MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
究極の高級魚シマアジを釣りに行こう!【伊豆諸島・新島】

究極の高級魚シマアジを釣りに行こう!【伊豆諸島・新島】

伊豆諸島、新島でシマアジが釣れている。引きが強く釣って楽しいうえに食味は絶品の〝超〟が付く高級魚。一年のしめくくりに狙う夢のターゲットにはもってこいの魚だ。

シマアジの型は1〜3kg前後のサイズ中心。船中8〜20枚前後という日が多い。バラシの数を考えるとアタリはさらに多い

風光明媚な新島。最高のロケーションで釣りができる。

新島でシマアジが釣れている。これぞ高級魚のなかの高級魚。一年をしめくくるターゲットとしては最適だ!!

この日シマアジ初挑戦のひとも2枚ゲット。

シマアジは1〜2㎏前後が中心だ。

食いが立てば入れ食い連発!! 

色々釣れてクーラーは満タンだ。

シマアジにまじって大型マダイも連発!!

食味が最高な高級魚だが、引き味も最高だ。

シマアジはハリス6〜7号2〜3m前後の仕掛けで狙う。

タックルはワラサ用などでも流用できる。

一年のしめくくりに釣りたい夢の高級魚といえば、なんといっても外せないのがシマアジ。引きが強く釣って楽しいうえ、その食味はまさに絶品。養殖物でさえ高価な魚だが、天然物となるとめったに庶民の口には入らない夢の魚だ。
その夢の魚シマアジが釣れているのが、伊豆諸島の新島だ。11月半ばころからシマアジの食いがよくなり、その後も順調に釣れ続いている。
シマアジの型は1〜3kg前後の食べごろサイズ中心。船中8〜20枚前後という日が多いが、バラシの数も少なくないのでアタリの数はさらに多い。
食いのいい日はひとり5枚10枚と釣れることもある。そのほか大型マダイやイサキ、カンパチ、イシダイなどさまざまなな魚でクーラー満タンも珍しくない。
年末休暇を離島でゆっくり釣り三昧というのも悪くない。一年のしめくくり釣行で夢の高級魚シマアジを釣り上げよう!!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読