MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型多く 多点掛け連発!好調イサキ五目!外房・太東沖~片貝沖

良型多く 多点掛け連発!好調イサキ五目!外房・太東沖~片貝沖

片貝旧港「二三丸」ではイサキが開幕から好調続き!取材時も開始から35㎝を超すサイズまじりで、30㎝級がコンスタントにアタった!今後も数型とも期待大だ!!

perm_media 《画像ギャラリー》良型多く 多点掛け連発!好調イサキ五目!外房・太東沖~片貝沖の画像をチェック! navigate_next

開幕から好調続き! 良型多く35㎝超もまじる!今後は数型とも期待大!!

取材時は良型多く 多点掛け連発も!

ポイントは航程1時間ほどの太東沖/当日は太東沖の水深25~50mを狙った

片貝旧港「二三丸」は、4月からイサキ五目をスタートさせている。

釣り場は航程1時間ほどの太東沖。ここで釣れるイサキは、数年前まではイサキの北限とされていた。

しかし、近年は温暖化の影響なのか、さらに北のエリアで釣果が報告されるようになってきている。

今回の「二三丸」の取材では、良型主体の好釣果に恵まれた。

開始から35㎝を超すサイズまじりで、30㎝級がコンスタントにアタった。

慣れた人は追い食いさせ、何度も一荷で取り込んでいた。

また中盤以降も食いが良く、多点掛け連発。

この釣りに精通した鈴木新太郎さんが43匹でトップだった。

太東沖のイサキはこれからが本格シーズン。

数釣りも、サイズも期待できるだろう。

また、イサキは白子や真子を抱え、食味でも楽しめるだろう!

太東沖のイサキを狙う タックルについて

「二三丸」ではLT(ライトタックル)でもノーマルタックルでも狙える。

LTの場合、ビシは40号。ノーマルでは60号だ。

そのため竿は、40号または60号のオモリに対応した7対3調子がオススメ。

LT用やゲームロッドは、40~60号オモリに対応したものが多い。

それを持っていれば1本でライトにもノーマルにも対応できる。

リールは手巻きの小型両軸か小型電動。

道糸はLTならPE1~2号、ノーマルなら3号前後を巻いておく。

仕掛けはカラーバリ仕様 エサを付けなくても釣れる

「二三丸」で用意しているイサキ仕掛けはカラーバリ仕様。

ハリス1.5号、仕掛け全長3m、枝スの長さは20㎝。

ハリはチヌ2号の3本バリ。

ハリのカラーはグリーン、ピンクホワイトなど。

このカラーバリ仕掛けは、じつはエサを付けなくても釣れるのだ。

取材当日、船で付けエサとしてイカタンとオキアミが配られたが、これは食い渋り時に付けるといいだろう。

竿頭だった鈴木新太郎さんは、開始時に2つのハリにエサ(イカタン)を付けていたが、ハリのみでもアタるとわかると、それ以後はエサを付けずに釣っていた。

しかもエサを付けずにマダイも2枚釣っていたのだ。

エサを使う場合、イカタンは米粒大に切ってハリに付ける。

オキアミは尾羽を切り取り、切り口からハリ先を刺し入れ、ハリの軸に対して真っすぐになるようにする。

ビシは前述したように、LTの場合は40号。ノーマルは60号。

LTは「サニーちびライト」などの小型プラビシ、ノーマルは「サニービシ」などFLサイズのプラビシを使おう。

調整は上のイラストを参考に!

「二三丸」の仕掛けはカラーバリ仕様。エサを付けなくても釣れる!

ビシはノーマルならFLサイズの60号。ライトなら40号の小型プラビシ

取材時は付けエサとして、イカタンとオキアミが配られた。食い渋り時に付けるといいだろう

釣り座のセッティングも気をつかおう!

よくビシアジやLTアジの解説に釣り座のセッティングについて書かれているが、この釣りでも釣り座周りには気をつかおう。

まず大事なのはロッドキーパーとコマセオケの位置。

ロッドキーパーの位置が決まったら、その船のトモ側(後方側)にコマセオケを置くようにすること。

スパンカー(帆)を張る船では、風は船の前方から吹いてくる。

前述したようにセットすると、仕掛けが船の後方になびくので、竿やコマセオケに絡みにくくなるのだ。

これをするだけで、一日快適に釣りができるだろう。

釣り方(タナ取り)と 追い食い法について

取材当日、「二三丸」の小倉忠船長から出た指示ダナは「(海面から)20m」のようにピンポイントの場合と、「35~30m」のように幅のある場合いの2通りあった。

一日を通してピンポイントの場合が多かった。

最初に、指示ダナがピンポイントの場合の釣り方を解説しよう。

指示ダナが20mの場合は、指示ダナよりも2m下の22mまでビシを落とす。

そこからコマセを2~3回に分けてまきながら、ビシを指示ダナまで巻き上げてアタリを待つ。

食いが渋い時は、小刻みにコマセをまいて、コマセをまいた後に数秒の待ちの時間を取るようにしよう。

タナ下から探っていく感じだ。

タナ取り後にすぐアタるような活性が高いときは、3回ぐらいに分けてコマセをまきながら、すばやく指示ダナまで巻き上げるようにする。

活性が高いときはコマセに突っ込みやすいので、すぐにアタりやすい。

次は、幅のある指示ダナの場合の釣り方。

取材時は後半にメバル、キントキ、ハナダイなどがまじる場所を狙った。

その場所では「35~30m」のように、幅のある指示ダナが出された。

この場合、ビシを指示ダナの下限まで落としたら数秒待つ。

そして仕掛けがなじんだら、竿をシャクってコマセをまきながら、指示ダナの上限まで探っていく。

シャクリ幅やシャクリの間の待ち時間を変えて、その日によくアタるパターンを見つけよう。

アタったら追い食いを狙ってみよう。追い食いさせることができると効率よく数を伸ばせるし、そして何よりも楽しい。

追い食い法は、下のイラストを参考に!

トリプルだ!!

追い食いさせると効率よく数を伸ばせる!

【外房・太東沖~片貝沖】イサキ五目 釣行レポート

これからがハイシーズン!

良型イサキの数釣りが楽しめる 旬を迎えて食味もアップ!!

反応はバッチリ

鈴木新太郎さんは開始から好調に食わせた!

1投目から新太郎さんと粕川さんは、このとおり!!

『つり丸』ライターの粕川さんは、良型イサキのトリプル!

こちらも3点掛け

一荷は嬉しい!

こちらもグッドサイズ!

置き竿で一荷!

クレハ合繊の鈴木将之さんも良型を手にした

鈴木新太郎さんと鈴木将之さんの釣果でクーラーは満杯!

マダイがタモに収まった

ハリス1.5号のイサキ仕掛けでキロオーバーのマダイをゲットした新太郎さん

この日はマダイがポツポツまじった

水深のある場所ではキントキがまじった

太東沖のイサキはこれからが本格シーズン!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「二三丸」

片貝旧港「二三丸」は、4月からイサキ五目をスタートさせている。

開始からまずまずの好釣果が記録されており、良型も多く楽しめている。

「二三丸」が狙うのは航程1時間ほどの太東沖。

ここで釣れるイサキは、数年前まではイサキの北限とされていた。

近年は温暖化の影響なのか、さらに北のエリアでも釣果が報告されている。
 
取材当日は開始直後から終了まで、30〜38cmの良型イサキがコンスタントにアタった。

とくに中盤以降は食いが立ち、船のあちこちで一荷で取り込まれ、3本バリ仕掛けでトリプルもあった。

トップは鈴木新太郎さんの43匹だった。
 
太東沖のイサキはこれからが本格シーズン。

今後はさらに数も、サイズも期待できるだろう。

また、イサキは白子や真子を抱え、食味でも楽しめるだろう!

以上の記事は「つり丸」2021年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル