MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マルイカ!激アツシーズン突入!超超超~ 当たり年!外房 小湊沖

マルイカ!激アツシーズン突入!超超超~ 当たり年!外房 小湊沖

小湊沖のマルイカが、好調キープでハイシーズンに突入!実はトラブル少ない直結or直ブラ仕掛け!攻めの釣りで数釣りを満喫しよう!!

perm_media 《画像ギャラリー》マルイカ!激アツシーズン突入!超超超~ 当たり年!外房 小湊沖の画像をチェック! navigate_next

今期は良型主体! 激アツシーズンの到来

毎年ゴールデンウイーク過ぎから徐々にヒートアップしてくる小湊沖のマルイカ釣りだが、今シーズンは開幕から好調で、その勢いをさらに加速させて最盛期に突入しようとしている。

「今期は近年まれにみる当たり年ですね。例年より1ケ月早くスタートして、いきなりエンジン全開(トップ80杯前後)の釣果が続いたので、最初だけか?とちょっと心配しましたけど、その後も安定してトップ50杯前後が続いています。そして最近、また数が伸びてきましたからね。本来の旬はこれから夏いっぱいまでですし、今後も期待できると思いますよ」とは、小湊港「寿々木丸」の鈴木達也船長。

現状は反応が多く、群れ自体も濃いそうで、数に加え、小湊沖名物の良型がコンスタントにまじり、さらに〝弁慶〟と呼ばれる胴長30㎝オーバーの特大サイズが頻繁に釣れているのも嬉しいポイントだという。

現在攻めている水深は50~70m前後も、今後は徐々に浅くなり40m前後を中心に攻めるようになるので釣りやすくなるとのこと。

「数を伸ばすには、アタリを捉えて掛けていくのが一番です。うちではビギナーにもアタリがダイレクトに伝わる直結仕掛けや直ブラ仕掛けを推奨して楽しんでもらってます」と船長。

ではさっそく、その釣り方の解説に入ろう。

釣り方に合わせた 専用タックルで挑む

まずはタックルの紹介から。

近年のマルイカ釣りは、繊細なアタリを取って掛けていくのが主流。

ゆえにタックルはそのアタリ取りに特化した専用竿を使用することが望ましい。

「最近の専用竿は、釣り方のスタイルで細分化されています。大きく分けると〝宙の釣り〟と〝ゼロテンの釣り〟の2種類に分類されます。宙の専用竿は7対3または8対2調子で全体的に少し張りのあるタイプに仕上げられています。ゼロテン専用竿は同様の調子またはそれよりやや軟らかめで、竿先の30㎝位が極端に曲がる(高感度)タイプになっています。長さは1.4mから1.6mが主流ですが、小湊沖特有のウネリに対応するために2m前後を使う人も多いですね」と船長。

釣り方が決まっている人は、これを参考に竿をチョイス、または状況に応じて2つを使い分けて楽しむのも良いだろう。

ちなみに釣り方が決まっていないビギナーなどには、ゼロテンタイプがオススメ。

理由は、乗り渋りの時のアタリ取りに強く、宙の釣りまでこなせるからと船長はいう。

リールは、これからの時期を考えると小型両軸がベスト。

深場では小型電動を使う人もいるが、70mより浅い場合は断然、小型両軸が有利となるからだ。

「最近の電動は小型軽量といっても、両軸はそれよりはるかに小さく軽いですからね。操作性が圧倒的に良くなるし、軽さは感度に直結するのでアタリ取りも有利になりますから」と船長。

道糸はPE0.8~1号。

道糸の先には4号のリーダーを2~3m直結して、道糸が竿先に絡まることを軽減させてスムーズな投入につなげよう。

タックルは、マルイカ専用のゼロテン竿と小型両軸リールの組合せが人気

ビギナーにも直結or直ブラ仕掛けを推奨

続いて仕掛けについて。

マルイカ釣りに使用する仕掛けは、直結、直ブラ、ブランコの3種類が基本で、これに付随した直結と直ブラのハイブリッド仕掛け(直結と直ブラの良いとこ取りしたもの)がある。どのタイプの仕掛けもツノにはスッテが使用されている。

ビギナー向けのイカ釣り仕掛けは、全般的にブランコ仕掛けが無難ともいわれるが、近年のマルイカ釣りは、直結仕掛けか直ブラ仕掛け(ハイブリッドを含む)で挑むのがセオリーとなっている。

「マルイカは好奇心旺盛だけど、基本、臆病なんです。スッテに興味を持って最初は触ってくるのですが、同時にそれが危険かどうかを瞬時に判断し、危険とわかると一目散に逃げてしまいます。そんな一瞬の触り(アタリ)を捉えるには、やはりスッテに枝スを付けない直結仕掛け、または枝スがほぼない直ブラ仕掛けの方が適していますよね」と船長。

ブランコ仕掛けは、しっかりスッテを抱かせられるというメリットはあるが、スッテまでの枝スの長さがある分、アタリが遠くなり、アワセが遅れてしまうという。

現在のマルイカ釣りは、アタリをいかに出させて、それをいかに捉えて掛けていくか? の攻めの釣りが主流であることも直結仕掛け、そして直ブラ仕掛けを推す要因にもなっている。

「タタキなどの誘いを入れたとき、すぐにスッテにアクションが伝わりますからね。ちなみに直結系の釣りは難しいと思われがちですが、むしろ手前マツリなどのトラブルが少なく扱いやすいので未経験の人はぜひチャレンジして欲しいですね。アタリが倍増しますよ」とのこと。

まずは、わずかに枝スがあることで直結よりバラシが軽減される直ブラ仕掛けから試し、慣れたら直結で挑んでみよう。

仕掛けは、良く乗ると評判の船長自作の直結&直ブラ簡単交換仕掛けが船内で買える。これを使うのもあり!

汚れたカンナには乗らない。歯ブラシで落とそう

スッテのサイズやカラーチョイス

スッテの大きさと数は、小型のマイクロサイズ対応の30~40㎜前後を中心に、大型対応&アピール重視の60㎜前後をひとつ加えた5~6本仕様の仕掛けを船長は推奨している。

仕掛けは、どのタイプも幹糸4~5号の市販品でOKだが、船長自作のリーズナブル(税込み千円)な直結&直ブラ簡単変更可能の仕掛けが船内で購入できるので、それを利用するのもありだ。

「スッテは中古品になりますが、前日の当たりスッテやその日の潮色などを見て、セットしてある仕掛けの中からカラーを選んで渡すようにしています」とのこと。

なお最近はネオンタイプのムラサキとケイムラカラーに良く乗ることを教えてくれた。

釣り方は2種類 アタリを出させて釣ろう

ここからは実釣編に入ろう。

イカ釣りで最初に覚えたい必須テクニックが、仕掛けの素早い投入と着底で、ここで〝着乗り〟をまず狙おう。

「最初に入った仕掛けにイカは良く反応しますからね。まずはこの遭遇チャンスをものにしたいですね」と船長。

投入器に仕掛けを入れてスタンバイ。

船が反応を探してスローダウンし始めた後リバースギアに入ると投入の合図が出るので、オモリを手に持ちいつでも投入できるようにしておこう。

そして投入後は、竿先を海面に向けて道糸の送りをスムーズにして着底を早めよう。

「着底したら、まずは糸フケを取りながら竿先と道糸の変化をチェックします。ここで竿先が上下に動いたり、浮き上がった場合は〝着乗り〟しているので、すぐにアワセを入れて取り込み開始となります」。

乗らない場合は、前述した〝宙の釣り〟か〝ゼロテンの釣り〟で探り出そう。

ちなみに前者はオモリを少し浮かせて(10~20㎝)釣るスタイル。

後者はオモリを海底に着け、道糸を張らず緩めずの状態でアタリを見極めるスタイルだ。

「ビギナーは、最初は宙の釣りに慣れて、アタリを捉える感覚をまずは覚えるのが良いと思いますよ。アタリはコツンと竿を叩いたり、フワリと浮き上がったり、もたれるだけなどさまざまありますが、違和感を覚えたらアワせるのが鉄則になります」という。

オモリを切った状態でアタリが無ければ誘いに入ろう。

「誘いはタタキが主流です。両手でリールを包み込むように持ち、竿先を10回程度シェイクして、その後、ピタッと止めてアタリを聞きます。目の前で動いていたスッテが止まると、イカはリアクション的に触るのでアタリが出るんです」

この他、超スローで竿を持ち上げる誘い上げも試し、それでもアタリがない場合は、一気に10mほど巻き上げて落とす〝巻き落とし〟を試して再度同じように探ろう。

「マルイカの目の前からスッテの気配を消すこの巻き落としは、どんな釣り方でも効果てきめんで最重要テクになりますので、意識して取り入れて下さい」と船長。

一方の〝ゼロテンの釣り〟は、基本的には宙の釣りを下記イラストの通り、海底にオモリを着けた状態で実践するだけだが、慣れるまで時間を要するので、根気よく続けて技術を修得して下さい!!

【外房・小湊沖】マルイカ 釣行レポート

これからさらに 激アツシーズンに突入!

攻めの釣りでバンバン掛けて 楽しもう!!

誘いの手やスッテのカラーなどがマッチすれば、多点掛けもバッチリ楽しめる!この日トップは69杯と大爆釣!!

絶好調!今期は超超超~当たり年!

航程15分程度の近場にマルイカが溜まるポイントがたくさんある

素早い投入が重要だ

トレインアングラー〝なおちん〟こと井上直美さんも弁慶サイズをゲット!

マルイカ釣り大好きというなおちんは、宙の釣りで59杯まで数を伸ばした。

数釣りする常連さんは15㎝以下のマイクロサイズの微細なアタリも逃さずキャッチして掛けていた

この日はネオンタイプのスッテのムラサキ、ケイムラ系にアタリが多かった

今期はとにかく型が良い!!

大型の引きは、かなりパワフル。ポンピングで締め上げるのはバラシの元となるのでドラグを使い、一定の速度で巻き上げよう

「このサイズが出るのが小湊沖の魅力ですよね」とファンはいう

「マルイカは甘みがあって最高に美味しいですよね」とご満悦だ

取材日は水深50~70mを攻めたが、今後は40m前後の浅場になると船長

これがレギュラーサイズ

「直ブラ仕掛けで釣りました」

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・小湊港「寿々木丸」

開 幕からスタートダッシュを決めた小湊沖のマルイカが、その勢いをさらに加速させて最盛期に突入しようとしている!!

「ここまで好調なのは十数年ぶりくらいになると思いますよ。早い時期から数がまとまる年も過去何度かありましたけど、今期はそれに加え型が良いのがコンスタントにまじり、〝弁慶〟と呼ばれる胴長30㎝オーバーの特大サイズも頻繁にあがっています。これから夏まではさらに釣果アップが期待できるハイシーズンを迎えるので、楽しみですね」とは小湊港「寿々木丸」の鈴木達也船長。
 
この日も、船長の言葉通り絶好調で、弁慶まじりで良型連発。

トップ69杯を記録し、2番手以降も66、64、63、61、59杯と怒涛の釣れっぷりを見せた!!

「数を伸ばすには、アタリを捉えて掛けていくのが一番です。うちではビギナーにもアタリがダイレクトに伝わる直結仕掛けや直ブラ仕掛けを推奨しています」と船長。
 
直結系の釣りは難しい…と思われがちも実は簡単(むしろトラブルが少ないそう)で、しかも今後は水深が40m前後と浅くなり釣りやすくなる。さらに、今ならアタリがたくさんあるので釣りを体で覚えやすいとのことだ。
 
ビギナーは直ブラ仕掛けからスタート。

積極的に誘いを入れて、アタリを出して釣りまくろう!

以上の記事は「つり丸」2021年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル