MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
12月は大ダイキャッチの実績大シーズンだっ!【新潟寺泊沖】

12月は大ダイキャッチの実績大シーズンだっ!【新潟寺泊沖】

新潟の海は総じて西風に弱く、糸魚川地区が辛うじて能登半島の風裏の恩恵を受けるだけである。これからの時期、新潟県は強い西風や北西の風が吹きやすく、出港できる日が限られてしまう。

昨年12月の「作十丸」の出船回数は朝船・昼船合わせて14回。その内、高確率で3㎏オーバーのマダイが上がっている

奇麗な魚体が印象的な2.2kgのマダイ。この日の最大魚だった。

シケの合間の出船日は、満員御礼! 毎年、大釣り実績があるからだ。

これがアベレージサイズ。

強い引きに期待を膨らませる。

仲乗りの片岡さんがあげたのはでっぷりとしたワラサ。ブリ回遊もこれからだ。

ポイントの水深は80m前後。ボトム付近に反応が出た。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「作十丸」。

寺泊地区は北西方向に佐渡島があるおかげで北西の風には比較的強い。そのため出船できる確率は他の地区よりかなり高いと言える。
昨年12月の「作十丸」の出船回数は朝船・昼船合わせて14回であった。その内、高確率で3㎏オーバーのマダイが上がっている。ビッグワンは準モンスター級の6㎏であった。
「シケが続いた後の出船時はもちろん、潮の濁りがおさまるシケ後二日目も狙い目です!!」とは「作十丸」の仲乗りの片岡さんの弁。
寺泊地区は1月末までマダイを狙うが2月から4月までは禁漁制限を設けている。シケの合間に「作十丸」で激ウマの寒マダイを狙ってほしい。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
コストパフォーマンス最高の600m巻PEライン「ハードコアX8プロ600」
更新: 2019-07-14 17:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読