MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
利島沖のメダイ釣り好機、ゲストは激ウマ大型ムツに期待【利島沖】

利島沖のメダイ釣り好機、ゲストは激ウマ大型ムツに期待【利島沖】

クリッとした大きな目が特徴で、青物のように引きが強いメダイ。そのメダイが好漁場として知られる利島沖で好調に釣れている。

この時期のメダイは脂がよく乗っている。上品な白身で、刺身、焼き物、煮物、鍋など、どんな料理にしても美味しく食べられる

メダイは、6〜7㎏サイズも珍しくない。

メダイは一荷もある。

これは3㎏超のムツ! 当エリアではギンムツと呼ばれ、脂が乗って超ウマイ!

ムツは3〜4㎏クラスも珍しくない。

当日は、ほとんどの人がメダイとムツでクーラーが埋まった。

ポイントは利島から少し離れた水深130m前後。

2〜3㎏サイズでも、取り込みは無理せずタモを使おう。

ハリスは10号、ハリはヒラマサバリや太地のムツバリなど。オモリは200号。

オキアミコマセで狙う。

サバが邪魔するときは、サバの半身を折り返して付ける。

配られるサンマは海苔巻き状にして付ける。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎「久寿丸」。

下田須崎「久寿丸」では、船中100本を超えるような釣果の日もある。その「久寿丸」では、朝のうち2〜3㎏級の数釣りをしてお土産を確保してから、型物狙いへとシフトするメニューで狙っている。また、ゲストも魅力的な魚が多い。ヒラマサ、ワラサなどの青物が出た日もある。釣行当日は「超」が付く高級魚のギンムツが多数まじった。終わってみれば、ほとんどの人の大型クーラーはメダイと合わせて満タンになった。
この時期のメダイは脂がよく乗っている。上品な白身で、刺身、焼き物、煮物、鍋など、どんな料理にしても美味しく食べられる。そして意外と言っては失礼だが、非常に美味しかったのがゲストにまじったハチビキだ。皮と身の間には、真っ白に脂が入っていて、濃い色の赤身は極上の大トロ! 釣れたら大切に持ち帰ることをオススメする。
利島沖のメダイは周年狙えるターゲット。とくに黒潮の影響が少なくなる冬場は、潮の緩い日も増えて大型を狙いやすくなる。これからの時期はシケで出船が限られるが、好機なのだ!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
最新記事
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
ジグに装着するだけで簡単にサビキ釣りができるジグ専用サビキ「快適ジギングサビキ」
茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読