MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイ乗っ込み中!反応バッチリ!魚影濃い!駿河湾奥・沼津沖

マダイ乗っ込み中!反応バッチリ!魚影濃い!駿河湾奥・沼津沖

駿河湾の沼津沖でマダイが乗っ込みハイシーズン!スイッチ入れば爆釣モードも!湾内ベーシックを学んで対峙しよう!

perm_media 《画像ギャラリー》マダイ乗っ込み中!反応バッチリ!魚影濃い!駿河湾奥・沼津沖の画像をチェック! navigate_next

マダイ乗っ込み中! 基本仕掛けをベースに さまざまなアレンジでマダイを誘惑しよう!

今年の乗っ込みは遅れ気味 これから本格化の予想

朝陽に紅く染まった富士山

この美しい景色を楽しみながらの釣りとなる

駿河湾のマダイの好漁場、沼津沖。

風光明媚な山々に囲まれたこの海は、地元では湾内と呼ばれ、外洋が荒れていても湾内はベタ凪ぎで高い出船率もこのフィールドの魅力だ。

このよい漁場にマダイの稚魚放流事業の成果もあって周年を通してマダイ釣りが楽しめる。

コマセマダイ釣りに詳しい静浦港「真成丸」の高橋判船長は、「今年のマダイはいつもの季節にまったく食い気がなくて、どうなるのか?と思っていたけど、4月半ばを過ぎてようやく乗っ込みの気配が強くなってきたよ。深場も浅場も反応が出てるので、タイミングがあうと大釣りが期待できますよ」と話す。

乗っ込みが本格化すると湾内のどこにでもマダイがいるようになり、1~2kgサイズメインに、3~5kgの大ダイもまじるパターンにンあるという。

湾内のポイントを知り尽くす高橋船長が狙うポイントは水深20~90mとさまざま。

ソナーと魚探で群れを探しながら、船をポイントに止めて釣るのが高橋船長の操船術だ。

しかし、魚影が確認できていても、なかなか口を使ってくれないのが、湾内の乗っ込みのマダイの特徴。

ちょっとしたきっかけでいきなり活性があがることが多いという。

湾内では午前と午後便の2便制でコマセマダイ釣りが可能。

これを上手に活用しない手はない。

午前船には朝いち、午後船には午後いちと夕マヅメの時合いがあるからだ。

そのゴールデンタイムを無駄なく確実に集中して釣ることができればぐっとマダイキャッチ率が上がるハズだ。

釣り方はオキアミコマセ釣り ハリス長の基本は10~12m

湾内のマダイ釣りはオキアミコマセ釣り。

タックルは一般的なマダイ専用ロッドに電動リールの組み合わせでよい。

波静かなことがほとんどなので、2m前後のショートタイプのマダイ竿が活躍する。

このタックルにとくにコレという決まりはなくさまざまなものが使えるフィールドだけにビギナーはレンタルタックルでもOK。

もちろんマダイ専用だ。

さて、この海で大事なのが、仕掛けだ、とくにハリスのバランスが重要という。

高橋船長が基本とするハリスの全長は10mだが、「ハリスを長くすれば釣れる!とは思わないでくださいね」と船長が口にする。

「真成丸」では、船上の釣り人がその長さの仕掛けを使っていると想定して、各ポイントにおいて、船長は細かく指示ダナのアナウンスを行う。

「いかにしてマダイの鼻の前に付けエサのオキアミをもっていくか?これを常に考えながら指示ダナをだしているよ」と船長。

春のマダイは群れのなかからやる気ある個体が浮上して、エサのオキアミを捕食する。

つまり、見方を変えると、釣り人側がハリスを伸ばしたりして、あくまで想像だが、その群れにエサを到達させてもなかなかマダイは口を使ってくれないのだ。

だから、ハリスの長さは伸ばしても12mくらいでよいという。

「自分が竿をだすときは、ハリス6号6mと短ハリス仕様でマダイを狙うこともあるよ。魚探とソナーでマダイの動きをいつも見ているとマダイはかなり浮くし、ビシにも近づいてくるんだよね。もちろん、その魚影がマダイだけではないけど。湾内はさほど潮は速くないけど、海底は複雑な地形をしているので、それにともない複雑な潮の流れが生み出されています。だからいろんな長さの仕掛けを試す必要があるんだけど、短いほうが分かりやすいからね」

基本の10mよりハリスの全長を短くしても長くしてもよいので、何メートルがいいの?? と迷ってしまうが、迷ったら基本形の10mでやることをオススメする。

仕掛けのキーワード ハリの大きさに注目

そして、ハリスの長さの次に大事なのがハリの大きさだ。

基本はマダイバリ10号。

食い渋りの場合は、ハリのサイズを8~9号落とすのが湾内流。

ハリのサイズを落とし軽い重さのハリを使用することで、よりナチュラルなオキアミのフォール状態を演出させるのが狙い。

スレたマダイの食い気をアップさせる目論みである。

潮の流れが少ない内水面のような環境下だからこその対策だ。

ただし、水深20m台の浅場で大ダイを専門に狙うときは、小さいハリの使用は控えたい。

サイズはマダイ10~11号を使おう。

指示ダナ下5m~7mから コマセを少量振り出すのが基本

釣り方はとくに特別なことはなくコマセマダイの基本そのものでよい。

船長の指示ダナより5~7m下までビシをおろし、数回に分けて軽くコマセを振り出しながらあげて、指示ダナで静かにまつ。

ビシに入れるオキアミコマセはひとつかみまたはふたつかみと少量でよい。

置き竿にして静かにアタリを待つのが湾内のセオリーだ。

エサ取り魚が少ないときや周りに船がいないときは、どうしても仕掛けの入れ替えをやらずに置き竿にしっぱなしの傾向があるが、これはよくない。

少量のコマセであっても湾内のマダイ釣りではコマセを途切れさせないことが大事という。

「湾内では船を流して釣らないから、コマセを途切れさせると船下にマダイの群れが入ってこなくなっちゃうんだよね。だから、だれかしらがコマセをまかなきゃいいけなよ」とのこと。

3分に一度は付けエサのチェックをかねて回収することが必要だ。

誘いは落とし込み タイミングが大事

浮いてきた活性の高い個体を狙うこの釣りでは、指示ダナで置き竿で待つことはむろん、落としこみや誘い上げ動作をし意図的にマダイを食わす方法も有効だ。

湾内のマダイ名人たちは、この誘いのタイミングが絶妙であることがほとんど。

これで釣果が決まるといっても過言ではない。

そのやり方は、指示ダナより2~3mほどビシをあげてゆっくりと落としていく方法と指示ダナから1~2m落とす方法がある。

湾内ではどちらのやり方でもよいが、浮くマダイを制するには、前者の指示ダナより上からの落とし込みのほうが有効だ。

誘いのタイミングの基本は、まず船長のアナウンス時、もしくは探見丸があれば、魚探に群れが映り始めたときがそれ。

魚探に反応があれば、船の周りに確実にマダイはいる、誘いは無駄にならない。

その落とし込みが最大の武器となるが行うときは、ゆっくりと静かに行おう。

浮いたマダイがターゲットだ!

魚探反応には、マダイの動きが映し出される。毎年のことだが、マダイの群れは確実にいるのになかなか食わない。食うのは群れのなかの個体ではなく、そこから浮いた個体なのだ

なかなか釣れないときの ハリスバランスの設定

船長の指示ダナをきっちりと守っているのになかなか釣れない。

そんなときは、仕掛けにアレンジを加えるとよいと船長はいう。

「ハリスを重くするか、軽くするかをまず考えるよいよ。基本的には渋いときはできるだけ軽いほうがいい。極端なこというとストレート仕掛けが効果的かな。それにガン玉などのオモリを活用するのだけど、それをどこに打つかがかなり重要になってくるよ」と船長。

「6号のナイロンラインは潮乗りがいい。それを頭に入れてシンカーを打つ位置をきめる。船の周りに泳ぐマダイを狙いたいときは、シンカーの位置をハリから遠ざければよいし、船下を攻めたいときは、ハリにシンカーを近づける。基本はハリから5mのところだよ」などと話す応用術もある。

ビーズなどの光物はいっさい付けないのがコツ。

付けエサはオキアミ。1匹掛けが基本という。

逆に軽い仕掛けがダメなようなら、2段テーパーや3段テーパーなどにして重くするという手もある。

普段この海でやらない方法が効果を発揮する場面もけっこう多いというのが、この内水面的なフィールドであるという。

先入観にとらわれずいろいろなことを試してみるといい。

その際、くれぐれもコマセマダイ釣りの基本である「指示ダナ厳守」を忘れずに。

【駿河湾奥・沼津沖】乗っ込みマダイ 釣行レポート

スイッチ入れば爆釣モードも!湾内ベーシックを学んで 対峙しよう!

波静かな沼津沖。急深の地形を有する湾内には無数に及ぶマダイポイントがある。乗っ込み期は深場から浅場までさまざまなポイントを探ることになる

反応バッチリ! 魚影濃い!

静かに口火を切るのは、軽快に泳ぐマダイたち。専用ロッドが気持ちよく弧を描く様は見事

このクロダイが釣れたら乗っ込み大ダイチャンスアップ!

食いが浅いことも多いので慎重にタモ入れしよう

沖釣りエキスパートの斎藤さんもマダイをキャッチ

海が穏やかでも魚はパワフル。大物とも出会えるぞ

浅場のポイントでクロダイがまじれば、乗っ込み大ダイのチャンスアップ!

良型マダイを手にした御殿場駅前の居酒屋「飲み食い横丁なべすけ」オーナーの眞鍋宏輔さん。軽い仕掛けで誘いを駆使して見事掛けた!

タイ釣り名人の真鍋さんの生け簀はコレ

乗っ込み初日かと思わせた日に眞鍋さんはこの釣果。さすがだ

まずはこの食べごろサイズのマダイを確保してから、大物をゲットしよう

暖かくなっていくにつれサイズアップしていく

ビギナーにも釣れる湾内のマダイ。気軽にチャレンジしたい

大アジがまじった

なんとマダイ仕掛けに指6本のドラゴンがきた

深場ではカイワリは常連

エサ取りの正体はこのミズフグ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」

駿河湾の最奥部の沼津沖はマダイの稚魚の放流事業の成果もあり、周年を通してマダイの魚影が濃いところ。

今期も湾内のいたるところで乗っ込みの個体が集結中だ。

「正直いって、今年の湾内の魚たちはどうかしちゃった?のかと思ってたけど、4月半ばになってようやく海のなかがいつもの海になってきましたよ。3㎏越えの良型も釣れはじめました」とは、コマセマダイ釣りを得意とする沼津静浦港「真成丸」の高橋判船長の弁。
 
実際、沼津沖で釣りをすると、水深は深めではあるが、マダイの魚探反応はバッチリ。

コマセにも好反応を示し、かなり上昇してくる個体も多い。

「マダイたちが群れて泳いでいるタナに合わせても釣れないよ。浮いてくる個体に合わせたタナで釣れるよ」との船長の言葉とおり、ヒットするのはすでに高ダナ設定にしてある船長の指示ダナのみ。

湾内のマダイは気難しい面も多く、いかに、高ダナでがまんできるか、そして、そのタイミングで誘いを掛けられるかで釣果が大きく左右されるという。
 
波静かで陸からほど近いところで釣りをする沼津沖のマダイを制することができれば、どこの海のマダイにも通用するテクニックが身につけられるという。

ぜひ、この機会に乗っ込みハイシーズンの沼津沖のマダイにチャレンジしてみてほしい。

予想以上の大物との出会いがあるかも!?

以上の記事は「つり丸」2021年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル