MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ちびっ子・ビギナーも大満足!相模湾・茅ヶ崎沖LT五目!

ちびっ子・ビギナーも大満足!相模湾・茅ヶ崎沖LT五目!

茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!

perm_media 《画像ギャラリー》ちびっ子・ビギナーも大満足!相模湾・茅ヶ崎沖LT五目!の画像をチェック! navigate_next

春の沖釣りベストシーズンに最適な ビギナーにもオススメの楽しい五目釣り!

アウトドアブームの到来で最近は嬉しいことに船釣りも人気と聞く。

特に子供連れで手軽に楽しめる半日船やライトタックル(LT)での釣り物が人気のようだ。

相模湾のLT五目釣りもファミリーフィッシングにピッタリの釣り物で、今回は湘南のシンボル烏帽子岩を間近に臨む茅ヶ崎港「ちがさき丸」さんにお世話になった。

アジ、イサキに ウルメイワシ、根魚も

「ちがさき丸」のLT五目船は7時出船。

出船まで船長に話を伺うと「ちょうど深場から浅場の釣り物へと変わる端境期で、正直数的にも魚種的にもイマイチ少なめですね。でも80mくらいの深場でアジやイサキがそこそこ食ってくれるのでお土産にはなっています。今日は後半浅場も狙ってみますよ」とのこと。
 
控えめ発言だがアジにイサキ、良型のウルメイワシやハチビキ、根周りではカサゴやハタなども釣れるというから文字通り五目釣りを楽しめそう。

個人的には「良型のウルメ」に激しく心を揺さぶられ、サビキも持って来た方が良かったかなーとやや後悔しながらの出船となった。
 
釣り場へは20分ほどで到着。

「80mから60mまで探って下さい」とアナウンスが出て釣り開始となる。
 
ビシは本来40号なのだが深場のため60号の方が良いとのこと。

あいにく持参していなかったので船の貸しビシを借りることにした。
 
ここではアジがメインと聞いていたので、ウイリー仕掛けではなくハリス2号3mの南房イサキ仕掛けに、米粒大に切ったバイオベイトと先バリにはオキアミを刺して臨んだ。
 
まずは指示通り80mからコマセシャクリを開始する。

タナ2往復で仕掛けを回収しコマセを詰め替え再投入。

これを3度ほど繰り返したがアタリがない。早くも「アジなら誘い上げなくても…」と横着心が芽生え置き竿の誘惑。

80mでコマセを振り75mまで巻いて竿をキーパーにガチャリ。

すると待つことしばしでクンクン! と小さなアタリが出る。

初物ゆえ低速で慎重に巻くとオキアミを刺した先バリに17㎝ほどのジンタが付いていた。

小学2年生が 様々な魚を連釣!

コマセが効き出したのか船中でもジンタ、ウリンボがポツポツと上がり出す。

ただ時には良型のアジやイサキも上がるものの、全体には食いが渋い。

開始1時間しても顔を見られない方もいるくらいだ。
 
そんな中一人絶好調(?)なのが右舷ミヨシ寄りのさつき君。

船釣り2度目の小学2年生とのことだが、お父さんに教わりながらアジ、イサキと一人気を吐く好釣ぶり。

大人たちが嫌うスズメダイやアカタチ、シキシマハナダイだって「なにこれ?キレイな魚」と大はしゃぎだ。

好きこそものの上手なれ…とは良く言ったもので、後半にはほぼ一人だけで釣りが出来るようになったのだからたいしたものだ。
 
9時半近くになって場所移動。やや浅くなり水深80m前後、タナは65mの指示だ。

ここではトモのベテラン常連勢が貫録? を見せる。

「今日はアマダイ狙いに徹しますよ」と宣言していた右舷トモ氏はムシガレイのあと良型のアマダイを2連釣。

左舷トモ氏は竿を満月にしならせてサビキ仕掛けにサバの4点掛け。

その後沖揚がり近くには、小アジを泳がせて「ヒラメ狙いだっただけど(笑)」で良型のオニカサゴを釣るなど、「他人に迷惑さえかけなければ何でもOK」の五目釣りを存分に楽しんでいた。
 
ちなみに筆者もここで美味しいゲストカイワリと良型イサキ、ハチビキを釣らせてもらいました。

これからがLT五目の 本格シーズン!

この後昼前には烏帽子岩沖の浅場も探索してみたが、時期尚早のようでたいした釣果はなく深場へと再移動。

「アジ狙いの人は80~60m。イサキは60~4mでやって下さい」との指示だ。
 
この日は終始潮が悪かった。上っ潮は速いのだが底潮は全く流れていないようで、釣りづらいやら食いが悪いやらだ。

ここまでずっとこんな感じが続いていたが、残り時間が30分弱となったところで状況が好転する。

若干潮がたるみ釣りやすくなったのと同時に魚の活性も上がった。

型は相変わらず小型中心だが、仕掛けを下ろすたびにアタリが出る。

中にはダブル、トリプルと連釣する方もいたくらいだ。
 
タナが深かったためこのチャンスに数投しかできなかったが良いお土産タイムだった。

惜しむらくはもう少し早く食い出してくれれば…と後ろ髪を引かれながらの納竿。
 
釣果は良い人でアジとイサキを20匹くらい。

その他船中で上がったのはサバ、ハチビキ、アマダイ、ムシガレイ、オニカサゴ、カイワリなど。

密かに期待していたウルメイワシがまじらなかったのは残念だったが、細いので期待せず「根魚のエサ用に」と持ち帰ったサバが望外の脂の乗りでビックリ。

エサ用発言は撤回、塩焼き、味噌煮、竜田揚げで食卓に並んだ次第だ。
 
例年4月中旬の頃からぐっと本格化するLT五目は今後がますます楽しみ。

また「ちがさき丸」では別船でマダイやヤリイカ、根魚五目などに出船しているが、近々シロギスも出船予定とのこと。

こちらもビギナーやファミリー向けにおすすめの釣り物。

船宿HPを確認し出掛けてみてはいかがでしょう?

茅ヶ崎沖のライトタックル五目 釣行レポート

GWにも夏休みにもオススメ ちびっ子・ビギナーも大満足!

これからの沖釣りベストシーズンにオススメ、LT五目!

家族のおかずは十分!!

アジやイサキなどをメインに、いろんな魚がまじる五目釣りだ

美味しいイサキは良型も

アジは3点掛けも! 大人がまじめにやったらクーラーはズッシリ!

親子共同作業で大物ゲット!

いいアマダイも食ってくる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「ちがさき丸」

茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。

春休み中とあって 4組の親子連れ、お孫さん連れと同船した取材日は、潮具合が悪く食いは本調子ではなかったがそこはLT五目、なんやかやと色々な魚が釣れ上がった。

ちびっ子達はジンタ(小アジ)、ウリンボ(小イサキ)はもちろんスズメダイやアカタチだって釣れれば目を輝かせて大喜びだ。
 
釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。

竿をスッとシャクった後に数秒間のポーズを入れその後竿を海面に向けながらリールを巻く、

これをリズミカルに続けて誘い上げて行くのだがが、ちびっ子なら竿をキーパーに掛けたまま、タナ決め打ちで竿を時々上下に動かすだけでも何かしら食ってくる。

「今は端境期でやや深場のアジをメインに狙っている状況ですけど、もうしばらくすれば浅場でもっと色んな魚が食い出すと思いますよ」と「ちがさき丸」のLT五目船担当米山翔太船長。
 
今後はより釣りやすくより色々な魚達との出会いが増えそうだ。

なお、「ちがさき丸」では春休み企画としてお得な親子ペア料金(LT五目に限らず貸し竿1組付き2人で1万円)を設定していたが、好評につきGWや夏休み期間中も再企画予定とのこと。

お得な料金プランで思いっきり楽しんじゃいましょう!

以上の記事は「つり丸」2021年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル