MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTで獲る!”北限の大型イサキ”絶好調!外房・太東沖

LTで獲る!”北限の大型イサキ”絶好調!外房・太東沖

太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!

perm_media 《画像ギャラリー》LTで獲る!”北限の大型イサキ”絶好調!外房・太東沖の画像をチェック! navigate_next

高感度なLTロッドは 道糸PE1号がベストだ

3月末に片貝船籍の船から出船が始まった太東沖のイサキは、乗合船で狙う北限にあたるため、大型の比率が高いことでもよく知られている。

「そういう釣り場だからこそ、サイズアップを追求していきたいですね」と、がまかつフィールドテスター田中義博さん。
 
感度と操作性に特化したLTタックルを使えば、そんな釣りが誰にでもできる。

だが、そのためにはロッドとラインの選択が重要なテーマになる。

「ロッドの手感度は、同じ素材なら基本的には長いほど減衰します。ライブラⅡの1.8mというレングスは、それもあっての結論です。ブランクがワンピースなこともありますが、MLに60号のビシを使っていても、エサを吸い込んだときのアタリのタッチで魚種の違いが分かるレベルの手感度があります」。
 
もう一つ重要なのがラインの太さだ。

田中さんはPEライン1号の先端に、2本のラインでチチワ(イラスト参照)を作りスイベルをつなぐリーダレスの直結で使用しているのだ。

「バーチカルに仕掛けを下す釣りなら、まずここから切れることはありません。先糸がない分だけ絶対に感度が上がりますよ。私はテンビンのタチウオもこの方式で1号を使っていますから、強度と耐久性も十分です。ただ、メーターマークを正確に使うために、道糸の先端は10m切ることになるので、ラインは必ず200m巻きを買います。この号数では、潮切れがよく強度ムラがない8本組の中級品以上のものがおススメですよ」。
 
テンビンは、この感度を妨げずリニアに誘えるストレートアームで腕長25㎝のモデルがおススメだという。

仕掛けの各パーツと そこにあるこだわり

仕掛けの詳細は、図のようなもので、枝スの強度を上げキンクも防ぐために、必ず、三角アミ付けで仕上げている。

「イサキは、ハリスのキンクを嫌う魚なので、枝スのハリを殺さないためには、アミ付けは必須です。ただし、仕掛けを惜しむのは逆効果。ちょっとでも痛んだら、どんどん変えていきます。通常は、ハリのタイプをかえて30組は用意して船に乗りますね」とか。
 
ハリは、サイズこそチヌバリ2号相当だが、線形やカラー、微妙な形状の違いもパターンを探るために使い分ける。

「イサキは、誘って動いた付けエサとハリが、食わせの間をとるポーズの瞬間にどんな挙動をするかでもアタリ方が変わります。とくに群れの中で口を使わない大型を誘い出して狙うときは、ハリの使い分けは欠かせませんよ」。
 
なお、チヌバリと並んでイサキで多用されるムツバリは、基本的には吸い込んで吐き出す時に掛かるハリで、挙動が激しい高活生時用。バレにくいから多点掛けも視野に入れた盛期向きの選択だという。
 
チヌバリは、貫通力も高いから、口の堅い大型狙いで使いやすく、LTタックルなら低活性時の居食い的なアタリも掛けにいける。

付けエサの種類も選ばないし、慣れれば狙って多点掛けもできるので、田中さんは、自然とチヌバリ系に落ち着いたそうだ。
 
なお、基本的には付けエサの動きがパターンを探る「釣りの軸」だが、潮色によっては、ハリの色でアタリが増える日並もあるので、色付きのハリも常備。これには夜光玉を必ず組み合わせるそうだ。

大型を上に誘い出す タナ探りの妙手

「今日は、反応が船に付いてこないから根のキワを釣ってみます。前の席は根掛かりに注意してください」。

『勇幸丸』の市東吉雄船長のこの言葉を聞いて、田中さんは100%型狙いの戦略で釣ることを決心した。

「潮は、私の席=右トモから左ミヨシに向かって流れています。船をギリギリのバランスで反応に乗せているから完全な潮上。ここで、普通の釣り方をしていても、数も型も伸びないですよ」。
 
ただ、反応の密度が濃いことは、船長からの事前情報でつかんでいた。

「“大型は上を釣れ”といわれますけど、指示ダナの範囲で釣れる群れの中にも、大型はいます。ただ、群れの中では、大型はなかなか口を使わない。けれども、群れの密度が濃ければ、誘いのパターンを見つけて上まで誘うと、追ってきた大型イサキは、必ず口を使うものです」。
 
そのための戦略がイラストの攻め方だ。

タナの下限まで落とすのは、あくまで仕掛けを張ってリニアにエサを動かすため。

コマセを出し誘い始めるのは指示ダナの上限だ。

誘いと食わせ代はその上2mまで探っている。
 
田中さんが上で食わせているので、ノーマルタックルの筆者も上を釣ってみたが、まったくアタリが出ない(泣)。

より繊細に細かく誘えるLTタックルのアドバンテージはここにある。

「船の位置がずれるだけでも反応する誘いのパターンが変わる。これは面白いです!」と田中さん。

LTとノーマルの 戦闘力の格差

当日は、数日前のように太東沖でも深ダナ(40m!)を攻めることもなく、終日20m未満のタナで『勇幸丸』名物のイサキ〜ハナダイのリレーを楽しむことが出来た。

このぐらいのタナなら、ノーマルタックル(ライン2~3号)とLTタックル(ライン1号)との差はなさそうに思えるが現実は違った。
 
田中さんが一番釣ったパターンは、指示ダナ上限から「マイクロピッチジャーク」で誘い始め、指示ダナ上2m内で最後の50㎝~1mを超デッドスローで食わせていた。
 
誘い出しのキモとなる細かな誘いが、ノーマルタックルの筆者には再現できず、単にデッドスローで動かしてみたが、イサキは追ってはくれなかった。
 
同時に、水温が低いためか、微妙なモタレとなる居食いも多かったが、田中さんは、吸い込みを確実に感じて乗せていたが、こちらは「?」と竿を起こした時に乗るだけ。

だから掛かりも甘く大型はバラシの連発だった。

「ライブラⅡは、手感度もいいので助かります。ちなみにイサキの前アタリは、“ブルッ”というバイブレーション系なんですよ」とか。
 
たしかに、ノーマルタックルでは、細かく誘うといっても50㎝刻みだが、田中さんの誘いは最小で10㎝刻み。

それが35㎝を頭にイサキ17匹で30㎝超が7割+ハナダイ8枚(田中さん)と30㎝超は2匹でそれ未満を交えてツ抜けがやっと(筆者)の差になった。

「イサキは、LTタックルでやってこそ本当に面白い」。
 
この田中さんの言葉を噛みしめながら、次回はLTタックル持参でリベンジを誓う1日だった。

【外房・太東~片貝沖】LTイサキ&ハナダイ 釣行レポート

「北限の大型イサキ」が絶・好・調!

LTタックルなら面白さ倍増だ!リレー釣りのハナダイも復活!

LTロッドで釣れば、イサキ釣りの面白さは倍増する。

がまかつテスター・田中義博さんは、新生ライブラⅡの軽さと感度を活かした釣りで大型の狙い撃ちを見せてくれた

コマセワーク後は、ロッドをやや高めに構えるのがいいそうだ。こうしておかないと一気に竿をノサれ2号のハリスさえ切っていく大型イサキもいるとか。大型の食いが立つ朝イチは2.5号のハリスを使う人もいるぐらいだ

35㎝を超えるイサキは掛かり所が悪ければ迷わずタモを使おう。筆者はこれを怠って大型を3連発でバラしました……

イサキの北限にあたる太東沖は、丸々太った大型イサキのメッカだ。

とくにシーズンの前半は、根に居付いた大型を狙い撃ちできるチャンス。写真のような30㎝超のダブルも珍しくない。市橋さんは、ソフトに誘い上げてダブルを決めた

「大型は上を釣れ」がサイズアップのセオリー。コマセワーク&誘いに付けエサのセレクトでもイサキの反応が変わる。水温が低めの朝イチは前アタリも微妙なことが多いので注意

イサキはチヌ2号ハリス1.5~1・75号3mのカラーバリ、ハナダイはハリス2号2.5mの空バリまたはウイリーに付けエサ併用で狙うのがご当地流だ

『勇幸丸』はLTタックル大歓迎。ノーマルビシはFL60号だが、道糸2号以下(推奨1~1.5号)LTタックルならビシは40~50号で十分。

付けエサには、Mサイズのオキアミとイカタン用の生イカが配布される

サプライズゲストに3㎏のマダイも!

帰り道の片貝沖では3㎏級マダイも登場。釣り人は、四ッ谷さん。なんとイカ短エサでハリス1.5号のイサキ仕掛けに掛かったが、丁寧に魚をいなして見事キャッチ。さすがは大ベテランお見事!

片貝沖のハナダイも見事に復調!

水温の低下で食い渋っていた片貝沖のハナダイも取材日には復調。

1時間弱の実釣だったが25~35㎝を5~8枚。今後は『勇幸丸』名物のリレー釣りを楽しむことが出来そうだ

今回、取材にご協力いただいたのは、銚子九十九里・片貝旧港「勇幸丸」

「今年は水温こそ低めだけど、イサキの魚影は例年以上ですよ」とは、片貝『勇幸丸』の市東吉雄船長。
 
なにしろ例年なら19℃に届こうという時期なのに、南西風が続いたせいか? 

太東沖の水温は16~17℃。通常なら、反応はあっても食い渋りに苦しむはずの状況だ。
 
しかし、今年のイサキは、根から船にはついてこないものの、丁重に流せばトップ30~40匹で推移し、しかも、30㎝超の丸々太った「北限の大型」も連発しているのである。

「こういう釣り場だからこそ、数ではなく型を狙って攻めたいですね」とはがまかつテスター・田中義博さん。
 
取材当日は、イサキ釣りの面白さを倍増する新生ライブラⅡを駆使して大型狙いのお手本を見せてくれた。

サイズアップのコツは、コマセを絞り、時には指示ダナの上まで大型を誘い出して釣ることだ。

感度と操作性に優れたLTタックルなら、低水温時に特有の微妙な前アタリも感じ取れるので狙い撃ちが可能となる。

30㎝超のイサキを上で食わせると、微妙なアタリから、一転ドラグが滑るほどの鋭い引きを見せてくれるからたまらない。
 
うれしいことに、不調だったハナダイも取材日から復調してくれたので、6月いっぱいまではイサキ&ハナダイのリレー釣りが楽しめそうだ。

首都圏からのアクセス良好な片貝港から、当たり年のLTゲームを満喫しよう!

以上の記事は「つり丸」2021年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
外房・岩船~大原沖の梅雨イサキが、食い活発でいよいよ最盛期に!コマセ釣りの楽しさが満載!!みんなで数釣りを楽しもう!
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル