MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

外房の大原沖、飯岡沖、そして茨城海域。ここ数年で外房〜茨城では、ひとつテンヤマダイがブレイクした地区が多い。そして、この冬、またまたブレイクしそうなのが外房・片貝沖だ。

片貝沖は「魚影が濃い」「根掛かり少ない」 「アクセスがいい」、これはもう行くしかない!!

永井名人、片貝沖での初マダイをゲット! 「根掛かりが少ないから、釣りやすいね」。

片貝沖のひとつテンヤ初挑戦の永井名人は、好調に竿を曲げた!

当日最大はこの2㎏級。マダイ船を開始して間もない「正一丸」だが、すでに4㎏オーバーの実績もある!

当日の釣り場は、港から航程20〜30分ほど。水深は30m未満がメインだった。

清水アスカさんもキロ弱のサイズをゲット。

「正一丸」ではエビエサの準備もバッチリ!

パラシュートアンカーを入れて船を流す。

「正一丸」は「探見丸」が利用できる。海底付近には反応がバッチリ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

「永井さんが『絶対おもしろいから』って言うから始めたんだよ」とは、片貝旧港「正一丸」の海老原正船長。
そう、外房・片貝でもひとつテンヤマダイが始まったのだ!
本誌編集部でも、片貝沖のひとつテンヤ取材は今回が始めて。期待と不安を胸に取材に臨んだが、開始直後に本誌ライター・海翔がヒットさせると、それを皮切りにあちこちで連発。終わってみればツ抜け多数。最大は2㎏級だったが、それ以上のサイズと思われるバラシもあった。
そんな好釣果に恵まれたが、「今日は釣れないほうだよ。潮が流れればもっと釣れるさ。片貝沖のマダイポイントは何㎞にもわたるほど広いんだ。マダイのエサとなる生き物が多く、魚影は濃いね。だがら船が広範囲に流れると、アタリが多くなるんだ。そして、これからはイワシの群れに着いたデカいのが狙える」と話す海老原船長。
都心からのアクセスもよく、魚影の濃い片貝沖。ビギナーが入門するにも最適。さあ、出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
最新記事
アルファタックルのテル岡本氏・柳沢テル氏来店 玉屋つり具店「春の一大事!」4月18日、19日開催
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読