MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
12月は大ダイキャッチの実績大シーズンだっ!【新潟寺泊沖】

12月は大ダイキャッチの実績大シーズンだっ!【新潟寺泊沖】

新潟の海は総じて西風に弱く、糸魚川地区が辛うじて能登半島の風裏の恩恵を受けるだけである。これからの時期、新潟県は強い西風や北西の風が吹きやすく、出港できる日が限られてしまう。

昨年12月の「作十丸」の出船回数は朝船・昼船合わせて14回。その内、高確率で3㎏オーバーのマダイが上がっている

奇麗な魚体が印象的な2.2kgのマダイ。この日の最大魚だった。

シケの合間の出船日は、満員御礼! 毎年、大釣り実績があるからだ。

これがアベレージサイズ。

強い引きに期待を膨らませる。

仲乗りの片岡さんがあげたのはでっぷりとしたワラサ。ブリ回遊もこれからだ。

ポイントの水深は80m前後。ボトム付近に反応が出た。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「作十丸」。

寺泊地区は北西方向に佐渡島があるおかげで北西の風には比較的強い。そのため出船できる確率は他の地区よりかなり高いと言える。
昨年12月の「作十丸」の出船回数は朝船・昼船合わせて14回であった。その内、高確率で3㎏オーバーのマダイが上がっている。ビッグワンは準モンスター級の6㎏であった。
「シケが続いた後の出船時はもちろん、潮の濁りがおさまるシケ後二日目も狙い目です!!」とは「作十丸」の仲乗りの片岡さんの弁。
寺泊地区は1月末までマダイを狙うが2月から4月までは禁漁制限を設けている。シケの合間に「作十丸」で激ウマの寒マダイを狙ってほしい。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
今季は厳寒期でも例年より水温が高く、いろいろな魚が好釣果を維持。相模湾のマダイもその一つだ。平塚港「豊漁丸」はマダイをメインに、アマダイやハナダイ等、多彩なゲストをまじえ五目釣りが楽しめている。
最新記事
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
素早いフォールとスライドアクションを両立するリアバランスロングジグ「RBナガマサ」
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読