MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テンヤ&タイラバ釣果上昇!良型が続々浮上中!東京湾・横須賀沖

テンヤ&タイラバ釣果上昇!良型が続々浮上中!東京湾・横須賀沖

乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!

perm_media 《画像ギャラリー》テンヤ&タイラバ釣果上昇!良型が続々浮上中!東京湾・横須賀沖の画像をチェック! navigate_next

水深を広く探れるタイラバが好調!ヒット率がグンとあがる ドラグ緩めの設定で良型をゲット!!

良型が続々と浮上中! 乗っ込み本番はすぐそこ

コマセ釣りの乗っ込みマダイで湧く東京湾口エリアに続け~!とばかりに、テンヤ&タイラバ釣法でグングン釣果を上げている横須賀沖周辺。

そのマダイを面白いように釣らせているのが金沢八景の「野毛屋」。

当地のエビエサでのマダイ釣りをいち早く開拓した老舗船宿だ。

「テンヤもタイラバも釣り方はシンプルで、ベテランだけでなくビギナーも楽しめているよ」とは、大船長の黒川勇治さん。

ここ1年で、タイラバで狙う人の割合が圧倒的に多くなり、釣果もタイラバがエサ釣りを上回る日が多くなっているという。

「最近の動向を見ても、広い層を探れるタイラバ有利って感じがするよ。ヒットしてくるのが底付近だけでなく、中層でもアタっているからね(乗っ込み期に入ったマダイは、動くものにこれまで以上に良く反応し、追いかけて食うそう)」ってことで、ここでは大船長の言葉を借りながらタイラバをメインに釣り方を解説していく。

現状は、水深70m前後の深場でアベレージとなる1.5㎏前後を中心に、3~5㎏オーバーの良型がドン、ドンと顔を出し、乗っ込み本番の水深30m前後の浅場でも釣れ出したとのこと。

さっそく攻略法に入ろう!

竿とリールは専用がオススメ!

タイラバで使用するタックルは、100gのヘッド(オモリ部)まで背負えるゲームロッドと巻き上げ力のある両軸リールの組合せで、まずは楽しめると船長。

「通常のタイラバは攻める水深でヘッドの重さをさまざまに変えるんで、それに対応する竿がいくつか必要になるんだけど、うちの場合は水深にかかわらず80gをメイン(その前後20gくらいまで用意)に使うんで、それに対応する竿1本で事足りるんだ。

ただし、これから本格的にやってみようと購入を考えている方には、やっぱり専用の竿とリールをすすめるよ」。

最近の専用タックルは、エントリーモデルでも性能がかなり良い。

竿は穂先感度はもちろん、しなやかに食わす軟らかさも持ち合わせているので乗せやすいし、アワセもしっかり効く。

また専用リールは、タイラバに特化したドラグ性能を搭載しているうえ、軽量で巻き心地も滑らか。

ちなみにハイエンドモデルになれば、その性能がグンと良くなり、よりマダイと出会う確率が高くなる。

「これはテンヤタックルにもあてはまることだけど、入門者やビギナーほど良い道具を使って欲しいよね。自分の技術不足を補う武器になり、釣りが楽しくなるからね」と船長。

道糸、リーダーなどの推奨タックルは仕掛け図で紹介している通りだ。

タイラバ専用竿とベイトリールの組合せが定番タックル。PEは1号を推奨

最近はシンプルなパーツの組み合わせが主流

タイラバは、ヘッドにセットする空バリに、スカートやネクタイと呼ばれるパーツを組み合わせて構成されていているが、それらのパーツには、さまざまなバリエーションがある。

タイラバ好きは、このパーツを自由自在に組み合わせて釣ることにゲーム性を感じ、アツくなっている人たちが多い。

しかし、一方の入門者たちは、正直バリエーションがあり過ぎて迷うだけ…という声も多く聞く。

「入門者やビギナーには全てが揃っているオールインワンタイプを私は推奨してるよ。各メーカーからいろいろな色や形が出ているけど、東京湾ではド定番カラーとなる赤、オレンジ、金のヘッドを選んでおけば、まず間違いはないかな」と船長。

セットされているのは実績の高い組み合わせなので、ここからスタートして徐々にパーツを追加してアレンジ。

オリジナルのヒットタイラバを作り上げて行けばよいという。

「最近好調な組み合わせは、スカートを取っ払ったネクタイのみのパターンで、ネクタイの形状も細目のストレートとゼブラ柄のカーリー1本ずつというシンプル仕様だよ。ちなみにネクタイのカラーはヘッド同様の赤、オレンジにアタリが多い」と船長が教えてくれた。

︎80gのヘッドをメインで使用。最近は細身のネクタイのみがトレンド。

年々小さくなるハリ ワームが効く場合もある

タイラバを追わせて食わすのが基本のタイラバ釣法。

アタリは、最初にネクタイやスカートの端をゴツゴツゴツと噛むような振動が竿先を通して手元に伝わるといわれていたが、実は、それだけではないと船長はいう。

「そういう個体もいるんだけど、食い気があって追ってくるマダイは貪欲で、ヘッドごと一気に飲み込もうとアタックしていることが分かったんだ。ヘッドに噛み後が付いていたり、ズバリ丸のみしてたりしてね。で、そんなやる気のあるマダイにもかかわらず(アタリを出すのに)掛からないってことが何度もあってさ。ならばハリを小さくして、口の中に吸い込みやすくすれば…と試したところ、ヒット率が格段にアップしたんだ」。

ハリは市販されているSサイズが基本。

そして釣れるマダイが大ダイばかりのようなときに強度が高いるMサイズに変えるのがセオリーとなっている。

空バリでも十分に釣れるタイラバだが、ヒット率が上がると、近年はハリにワームを付ける釣り人も増えている。

「もちろんルアーを試すのはありだよ。実績もあるからね。ちなみに最近の流行りは、夜光のグローや紫外線に当たると光るケイムラなど、発光系のワームにヒットが多いよ」とアドバイスをくれた。

根周りをバーチカルに攻めつつ筋を流す

ここからは釣り方に入るが、まず初めにタイラバ釣法には、ドテラ流しとバーチカルの2種類の探り方があり「野毛屋」では後者のスタイルをとっていることを把握しておこう。

ちなみにドテラ流しとは、風を船の側面にあてて大きく流し、道糸をどんどん送って底を取りながら斜めに広く探る方法で、バーチカルとはタテの釣りを意味し、船下に捉えた根や魚礁などのポイントを直撃する釣り方だ。

「マダイの遊泳層を長く引けるなどドテラ流しにもメリットはあるんだけど、横須賀沖の速潮でのタイラバにはバーチカルの方が有利と判断してね」と船長。

真下に落とす分、糸フケがでにくくタイラバが海中変化を捉えやすい。

そしてそこから推測できる海中の様子をイメージしながら釣れるということが決め手になったそうだ。

「アタリ取りはもちろん、マダイが付いている可能性がある2枚潮などの境界線なども、引き抵抗が変わることでわかるので戦略も立てやすいよ」とのことだ。

横須賀沖にはマダイが好む大小さまざまな根が点在していて、魚礁もいくつかある。

船長はその根の筋を、潮を読んで船を立てながら流してくれるので、期待しながらタイラバを巻いて誘おう!

ドラグ緩めの設定で チャンスを広げよう

続いては、よく〝一定のスピードで〟と紹介されるタイラバを巻く速さについて。

「速度はスロー巻きが基本になるんだけど、使っている道具が人それぞれで違う(特にリール。ギア比やハンドル一回転の巻き取り量などが違う)し、その時の潮の速さでも変わるんでニュアンスでしか伝えられないよね。一応、私は回収時の速度を高速とし、その半分を中速、さらにその半分を低速として、まずは低速で巻くことを推奨し、食わないようなら微調整して合わせていくと説明しているよ」と教えてくれた。

この釣りで重要なドラグ設定も伝えたい。

マダイは口の中が敏感でエサでないものを口にすると、すぐに吐き出すと船長。

これを防止するのがドラグ緩めの設定だという。

「ヘッドを丸飲みするように食らいついたマダイは、次にそれを飲み込もうと頭を振ってもがくんだけど、このとき竿の反発を受ける。これが違和感(口の中でハリなどが暴れる)に繋がり飲み込んだハリを吐き出すんで、その反発を起こさないようドラグ緩々の設定にするんだ」。

やり方は上のイラストの通り。

タイラバを巻き上げるとき滑らない程度に設定しておこう。

その他、釣り方で重要なことは各ページのイラストで紹介しているので、それもしっかり確認すること。

そして誰にでもチャンスがある乗っ込みの大ダイ釣りに挑んで下さい!!

なおテンヤでチャレンジする人は、下記イラストを要チェック。

他のエリアと釣り方が違うので、それに習って爆釣させて下さい!!

東京湾・横須賀沖のテンヤ&タイラバ 釣行レポート

ビギナー&小、中学生も良型を次々とゲット!

乗っ込み本番に向けて視界良好!現状は水深を広く探れるタイラバが有利!!

3.6㎏

「タイラバで初マダイです!」と超ゴキゲンなビギナーさん。タイラバは誰にでも大型のチャンスがある

1.9㎏

タイラバ初の小6キッズは、この後2枚を追釣

3㎏

こちらもタイラバ初挑戦の中2の釣りボーイ。この他に2.5㎏と1.8㎏の良型を釣り上げた

3㎏

ベテラン勢も負けじと良型をゲット!「横須賀沖のマダイは、江戸時代、幕府へ献上されていた魚で、食味も格別なんですよ」とのこと

2.7㎏

『つり丸』連載人の〝なおちん〟こと井上直美さんもナイスサイズを仕留めご満悦!「しっかり魚の重みが乗るまで巻き巻きして釣りました」とのこと

同時ヒットも!!

「マダイの数は例年以上に多そう」と船長。しっかり掛けて、マダイ特有の三段引きを堪能しよう!

「タイラバはドラグ調整が重要で緩めが基本」とつり丸ペンクラブで活躍した井伊さん

赤く輝く魚体は甲殻類を食べている証拠だ

この日は1~2㎏クラスを中心に船中27枚の釣果を得た

大人気の「野毛屋」のテンヤ&タイラバ船

この日は2隻出しで、もう一方の船でも2~3㎏の良型まじりで10枚を仕留めた

取材日は、本日(4月15日)オンエアーされる「釣りビジョン」の釣行収録も行われました! 要チェックです!!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」

乗 っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!とばかりに東京湾横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりで数が上がりだしている。

「現状は、深場から浅場へ乗っ込んでくる端境期って感じかな。まだ水深70m前後の深場でも釣れているし、20~30mの浅場でも食いだしてきたからね」と話すのは金沢八景「野毛屋」の大船長、黒川勇治さん。

コマセ釣り禁止エリアである当地でのエビエサのマダイ釣りをいち早く開拓したパイオニアだ。  

ここ1年で、タイラバで狙う人の割合が圧倒的に多くなり、釣果もタイラバがエサ釣りを凌ぐ状況が続いているという。

ちなみに取材日もテンヤ用にエサをもらう人もいたが、最終的には全員がタイラバで釣っていた。

「野毛屋」で使用するタイラバのヘッドの重さは、水深にかかわらず80gがメイン。

その前後20gくらいまでを用意すれば事足りるので楽だといえる。

「うちは潮が速い大潮から中潮時にマダイ船を出しているからね。この重さ以外は必要ないよ」と船長。
 
釣り方は、タイラバを底まで落として一定の速度で巻くだけと超簡単。

写真で紹介しているように、ベテ ラン勢だけでなくビギナーや子供でも楽しめるのがこの釣りの魅力ともいえる。

「大型マダイが顔を出す乗っ込み本番も時間の問題だよ」と船長。
 
誰にでもチャンスがあるので、挑戦しに出掛けよう!!

以上の記事は「つり丸」2021年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
今年も相模湾のマダコが開幕する!人気の餌木でも、テンヤでも狙える!今シーズンの「正一丸」では餌木にも力を入れていく!!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!
「つり丸・3月15日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された茨城・鹿島沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル