあとは誘いを入れず一定の速度で巻いてくる単純作業。

ある意味では運頼みのように聞こえるがそうではない。単純な動作ほど奥が深い。

ヘッドの色、ネクタイやスカートの色、そして誘いのスピードが釣果を大きく分ける。

その日のタイの好む組み合わせはどれなのか? 

投入毎にスローにしたり、クイックにしたりと試行錯誤するもこの日はアタリが遠い。
 
水深、潮の速さ、潮の色から仮説を立て、「濁りがあるならグロー系にしてゆっくりアピール」等の自分なりの解を探す。

頭を使って釣った感満載の釣りにハマる人が多いのも頷ける。
 
この日前半ももう少しアタリがあれば仮説への答え合わせが出来るのだが、アタリがないことには正解が分からない。

ヘッドの色を赤からグリーンに変えたり、巻きのスピードを変えたりと試行錯誤を繰り返すがなかなかアタリがない。

潮が変わって好転 公約通り3㎏も!

苦しい時間を過ごすこと1時間。

上げ潮から下げ潮に変わるとアタリが出始めた。

本日最初の本命は左舷トモの月野木さん。

ドラグこそ出ないもののタイ特有の三段引きは700gほどの本命。
 
続いて右舷でも同サイズが連続ヒット。

底から10mほど上げた位置でもアタリが出た。

この位置で釣れるのはタチウオが多い。

しかも、ドラゴンと呼んでもいいほどの指5本オーバーの良型サイズ。

そもそも走水沖はタチウオの好漁場。どうやら底付近のマダイの上にタチウオの魚群がある模様。

ライン切れなども含めて、連続してタチウオのアタリが出る。
 
船長に最近の傾向を聞くと「色は赤やオレンジ系が確率高いです。巻きも少し速い方がサイズがいいのが釣れていますよ」とのこと。
 
アタリの絶対数がこの日は多くなかったので船長からの情報が参考になる。

即座にヘッドの色を赤に戻してみる。刻々と時間が進む中、左舷ミヨシの遠井さんにこの日一番のアタリ。

3号のリーダーに合わせて弱めにセットしていたドラグが心地よく出される。

10m上げて5m出されるペース、慎重なやり取りで上がってきたのはお腹でっぷり、公約の3㎏ちょうどの大ダイだ。
 
やはり使用したタイラバはオレンジだった。

前日は最後に上げ潮に変わってからのラストスパートで2.8㎏と1.7㎏が連発したそう。

しかし残念ながらこの日は2匹目のドジョウはおらず、このまま14時の沖揚がりを迎えて納竿。
 
アタリの数自体は最近のそれに比べると寂しい感じであったが、それでも期待通りの3㎏の顔を見た。

反応は例年以上に色濃い。

これから迎える乗っ込み最盛期。

今シーズンの走水沖のマダイは視界良好です!!

東京湾のタイラバ マダイ 釣行レポート

一定速度で巻き上げ、アタってもアワせず巻き続け、タイが乗れば大きく竿が絞り込まれる。独特の釣趣を楽しもう!!

東京湾のタイラバで乗っ込みの大型マダイがチャンス! 今の時期は自己記録更新の期待大!!

やや小ぶりながら本命! 今後は中~大型が多くなってくるだろう

黒っぽい婚姻色の魚も増加中!

タイラバにけっこうアタックしてくるタチウオ。型がいい!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「政信丸」

いよいよ関東地方に桜の開花宣言。

釣り人にとっては桜の開花宣言と同じくらい楽しみなのが「乗っ込みマダイのXデー」。
 
東京湾各地では早くも3月頭あたりからマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。

乗っ込みマダイの特徴の「高いタナ」も各ポイントで見られるようになってきて、いよいよXデー間近。
 
東京湾口ではオキアミを用いたコマセマダイが人気だが、観音崎、走水沖では協定によりコマセが禁止。

しかし、このエリアも湾口に負けじと魚影が濃い。

ここで人気のマダイ釣法が「タイラバ」。
 
走水港の「政信丸」では年間を通してタイラバ船を出しているが、3月に入りアクセル全開。

連日3㎏オーバーの良型が顔を出している。
 
廣川政信船長によると「今年はマダイの群れが濃いですよ。3月に入り、連日3㎏オーバーが出ています。今週は4.7㎏も出ました。色も黒くなってきていてお腹はパンパン。いよいよ乗っ込み最盛期ですね!」
 
釣行日は終日動かぬ潮に悩まされ、アタリの数は最近にしては寂しかった。

それでも3㎏丁度と公約達成! 

船中ほとんどの釣り人がマダイの顔を見た。
 
いよいよ開花宣言ならぬ「乗っ込み宣言」だ!!

以上の記事は「つり丸」2021年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル