MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マジで激アツ!シマアジ五目!11kgも出て全開!駿河湾・金洲

マジで激アツ!シマアジ五目!11kgも出て全開!駿河湾・金洲

今年はシマアジが大チャンス!大型をアナタの手でぜひ!豊富な高級魚五目で楽しめる!!御前崎港「茂吉丸」での取材日は船宿レコードとなる11.2kg、99cmをゲット!

perm_media 《画像ギャラリー》マジで激アツ!シマアジ五目!11kgも出て全開!駿河湾・金洲の画像をチェック! navigate_next

やっぱりすごかった! 金洲の魅力を再発見!

今年はシマアジが大チャンス!大型をアナタの手でぜひ!

駿河湾、御前崎港から1時間あまり走ったところにある「金洲」。

銭洲のようなシンボルは存在しないが、その海底には「トンガリ根」を中心に、さまざまな魚を育み、そして魚が集まる根が広がっている。

4月の開幕からはシマアジ、オナガをメインとした五目釣り、6月ごろからはカツオ、キハダ、そして秋からはカンパチ、ヒラマサなど、季節ごとに釣り人垂涎の高級魚が迎えてくれる。

現在は、もちろんシマアジを主体としたシマアジ五目だ。

「例年、開幕してしばらくしてからシマアジが食い出しますが、今年は早いですね」とは、御前崎港「茂吉丸」の小野田茂樹船長。

今年はシマアジがかなり良さそうだ。

4月は下旬に入るまで風が強い日が多く、限られた日にしか出船機会がなかったが、5月は穏やかになり出船確率も高くなる。

出船さえすればシマアジと出会う確率も高くなる。

「ここのシマアジは本当にうまいですよ。ものすごい値段がつくようにブランドシマアジなんです。ぜひ、自分で味わってみてください」

基本はオキアミコマセの五目釣りで、シマアジのほかマダイ、ジャンボイサキ、ヒメダイ、深場ではオナガ(ハマダイ)などの五目釣りが楽しめる。

さらに、泳がせの一発大物狙いでモロコなどを狙うことも可能だ。

こんな夢がいっぱい詰まった金洲の釣りは意外と手軽に楽しめる。

ぜひ、一度体験してみてはいかがだろうか。

シマアジ狙いは強度重視 短めのロッドがおすすめ

金洲の五目釣りは、シマアジが釣れているうちはシマアジメインの釣りとなる。

使用する竿は、ワンピースの遠征五目用のほか、オモリ100号を背負える硬めのマダイ竿、ワラサなどの青物用など流用できるが、シマアジメインなら短めの竿がいいという。

「2m前後の竿が取りやすいと思いますよ。長いと取り込み時に緩んでバラすことも多いですし。短めの竿がバラシも少ないですよ」と、若船長の小野田秀平さん。

グラスのシマアジ専用竿も高級品から2万円前後のものまで揃っているので、この機会に購入を考えてもいいかもしれない。

リールは小型電動リール。ダイワなら300番、シマノなら800~1000番くらいのものが扱いやすい。

道糸は4号はほしいところだが、最近は3号を使用している人も多い。

ただし、オマツリも多く高切れする可能性もあるので自己責任で使用を。

仕掛けは中型テンビンに、2~2.5㎜20~30㎝のクッションゴムを装着。

ビシはプラビシの100号を使用する。

「シマアジの仕掛けは短いので長いクッションゴムは必要ありません。長くても50㎝までにしておくといいですよ」基本の仕掛けはハリス8号2~3mの2、3本バリだ。

「ウチの仕掛けは全長2mのウイリー3本バリです。これで他の魚も食いますよ」

ちなみにこの船宿仕掛けは1つ500円とリーズナブルかつ釣れるので、これだけを使用する人も多いのだとか。

自作する場合は、ウイリー仕掛け、ウイリーと空バリ、空バリ仕掛けなど。

ハリはバラシの少ないシマアジバリ16号が標準。

4月中旬あたりまでは、海面から海底まで大中小のサバが猛烈に多く、なかなかポイントに到達するのが難しい状況だった。

筆者はこれを鑑みてハリス8号2m空バリ2本バリ仕掛けを自作して挑んだが、これはいい仕事をしてくれ4回ヒットして4枚ゲットできた。

状況にもよるが、空バリがいいことも。

船宿仕掛け、市販の仕掛けは必ず枝バリに三方の編み付け補強が施してある。

シマアジはコマセに突っ込んできて、枝バリに食うことも多いので、自作する場合は必ず補強をしておこう。

そんなに難しくないので、自宅でじっくりと仕掛け作りしよう。

サバの猛攻、オマツリなども多いので、仕掛けは10組くらいあると安心だ。

やや深場の五目など、シマアジ以外の魚を狙う場合は、ハリス5~6号10m2本バリなどを使用することも。

大ダイを狙うつもりの仕掛けも用意しておこう。

こちらはのハリはマダイ10~11号程度。

食ったらアピールを! 最後まで緩めないこと!

コマセはオキアミを使用する。

付けエサはオキアミ、イカタンを併用する。

付けエサは自分で購入しておこう。

「ウイリーの場合は、先バリにはオキアミとイカタン、その他のハリにもイカタンは付けておくといいですよ」

オキアミエサは取れやすいが、イカタンはエサ持ちがよく、これだけでも食ってくるので必ず用意しておこう。イカは細切りにして2㎝ほどの長さにして使用する。

空バリの場合は、オキアミを付けてからイカタンを装着。

さらにオキアミをつけるサンドイッチ式にしてもいい。

ただし、手返しではウイリー仕掛けに分がある。

投入前に準備しておきたいのがドラグ設定だ。

「ドラグが出過ぎたら取れなくなります。逆にガチガチでもバレてしまいます。ワラサくらいの設定ですが、わからなかったら見ますから声をかけてください」

シマアジのポイントは水深50~60mほどの根周り。

「シマアジのみを狙いたいなら底をじっくり狙った方がいいですよ」

ビシが着底したら、糸フケをとって、その場で2、3回バッバッ!とコマセをまいて1mほど上げる。

少し待って再びコマセをまいて1mほど上げてみる。

もしくは、もう一度、着底させてからコマセをまく。

シマアジは海底にあるエサを食うと言われている。

このためタナは低めだ。

この日も食ったのは下から3m以内が多かったようだ。

2回ほどやり直して食わなければすぐに回収、再投入を。

「落下中や下でサバが食ったと思ったらスグに全速で上げてくださいね」

シマアジのアタリはイサキなどのアタリとまるで違う。

竿先を叩くように手元から持っていかれるような強烈な引きが襲う。

「シマアジだと思ったら必ずアピールしてください。そうしたら、周りの人の仕掛けを上げてもらったり、アシストできます。これをしないと本当にバレますよ」

シマアジは強烈な引きなのに口切れしやすい魚。

そしてオマツリしてバラすのも多い。

「シマアジが食ったらまずアピールして、竿を立て気味にして一定のスピードで電動で巻き上げてください。引きが強くなったら竿を下げていなします。ポンピングや手巻きで巻くとバラシが多くなりますよ」

そしていよいよビシを手に取るまできた。ここでも油断は禁物だ。

「ここでバラすことが本当に多いんですよ。仕掛けは常に張っておいてください。

口の穴が大きくなっていると、ホンの軽く緩んだだけでもバレちゃいますよ。

価値のある魚なので勿体ないですからね」

イサキなどが先に食ってくることがある。

そんな場合は、少しずつ上げていくと他のハリにシマアジが食うこともある。

サバ以外の魚が食ったと思ったら少し待ってみよう。

「アタリの半分くらい取れればいい魚です。それだけ難しいですが、魚はいますからぜひチャレンジしてみてください。味にもびっくりしますよ」

船宿仕掛けは2m3本バリ

コマセはオキアミ、ビシは100号使用

空バリ、ウイリーともにイカエサを使用するので持参を

イカエサは必ず用意していこう

【駿河湾・金洲】シマアジ五目 釣行レポート

夢の超高級魚がざっくざく 5月は最高潮の釣りが楽しめる!

金洲は御前崎から1時間半ほどにある

シマアジの水深は55mほど

朝イチは大型に備えてハリス10号を使用。「船長にドラグを調整してもらったのが良かったですね」。かなりの引きで強めのドラグも引き出された

誰もが目を疑った大物が無事ランディング!

久米さんは開始1投目に船宿レコードとなる11.2kg、99cmをゲット!「一生で一度あるかないかのチャンスをモノにできて最高です!」

開始から連続ゲット!「バラシも多かったけど最高です」

「連続バラシの後に取れました!」

「ここのシマアジは極上の味です!」とドクター・近藤惣一郎。タックルは「ショットバイパーSMT」&「シーボーグ300MJ」のコンビで挑んだ

この日はアタリが頻繁にやってきて、3kg前後が数取り込まれた

いい日に当たりました

皆さん最高の日を味わった

五目も魅力!

深場では超高級魚オナガも

イサキ、ヒメダイ、メダイ、カンコなどが定番。マハタ、カサゴなどシマアジ仕掛けでなんでも食ってくる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「茂吉丸」

「デカイの食ったよ~」55mほどでヒットして、カウンターには75mと表示されている。

「シマアジじゃここまで出されることないよ。私がドラグ調整したからね」と、御前崎港「茂吉丸」の小野田秀平・若船長は言う。
 
少しずつ上がってくるが油断はできない。

そして海面に姿を現したのは、超弩級サイズ、11・2kg、99cmのシマアジだった。
 
開始1投目での快挙だったが、これを皮切りにシマアジラッシュが始まった。

海面から海底までのサバの猛攻をかわすと、高確率で「いい魚」がヒット。

その中で、「違う引き」の正体がシマアジなのだが、この日は違う引きばかり。

それも2~3kg級がほとんどだった。

「今年はかなり良さそうですよ。ここのシマアジは絶品ですよ」とは小野田茂樹船長。
 
シマアジほか高級魚がざっくざく。

金洲のシマアジ五目、マジで激アツです!

以上の記事は「つり丸」2021年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル