MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで攻める!外房沖 春の青物ゲーム!

ジギング&キャスティングで攻める!外房沖 春の青物ゲーム!

外房沖、ジギング&キャスティングゲームが面白い!外房沖 春のヒラマサゲーム!基本をおさらいして好機に臨む!

perm_media 《画像ギャラリー》ジギング&キャスティングで攻める!外房沖 春の青物ゲーム!の画像をチェック! navigate_next

好機を迎える外房沖のヒラマサゲーム。ここでは、第一歩を踏み出すアングラーへ、基本事項を整理してお伝えしよう。

春は一年のうちで数、型ともに期待できる絶好機

外房のヒラマサゲームは周年楽しむことができる。

なかでも春は一年のうちで数、型ともに期待できる絶好機。

冬場はサンパク、ワラサが主役となることが大半だが、4月に入ると主役交代、ヒラマサの釣果が一気に上昇することが多い。
 
3月下旬の取材時は、南からの潮に乗ってくるヒラマサの回遊まではあと少し、という状況。

主役はサンパク&ワラサ、そして、日によって爆発するというサワラが脇役(ときに主役!?)という状況だった。
 
全体的には釣れてはいるが、日ムラが激しい、とは大原港「松鶴丸」の中村真也船長。取材時は魚探の反応こそ上々だったが、何かがお気に召さないようでいまひとつ苦戦。

サンパク、サワラともに顔を出したことは出したけれど…、という状況だった。
 
それでも取材日前後の釣果は上々。サンパク、ワラサもあと少しは外房沖の主役の座を張るかも知れない。
 
以降は今後の主役となるヒラマサ狙いの基本事項を中心に整理していくことにしよう。

ジギング&キャスティングの両スタイルでヒラマサを狙う

外房沖ではジギング&キャスティングの両スタイルでヒラマサを狙っていく。

両タックルを揃えることが理想だが、まずワンセットということでは、ジギングタックルから用意することをおすすめする。
 
ロッドは 6ftクラス、150g前後のジグを快適に操作出来る近海ジギング用が最適だ。

ジギングロッドのなかでは完成度の高いパワークラスでもある。

予算に応じて好みのものをセレクトすればよいだろう。
 
リールは8000番が標準サイズ。

メインラインはPE 3号、リーダーとしてフロロカーボン製40~50 Lbを1.5~3m程度取るのが基本。

浅場狙いが多く、アンダーハンドでキャストすることが多いため、リーダーは短めがおすすめだ。
 
ジグのメインウエイトは150g前後。

潮が速いときや深場のワラサ狙いに活躍する200g程度のものも用意しておくとよい。

広く、狭くとスライド幅の調整がしやすい、セミロングタイプが使いやすく人気がある。
 
2セット目もジギングタックル、という選択肢もあるが、おすすめはキャスティングタックルだ。
 
ロッドは 8ft前後のヒラマサキャスティング用、

リールは8000~14000番、

ラインはPE 4~6号、リーダーは70~90 Lb、という組み合わせが標準となる。

悩んだらヘビーなセットを組んでおくとよいだろう。

外房沖ではいつでも大型ヒラマサのチャンスがあるからだ。

自分の技量で扱いきれないライトなタックルで挑んでも後悔するだけだ。
 
キャスティングゲームでのスタンダードルアーは、ダイビングペンシル。

選択肢は数多いが、基本となるサイズは160㎜前後。

これを基準に大小織り交ぜておくのが理想的だ。

まずワンセットということでは、ジギングタックルから用意。ロッドは6ftクラス、150g前後のジグを快適に操作出来る近海ジギング用。リールは8000番が標準サイズ。メインラインはPE3号、リーダーとしてフロロカーボン製40~50Lbを1.5~3m程度取るのが基本。ジグのメインウエイトは150g前後。セミロングタイプが使いやすく人気

風上側ではジギング、 風下側ではキャスティング

外房沖でヒラマサを狙う場合、風に任せて船を流し、風上側ではジギング、風下側ではキャスティングを行い、これを流しかえるたびに入れ替えるのが基本的な流し方となる。
 
もちろん、いずれの釣り座であっても常時、ジギング、キャスティングを行ってもよい。

しかし、船の四隅以外ではなかなか釣りづらい。

風上側では逆風となってキャスティングはやりづらいし、風下側ではラインが船下に入っていってしまうのでジギングがやりづらい。

深場でサンパク&ワラサを狙うときは、船中全員がジギングオンリーとなることもあるが、ヒラマサ狙いの場合は前述の片舷ずつ釣り方のスタイルを変える、というのが一般的だ。
 
そのため、ジギング&キャスティング、両方のタックルを用意しておくとよりヒラマサゲームを楽しめる。

ジギングは数狙いに強く、キャスティングは大型一発狙いに効果的という特徴もある。
 
スタートこそジギングタックルワンセットで挑むのもよいが、なるべく早い段階で両タックルを用意しておくことをおすすめする。
 
通い込んでいるアングラーは4~5セットを用意し、状況に応じて使い分けている人もいる。

タックルだけでも楽しみの奥は深いのだ。
 
今回は都合で実釣面まで踏み込むことができなかったが、いずれ機会を改めて紹介したい。

外房 春の青物ゲーム 釣行レポート

春の陣開幕中

曇天ながら平日ならではのゆったり釣行となった

4kg弱のナイスサイズのサワラ。ひと流し目でのヒットだった

グッとロッドが曲げ込まれる。青物ジギングの醍醐味だ

最後はネットですくってもらう、が基本だ

サイズこそ2㎏クラスのサンパクだが、この腹太コンデ

取材時のメインターゲットはサンパク&ワラサだった

グッドコンディションのサンパクに思わず笑顔が!

根魚はカサゴのほかに、マハタも常連だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」

人気の外房沖、ジギング&キャスティングゲームが面白い!

「ヒラマサはまだまだ本格シーズン手前という感じですが、サンパク、ワラサは日並みよるムラこそありますが、釣れていますよ」とは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

当地では2㎏クラスのブリをサンパクと呼ぶ。これに加えてワラサを深場で狙い、浅場ではヒラマサに照準を合わせて攻める。

さらにベイトについてナブラになっている魚は、水深に関わらずキャスティングゲーム主体に狙ったりもする。

3月下旬現在は、ナブラ撃ちのキャスティングゲームでサワラがラッシュするタイミングもある。

ジギングでは小型のカンパチがまじることもあり、賑やかな釣りが展開されることも珍しくはない。

取材日は午前船に同船させていただいた。

水深60mラインのサンパク、ワラサ狙いのジギングゲームからスタート。

すると、いきなりサワラが登場。

こちらはジギングでのヒットだった。

しかし、あとが続かない。

反応はモリモリとあるのだが、何かが気に入らないのだろう。ヒットが遠い。

ときおりヒットするサンパクは腹パンパンのグッドコンディションなのだが…。

結局この日はポツポツの拾い釣りに終始した。

午後船では全員サンパクヒットを得た、というのだから、なんらかの潮加減でスイッチが入るのかも知れない。

スイッチはいつオンになるか分からない。

悩んでいるなら出かけてみる、そんな心掛けが好釣果を引き寄せるはずだ。

ぜひ、挑戦していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2021年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
首都圏近郊では、屈指の爆発力を誇る常磐エリアのジギングゲーム。今年も4月上旬の開幕からイナダ&ワラサに、日並でヒラマサやヒラメも加わって大盛況が続いている。
東京湾タチウオジギングが好調!4月下旬の横浜新山下「渡辺釣船店」での実釣取材時は走水沖、久里浜沖を攻め、ほぼ全員が120㎝近い腹太ドラゴンをキャッチ。トップは16本を記録した。
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル