MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
黄金イサキが満開中!大型の数釣りを楽しもう!南房・波左間沖

黄金イサキが満開中!大型の数釣りを楽しもう!南房・波左間沖

3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!

perm_media 《画像ギャラリー》黄金イサキが満開中!大型の数釣りを楽しもう!南房・波左間沖の画像をチェック! navigate_next

南房イサキハイシーズン。 波左間沖激うまイサキにも注目

食い渋いときほど、静かな釣りが必要な波左間沖。曇り。もしくは雨天が狙い目だ!/イサキ専用船といっても過言ではないほど、船上サービスも充実している「竜一丸」

3月に南房のイサキ釣りがはじまった。

今期も水温が高めのため、予想どおり解禁日から連日、どの船宿でも好調の報が届いている。

シーズン的に水温があがる4月5月は来たるべき産卵期、いわゆる乗っ込みに向けてまさに最盛期を迎える。

このイサキを3月~7月までメインの看板にあげている西川名港「竜一丸」だ。

近年、数よりサイズ狙いで出船している。

「港の真沖の西川名沖から平砂浦沖では、良型がコンスタントに釣れるんだよね。だけら、どちらかといえば、安パイなので、先にちょっとシビアな波左間沖のイサキを狙うようにしてます。ここでは良型が多く、たまに40㎝超えのイサキが来るんだよね。そしてここのイサキの最大の魅力は食べておいしいことよ。身の脂が甘くて絶品なんだ」と話すのは、安西竜一船長。

波左間沖にある水深50m前後の定置網の縄を固定するための台周辺がポイント。

だが、いつでも簡単に釣れるわけではない。内湾特有の潮でこの潮の流れ具合では超シビアなフィールドになるという。

それだけ、テクニックが必要になってくる。

だが、「波左間沖のイサキは相変わらず釣り初めての子供や女性がよく釣るんだよね」と船長。

つまりビギナーに分があることが多いという。

どうしてか。

これは、静かでソフトな誘いに理由があるという。

つまり、あまり動かさない誘いが有効ということ。

一方、ホームグラウンドというべき、西川名沖~平砂浦沖は、潮の流れが悪くともポイントの多さから、ラン&ガンで攻めるのでコンスタントにイサキを釣ることができるという。

「竜一丸」では洗練した 船宿仕掛けを使おう!

南房のイサキ釣りは、アミコマセ使用のビシ釣りが行われている。

カゴの大きさは規定によりプラカゴのFLサイズが使われている。

オモリは60号。

オモリとカゴの一体型ではなく、セパレートタイプが水中であまり暴れずイサキに警戒心を与えないからよいと船宿で説明される。

仕掛けは、ハリス1.5号全長3.5mのムツバリ9号3本バリ。

これに1.5㎜径30㎝のクッションゴムを介してテンビンに接続。

テンビンはイサキのコマセ釣りにこだわる「竜一丸」が開発し商品化したもの。

それがチドリテンビン。

これらを組み合わせることで仕掛けのオリジナルバランスが生まれ実釣に絶大な効果と実績が出ている。

これを使わない手はない。

船宿では受付時にこれら一式を仕掛け以外レンタル可能なのでぜひ利用しよう。

竿はオモリ60号が背負える LTもしくはゲームロッドで

タックルはオモリ60号が背負える7対3調子のLT用、もしくはゲームロッドがベター。

竿の長さは2m以内。常連さんは1.5mのショートタイプを使う人もいる。

「最近のイサキ釣りでは、超ショートロッドで十分ですよ」と竜一船長。

リールは水深が浅いため手巻きの両軸、もしくは小型電動。

道糸は船宿推奨はPE4号だが、PE2~3号でもOKだ。

カゴの上窓は3分の1〜 2分の1開け、下窓は全閉に

さて、このコマセ釣りでは、アミコマセの振り出し量がとても重要なファクターとなる。

まずはコマセの振り出し量の調整をしよう。

プラカゴの上窓は3分の1~2分の1開け、下窓は全閉に調整。

これより上窓を開けるとコマセが多く出すぎてしまう。

これだとコマセはほんの少ししか出ないのではないかと思う人も多いだろう。

だが、意外と多くアミコマセは放出されることとなり、十分すぎるほど集魚効果がある。

コマセを入れる量は8分目くらいまででめいっぱいパンパンに入れすぎてしまうと、出なくなってしまうので注意。

コマセはアミ。備え付けのしゃもじでビシカゴのなかへ入れる。ビシの上窓は2分の1~3分の1開けに調整

付けエサは秘伝のタレ漬けのイカタン

エサは「竜一丸」特製イカタンを使用。イカタンはクルクルと回らないようにハリ先にチョン掛けする

アミコマセを使う場合、アミを捕食させるのでそれに模したバケやハリを使うのが一般的だ。

「竜一丸」ではより効果的にイサキに食わすために独自の付けエサを開発。

それは集魚効果のあるアミノ酸入りの秘伝のタレに漬け込んだイカタンだ。

一粒一粒カットされたものが小さなタッパに入れてあり、釣り座にそれぞれ配られる。

その一粒のイカタンはコマセのアミの大きさにカットしてあり、そのままハリに付けるだけ。

エサ取り魚たちのも効果があるという。

コマセの振り出し方はソフトに 軽くスーっとシャクるのみ

コマセ釣りの基本は、コマセと付けエサの同調させること。

そのため、コマセはあるていどしっかりと量をまく、がセオリーだが、ここのイサキ釣りはちょっと違う。

コマセまきの基本のシャクリ方は、リールのハンドル1回転の巻き上げ量の平均が50㎝としたら、竿先を下げた状態から、軽くスーと50㎝ほど、30㎝ぐらいあげる気持ちでシャクリあげ、上げきったところで1~2秒ピタっと止める。

この止めタイミングでコマセがプラカゴからフワっと出る。

その後はリールを1回転分巻きながら竿先を下げ、これを繰りかえす。

これを船長の指示するレンジで行うのだ。

「竜一丸」では、「○○の○×、水深○×でアタリを待ってください」との指示がだされる。

具体的に言うと、指示ダナが水深40mとしたら、「43の40、水深40mでアタリを待ってください」となる。

つまり、指示ダナの3m下のからコマセをふり出し、指示ダナでアタリを待つというもの。

指示ダナの3m下から基本のコマセシャクリをすればいいのだ。

コマセの振り幅は、50㎝にこだわらなくてもよい。

1mにするなら、1m刻みにシャクリ、リールは2回転ずつ巻けばよい。

いずれも“強くシャクる”はタブーだ。ソフトにやさしくシャクろう。

激しいビシの動きは魚を集魚するどころか、活性が低いときは、魚に警戒心をあたえてしまい逃げてしまうからだ。

竜一船長がシビアな波左間沖で子供や女性がベテランよりもイサキを釣る!というのは、ビギナーたちはソフトに動かしているからなのだ。

一連の動作のあと、指示ダナでアタリがない場合は、ビシのなかのコマセが再度ビシを3m下までシャクリ上げてきてもよい。

だいたい、2回~3回くらいの往復でコマセがなくなるくらいのコマセの振り出し量がベストと覚えておこう。

1匹ヒットしたら追い食いをさせて多点掛けを狙おう!

アタリが出たらそのまま動かさずに待つ。

多少聞き上げてもよい。

そのままにしておくと引きが強くなるので、すぐにやり取りを始めたくなるだろうが、追い食いを期待しよう。

まずは通常の追い食いの方法から説明しよう。

1匹ヒットしたらデッドスローで3~5mほど巻き上げる。

こうすることでほとんど多点掛けができる。

次は食いが渋いとき。

そのタナで追い食いさせることを期待する。

つまり、1匹ヒットしても巻き上げず、そのままかもしくは、50㎝~1mほど送ってもよい。

イサキは群れているので群れに帰る習性を利用し、残りのハリに食わす目論見だ。ほとんど場合、そのままのタナで待つことで追い食いさせることができる。

この方法を上手に使い分けて追い食いを狙おう。

あまりにもこの方法で粘りすぎると本命がバレることもある。

ほどほどにして巻き上げるのがよい。

南房・波左間沖~西川名沖 黄金イサキ 釣行レポート

美味大型イサキが満開中!

静かな誘いがカギ。誰でも カンタン数釣りを楽しもう!!

これは波左間沖のイサキの反応。活性高いとバクバクになる

これが波左間沖の黄金イサキだ

取り込みは躊躇なく海面から魚を抜き上げることが大事

波左間沖はシビアなときも多いが入れ食いで爆釣のときもある

波左間沖は館山湾内のため、潮の流れが少なく気難しいイサキが多い

数匹釣れれば御の字の波左間イサキ。脂がのっている

体高がある良型がそろう「竜一丸」のイサキ釣り

ショートロッドでイサキの ダイレクトな引きを楽しむ!

イサキのオモリは60号。だから、LT用やショートロッドが適合する

一荷連チャン中!!

シビアな波左間沖でも一荷できた

きちんと静かに誘えば、一荷ヒットもザラ

追い食いさせて3点掛けを狙え!

西川名沖~平砂浦沖のイサキ釣りでは、追い食いさせて3点掛けを狙おう

波左間の黄金イサキがなんと一人50匹釣れることもある

半日で中型クーラー満タンも珍しくない。規定は50匹まで

珍しい大ムロアジがヒット

マダイも常連ゲスト

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・南房西川名港「竜一丸」

3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。

春の房総半島は花がいたるところで咲く。

その花の開花とともに開幕するのが波左間沖~西川名沖のイサキだ。

「ジャンボサイズのイサキにこだわってますよ。西川名沖はコンスタントに良型が釣れてます。開幕から絶好調です。それとうちの看板の波左間沖イサキは数は正直シビアな展開が多いですが、食べると激うまです。釣るには静かに釣るというそれなりのテクニックが必要になりますが、1匹に価値があるからこの波左間沖にこだわる常連さんも多いですよ」とは、こだわりのイサキ釣りを看板にする西川名港「竜一丸」の安西竜一船長の弁。
 
ここでは「郷に入れば郷に従え」のことわざのように、仕掛けもテンビンもビシも船宿のものを使うのが望ましい。

船宿こだわりのイサキ釣りを体感すれば、ビギナーからベテ ランまでみな納得間違いなしだ。

以上の記事は「つり丸」2021年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル