狙いは10㎏オーバーだ! 憧れの寒ブリを釣る!【相模湾・瀬ノ海】

狙いは10㎏オーバーだ! 憧れの寒ブリを釣る!【相模湾・瀬ノ海】

寒ブリが今期も瀬ノ海に回遊してきた。しかも、丸々と太っていて、デカイ。ヒットすれば8㎏を超す正真正銘ブリである確率が高く、10㎏オーバーも続々と取り込まれている。なにより、場所は「相模湾」。このことに価値がある。関東近郊の釣り人にとって、最高級の寒ブリを手にするまたとないチャンスなのだ。


こんなうまい寒ブリ、初めて食べたといっても過言ではない程に、うまかった!

斉藤編集部員、14㎏の寒ブリをゲット!! どうです、この体幅。これが相模湾・瀬ノ海の寒ブリだ!

まずはエサのカマス釣りから。これを釣らなきゃ始まらない! エサにするにはもったいない、なんて言ってはいられません。

編集長コバ、最初の1本は9㎏! 「もうこれで取材終了だね! 早揚がりして帰ろうよ」なんて言っていたが…。これはほんの序章にすぎなかった。

オマツリしながらも無事ネットイン! 2年越しの夢が実現した瞬間だ。

船長も丸々と太った寒ブリを3本!

関連する投稿


イシダイ、アジ、ヒラメ、青物…相模湾の楽しいLT五目【相模湾】

イシダイ、アジ、ヒラメ、青物…相模湾の楽しいLT五目【相模湾】

1月25日、茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目に行きました。今年一番の冷え込みなのに賑わう港。釣り人は元気ですね。


今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】

今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】

ウイリー仕掛けを使ったこの「ライト五目」は、もはや相模湾の名物的釣り物のひとつと言っても過言ではないだろう。道具が軽く、釣り方も難しくなく、さらにはいろんな種類の魚が釣れるとあって、女性や子供にも大人気の釣り物である。


釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

相模湾のヤリイカ釣りもいよいよ本格シーズンに突入した。相模湾、長井出船で狙うポイントは、近場では城ヶ島沖、少し足を伸ばして洲崎沖から沖ノ瀬と広範囲にわたる。潮の速さや水温、釣れているイカがヤリイカメインなのかスルメイカメインなのかで、それぞれを釣り分けている。


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ひとつテンヤ&タイラバで狙う東京湾のマダイ【東京湾】

ひとつテンヤ&タイラバで狙う東京湾のマダイ【東京湾】

ここ数年、東京湾では真冬でもエビタイが釣れ続いている。横須賀から鴨居沖までのコマセ禁止エリアで釣れるマダイの体色は紅を差したように赤く、特に冬場は惚れ惚れするくらい深みのある色になる。このマダイをターゲットにしているのが金沢八景の「野毛屋」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読