MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
利島沖のメダイ釣り好機、ゲストは激ウマ大型ムツに期待【利島沖】

利島沖のメダイ釣り好機、ゲストは激ウマ大型ムツに期待【利島沖】

クリッとした大きな目が特徴で、青物のように引きが強いメダイ。そのメダイが好漁場として知られる利島沖で好調に釣れている。

perm_media 《画像ギャラリー》利島沖のメダイ釣り好機、ゲストは激ウマ大型ムツに期待【利島沖】の画像をチェック! navigate_next

この時期のメダイは脂がよく乗っている。上品な白身で、刺身、焼き物、煮物、鍋など、どんな料理にしても美味しく食べられる

メダイは、6〜7㎏サイズも珍しくない。

メダイは一荷もある。

これは3㎏超のムツ! 当エリアではギンムツと呼ばれ、脂が乗って超ウマイ!

ムツは3〜4㎏クラスも珍しくない。

当日は、ほとんどの人がメダイとムツでクーラーが埋まった。

ポイントは利島から少し離れた水深130m前後。

2〜3㎏サイズでも、取り込みは無理せずタモを使おう。

ハリスは10号、ハリはヒラマサバリや太地のムツバリなど。オモリは200号。

オキアミコマセで狙う。

サバが邪魔するときは、サバの半身を折り返して付ける。

配られるサンマは海苔巻き状にして付ける。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎「久寿丸」。

下田須崎「久寿丸」では、船中100本を超えるような釣果の日もある。その「久寿丸」では、朝のうち2〜3㎏級の数釣りをしてお土産を確保してから、型物狙いへとシフトするメニューで狙っている。また、ゲストも魅力的な魚が多い。ヒラマサ、ワラサなどの青物が出た日もある。釣行当日は「超」が付く高級魚のギンムツが多数まじった。終わってみれば、ほとんどの人の大型クーラーはメダイと合わせて満タンになった。
この時期のメダイは脂がよく乗っている。上品な白身で、刺身、焼き物、煮物、鍋など、どんな料理にしても美味しく食べられる。そして意外と言っては失礼だが、非常に美味しかったのがゲストにまじったハチビキだ。皮と身の間には、真っ白に脂が入っていて、濃い色の赤身は極上の大トロ! 釣れたら大切に持ち帰ることをオススメする。
利島沖のメダイは周年狙えるターゲット。とくに黒潮の影響が少なくなる冬場は、潮の緩い日も増えて大型を狙いやすくなる。これからの時期はシケで出船が限られるが、好機なのだ!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル