MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏シーズン初期、浅場のタチウオを攻略する【東京湾第二海堡周り】

夏シーズン初期、浅場のタチウオを攻略する【東京湾第二海堡周り】

今回のターゲットは東京湾のタチウオ。例年7月末から8月にかけて浅場で狙うパターンの最盛期を迎える。ポイントは、大貫沖から第二海堡周り。当日は浅場だがやや深いエリアも狙える道具立てで臨んだ。

ポイントの潮流は激しく複雑に潮目が出来ていた。こういう場所にタチウオの反応が多いという

当日のポイントは浅場の第二海堡周り。深場の金谷沖とこの2ヵ所が東京湾の2大ポイントとなっている。

東京湾の夏の超人気ゲームタチウオ。土日は多くのファンでにぎわう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや丸」。

「こなや丸」進藤通孝船長が魚探とソナーを駆使して反応を探すと、実釣開始。ポイントの水深は約45m程。出船前に船長が言っていたとおり、タチウオの群れはやや薄い。群れの移動が速いタチウオなので、船長の合図と同時にすぐに投入できるようなつもりで、準備して待つのが基本スタイル。
今回私はワインド釣法で使用できるデュエルから新発売の「ハードコアフィンテールダート」を持ち込んで、試す予定でいたが、まずはベーシックなジギングを行った。
ポイントの潮流は激しく複雑に潮目が出来ていた。こういう場所にタチウオの反応が多いという。
移動の速いタチウオを船長が随時船で追いかけるため、船長が出した細かい指示ダナと自分の投入したジグをきちんとその指示ダナに入っているかをラインのマーキングを確認しながら的確に探る。
まずスタートは、実績カラーの紫のジグ「ブランカ」。指示ダナ20〜15mという指示に合わせ、ジグをフォールさせた。タナでラインをサミングしシャクリ始めると独特の後ずさりするようなファイトで本命がヒットした。
こういった浅いポイントでは遊漁船が船団になってしまうと、タチウオの反応が船影を警戒して下がってしまう。そのため、進藤船長は船団からやや離れた位置でタチウオの濃い反応を探す。
タチウオ狙いではジグのカラーローテーション、巻き上げのアクションやスピードなどの違いによって、ヒットパターンが刻々と変わる。
そのため、毎投ごとにヒットしている同船のアングラーのテンポを真似しつつ、自分にアタリが遠くなったら、アクションを変えることが釣果を上げるための早道だ。

新兵器「ハードコアフィンテールダート」を試す!

魚に違和感を感じさせないソフトボディーながらタチウオの鋭い歯で噛みつかれてもキズがつかないタフネスボディー、アーマードボディーを採用。タチウオが表層に浮いて食いが渋いときにワインド釣法でダートさせて魚に強烈アピール。フックキーパーシステム搭載でライントラブルを防ぎ、鋭いダートが可能。カラーは全12色。サイズは90㎜で、20gと16gの2タイプ。

ジャークベイトでワインド釣法で行くか? メタルジグでジギングか?

「ハードコアフィンテールダート」はロングキャストして広範囲を探ろう。

歓喜のビッグヒット!

船団から外れてオープンエリアに来たとき潮上側へ「ハードコアフィンテールダート」をキャストした。しかし潮流が速すぎ。しかもタチウオの反応は水深8〜10mだったため、タナにルアーを到達させることができず、十分な試釣はできなかった。
何投かキャストしたのみにとどまったが、操船室から様子を見てくれていた進藤船長が確認できるほどアタリは頻繁にあった。
今後浅場の最盛期には、水面から5m程に反応が出るという。そのようなときは、「ハードコアフィンテールダート」をキャストして、広範囲に探ればきっと連発するハズ!?
機会があったらぜひ紹介させていただきたいと思う。
この最新ルアーは陸っぱりのシーバス用として開発されているが、ワインド釣法はシーバスの他タチウオ、青物などにも有効な釣法なのでぜひとも今後は多魚種でも試してみたい。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読