狙いは10㎏オーバーだ! 憧れの寒ブリを釣る!【相模湾・瀬ノ海】

狙いは10㎏オーバーだ! 憧れの寒ブリを釣る!【相模湾・瀬ノ海】

寒ブリが今期も瀬ノ海に回遊してきた。しかも、丸々と太っていて、デカイ。ヒットすれば8㎏を超す正真正銘ブリである確率が高く、10㎏オーバーも続々と取り込まれている。なにより、場所は「相模湾」。このことに価値がある。関東近郊の釣り人にとって、最高級の寒ブリを手にするまたとないチャンスなのだ。


こんなうまい寒ブリ、初めて食べたといっても過言ではない程に、うまかった!

斉藤編集部員、14㎏の寒ブリをゲット!! どうです、この体幅。これが相模湾・瀬ノ海の寒ブリだ!

まずはエサのカマス釣りから。これを釣らなきゃ始まらない! エサにするにはもったいない、なんて言ってはいられません。

編集長コバ、最初の1本は9㎏! 「もうこれで取材終了だね! 早揚がりして帰ろうよ」なんて言っていたが…。これはほんの序章にすぎなかった。

オマツリしながらも無事ネットイン! 2年越しの夢が実現した瞬間だ。

船長も丸々と太った寒ブリを3本!

「うお~やったぜ!! マジうれしい!」同じ相模湾で今期何本も10㎏オーバーのキハダを釣り上げている斉藤編集部員が雄叫びを上げた。「相模湾の寒ブリ」ということに価値がある。

近藤編集部員もこの笑顔。

40ℓクーラーでは入り切らない……。80ℓクラスを持参しよう。

斉藤編集部員の釣った14kgは、刺身で!

カマ焼きで!

そしてブリしゃぶで! 上品な甘みがあり、もちろん脂は乗り乗り! ルアーでカマスしか釣れなかった滝編集部員がすべておいしくいただきました!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯港「六熊丸」。

11月のある日、最高級の寒ブリを求め「つり丸」編集部員4名が大磯港「六熊丸」に集結。実はこの企画、今回で2回目。昨年も同じく寒ブリ狙いで「六熊丸」を仕立てたのだが、あえなく撃沈…。今回はそのリベンジなのだ。
結果は写真の通り。見事14㎏、9㎏、8㎏、6㎏と、船長の魚も含めればなんと7本もの“あこがれ”の寒ブリを釣り上げることに成功したのである。
となれば、もちろん大祝勝会! こんなうまい寒ブリ、初めて食べたといっても過言ではないほど、うまかった。
読者のみなさんにも、ぜひこの感動を味わっていただきたい。本当に、心から幸せになれます!

相模湾のブリ仕掛けはこうだっ!

リールは最強クラスのものを!! 編集長コバはシマノ・電動丸9000ビーストマスターZBを使った。

エサのカマスはこんな感じでセット。

水深のある場所を狙うこともあるため、リールはパワーのある電動タイプの使用がいいだろう。もちろん体力とヤル気のある人なら、手巻きリールでもOKだ。その場合は、ドラグ性能のいいレバードラグ式がいいだろう。
道糸はPEラインの6〜8号。必ず300m以上は巻いておくこと。
竿は150号のオモリが背負え、竿先が軟らかく、元部がしっかりとしたものがいい。ライト泳がせ用、または青物対応と表示された1.7〜2.5mが扱いやすい。
仕掛けは、泳がせ釣りでよく使われる1本バリの胴付き式。今シーズンは10㎏オーバーの大型のヒット率が高いので、ハリスは14号以上の使用が無難だろう。長さは1〜1.5m。
ハリも軸のしっかりしたものを使用すること。ヒラマサバリの14〜16号がベストマッチだろう。

相模湾のブリの釣り方はこうだっ!

かなり長いやり取りの末に上がってきたのが、14kgの寒ブリだ!

持っている男・編集長コバがやっぱり最初に掛けた! 食うことばかり考えて舌出してないで、まずは絶対上げろよな!

タナは、オモリを捨て糸なしで装着した場合、海底から5〜6m巻き上げた位置でアタリを待つ。捨て糸が長い場合は、その分を考慮してタナを低くしよう。
また、タナが低い時や高いときもある。そんなときは船長が指示してくれるので、それを実行しよう。「六熊丸」の取材時は、後半に海底から1〜2mの低いタナにアタリが集中した。
アタリの出方は千差万別。だいたい、竿先がコツコツと小さくお辞儀し、そのまま待っていると大きく揺れ、絞り込まれる。竿が絞り込まれたら、しっかりアワセを入れて、やり取りする。
これが理想のアタリだが、ずっと竿先が小さくお辞儀しているだけで、なかなか食い込まないこともある。時には1分以上もそれが続くことがあるのだ。とくに、大きめのサバをエサにしたときほど、この傾向があるようだ。
なかなか食い込まないときは、船長に見てもらってアドバイスをもらうといいだろう。とにかく即アワセはもちろん、早めのアワセも厳禁だ。
そして、しっかりとアワセを入れることも重要。ハリは最初生きエサに掛かっている。それをブリの口にしっかりと掛けてやるのだ。

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

「ここ数年は秋から冬は水温が高すぎるのか、ヤリイカが釣れるような潮じゃないことが多かったですね。今年は潮の流れもいいのか、久しぶりに当たり年と言ってもいい釣れ方をしていますね」とは、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。


今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

相模湾のカワハギが、いよいよ好機に突入だ! 9月17日に、腰越港「多希志(たけし)丸」のカワハギ船を取材したが、活性も、そしてキモの状態も、すでに「準備完了!」


昼ヤリイカはこれからがポイント広がり期待大!(坂口丸)

昼ヤリイカはこれからがポイント広がり期待大!(坂口丸)

今シーズンの相模湾はヤリイカが多そうだ。「去年はすごい多かったよね。今年はそこまでじゃないけど、どこにでもイカがいる感じだよ」と、早川港「坂口丸」の久保田忍船長は言う。今シーズンの開幕は早く、お盆開けごろにはすでにまとまった釣果が出ていて、100杯以上の日も度々記録された。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読