MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ&アマダイ豪華リレー、タチウオも開幕!【富山湾・新湊沖】

アカムツ&アマダイ豪華リレー、タチウオも開幕!【富山湾・新湊沖】

冬の富山湾内はぜいたくだ。港からほど近くのポイントでアカムツ、アマダイ、タチウオ、オニカサゴ、アラ、アオリイカ、キジハタなどが釣れるのだ。なかでもいま好調なのは、激ウマのアカムツ。アカムツをメインターゲットに、リレーでアマダイを狙い、ゲストも豪華で豊富。こりゃーもう一年を締めくくるにふさわしい釣行となること請け合いだ。

アカムツはピンポイントだが、コンスタントにアタっているぞ。リレーで狙っているアマダイは大型中心。ゲストも多彩で大満足

今シーズン最大の47㎝1.4㎏のアカムツをキャッチ。

このサイズがアベレージ。富山湾内のアカムツの魚影は濃い。

激ウマアマダイポイント多数。

湾内のアマダイは誘い過ぎと光り物はあまりよくない。タナは底上1mだ。

これだけ釣れれば十分すぎる。食べておいしい魚ばかりがそろう。

ショートロッドでアマダイのトルクフルな引きをドキドキしながら楽しもう。

アカムツもアマダイも電動リールの一定速度で巻き上げることが大事。変速はバラシのもととなる。

アマダイのエサはオキアミ。2匹抱き合わせでもよい。湾内では光り物はあまり好ましくない。エサの動きを変えるフロートパイプは効果がある。

アカムツのエサはホタルイカの1匹掛けが一番。サバとイカゲソの組み合わせはあまり実績がないという。ゲソオンリーは○。アラのエサもホタルイカだ。

タチウオの反応も上々。爆釣シーズンはこれからだ。

アラが釣れたポイントではクロムツがヒット。

ブレイク必至! アオリイカエギングが年内楽しめる。使用する餌木はティップラン用もしくは専用シンカーを装着した餌木3.5号。

ゲストのアラはアカムツ仕掛けでゲット! ホタルイカが湾内ではマッチザベイトの万能エサである。

冬の富山湾が熱い! 波静かな湾内の港近くであの激ウマのアカムツとアマダイが釣れているのだ。
さらに、神通川などの大型河川の河口付近では、毎年恒例のタチウオもそろそろ開幕気配がムンムン。食べておいしい魚ばかりがそろう富山湾内は、能登半島の影になるため西風などの季節風に強く、出船率も高い。いわば冬の日本海エリアの救世主的エリアなのである。
アカムツはピンポイントだが、コンスタントにアタっている。潮の流れがないので、魚はとても神経質だ。静かに静かに誘うのがコツ。激しい誘いはタブーだ。
一方、リレーで狙っているアマダイは大型中心。オモリは80号使用だが、ライトタックルでもオッケーだ。
アカムツは水深150〜200m。回遊魚なので、日に日にポイントは変わるという。オモリは120号と意外と軽い。
ゲストには、アラやマゾイ、クロムツまで来るという贅沢さ。一年を締めくくるにはもってこいのフィールドだ。

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読