MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTアジ絶好機!「金アジ」活性が急上昇!東京湾・小柴~横浜沖

LTアジ絶好機!「金アジ」活性が急上昇!東京湾・小柴~横浜沖

東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!

perm_media 《画像ギャラリー》LTアジ絶好機!「金アジ」活性が急上昇!東京湾・小柴~横浜沖の画像をチェック! navigate_next

自分の「真ダナ」を作り 誘って掛ける攻めの釣りだ!これぞLTタックルの真骨頂!

LTだからできる 攻撃的な釣法

「LTアジは、ほぼボウスにはならないけれど、突き詰めれば、カワハギやコマセマダイに匹敵するぐらい、凄く奥が深い釣りなんですよ」。

がまかつテスターの田中義博さんは、こう力説する。

その釣法を凝視してみるとLTタックルならではの軽さと感度を極限まで活用した独特のスタイルを完成させていた。

「この軽さと感度を使えば、ノーマルタックルでは感じ取れなかった魚の気配や微妙なアタリも取れるうえに、水深が浅いから、極論すれば数センチ単位の誘いすら可能になります。やってみれば、アジはルアーでも釣れるから、誘いのバリェーションも豊富で、1日の中でもパターンが変わる魚です。とくに、冬~春の釣りは、難しい局面が多いから、本当に面白くて通ってしまいますよ(笑)」。

そんな田中さんが、「ガチ」でLTアジを釣る時のタックルセッティングが下のイラストだ。

高感度で操作性に特化したLTタックルのアドバンテージをさらに高める仕掛けのディテールやテンビンのセレクトには注目したい。

ここまで突き詰めると、通常の設定では、反応があっても食わせられない時間帯でも、誘いとコマセワークを駆使して拾い釣りが可能となるそうで、時速釣獲率? 16~20匹(実際は時合が集中するのでもっと速い)。

標準的な模様の日なら半日船やショート船でも80~100匹台の驚異的な釣果になるのだ。

「今年は、より扱いやすくなったライブラⅡが完成したので、さらにLTアジが面白くなりました(笑)」と田中さんはいう。

ここでは、そんな深い釣技の基本を公開してもらおう。

軽く高感度のLTロッドで釣れば、この釣りの面白さがさらに際立つ。田中さんは、新生ライブラⅡの感度を活かした攻めの釣りを見せてくれた

ロッドのセレクトとサポートギア

釣り歴が長いベテランは、竿やリール、仕掛けはもちろん、ちょっとした小物類まで、その選択には独特のこだわりがある。

なかでも理論派の田中さんは、実戦の中から課題を見つけ、それを一つ一つ改善することで、「自分の釣り」を作ってきた人だ。

「LTアジで“そこまでやるか?”ってよく言われますけど、この釣りは、それが結果につながるから面白いんですよ。まずは、ロッドの感度と操作性にこだわってみてください。釣りの光景が一変しますよ」。

新しい相棒のライブラⅡシリーズは、お手頃な価格ながら、歴史が鍛えた感度と操作性のレベルは、まぎれもなくトップクラス。

取材当日はL180とML180を状況にあわせて使い分けていた。

「ロッドを選ぶとき注意してほしいのは、小さな魚を釣るから軽くて軟らかい竿を使うわけじゃないということです。今回のチョイスでは、渋い時に細かく動かすためのMLとラフな海況でもエサを動かさないためのLという狙いです。ちなみに、良型の活性が高くて連掛けがありそうなら、私は、スムーズに曲がり込むLで取りこぼしを防ぎます。総じて、慣れない人ほど、少し張りのある竿を使う方が、操作性が高くて上達は速いですよ。この釣りでは、軟らかい竿ほど、コマセワークやタナ探りの難易度が上がることは覚えておきたいですね」。

なお、もっと季節が進み速い誘いが効果的になればM180を使うのも面白いそうだ。

「LTアジで1本選ぶなら、ML180。2本持てる人ならL180とM180を揃えておくとロッド選びは完璧ですよ」。

ハリスやテンビン、サポートグッズの選択も手抜き無し。

タックルと全てのアイテムが綺麗に連動してドライブがかかると、半日船やショート船で80~100匹(もちろん竿頭)という驚異的な釣果を上げながら、通常よりも細い仕掛けを1回のロストもなく沖揚がりを迎えることすら珍しくないそうだ。

「自分のタナ」を作る コマセワークの妙

攻撃的にLTアジを釣る第一段階は、小さなビシに入れたイワシのミンチを高密度に集中させて、「自分のタナ」を作ることにある。

かといって、パンパンに詰めてしまうのは逆効果。

フンワリ6~7分目をベースに、ロングステイなどで、コマセを絞りたいときは、4分目もあるという。

「コマセは、竿先を下げて小さくチョン!と振りましょう。コマセのボールを作るようなイメージです。大きくあおるのは、コマセが広く拡散してタナがボケ、間違いなくアタリが減りますよ」。

アジには、その位置にビシを置くだけで、上アゴの真ん中にしっかりかかる(まずバレない)「真ダナ」が存在するが、それもコマセワーク次第。

基本は上のイラストのようになる。

この作業の中で、周辺より密度の濃いコマセ煙幕によって「自分のタナ」を作ることが理想だ。

「さらにいえば、コマセはあくまで見せるもの、アジを仕掛けの近くに呼び寄せて、あとは誘いで口を使わせるイメージで釣りたいですね」。

指示ダナが3mなら、さらにプラス1mぐらいまで探るのもありだが、指示ダナの上でアタリが続くケースはそうは多くない。

そんな狭い探り幅をLTタックルなら、次頁のような様々な誘い方で、細かく繊細に刻むことができる。

そして「自分のタナ」ができたら、上のイラストのように一番上のハリから食わせて、超スローに巻き連掛けを狙うのだ。

なお、ジンタと中アジが混在していれば、間違いなく大き目のアジは上にいる。

イシモチが掛かってくるケースは、タナが低い証拠なので、糸が立った瞬間を狙って丁寧なタナ取りを心がけたい。

船が前や後ろに滑っているときは、ビシが斜めに落ちていくので特に注意しよう。

「真ダナ」では、上アゴのセンターにこうやってかかる。こうなるとバレないから連掛けも狙いやすい

エサをルアーのように動かしてアタリを出す

「アジは、ワームを使ったルアーフィッシングでも釣れる魚で、刻々と反応する誘い方が変わる魚です」。

田中さんは、この習性を踏まえてLTアジでも、タックルの操作性を活かした様々な誘いでアタリを引き出しているのだ。

「私は、付けエサの味や大きさよりは、どうやって動かすかでアタリを出したいので、青イソメでも赤タンでも、極力小さく付けます。それに青イソメは、大きく付けるとイシモチの確率が上がります。ハリスを痛めて仕掛けのロスを減らすためにもアジだけを選んで釣ることを心掛けています」。

誘いというと、通常はフワリと竿をシャクる人が多いだろう。それも悪くはないが、タナが狭ければ、それが逆効果になることもある。

田中さんは、アタリの出方(ライブラⅡならハリには掛からないレベルのアタリも分かる)や周りの釣れ具合もみながら、独特の4つの誘いを使い分けている。

まるで、タチウオやコマセマダイの誘いをミクロサイズしたような狙い方だが、じつはこれが非常に効く。

LTアジに出かける際は、ぜひ、これをマスターして戦略の幅を広げていこう。

【東京湾・小柴~横浜沖】LTアジ 釣行レポート

湾奥「金アジ」の活性が急上昇!

仕掛けはムツ9~10号を使った1.8~2mの2~3本バリ。まだまだ潮が澄む日も多いので、ハリスは1.5号を基本としたい

「三喜丸」では、付けエサに赤タンが支給されるが、日並みで青イソメにアタリが偏ることもあるので別途購入したい。1日十分の量が200円で販売されている

40号の横目ビシに、イワシのミンチはフンワリ7分目が基本。状況によっては4分目でコマセを見せるだけのイメージで釣ることも必要だ

夏場のように、どんな釣り方でも釣れる模様ではないが、パターンを読んで丁寧に釣るほどに、抜群に旨い25~30㎝級の「金アジ」の数が伸びていく。LTアジの面白さと奥深さを最高に楽しめる好機がやってきた。がまかつテスター・田中義博さんは、時合いをとらえて猛スパートで釣りまくった

友人に連れられ4回目のLTアジだという小林さんは、初の単独釣行。レンタルタックルで奮闘しこんな良型をダブルで釣る場面もあって大満足の釣りとなった

横浜沖は、堤防の基礎=砕石の上を釣るのでタナ探りが勝負。当日は良型が頻発。つり丸ペンクラブで活躍した伊井泰洋さんも愛竿を気持ちよく曲げて快釣。半日船よりすこし長い「ショート船」は、ほど良い実釣時間がうれしい

「こんな幅広の「金アジ」が湾奥で釣れるからうれしいよね」と伊井さん。サイズアップには、ジンタが釣れるタナの上を探るのがポイントだという

「やっと型が良くなってきたよ(笑)」とは、常連・戸田さん。LTロッドを気持ちよく曲げて中アジのダブルを決めた

終日誘いまくって、数を伸ばした竹内さん。操作性が高くバレにくいLTヒラメの竿を使って楽しんでいた

「でかいアジかと思ったけどイシモチだった(苦笑)」とは宮城さん。しかし、その後は良型アジにいいサイズのカサゴもまじえて十分な釣果で沖揚がりとなった

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・小柴港「三喜丸」

日 増しに春めいていく東京湾において、一番人気の釣り物といえばなんといってもLTアジだ。

年々湾奥の障害物やケーソンの砕石に居付く「金アジ」がふえて、良質の脂が乗ったその食味は、旬とされる夏を上回るほど。

それを味わった人達は、リピーター続出の盛況となっている。

「ようやく、一番難しい冬の釣りが終わって、ホッとしています。型もよくなってきた感じですね」とは、小柴港「三喜丸」の村上明船長。
 
とはいっても、潮が濁りアジの活性がピークとなる夏場ほど簡単ではないのは要注意。潮が澄んで食い渋れば、コマセワークやタナ探り、誘いの巧拙で、アタリの数が大きく変わる奥深さがある釣りなのである。

「だからこそ、この時期に挑戦してテクニックを磨いてほしいですね。LTアジは、ボウスこそ少ないけれど、やり込めばカワハギやコマセマダイに負けない奥深さがある釣りですよ」。
 
とは、がまかつテスターの田中義博さん。

生まれ変わったライブラⅡの感度と操作性を活かした見事な釣りを披露してくれた。
 
当日は、風ウネリが大きく、バラシが目立ったものの、船長の言葉通り、思わず顔がほころぶような幅広の「金アジ」が連発し、イシモチやカサゴ、クロダイもまじり中型主体に28~78匹。

今後も有望で、LTアジの一番人気は揺らぐことはなさそうだ。

以上の記事は「つり丸」2021年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル