MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今季もアツい!マルイカ大中小まじりで開幕!東京湾・剣崎沖

今季もアツい!マルイカ大中小まじりで開幕!東京湾・剣崎沖

東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!

perm_media 《画像ギャラリー》今季もアツい!マルイカ大中小まじりで開幕!東京湾・剣崎沖の画像をチェック! navigate_next

手巻きでOK! 自分に合ったスタイルで

ポイントは剣崎沖。「イカは広範囲にいますよ」と「山天丸」臼井船長

いよいよマルイカシーズン本番!

早速タックルや仕掛け、釣り方の解説に入ろう。

「タックルや仕掛け、そして釣り方は、自分に合ったスタイルで釣るのが一番です」と話すのは、久比里「山天丸」の臼井雄二船長だ。

たとえば、無理してベテランのように数の多いスッテでチャレンジし、手前マツリを繰り返したり取り込みで苦労したりしてイライラするよりは、自分が確実に扱える数のスッテで確実な投入や取り込みを行ったほうが快適で、釣りも楽しめる。釣果も伸びるだろう。

ではタックルだ。

竿は1.5m前後のマルイカ専用、またはゲームロッドなど。先調子で全長が短いほうが竿先に出るアタリを見やすい。

自分のスタイルが宙なのかゼロテンなのかが決まっていれば、それに合わせて竿の調子もセレクトすればより快適だ。

宙の場合は7対3または8対2で全体に少し張りのあるタイプ、ゼロテンの場合の調子は同様またはそれより軟らかめで、穂先部分がしっかりと曲がり込むタイプが扱いやすいだろう。

リールは手巻きの小型両軸または小型電動。どちらをチョイスしたらよいかと問われれば、迷わず“手巻き”をオススメしたい。

3月下旬に行った取材で「山天丸」が攻めたポイントは東京湾口剣崎沖の水深50〜80mで、大半が60〜70m台。

臼井船長によると4月中旬以降もしばらくは同様の水深を狙うとのこと。

水深が100m前後となると回収がラクという電動のメリットが活かされる場面も多いが、この水深なら十分手巻きで対応可能だ。

何よりも、手巻き両軸リールはいくら最近の電動リールが小型軽量であるといってもはるかに小さく軽い。

電源コードもない。それは操作性がより高いということで、釣果にも直結する。

マルイカ釣りは一日道具を手に持ち、誘いもかなり激しい。道具が軽い、小さいはそれだけでアドバンテージなのだ。

「道糸は、東京湾は潮が速くなることも多いので、必ずPE1.5号以下でお願いします」と臼井船長。

最近はPE0.6〜0.8号を使う人がほとんどなので問題はないだろうが、他の釣り物と共有するという人は注意が必要だ。

道糸は細いほうが水切れがよくなり、感度もよくなる。

アタリがはっきりと出るということである。

道糸は最低でも200m巻いておこう。

道糸の先には、できれば先糸を直結しておくことをオススメする。

船が潮回りする際などに道糸が竿の穂先に絡まることを軽減してくれるので、スムーズな投入につながる。

先糸はフロロ4号を2〜3mでよい。

ビギナーは直ブラ。 ブランコもぜひ

マルイカ釣りで使用する仕掛けは、直結、直ブラ、ブランコの大きく3種類。

それにプラスして、直結と直ブラのいいとこ取りの直結直ブラ(仕掛け上側を直結、下側を直ブラ)もある。

現在の主流は直結、直結直ブラ、直ブラ。

直結は手返しがよいので数を伸ばしやすいが、取り込みの際に仕掛けを少しでも下げてしまうと乗ったイカがすべてバレてしまう。

ある程度仕掛けの扱いに慣れた人向けと思いたい。

ビギナーには仕掛けとしてのトータルバランスに優れた直ブラがオススメ。

極短い、またはほぼないが枝スがあるのでイカがバレにくいというメリットがある。

とくに東京湾は、先の臼井船長の言葉にもあるように潮が速くなることも多いので、枝スがあるほうが有利なことも多い。

それでいて、直結のように誘いがスッテにダイレクトに伝わり、アタリがあったら即アワセするというゲーム性の高さも楽しめる。

直ブラに慣れて来たら直結直ブラにステップアップしてもよいだろう。

最近のマルイカ釣りはアタリ→即アワセというゲーム性からブランコを使う人は少ないが、「潮が速いときはブランコ仕掛けがいいこともあるので、ベテランも一組はぜひ持参しておくことをオススメします」と臼井船長。

実際、ブランコ仕掛けが大型主体で大爆発することもあるので、その威力は侮れない。

最も悩ましいのがスッテのセレクトだろう。

「今年は早くもマイクロサイズが出てきています。大、中、小(マイクロ)のまじりです。マイクロが釣りを難しくしているのですが、これが釣りを楽しくしているともいえます。ゲーム性が高く、非常にアツい状況ですよ」と臼井船長。

サイズはマイクロ対応の40㎜前後から、対大型&アピール重視の50〜60㎜と幅広く揃えておこう。

スッテの数は、慣れればベテランともなればスッテは7〜8本を使うが、ビギナーは無理せず5本がオススメ。

初めてマルイカ釣り(イカ釣り)にチャレンジする人は4本でもいいほどだ。

スッテの数が多ければ投入時にトラブルを起こしやすく、また取り込みも大変だ。

オモリは50号が基準。

今後水深が浅くなれば40号を使うこともあるが、今後しばらくは50号でOKとのことだ。

スッテは40mm前後の小型から50〜60mmサイズまで幅広く用意。色も多いほうが有利だ

着乗り、巻き落としは基本 間で空アワセも

マルイカの釣り方の基本は大きく2つ。

ひとつは、宙の釣り。もうひとつはゼロテンの釣りである。

前者はオモリを浮かせて釣るスタイル。後者はオモリを海底に付け、道糸を張らず緩めずの状態でアタリを見極めるスタイルである。

どちらが釣れるか、どちらがオススメか、ということはなく、前出の臼井船長の言葉にもあるように、自分に合った、自分が釣りやすい方法で楽しむのが正解だ。

また、もしどちらの釣り方にも対応可能な人は、臼井船長は投入時にたとえば「水深62m、反応は底から2m、高さ5m」というようにアナウンスしてくれるので、底のほう中心に反応が出ていればゼロテンで、反応が浮いているようであれば宙というように使い分けてもよいだろう。

さて、マルイカ釣りで最も重要なのは、「アタリが分かるか」「アタリを出せるか」。

これはどちらの釣り方にも共通する超重要事項だ。

基本的に、宙でもゼロテンでも、アタリが分からなければ平均点以上の釣果は出せない。

アタリは竿先に出るので、それをしっかりと見極めることが大切。

しかも、アタリは竿先が1〜2㎜動くかどうかというほど小さいことがほとんど。

さらにアタリの出方は、使用している竿によっても異なる。自分が使っている竿にどんなアタリが出るのか理解しよう。

そのためには、まずは「違和感があったらすべてとりあえずアワせてみる」ことが大切。

アワせているうちにイカが乗るので「あ、これがアタリなんだ!」と分かるようになる。

釣り方の一連の流れは前ページ上のイラストを参照していただくとして、釣り方で最も重要なのは「巻き落とし」。

取材日もそうだったが、よく釣っていた人はみなこの「巻き落とし」をとにかく頻繁に行っていた(タタキももちろん重要だが、これはみなさんよく行っている)。

釣り方について臼井船長にアドバイスをうかがったところ、

「着乗りする状況であれば、やはり着乗りをちゃんと取ったほうが釣果は伸びます。一番オイシイタイミングですからね」と言う。

ただ、取材日はこの着乗りがほとんどなかった。

そんなときは、「オモリ着底後すぐにタタいて(シェイクして)誘うといいですよ」と臼井船長。

もちろん、巻き落としを忘れてはならない。タタきっ放しはイカをどんどんスレさせて乗りがどんどん悪くなるだけである。

そして、タタいてアタリ(イカの触り)があればよいが、取材日はそうはいかなかった。

「今日は本当にタチが悪いですよ。触りもないんですから。こんなにも難しい日はなかなか珍しいです。普段は、こんなに難しくないですよ」と臼井船長は言う。

そんなときはどうしたらよいのか聞いてみると「もう“間”で掛けるしかありません。早めの1、2、3、4、5で空アワセを入れます。この空アワセも誘いになります」

間で空アワセを入れていく釣り方は、アタリが分からないビギナーにもオススメ。

ぜひ試していただきたい。

【東京湾・剣崎沖】マルイカ 釣行レポート

大中小まじりで好調開幕!ズシンもテクニカルも!だからこそおもしろい!!

基本はアタリ即アワセ! これが最高に楽しいマルイカ釣りだ

臼井船長が「今日は正直言って渋いです」という状況のなか、次々と乗せていく高島さん。

34杯で見事トップ

同じ群れにこんな良型(右)もいれば、こんな小型(左)もいる。良〜大型はズシン! 小型は超テクニカルでおもしろい

取材日は着乗りしないという難しさ。誘って乗せるという、釣り人のウデが試される状況だった。常連さんたちはそんな状況でも確実に乗せていく

直結直ブラ仕掛けでダブル! 取材日は何度か見られた。潮が速くなることもある東京湾では、枝スがある仕掛けが有効であることも多い

シーズン初期はこのサイズが魅力! 巻き上げもかなり重く、釣り応えは最高だ

食べてももちろん最高のマルイカ。ホント最高のターゲットです

剣崎沖のマルイカはスタートしたばかり。「いいときはトップ60〜70杯なんてこともあります」と「山天丸」臼井船長。ぜひチャレンジを!

マルイカの船上干し。最高に美味しいという。これぞ釣り人の特権。ぜひやってみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸釣船店」

今年も東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。

「一昨年、昨年は開幕から小型が多かったのですが、今年も早くもマイクロが出てきたものの、中型主体で大型もまじり好調です」と話すのは、久比里「山天丸」の臼井雄二船長だ。
 
一般的には、シーズン初期は中型以上が多く、ズシンとした重量感ある乗り味が最高。

マイクロはシーズン後半に出て来ることが多く、テクニカル。

つまり、今の東京湾はその両方が楽しめるというのだから、おもしろくないわけがない。

まさに非常にアツい状況となっているのだ。
 
取材は3月下旬。

ポイントは剣崎沖の水深50〜80mを攻めた。ところが…

「今日は本当にタチが悪いですよ。触りもないんですから。こんなにも難しい日はなかなか珍しいです。普段は着乗りすることも多いですし、こんなに難しくないですよ」

それでもトップは、臼井船長の言葉通り大・中・小まじりで34杯。

悪くてこの釣果なのだから、今後期待できようというものだ。

「反応は広範囲にあります。イカは間違いなくいますよ。いいときにはトップ60〜70杯以上いきます。まだ始まったばかりなので、これからですよ!」と臼井船長。

さあ、アツいシーズンを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2021年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル