MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
中ダイまじりの数釣りシーズン!外房・飯岡沖テンヤマダイ

中ダイまじりの数釣りシーズン!外房・飯岡沖テンヤマダイ

飯岡沖のテンヤマダイが中ダイまじりの数釣りシーズン へ!ゲストも活発でアタリ増!ビギナーも始めるのに最適!

perm_media 《画像ギャラリー》中ダイまじりの数釣りシーズン!外房・飯岡沖テンヤマダイの画像をチェック! navigate_next

釣りやすい時期でビギナーもOK!豊富な高級ゲストも活発で 1~2㎏級の数釣りも期待できる!

釣りやすいシーズンに! 中ダイの数釣りにも期待

ポイントは飯岡沖水深25m前後

飯岡沖のテンヤマダイは通年楽しめるが、この時期は穏やかな海でビギナーが始めるのにも最適だ。

「例年、この時期は中ダイが爆釣することもあるんですが、今年は派手な釣れ方はないですが、まずまず安定しています。潮によってはまた大釣りできる可能性もあります」と、飯岡港「梅花丸」の梅花亮佑船長は言う。

このエリアのマダイ釣りに詳しい大島匠さんはこう言う。

「今の時期は水深20~30mで釣りやすく、良型のハナダイやホウボウなどゲストのアタリも多いのでビギナーの人が入門するにもぴったりですよ」

今回は、大島さんに飯岡沖のテンヤマダイを解説してもらった。

5月上旬の釣果は1~2㎏級まじりでトップ5~10枚ほど。

日によっては3㎏オーバーも。

例年、飯岡沖は夏場にかけて大ダイが上がる確率もアップするので、今後も楽しみなエリアだ。

テンヤは4〜10号 初心者は遊動もおすすめ

ロッドは2.3m前後のテンヤゲーム用を使用する。タイプはMやMHなどが扱いやすい。

「飯岡沖では重めのテンヤを使って、テンヤを小刻みに動かすリアクションの釣りがいいこともあります。そんな時は硬めのロッドがいいですよ」

リールは2500~3000番のドラグ性能の良いスピニングリールを使用する。

ドラグ調整は1㎏程度に。わからなかったら船長に調整してもらおう。

道糸はPE0.8号前後。ハリスはFGノットやPRノットなどで道糸と接続して、フロロ2~3号を3~5mほど。

現在の想定マダイは2㎏前後だが、今後大型がメインになった時は、道糸、ハリスともに太めで挑みたい。

●テンヤの選択

「通常は4~8号を使用することが多いですね。風が強い時や潮が速い時は重めを使います」

では、初心者や慣れていない人は何を使用したらいいのか?

「初心者の人には6~10号がいいと思います。このぐらいの水深で底が取れないと思ったら10号を使用するといいですよ。あとは慣れない人ほど遊動式が掛けやすくておすすめです。遊動式は小型が多い時も掛けやすいですよ」

カラーは朝イチや夕マヅメ、潮が濁っているときは夜光などアピール系を、日中は赤金、グリーン系などが定番だという。

エサは取れにくく 小型は2匹掛けに

エサは船宿支給の冷凍のエビを使用する。

「大エビの場合は1匹掛け、中エビの場合は親バリと孫バリにそれぞれ1匹ずつ掛けるのが基本になります」

冷凍エビは添加液で身を締めるのもおすすめだ。

「『アミノエビプリ』など市販のエビ用の添加液もいいですし、私の場合は自作して使用しています」

いずれの場合も、小型のプラケースで漬け込んで使用する。これから気温が上がるので、エサはクーラーの中で保管して少しずつ出して使用するといいだろう。

エサは冷凍エビ。冷凍エサは締めて使うのがおすすめ

大型は1匹掛け、中型のエビは親孫に1匹ずつ付けて狙う

カーブフォールの動きがアタリを出やすくする

基本の釣り方は、まずはキャストして海底までテンヤを沈めてやる。

「テンヤが海底に着いたのがわかるかどうかが重要です。もし、わからなければ一つ重いサイズに変更した方がいいかもしれません。潮が速い時は、最初に着底がわかっても、次に落とした時にわからなくなる時もあります。底がわかる、わからないを基準にしてテンヤのサイズを調整するといいですね」

梅花船長からのアナウンスは水深や魚の反応などを逐一教えてくれるのでしっかり聞いておこう。

「底反応か中層の反応かはしっかり聞いて下さい。これで釣り方が変わってきますからね」

●通常の底反応の釣り方

通常は着底したらまず糸フケを取る。

①ズル引き

「根掛かりが少ない場所や底反応の時はテンヤをズル引きにしたほうがアタリがよく出ることがあります」

②リフト&フォール

続いて基本動作のリフト&フォール。

「竿を持ち上げてテンヤを浮かせて、次にフォールさせてやります。これがアピールと誘いになります」

フォールさせる時にテンヤの重みを感じながら落としていくのがテンションフォール。重みを感じずに自然に落としていくのがカーブフォールだ。

「自然に落ちていくのでカーブフォールの方がアタリが出やすいですよ。なので、カーブフォールで食わせるのが基本ですね」

カーブフォールの場合は、道糸がピンと張っていないので、アタリは小さくなる。

道糸の動きもしっかりと見ておくといいだろう。

テンションフォールの場合は、竿先にアタリが出やすい反面、魚にも違和感を与えやすくなる。

③底反応に効く誘い

「海底反応の時に、鋭く強めのシャクリを1、2回入れると、この動きに反応してアタリが出ることが多いですよ。これがリアクションの釣り方です。この釣り方を多用するときは少し重めのテンヤを使った方がやりやすいですよ」

④遊動テンヤの誘い

遊動テンヤを使用した時の誘い方も効果があるという。

「遊動テンヤが着底したら、竿を水平ぐらいにして小刻みにシャイクします。エビが海底で踊るようなイメージですが、これでアタリが出やすくなりますよ」

⑤どんな時も竿を上げすぎない!

アタリを待つ時、誘いを入れる時など、注意することがあると言う。

「特にリフトした時ですが、竿を目一杯上げちゃうと、そこでアタってもアワせることができません。どんな時でも竿を上げすぎずに、アワセの幅を残しておくことが重要です」

アタリを感じたら基本は即アワセ。

掛かったらすぐに巻き上げを開始する。

もし、ここで掛からなかったら、次は少しタイミングを変えて、ハリ掛かりするタイミングを自分の体で覚えるといいだろう。

一度、失敗してもエサさえ付いていれば再度アタックしてくることも多い。

もし、それでアタリがなければ回収してエサを付け直そう。

巻き上げは一定のスピードで。

1㎏程度のドラグ設定でドラグが出るようだとキロオーバーの可能性が高い。

●中層反応の時
船長から中層に反応があるとアナウンスがあった時はどうするか。

「中層反応の時は大型の可能性があります。こんな時は、キャストして水深の半分から2/3くらい糸が出たらここで糸の出をストップします。こうすると斜めに入ったテンヤが弧を描くようにカーブフォールで落ちていきます。これが大型に効くことがありますので、ぜひ試してみて下さい」

【外房・飯岡沖】テンヤマダイ 釣行レポート

中ダイまじりの 数釣りシーズン

ゲストも活発でアタリ増 ビギナーも始めるのに最適!

比較的浅い場所でダイレクトな引きが楽しめる

「早掛」タイプのテンヤで狙い通り孫バリにヒット

この時期は2kg前後の中ダイが多くなる。うまくいけばこのサイズの数釣りも!

「良型のハナダイが多いのでアタリ多く楽しめますよ」と大島さん

カーブフォール中にヒット

「今日は底の反応が多いようですね。船長のアナウンスが丁寧なのでビギナーの人もわかりやすいと思いますよ」

水深が浅いので1㎏前後でもかなりの引きが楽しめる

ホウボウは乗っ込みで大型がよくまじる

こちらはマハタ

ラストのとんでもない引きで上がってきたのは大型のトラフグだった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「梅花丸」

飯 岡沖のテンヤマダイは誰でも釣りやすくゲストも豊富で、超が付くベテ ランから沖釣りが初めてのビギナーまで楽しめるシーズンに突入している。

「この時期は1~2kg級の中型サイズが多いですね。年によっては数釣りできることもあります」と、飯岡港「梅花丸」の梅花亮佑船長。
 
ポイン トは水深25m前後の飯岡沖。

根周りや魚礁周りを狙うが、魚探反応から海底の様子まで、梅花船長が逐一アナウンスしてくれるので、よ り海中をイメージして釣りができる。

「今は底つきの反応です。海底付近を狙ってみて下さい。わからないことや釣り方がわからなかったら聞きにきて下さい」とソフトな語り口でアナウンスがあるので、ビギナーも不安はないだろう。
 
この日は、数こそ多くなかったものの中型マダイに良型ハナダイ多数、そして大型のホウボウも数出て盛り上がった。

「海も安定して釣りやすい時期です。ぜひ、ビギナーの人も挑戦して下さい」

以上の記事は「つり丸」2021年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
外房・岩船~大原沖の梅雨イサキが、食い活発でいよいよ最盛期に!コマセ釣りの楽しさが満載!!みんなで数釣りを楽しもう!
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル