MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
12月は大ダイキャッチの実績大シーズンだっ!【新潟寺泊沖】

12月は大ダイキャッチの実績大シーズンだっ!【新潟寺泊沖】

新潟の海は総じて西風に弱く、糸魚川地区が辛うじて能登半島の風裏の恩恵を受けるだけである。これからの時期、新潟県は強い西風や北西の風が吹きやすく、出港できる日が限られてしまう。

昨年12月の「作十丸」の出船回数は朝船・昼船合わせて14回。その内、高確率で3㎏オーバーのマダイが上がっている

奇麗な魚体が印象的な2.2kgのマダイ。この日の最大魚だった。

シケの合間の出船日は、満員御礼! 毎年、大釣り実績があるからだ。

これがアベレージサイズ。

強い引きに期待を膨らませる。

仲乗りの片岡さんがあげたのはでっぷりとしたワラサ。ブリ回遊もこれからだ。

ポイントの水深は80m前後。ボトム付近に反応が出た。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「作十丸」。

寺泊地区は北西方向に佐渡島があるおかげで北西の風には比較的強い。そのため出船できる確率は他の地区よりかなり高いと言える。
昨年12月の「作十丸」の出船回数は朝船・昼船合わせて14回であった。その内、高確率で3㎏オーバーのマダイが上がっている。ビッグワンは準モンスター級の6㎏であった。
「シケが続いた後の出船時はもちろん、潮の濁りがおさまるシケ後二日目も狙い目です!!」とは「作十丸」の仲乗りの片岡さんの弁。
寺泊地区は1月末までマダイを狙うが2月から4月までは禁漁制限を設けている。シケの合間に「作十丸」で激ウマの寒マダイを狙ってほしい。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
日立久慈沖のテンヤマダイがおもしろい!乗っ込みの大型が顔を出し、青物や各種根魚といった多彩なゲストも!取材後の5月22日には、4.5㎏の大ダイ&2㎏の中ダイと3〜7㎏のワラサ・ブリも取り込まれている。
茨城・日立エリアの夏の風物詩的な存在のターゲット!ムラソイ!究極のスーパーシャローフィッシング!海底が見えるような超浅場で超スリリングなゲームを堪能あれ!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
最新記事
日立久慈沖のテンヤマダイがおもしろい!乗っ込みの大型が顔を出し、青物や各種根魚といった多彩なゲストも!取材後の5月22日には、4.5㎏の大ダイ&2㎏の中ダイと3〜7㎏のワラサ・ブリも取り込まれている。
茨城・日立エリアの夏の風物詩的な存在のターゲット!ムラソイ!究極のスーパーシャローフィッシング!海底が見えるような超浅場で超スリリングなゲームを堪能あれ!
なかなか釣りに行けない今こそ、魚のさばき方を勉強しておきましょう!! 今回は「平べったい系」の代表、ヒラメを5枚におろします!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
巣ごもり企画として展開するアシストフックの作り方講座、短期連載の2回目は、ツインタイプのアシストフックの作り方を紹介しよう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読