MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大ダイ気配濃厚!テンヤ&カブラにジグ&タイラバOK!日立久慈沖

大ダイ気配濃厚!テンヤ&カブラにジグ&タイラバOK!日立久慈沖

日立久慈港「直重丸」は釣り方の自由度が高いスタイル!テンヤ&カブラにジグ、タイラバもOK!外道も多彩な魅惑のフィールドで、春の大型マダイを!

perm_media 《画像ギャラリー》大ダイ気配濃厚!テンヤ&カブラにジグ&タイラバOK!日立久慈沖の画像をチェック! navigate_next

テンヤ&カブラにメタルジグも。今後は浅場狙いが本格化する 常磐マダイが最盛期へ

釣り方の自由度が高い「直重丸」のスタイル

「ウチの船は、テンヤやカブラはもちろん、タイラバやジグを使った釣りも大歓迎ですよ」とは、日立久慈港「直重丸」の宇佐美智大船長。

PE1号以下のラインを使っていれば、大きなトラブルになることはまずないそうだ。

むしろ船長は、それを積極的に勧めたいともいう。

「マダイがテンヤやカブラで釣れるときとSLJのメタルジグやタイラバで釣れる時合いは、まったく別なんですよね。常連さんは、エサがとけるまでは、結構ジグで釣っていますよ」とか。

取材当日も40gのジグで狙った鈴木さんが、船中第一号の2.3㎏を獲った。

ジグ、タイラバともただ巻きでOKだから、乗船の際はぜひ試してみよう。

参考までに書いておくが、このエリアでは15~20号のイカメタルでマルイカが上がるそうで、イカがよく乗る日は、タイラバが強いともいう。

「よっぽどオマツリが多い時は、遠慮してもらいますけど、できる限り自由に楽しんでもらう主義です(笑)」。

なお、4月下旬の取材日は、シケ後の濁りと(おそらくは水温の低下も)あって、水深60m前後を釣ったが、本来は30~40mのエリアが、この時期のメインステージ。

これから夏に向かって、さらに浅い20m前後の釣りやすいポイントも流すようになってくる。

「おとといは5㎏が出ているし、20~30mでやっているシラスの網には2㎏のマダイが結構入っているので、水温が安定すれば本番です」と船長。

このエリアのマダイは、様 々なベイトにあわせて狙い方を変えるのがポイント。

エビエサのテンヤやカブラで狙うときも、これを頭において戦略を立てたい。

そんなパターンの多様性こそ、生命が豊かな常磐エリアの魅力なのだ。

テンヤで軽めに迫るか カブラで重めに振るか

このエリアの標準的なテンヤの号数は、8~10号が基準だが、狙う水深が浅くなるほどに、固定式テンヤならではの、なかばフカセ釣りのような「フォール」が生きてくる。

「軽いテンヤでなければ、食わせられない状況が必ずあるので、可能な限り軽いテンヤからスタートしたいですね」というのは、『つり丸』ではおなじみのノリーズプロスタッフの榎戸富さん。

「ボトムを釣ることは基本ですけど、慣れてきたら2回に1回底を確認できるぐらいの重さでやってみてください」とは同じく吉田裕樹さん。

ただし、水深が60m前後ともなると、こうした釣りはビギナーにはちょっと難しい。

基準となる8~10号を基本に、潮が速ければ、さらに重めの遊動カブラでラインを立てて、タナを正確に探ることから始めたい。

中層やボトム近くの「ステイ」がハマるシーンでは、重いリグに勝るものはない面もあるのだ。

なお、このエリアでは遊動式のテンヤやカブラが人気だが、正しく使えば、固定式との間に明確な釣果の差はないと船長はいう。

ただし、総じて遊動式のほうが、フックが小さいので、エサが小さくても使いやすい。  

また、フォール時にヘッドとフックユニットが分離して沈んでいくので、重いヘッドでもエサをゆっくり沈められる効果が期待できるから、10号以上のヘッドを常備しておくといいだろう。

固定テンヤがマニュアル車とすれば、遊動テンヤやカブラはオートマ車と考えるとわかりやすい。

自分の釣りこだわった 沖揚がり直前の一枚

黎明期から「ひとつテンヤ」ならではの釣りを追求してきた榎戸富さんは、取材当日も、可能な限り軽いテンヤで食い渋りの海を攻めていた。

午前7時46分に、大ダイと思われるバラしがあった以降も、速潮下で自分のスタイルを貫き、8号よりテンヤを重くすることはなかった。

「0.6号のラインと1・75号のリーダーなら、船の動きを計算してテンヤを投入すれば、何とかなるものです。着底したとき自分の竿下にテンヤがあって3~4回ぐらい誘える重さがベストですね」。

たしかに、重いカブラで糸を立てている人よりも、外道ながらアタリの数は多い。

これも自然なフォールの賜物かもしれない。だが、沖揚がりの時間は刻々と迫る。左舷で「中層のステイ」でアタっていた時合も終了したかに思えたそのとき……。

「ようやく潮の速さが、いい感じになってきました」。

その言葉の直後にロッドがしなる。1㎏超の強めのドラグで一気に勝負を決めキャッチしたのは1・35㎏。

「リフト後のテンションフォールで食いました。6号のテンヤを使いたかったので、『80H』で遠投して、ロッドの長さと張りで食わせられたタイですね。いや~今日の釣りは難しかった(苦笑)」。

まさに、“軽いテンヤでなければ食わないマダイ”がいることを、見事に証明した一発。

取材では、これまで相性が悪かった日立久慈沖のジンクスを覆す劇的なフィナーレを飾ってくれた。

常連さんが見せてくれた 「中層ステイ」の基本

「タナは底から3m。私は、この釣り方しかやらないんですよ(笑)」とは2.3㎏を獲った根本さん。

糸がしっかり立つ重めの遊動カブラ(取材時は13号を使用)で底を取り。

ロッドを水平に保持して底から3mタナを切る。

一呼吸おいてから30度ぐらいまで静かにリフトしてポーズ。

ここからティップが水面に触れるまで同じぐらいのスピードで誘い下げて止め、再び水平の位置までロッドを戻す。

数回誘ったら、基本のタナ=底から3mを計るために再度着底させるか、エサ取りが活発なら巻き上げてエサをチェックする。

一見単純だが、その威力は絶大。

根本さんはキャッチした先のマダイの前に、上がれば今日一は確定の大ダイも掛けている。

食いが浅く、残り10mで無念のフックアウトだったが、ビギナーでも即真似ができる日立久慈沖の基本として覚えておこう。

船内でうかがってみると、狙う基本タナこそ皆さん微妙に違うが、低いタナでリリースサイズが掛かることを避けるのがセオリーのようだ。

唯一の注意点は、止める時はしっかり止めること。

皆さん指の上にロッドを乗せているだけのソフトグリップでアタリを待っていたのが印象的だった。

アタリはステイ中か誘い下げたときに集中する。

糸を立てるといっても遊動カブラの重さの違いで、誘い下げた時のエサの動きが変わるので、使い分けてみよう。

なお、当日は、根本さんも含めてグローカラーのカブラやテンヤでアタリが集中していたが、日立沖では、グローは絶対にハズレがないカラーだと覚えておきたい。

【茨城・日立久慈沖】テンヤマダイ 釣行レポート

大型マダイの気配濃厚で 本番はこれからだ!

テンヤ&カブラにジグ、タイラバもOK!外道も多彩な魅惑のフィールド

取材当日は、シケ後の水温低下と濁りを避けて、水深50~60mの深めのポイントを攻めたが、なかなかの食い渋り。ノリーズプロスタッフ榎戸富さんは、終了直前のわずかな時合で本命のアタリをとらえた!

榎戸さんのマダイは、1.35㎏の美形。「ハイブリットテンヤ真鯛80H」にかえて、深場でのフォールのアタリを掛けた一発。

テンヤは「オーバルテンヤ」の6号。当日は写真のようなグロー系テンヤにアタリが多かった

ノリーズプロスタッフ吉田裕樹さんには、日立沖では珍しいメダイがヒット。底潮は想像以上に濁っていたようだ

エサのエビが小さければ2匹付けで使おう。昨今は冷凍エビも品薄なので、小さなエサも無駄なく利用したい

こちらは遊動カブラにヒットした2.3㎏。当日は食いが浅く、大ダイと思わしきフックアウトがたびたび。無事ネットインで船中から安堵の声が上がった

3号の遊動カブラで、終日底から3mのタナを狙った根本さんは、2.3㎏をキャッチ。その直前に大ダイと思われる獲物のフックアウトもあり、ベテランとしては反省しきりだったが、見事なリカバリーをみせた

「ようやく悲願の1㎏超を達成しました(笑)」という鈴木さん。扁平なスロー系ジグ40gに#4のブレード追加。これをただ巻きで使って、ボトムから10mで食ってきた

「これじゃ小さいから恥ずかしいよ(笑)」とは、石濱さん。終日ボトムステイで粘り小型ながら2枚のマダイをキャッチした

25~30㎝の良型ハナダイは常連ゲスト。春は、これと同じ高めのタナで大型マダイがよく食ってくるそうだ

25㎝級のウスメバルも。ほかにカナガシラ、ムシガレイ、タチウオ、イシモチなど多彩な外道がロッドを曲げた

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈「直重丸」

「ウチの船は、ひどいオマツリをしない限り、どんな攻め方をしてもらってもOKですよ」とは、日立久慈港「直重丸」の宇佐美智大船長。
 
当日は、一つテンヤ&遊動カブラにメタルジグのただ巻きで攻める人も見られたが、時にはタイラバはもちろん、なんとマルイカを狙うイカメタルを楽しむ人もいるそうだ。
 
実釣は、3日間のシケによる水温低下と濁りから、本命となる浅場(水深20~40m)のポ イントが不調で、本来は冬~春先のポ イントとなる深場(水深60m前後)を狙う展開。

厳しい時間帯が続いたが、船長のマメなポ イントサーチで後半に向かってアタリが増えて、2㎏級のマダイを筆頭に多彩な外道もまじえて愁眉を開いた。

「水深20~30mの浅場を引いているシラスの網には、2㎏級のマダイが数入っているので、水温が落ち着けば期待できますよ」と宇佐美船長。
 
多彩な攻め方も楽しめる、日立久慈沖の本番はこれからだ。

春の大型マダイを狙ってぜひ出かけてみよう。

以上の記事は「つり丸」2021年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
日立会瀬沖のマダイが大ダイを狙える乗っ込みの到来だ!入れ替え重視で釣りやすい角度をキープ!巻き物系も視野に入れて大ダイをゲットしよう!
キハダを釣る一番の近道が久米島だ。全国に先がけてパヤオを釣り人に開放し、エサ、ルアーを問わず釣りが楽しめる。30㎏以上のキハダは日常茶飯事!久米島で夢の魚を手にしよう。
金沢八景「一之瀬丸」さんにて、初めての釣り物エサマゴチ!何度目かのアタリで50㎝ぐらいの本命をゲット。ダイナミックなアワセからの強い引きが魅力的だなと思いました。
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル