MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

外房の大原沖、飯岡沖、そして茨城海域。ここ数年で外房〜茨城では、ひとつテンヤマダイがブレイクした地区が多い。そして、この冬、またまたブレイクしそうなのが外房・片貝沖だ。

perm_media 《画像ギャラリー》次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】の画像をチェック! navigate_next

片貝沖は「魚影が濃い」「根掛かり少ない」 「アクセスがいい」、これはもう行くしかない!!

永井名人、片貝沖での初マダイをゲット! 「根掛かりが少ないから、釣りやすいね」。

片貝沖のひとつテンヤ初挑戦の永井名人は、好調に竿を曲げた!

当日最大はこの2㎏級。マダイ船を開始して間もない「正一丸」だが、すでに4㎏オーバーの実績もある!

当日の釣り場は、港から航程20〜30分ほど。水深は30m未満がメインだった。

清水アスカさんもキロ弱のサイズをゲット。

「正一丸」ではエビエサの準備もバッチリ!

パラシュートアンカーを入れて船を流す。

「正一丸」は「探見丸」が利用できる。海底付近には反応がバッチリ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

「永井さんが『絶対おもしろいから』って言うから始めたんだよ」とは、片貝旧港「正一丸」の海老原正船長。
そう、外房・片貝でもひとつテンヤマダイが始まったのだ!
本誌編集部でも、片貝沖のひとつテンヤ取材は今回が始めて。期待と不安を胸に取材に臨んだが、開始直後に本誌ライター・海翔がヒットさせると、それを皮切りにあちこちで連発。終わってみればツ抜け多数。最大は2㎏級だったが、それ以上のサイズと思われるバラシもあった。
そんな好釣果に恵まれたが、「今日は釣れないほうだよ。潮が流れればもっと釣れるさ。片貝沖のマダイポイントは何㎞にもわたるほど広いんだ。マダイのエサとなる生き物が多く、魚影は濃いね。だがら船が広範囲に流れると、アタリが多くなるんだ。そして、これからはイワシの群れに着いたデカいのが狙える」と話す海老原船長。
都心からのアクセスもよく、魚影の濃い片貝沖。ビギナーが入門するにも最適。さあ、出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル