MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型期待大!水温上昇で上向き!外房・大原沖のテンヤマダイ

大型期待大!水温上昇で上向き!外房・大原沖のテンヤマダイ

外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!

perm_media 《画像ギャラリー》大型期待大!水温上昇で上向き!外房・大原沖のテンヤマダイの画像をチェック! navigate_next

浅場から深場までどこも期待できる

この時期は水深20m台の浅場から水深60m台の深場まで幅広く狙う

大原沖のマダイがおもしろくなってきた。

この時期は水深20m台の浅場から水深60m台の深場のポイントも狙え、釣果が記録されている。

今回取材した大原港「富久丸」では、取材時には水深30m台のポイントで2.8㎏のマダイを取り込んだ。

また取材の2日後には、水深60m台の深場で3kgオーバーが取り込まれている。

浅場のポイントは中小型のマダイが多いが、いろいろなゲストまじりで楽しめるのが特徴。

対して深場は比較的アタリは少ないが、ヒットするマダイは中大型の可能性が高く、大型一発狙いの展開になりやすい。

今後はいよいよ乗っ込みシーズン。サイスのいいマダイが期待できる時期だ。

水温の上昇とともにマダイの活性も高まるので、ぜひ大型狙いでチャレンジしてみるといいだろう!

タックルは専用竿に小型スピニングリール

道糸の先にリーダーとして、フロロカーボンラインの2~3号を3~5m直結にする。

FGノットやPRノットなどの摩擦系ノットで直結にするといいだろう。

リーダーの先にテンヤをつなぐが、強度がある小型スナップなどの接続具を介してもいいし、リーダーに直に結んでもOK。

前述しているように、この時期は水深20m台の浅場から水深60m台の深場までを狙う。

どんな状況にも対応できるように、テンヤは3~12号まで幅広く用意しておくこと。

テンヤは重さだけでなく、カラーや材質などもバリーション豊富に用意しておこう。

カラーによってアタリの数が変わってくることもある。

また潮が速いときは、同じ重さでもシルエットを小さくできるタングステン製テンヤが潮の影響を受けにくく有効だ。

「富久丸」で用意しているエサは冷凍エビ。海水に浸けて解凍してから、テンヤのハリに付ける。

エサ付けは1匹付けが基本。

下のイラストの右側に示したように、孫バリでエビの頭部と尾部を固定するように付けると、頭部が取れにくい。

今回の取材に同行していただいたたノリーズプロスタッフの榎戸富さんも吉田裕樹さんも、この方法で付けている。

またエビが小さいときや遊動テンヤのように親バリが小さいときは、下のイラストの左側に示したように2匹付けをするのもアリだ。

ただし、2匹付けはエサの消費が多くなるので注意しよう。

材当日、「富久丸」で用意された冷凍エビ

1匹付けが基本だが、エビが小さいときは2匹付けも!

テンヤを投入してから 着底させるまで

合図があったらテンヤを海中に投入する。広く探りたい場合は、テンヤをキャストしよう。

ビギナーは軽く前方に投げ入れるか、船下にテンヤを落とすのがいいだろう。

テンヤを投入したら、海中を落下させて着底させる。

落下のさせ方は上のイラストのとおり。

スピニングリールのベールを起こしてラインが放出されるようにしてテンヤを落下させていくが、このとき竿をあおって糸フケを出すと自然に落下しやすい。

テンヤが落下していき、糸フケがなくなったら再度竿をあおって糸フケを出す。

そして糸フケがなくなったら、また竿をあおって糸フケを作る。

これを繰り返して落下させていくのだ。

ただし糸フケはあまり出しすぎないこと。

糸フケが大きすぎると、ラインが風や波の影響を受けて落下しづらくなるとともに、落下中のアタリがわかりにくくなるからだ。

またテンヤの着底がわかりにくいときは、着底がわかるまでテンヤを重くするといいだろう。

底付近でアタらなければ 少し上も探ろう!

上のイラストで示したのが基本の釣り方だ。

テンヤが落下している最中にアタることもあるので、必ず糸の変化には注意しておくこと。

糸が急にフケたり、変な方向に動いたときはアタっている可能性大。

そんなときは迷わずアワせてみよう。

テンヤが着底したら、まずは底付近を狙おう。テンヤの着底後、即座に糸フケを取り、50㎝~1mぐらい巻き上げた位置でアタリを待つ。

アタリを待つ間、時々竿をシャクってテンヤを動かしてもOKだ。

底付近でアタリがないときは、少し上のタナも探ってみよう。

テンヤの着底後即座に糸フケを取り、50㎝~1mぐらい巻き上げる。

その位置でアタリがなければ、さらに50㎝~1mぐらい巻き上げる。

それでもアタリがなければ、50㎝~1m刻みに巻き上げて、海底から 5~10m上までを探ってみよう。

今回の取材ではノリーズプロスタッフの吉田さんが2.8㎏の良型マダイを釣り上げたが、その時のヒットパターンを示したのが下のイラストだ。

この日のマダイは、底付近でアタることが多かった。

ノリーズプロスタッフの榎戸さんも、吉田さんと同じように底付近でマダイがアタったという。

外房・大原沖のテンヤマダイ 釣行レポート

船中最初の1枚をゲット

とりあえず1枚

当日は15時以降からポツポツとアタリが出始めた

こちらは良型ハナダイ

吉田さんにヒット!ラインが出される!!

海面にマダイが浮上!滝口健太船長がタモでアシスト

ノリーズプロスタッフの吉田裕樹さんは、夕マヅメのチャンスタイムに2.8㎏の良型を手にした!

榎戸さんにヒット!愛竿の「ノリーズハイブリッドテンヤ真鯛」が曲がる!

ノリーズプロスタッフの榎戸富さんも夕マヅメのチャンスをモノにしてキロオーバーをゲット

小型マダイを抜き上げる榎戸さん

潮が澄んでウマヅラハギも数枚まじった

吉田さんは2.3kgのマハタも釣り上げた

タイラバでマハタをゲット

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「富久丸」

外 房・大原沖のテンヤマダイも上向いておもしろくなってきている。

春は乗っ込みの時期でもあり、大型が期待できる。
 
今回は大原港「富久丸」の午後船を取材。

開始から2時間ぐらいは本命のアタリなく苦戦。

それでも15時くらいからポツポツと本命のアタリが出だし、キロ前後のマダイが数枚取り込まれた。
 
そして、ノリーズプロスタッフの吉田裕樹さんにラインが出される引きが急襲。

ドラグを駆使した慎重なやり取りの末、海面に浮上したのは2.8kgの良型マダイだった。
 
取材後もコンスタントに中大ダイを取り込んでいる「富久丸」。

午後船ではとくに夕マヅメに良型がアタる傾向なので、最後まで諦めてはいけない。
 
これから水温の上昇とともにマダイの活性も高まる。

ゲストも含めてアタリは多くなるので、ビギナーもチャレンジしてみよう!

以上の記事は「つり丸」2021年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル