MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込み本番!大ダイチャンス!内房・富浦沖のコマセマダイ

乗っ込み本番!大ダイチャンス!内房・富浦沖のコマセマダイ

東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!

perm_media 《画像ギャラリー》乗っ込み本番!大ダイチャンス!内房・富浦沖のコマセマダイの画像をチェック! navigate_next

内房の大場所、富浦沖 いよいよ乗っ込み本番! 大ダイを狙って誘いは 指示ダナより高めから落とし込む

待望の乗っ込み開始! 横瀬と象背根がポイント

富浦沖のマダイの乗っ込みのメインポイントは、2つある。

館山湾口の横瀬と富浦港の真沖の象背根がそれだ。

例年は、横瀬水深80mから始まり、シーズンが進むにつれ少しずつ浅くなり、水深50~70mのなだらかな根周りに乗っ込みマダイが集結するようになる。

この周辺で本格化すると3㎏オーバーはあたり前、5㎏オーバーもザラだ。

ゴールデンウイーク前後にピークを迎え大ダイラッシュが期待できる。

今期はというと、ここでは3月半ばからプレ乗っ込みのようで乗っ込み個体ではないが1㎏前後のマダイの数釣りができていた。

近年にはない傾向だが、食べておいしいサイズなので、人気となっていた。

エサ取り魚にトラフグとマフグが多いのが近年の傾向。

マダイのポイントがトラフグの乗っ込みポイントになっているようだ。

もうひとつのポイントである象背根。

ここは起伏のある岩礁でゲストに脂がのったイサキが釣れるのが特徴だ。

毎年、どちらがよいかはそのときの潮次第だが、今期の模様を話すと、まずは横瀬で乗っ込み前のプレが始まり、実際乗っ込みを開始したのは象背根だった。

4月半ば以降は横瀬も例年どおり大型マダイが乗っ込み本番を迎えるだろう。

このように、富浦沖では2つのポイントを行き来するのが特徴だ。

象背根は大型遊漁船は資源保護のための時間制限が設けられており、午前8時~15時のみこの周辺で釣りが可能だ。

浅瀬ではイサキ、カンパチやイナダなどの青物がまじるが、エサ取り魚のウマヅラも多い。

タナは高めでハリスは4~5号12m1本バリ

富浦沖をホームグランウンドにする富浦港「共栄丸」では、オキアミコマセを使用したマダイ釣りを採用している。

タナを高めに設定し、少量のコマセでマダイたちを浮かせてかけるスタイルだ。

釣り方は新潟県の上越エリアで行われているものと同じだ。

ハリス4~5号、長さは12m、1本バリ仕掛けが基本。

船長から指示ダナは、通常は底から20m前後。

状況に応じてもう少し低めの指示が出されることもある。

エサ取りが多い。その正体は マフグとトラフグ、ウマヅラ

近年、特に横瀬周辺では、トラフグが多い。

4月はじめにはトラフグ専門船がコマセマダイ船団のなかで2~3㎏のトラフグを爆釣していた。

つまり、マダイと同じところでトラフグが乗っ込んでいたのである。

とはいえ、フグは我々にとってはエサ取り魚。

付けエサはむろん、ハリやビーズなどをいとも簡単に食う。

そして鋭い歯でハリスはスパっと切る。

困ったことにマダイの活性が高いとフグの活性も高く、このフグたちと付き合いながらの釣りとなるタイミングもある。

フグ対策は、エサ取り対策の基本である早い手返しのほか、ハリスには光物は一切付けずにシンプルな仕掛けで釣ること。

ハリもあまり目立たないカラーを選択。

黒やシルバーなどを選択する。

そして、必ず毎回ハリスのハリのチモトのキズを指でなぞって確認すること。

キズが少しでもあればすぐにハリスを結びなおす。

もちろん、フグが多いときはハリのロストも多いので、予備のハリを1~2袋多めに持参しよう。

指示ダナより5mより下にはビシを下ろさない

さて釣り方だが、「共栄丸」では、コマセマダイで有名な新潟県上越沖と同じ釣り方を行っている。

具体的には指示ダナよりプラス5m下までビシを下ろし、そこでハリスを潮になじませるために10秒前後静止、その後、軽く静かにコマセを振り出して指示ダナまでビシを巻き上げ、そのタナでアタリを待つというもの。

勢いよくシャクってコマセを振り出すと、せっかく浮いたマダイが警戒して下がってしまうからだ。

富浦沖でもマダイたちにオキアミの味を覚えさせるだけ、という考えなのでコマセは少量でよい。

だから、コマセカゴのなかに入れるオキアミは半分程度でよい。

フグやウマヅラなどのエサ取り魚たちが活発なときはなおさらコマセのまきすぎはよくない。

タナにビシを合わせたあとは、置き竿でアタリを静かに待つのが基本だ。

タイミングを見計らって 指示ダナ上から落とし込みの誘い

高ダナ設定のコマセマダイ釣りの最大の武器の誘いは“落とし込み”だ。

その誘いのタイミングは魚が浮いたとき。

これは、船長のアナウンスや手元の探見丸の画像で確認できる。

富浦沖では、落とし込みの誘いは指示ダナ上から行うのが基本だ。

だいたい、タナより1~3m上から指示ダナまで静かにゆっくりと落とし込む。

活性が低かったり、マダイがなかなか浮いてこないときは、指示ダナからの落とし込みもOK。

しかし、落としてもタナから2mまで。

これ以上下げることを頻繁に行うと、船長から指示ダナ外れの注意があるかもしれないので、できるだけ指示ダナ周辺で誘いを行う。

フグが多いときや潮が流れないときはしっかりとアワセる

基本的には誘い動作後にアタリがなければ、一度回収して付けエサチェックをしよう。

置き竿で長時間の放置は、エサなしのハリをただ、漂わせているだけではマダイは釣れない。

3~5分に一度は仕掛けを回収してエサチェックをすることを忘れずに行おう。

とくになにもアタリなくハリだけがなくなっている状況下では、潮が流れなかったり、活性の高いフグが多いときだ。

そんな状況では、小さいアタリでもアワセを入れよう。竿先に違和感を感じとったら、まずは竿を聞き上げる。

テンションを感じたらそこから大きく竿を上げてしっかりとアワセを入れよう。

逆に潮が流れているときは、置き竿でもアタリは大きくでることが多い。

こんなときは逆にすぐにアワセないで一呼吸おいてからやり取りに入るといい。

無理なアワセ動作は必要ない。

内房・富浦沖のコマセマダイ 釣行レポート

少量のオキアミでマダイを浮かせて釣る!!

富浦沖のマダイは乗っ込み本番!

きれいなメスのマダイが海面に咲いた

野崎さんは象背根でキャッチ。でっぷりとしているマダイだ。がまんして待って浮いたマダイをかけた

乗っ込みポイントには次々とマダイたちが集結してくる

大ダイヒット!格闘中!!

探見丸で浮上したマダイを落とし込みの誘いで迎撃。見事ヒットさせた

今期初の乗っ込み大ダイに思わずガッツポーズ!!最高にうれしい1枚だ

4.6㎏!今期初乗っ込み大ダイキャッチだ

藤田さんは象背根で見事、4.6㎏をキャッチ

藤田さんの息子でマダイ王子(15歳)もオスのマダイをゲット

藤田さん親子は息子さんの中学生最後の釣行を見事祝いダイラッシュでしめた

名人の喜代田さんはこれで4枚目

喜代田さんの釣果

松本さんは午後船で落とし込みで良型

紅一点の美人アングラー、吉田さんも本命キャッチ

春休み中で親子乗船で楽しんだ

つり丸買います!よろしくです!

レンタルタックルでゲット

富浦沖も釣れるねぇ~

常連の名人、富永さん誘ってキャッチ

将来の若船長も退任の先生のお祝いダイをゲット

名人、丸岡さんも連発中

横瀬で大アジは常連ゲスト

ハリスをプツリと切るのはこのトラフグ

ゲストのカイワリ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「共栄丸」

東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。
 
3月半ばから1㎏前後のマダイが数釣れはじめ、4月の声を聞くころになってようやく乗っ込みがスタート。

富浦港真沖の象背根と館山湾側の横瀬で例年どおりお祭り騒ぎだ。

「3月前半まで全くぱっとしなかったのですが、横瀬で突然1kg前後のマダイたちが口を使いはじめました。いつ乗っ込みが始まるのか?とじれったい気持ちでいっぱいでしたがついに象背根で始まりましたね。横瀬もこれから大型が釣れるようになりますよ」とは、春と秋にはコマセマダイに全力を注ぐ富浦港「共栄丸」の笹子宏宣船長。
 
仕掛けはハリス長12mで1本バリ。少量のオキアミコマセで、浮いたマダイを掛けるスタイルが「共栄丸」流だ。

「横瀬ではトラフグも乗っ込んでいるようですので、予備のハリは多めに持ってきてください」と笹子船長。

近年はマダイとトラフグの乗っ込みが重なっているという。

対策はひとつ、ただひたすら手返しを早くするのみ。

エサが周りで残って回収されるようなら、チャンスだ。
 
大型が回遊し始めると高確率で釣れるのが富浦沖の最大の魅力。

午前と午後の2便を活用して自己記録更新サイズを求めて、積極的にチャレンジしてみよう!!

以上の記事は「つり丸」2021年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル