MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
オオカミ高確率!シマアジ乱舞!遠征シマアジ五目【銭洲】

オオカミ高確率!シマアジ乱舞!遠征シマアジ五目【銭洲】

4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。

perm_media 《画像ギャラリー》オオカミ高確率!シマアジ乱舞!遠征シマアジ五目【銭洲】の画像をチェック! navigate_next

短ハリスでベタ底を静かに 攻略するシマアジ狙い!

お土産の五目ポイントでは ウイリーシャクリの要領で釣る

解禁日から絶好調! ダルマ前の深場のシマアジ

ネープルスの北側に突出する磯釣りの有名岩礁、大ダルマと小ダルマの前がポイントだった

4月1日に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”。

解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。

銭洲といってもかなり広大な瀬だ。

解禁直後、しばらくの間のメインターゲットはこのシマアジだが、ポイントは大海原に突出する岩礁周辺の浅場がポイント。

昔からネープルスの東側水深30~50mがメインのフィールドだったが、昨年からちょっと様子が異なるという。

「昨年からかなぁ。ネープルスから少し離れたダルマ前でシマアジがよく食うようになったのは。御蔵島周りと同じように水深が深いのだが、ベタ底でよく釣れるんだよ。サイズも良型揃いで安定して釣れていたので、今年も解禁日からそこを狙ってみたらやっぱり、シマアジはたまっていたね」とは、シマアジ釣りを得意とする沼津「舵丸」の片岡邦人船長の言葉。

解禁後、出船するたびに連日爆釣モードを記録。

6㎏以上のオオカミ(大型のシマアジ)もまじるフィーバーぶりだ。

シマアジの活性が高いときは、アベレージサイズが2~3㎏でトップは20枚以上キャッチしてるというから驚きだ。

さすがに5月以降はこんな爆釣モード日はほとんどない、というが昨年もロングランでシマアジは釣れていたので、今期もこれからまだまだ期待できるだろう。

「シマアジはどうしてもムラが出るからね。ゴールデンウイーク以降は、このシマアジ釣りに五目釣りを加えて銭洲を楽しんでもらいたいと思うよ」とのこと。

水温高めの状況は今シーズンも同じ。五目を専門に狙えば、ウメイロを筆頭にアオダイやヒメダイ、カンパチ、メジナ、イサキなどで大型クーラー満タン必至の状況となる。

シマアジ狙いの竿は高感度 &軽量&ショート系のもの

今期も銭洲のシマアジはよく釣れている。

だが、ちょっと食いが渋いと釣れる人、釣れない人がハッキリする。

どうしてか? シマアジの習性を理解し、それを利用した釣り方をしないとなかなか本命までたどりつかないようだ。

そんなことをふまえて、まずはタックルについて。

竿は7対3調子の五目竿、できるだけ軽量で高感度のものがいい。

100号のビシを背負えるゲームロッドやLT用がそれにあたる。長さは2m前後。

手持ち竿がメインなので長すぎるものは、扱いにくい。

マダイ用など軟らかい胴調子のものや硬めの遠征五目用など頑強なものはこの魚にはあまり適さない。

シマアジが船下に回遊してきたときは、誰もがアタっているという。

それに気づけず見逃しているか、エサをとられているという。

もちろん、シマアジ以外の魚も多いので、それらにエサが盗られることもある。

「アタリがあったら引っ掛けるように軽くアワせるといいよ」とも片岡船長は話す。
シマアジのアタリは意外と小さく、すぐにアワセ動作に入らないとなかなかフッキングまでにはいたらない。

まずはその状況に対応するのが、7対3調子の高感度の竿。軽量さを期待するならカーボンロッドがベターだ。

リールはドラグ性能がいい電動がオススメ。

シマノ社製なら1000番~3000番クラスでOK。

道糸はPE4号で十分。

これら、竿とリールはとくに銭洲シマアジ用に揃えることはない。

普段近海で使い慣れたものでよいだろう。

シマアジ以外の魚を狙う五目釣りでは、シマアジで使ったタックルをそのまま流用すればよい。

ビシは100号。仕掛けはウイリー もしくは空バリ2~3本

さて、仕掛けだがシマアジ狙いでは、ハリスの全長は2m前後と短くてよい。

理由はこうだ。

シマアジはオキアミが入ったコマセカゴをつついたり、コマセの煙幕のなかに真っ先に突っ込んでくる傾向がある。

いわゆるアジ系の習性だ。

さらには、ボトム付近では、底に落ちたエサを掃除機のように吸い込む。

胃のなかを調べると海底のジャリが入っているのがこの行動のなによりの証拠。これらのシマアジの動きをまずイメージしよう。

この行動パターンから仕掛けは短いものでよいのだ。

さて、どのような仕掛けかというと、ビシ100号とテンビンの組み合わせを介し、50㎝以下のクッションゴムの先にハリス8号全長2m前後、2~3本バリの仕掛けがそれ。

ハリスの全長は2m前後が基本だが、波があり船が揺れるときは、ハリスの全長を長くして3mにしてもよい。

タイプは空バリのみとウイリーのみ、空バリ&ウイリーの3種がある。

空バリタイプは、シマアジの食いはよいがエサ取り魚にも好反応するので、手返し早い釣りが必要となってくる。

ウイリーバリのみは、食い渋り時はエサに劣るが、高活性時は抜群のアピール効果とエサ持ちのよさがメリット。

時合いを逃さず攻めることも可能。

空バリ&ウイリーは両方のいいとこドリ。

どちらがよいか迷うならコレだろう。

たとえば、3本バリなら、先バリのみ空バリにして、残り2本をウイリーにするなどがそれ。

ハリのサイズは、個人の好みによるが、大きめのほうがバレにくい。

小さめのハリは、食い込みはよいがシマアジがヒットしてからハリが身を裂き外れやすくなる。

良型を狙うなら多少大きめを使うのが得策だ。

エサはオキアミ。ウイリーは 青、白、緑。+イカタンも

シマアジの空バリ仕掛けの付けエサはオキアミだ。

オキアミは選別された加工オキアミでもよいが、ベストはコマセのなかから目がふたつ付き、身がしっかりとしたものをチョイスしてそれを付けること。

まいているエサと同じものがやはりベストだ。オキアミは1匹掛けが基本。

エサ取り魚が多い場合、通常はムロアジ、モンガラハギなどが非常に多いので、エサ持ちに不安があるようなら、オキアミと同じ大きさのイカタンをオキアミと抱き合わせにするとよい。

ウイリー仕掛けは、ウイリーの色が重要だ。

近年、実績あるのが、青、白、緑。

青と白は銭洲と神津島周りのテッパン。

緑は良型シマアジに実績がある。

ピンクは爆釣モードのときに有効。

基本的にはウイリーバケのみでよいが、今期はとくにイカタンとの抱き合わせが効果があった。

イカタンの大きさはエサと同じくオキアミと同じ大きさくらいでオーケー

ウイリーやイカタン(イカゲソ)、オキアミなどのミックスも有効

ベタ底狙いが基本。 根掛かりに注意

船長からはタナは「ベタ底狙いで」というアナウンスがある。

底といってもどれくらいのタナだろう? と思う人もいるだろう。

やればやるほど悩むところであるがビシの位置が底スレスレが正解だ。

ビシを上にあげたとしても底から50㎝ほど。ハリスがベタ底付近を漂うか底に着いている状態をつくりだそう。

このタナ取りの状況はオニカサゴ釣りやアマダイ釣りとよくに似ている。

ビシを底に置いて引きずってしまうと、いくら根掛かりが少ないポイントでも根掛かりは避けられない。

とくに今期のメインのダルマ周辺は、根周りなので、けしてビシを引きずらないようにしよう。

具体的な釣り方は、仕掛け投入後、ビシが底に着いたら糸フケをすばやく取り、最初のみチョンチョンと竿先をシャープに強めにシャクってオキアミを振り出す。

そしてすぐにビシを底スレスレにする。

ビシがたまに底に着くくらいにする。

頻繁に激しく底を叩くようなタナ取りは避けよう。

オキアミを振り出したあとはじっと静かに待つ。アタリがなければ、そのタナでチョンチョンチョンと再び軽くコマセを振り出す。

そして、じっと静かに待つ。

竿先を注視していると、モゾモゾモゾとアタリが出る。これがシマアジのアタリだ。

即座に竿を聞き上げよう。

たわんだ糸のテンションを張っていくつもりでゆっくりと聞き上げるのだ。

すると、違和感を感じたシマアジは一気に横方向に走り出してフッキングする。

これが理想。

ドラグはあらかじめ緩めに設定しておき、ファーストランでは魚を走らせる。

トルクフルな魚だけにこのやり取りでほとんどの場合、勝負が決まるといってもい過言ではない。

魚の走りがとまったら巻き取り開始だ。

やり取りはテンヤマダイと同じく緩めのドラグテンションで竿を一定角度に固定してリールを巻くのみ。

可能なら手巻きがよい。

電動でもよいがバラシ率はアップする。

慣れない人はポンピングをしながらのやり取りはタブーだ。

海面での取り込みは必ずタモ入れをしよう。

シマアジが大型になればなるほどオマツリはつきものなので、乗船者全員で貴重なシマアジの取り込みに協力したい。

活性に応じてタナを 高めにとることもある

シマアジが高活性のとき、もしくは朝いちなどは、高ダナでシマアジはヒットすることが多い。

こんなときは東京湾などのビシアジ釣りと同じように、ハリス分の高さでコマセを振り出してアタリを待つのも一手だ。

高ダナでシマアジを食わせた場合、一気に走るのでアタリは明確に出る。

とくに、昨シーズンからメインのポイントとなっているダルマ周辺では、根掛かりも多いので気持ち高ダナ設定でもOK。

そのタナは底から1~3mだ。

ウメイロやアオダイ、 ヒメダイなど五目釣りとは

ウメイロ・アオダイ・ヒメダイは伊豆諸島を代表する高級魚だ。

銭洲では昔、この3種は非常によく釣れた魚だったが、近年は魚影の濃さにばらつきが出ている。

今期は昨年同様、ウメイロが好調だ。

しかも、この魚は脂がのっている。

アオダイやヒメダイもいずれ釣れるようになっていくだろう。

銭洲では五目ではシマアジ、泳がせではカンパチが本命。

ウメイロ・アオダイ・ヒメダイはサブ的なターゲットだが、数を釣るにはちょっとしたコツがある。

仕掛けはシマアジと同じかハリス8~10号、3~4.5m3本バリが基本。

食いが渋いときのみ、ハリスを長めにとる。

エサはイカタンのみでオーケー。

ウメイロは小さめ、アオダイ、ヒメダイは大きめがよい。

釣り方は指示ダナより下からシャクっては止め、シャクっては止める、ウイリーシャクリ釣りの動作を行う。

まずはウメイロ。近海ではイサキに似た習性のある魚で指示ダナより5~10m下より1m刻みにシャクリ上げてくる。

必ず、シャクリ上げ後のポーズを入れる。

1匹ヒットしたらデッドスローで10mほど巻き上げてくると追い食いする。

アオダイとヒメダイ狙いでは、ウメイロに比べてポイントの水深が深くなる。

基本的にはコマセはいらない。サバが集まってきた時点でコマセはまかないようにする。

釣り方は、ウメイロと同じ。

ウイリーシャクリの要領でエサを動かしアピールしながら食わせる。

だが、この魚の引きは強烈。シマアジのドラグ設定では全く巻けないこともある。

ドラグ設定は通常、もしくは強めでオーケー。

追い食いさせるには、ヒットしたタナでしばらくまつか、やはりウメイロと同じくデッドスローで巻きあげてやるといい。

【銭洲】遠征シマアジ五目 釣行レポート

オオカミまじり シマアジラッシュだ!

普段近海で使い慣れたタックルで ベタ底釣りをしよう!

銭洲のシマアジ五目のビシは100号。これを背負えるショートロッドならほぼなんでも流用可能だ。普段使い慣れたものを使おう

ハリス8号全長1.5m2本バリでオキアミエサに来た良型シマアジ

ちょっと食いが悪い日でもこのように釣る人は釣る!これがシマアジ釣りのおもしろいところ

アタリを待つときは静かに待とう

これがダルマのレギュラーサイズのシマアジ

オオカミ 6.5㎏キャッチ!

この銭洲へ通い詰める有田さんが宣言通り、6.5㎏のオオカミを仕留めた!

釣れた大物は船上で計測。6.5㎏あった

サイズアップ中!

手返しの早い釣りでサイズアップに成功!

この1枚がうれしいね!!

シマアジとウメイロが一荷でヒット

︎高級魚メイチダイもまじった

解禁直後は オオカミ高確率!! (「舵丸」HPより)

7.1㎏/6.5㎏

7.2㎏/6.9㎏

爆釣デイに当たると釣果はこんな感じ

4㎏オーバーもザラ

食いがよいと2~3㎏がアベレージ

クーラーのなかがシマアジで満タンに!

「インフィニティー舵丸」は関東東海では最速の19トン船だ。船内にはシャワールームも完備

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津「舵丸」

4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。

例年開幕直後は、銭洲岩礁周りのシマアジ釣りがハイシーズン。

5月以降は泳がせ釣りのカンパチとシマアジ五目の両方を楽しめるのがシーズナブルパターンだ。

「今期も解禁日からシマアジは絶好調な食いをみせてるね。以前のパターンだと、銭洲岩礁のメイン、ネープルス周りの浅場がシマアジのポ イントだろうけど、近年はダルマの前の水深60~90mのちょっと深場に良型シマアジがオオカミまじりで回遊する傾向があるんだよね。なにせ賢い魚なので、近海と同じように繊細に丁寧に釣るのがコツだよ」と話すのは、沼津「舵丸」の大船長、片岡邦人さん。

沼津から銭洲までの航程を最速約2時間半で結ぶ19tの最新鋭のフル装備の高速船で沖釣り師あこがれの大物釣り場、銭洲を案内してくれている。
 
本命をうまく釣るには手返しよくベタ底を狙い、東京湾のビシアジ釣りのように静かに狙うのがコツという。
 
シマアジが高活性のときは、全長2m前後のウイリー仕掛け+イカタンの組み合わせが効果大だが、活性が高くないときは全長1.5~2mの2本バリの空バリ仕掛けのオキアミエサがよくアタる。
 
釣れる魚はシマアジだけではない、今期脂ノリノリのウメイロやカンパチ、メジナ、アカハタなどおいしい高級魚ばかり。

タックルは普段使いなれた近海用で十分。

ひっきりなしの小気味いい引きを味わいに気軽に銭洲へ行ってみよう!

以上の記事は「つり丸」2021年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル