MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
脂のりのり!激うまジャンボイサキを攻略!駿河湾・石花海

脂のりのり!激うまジャンボイサキを攻略!駿河湾・石花海

脂のりのりブランドジャンボイサキが早くもシーズン開幕!激うまを堪能しよう!!気難しいイサキの攻略術を紹介!

perm_media 《画像ギャラリー》脂のりのり!激うまジャンボイサキを攻略!駿河湾・石花海の画像をチェック! navigate_next

激うまジャンボイサキが 今期は早くもハイシーズンイン!! 気難しいイサキの攻略術とは?

高水温の影響で約1ヵ月早い 開幕! 6月はハイシーズン

梅雨期に旬と言われるイサキだが、その理由は乗っ込みだからだ。

産卵のため群れが固まり釣りやすくなっている。

そのなかでも昔から「とにかくデカイ。そしてうまい!!」と評判なのが、駿河湾の中央部に位置する石花海のイサキだ。

地元では激うまイサキの愛称で親しまれ、駿河湾のブランド魚になっている。

このイサキたちは産卵を済ます前までは全身に脂をまとい、食べておいしい。

しかも小型は少なく大型ばかり。

数匹釣れれば御の字の高級魚にも関わらず、よい日に当たると入れ食いでクーラー満タンなんてことも珍しくない。

どうしてそんなに脂がのるのか?それはイサキたちが生息する海底の地形に起因しているようだ。

石花海は駿河湾のほぼ中央部に位置しひょうたん型をした瀬で、世界でも稀な海溝、駿河トラフの影響が濃い。

瀬の三方向を深海に囲まれているので深海からの栄養豊富な湧き潮が瀬に流入。

これにより豊富なプランクトンが発生。

それを捕食しているので、個体は大きくなり、脂もたっぷりと乗るのだ。

だが、このイサキはそう簡単には釣れない。

警戒心が強いうえに、まわりを深海に囲まれているので、常に冷たい海水の流入がある。

つまり、水温の変化によりまったく口を使わなくなってしまうこともしばしばあるのだ。

そんなイサキをコンスタントに数釣らせてくれるのが、コマセマダイのカリスマ船長として有名な土肥港「第18とび島丸」鈴木健司さんだ。

「毎年ゴールデンウイークから水深がある相の瀬(石花海)の大ダイをメインに狙うのだけど、そこのイサキのお腹がパンパンなので、気になって6月以降に例年なら攻める浅場の石花海を試しに狙ってみたら、ジャンボイサキが爆釣してね。今期は開幕が約1ヵ月ほど早いみたいだね。とはいうものの、イサキの魚影が濃くても、石花海特有の水温低下の影響は否めない。そうなると、なかなか口を使ってくれなくなるよ」と健司船長は話す。

仕掛けはハリス4号全長8m 3本バリ タックルはマダイ

仕掛けはオキアミコマセマダイ釣りの延長と思ってよい。

ここのイサキは乗っ込み期はマダイ同様に神経質になっている。

だから、ハリスは4号で全長は長めの約8m、ハリは3本が基本仕掛けとなる。

ハリのサイズはマダイ9号を基準にするとよい。

ビシサイズも駿河湾内の基本サイズである80号。

テンビンやクッションゴムは、コマセマダイのものをそのまま流用OKだ。

仕掛けはオマツリがあるので多めに持参する。

市販の3本バリ仕掛けを活用するなら、全長が8mになるようにハリス6号を継ぎ足しするとよい。

具体的には、ハリス4号3本バリ全長4.5mの仕掛けであれば、ハリス6号3.5〜4mを継ぎ足しする。

全長6mであれば、2mでよい。

イサキは湧昇流が発生しているところに群れている

さてイサキはどんなところに群れているのか。

イサキたちは、根の頭など湧昇流が発生しているところに群れていることが多い。

そこにはエサとなるプランクトンも同時に沸くからだ。

そして、石花海は俯瞰的に観るとその地形の性質上、湧き潮であることが多いことが分かっている。海全体が湧いているのだ。

石花海のすぐ隣に位置する深海、駿河トラフが起因し、とくに上げ潮時は、海全体の水量が増えるので、湧き潮が起こりやすい。

さらに黒潮や通常の干満による潮の流れによっても湧き潮は発生している。

この湧き潮が石花海のイサキ釣りを難しくしている原因なのだ。

だが、これを攻略できれば、イサキの釣果はぐっと伸びるともいえる。

だから、石花海でイサキ釣りをするときは、基本的に湧き潮のなかでの釣りを想定して釣るのが正解だ。

湧き潮のなかでの付けエサの動きをイメージしよう

湧き潮のなかでは、付けエサは斜め上を向いている。

そんな状態のエサをイサキが下から捕食することはなかなかできない。

この状態を変えるためには、まず、誘い上げを行うとよい。

マダイ釣りでは落とし込みの誘いが有効だが、イサキは逆。

まずは、この誘いがイサキが捕食しやすい姿勢を演出することを覚えておこう。

さらに、ガン玉を使うことでも姿勢を変えることができる。

ハリのチモトやその近くにオモリとなるガン玉を打つことでエサの向きを斜め下へ向かせるをことできる。

この場面で活躍する“オモリ”となるのはガン玉だけでなくシェルビーズなども同じ役割をすると理解しておこう。

このようにイサキの捕食パターンの水中イメージを持つことから釣りを始めることが大切だ。

潮が動かなかったり水温低下で魚に活性がないときは

イサキの反応がたっぷりとあるのに、釣れない…、石花海ではよくあることだ。

これは深海の冷たい海水が底付近に拡散したり、全く潮が動かなかったりするときに生じる現象だ。

「コマセをまいてもイサキがすぐに逃げてしまって、船下に入ってこないときは、釣るのはなかなか難しいよ。こんなときは、マダイ釣りの考えでハリスを長くしたり、軽くしたりして船から付けエサを遠ざけたりするとよいですね。まあ、可能な限りいい環境を探して釣るようにしてますが、海全体が濁っていたり低水温だとどうしようもないときもあります。これが資源保護ともなり、ジャンボサイズが育ち現存する海を保っているのでしょうね」と船長は話す。

イサキはコマセ釣り しっかりとコマセることが基本

コマセマダイ釣法の柱を構築してきた鈴木健司船長だが、この石花海激うまイサキにもマダイ同様な考えが適用されるという。

健司船長は卓越した操船力の持ち主で毎流し、けして手抜きすることなくイサキの魚群反応にピンポイントでピタリと当てる。

仕掛けが魚群のなかに入れば誰にでも、ヒットしそうだが、石花海のイサキを掛けるにはコツがある。

まず、船長が釣り人に徹底してもらいたいというのは、「イサキ釣りはコマセ釣りの原点の釣り。コマセをまいて、そのコマセのなかに付けエサを同調させるのが狙いです。それを確実に毎回実践してほしい」という。

釣り方は、船長の指示ダナより10m下へビシを落として、指示ダナまでしっかりとコマセをまき、誘いながら指示ダナまで上げてくるというもの。

このコマセワークで確実に付けエサとコマセを同調させるように心がけよう。

さらに詳しく動作を示すと、指示ダナ下10mから約6〜7mまでは数回に分けて大きくコマセを振り出して、残りの指示ダナまでのコマセの振り出しは、ウイリーシャクリの要領で食わせの間を入れながらシャクリ上げたり、デッドスローで指示ダナまで巻き上げたりするというもの。

コマセに付けエサが同調したと思われるタイミングから食わせることを意識して指示ダナまで探るのだ。

魚の活性が高くタイミングが合っていると、ほとんどの場合、この誘い上げ中にアタリがでる分かりやすい釣りだ。

多点掛けを狙うためには?

イサキ釣りの魅力のひとつに多点掛けがある。

さらに数を伸ばそうと思うなら、多点掛けをすることが必須だ。

その方法は、“1匹掛けたら、ゆっくりとデッドスローでリールを巻き上げる”。これが基本だ。

水中イメージイラストを理解すれば、これが有効な理由と分かるだろう。

基本的にどこの海でも通用する方法であるのでぜひ、実践してみよう。

【駿河湾・石花海】ジャンボイサキ 釣行レポート

脂のりのりブランド ジャンボイサキが 早くもシーズン開幕!

今期は上質な身なので 激うまを堪能 しよう!!

イサキのメインポイントはひょうたん型をした石花海の浅瀬側だ

船中あちこちで舞う 激うまイサキ!

活性が高い群れに当たると入れ食いになる石花海のイサキたち。手返しよく釣ろう

このサイズがアベレージ。活性が高いと小ぶりのものはまじらないという

タックルはコマセマダイ用の流用でOK。しっかりとコマセを振り出すので軟調子すぎるものは避けた

激うまのブランドイサキといえども取り込みは抜き上げだ

とび島丸のエースで名人の和田さんは石花海のイサキに長年こだわる釣り人の一人。大型ばかり順調にあげる

一荷&トリプルを狙おう

今期はこの大型も脂がしっかりと乗っているという

高活性時はこの通り!爆釣もあり!!

今期初のイサキ専門船でこの通りの釣果。今期はかなり期待できるぞ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・土肥港「とび島丸」

駿河湾のブランド魚である、石花海(せのうみ)のジャンボイサキ。みな大きく、そしてうまい。

だから、昔から“激うまイサキ”ともいわれ、県外の遠方からこのイサキを釣りに来る人も少なくない。

「石花海の浅場のイサキは気難しくて6月からボチボチ釣れ始めるのだけど、ゴールデンウイーク明けに、試しに様子を見に行ったら、なんと入れ食いでね。トップは50匹を越えてました。食べてみると、脂の乗りは今期はかなりよく、バッチリでしたよ」と話すのは、コマセマダイのカリスマ船長でも知られる、西伊豆土肥港「第18とび島丸」の鈴木健司さん。
 
健司船長が話すとおり、ここのジャンボイサキは気難しい。

簡単に釣れることもあれば、プイっとまったくエサに反応しないこともある。

それを攻略するのが船長の操船テクニックなのだが、長年にわたりトップ釣果を記録し続けているほど、健司船長は実力者なのだ。

「イサキ釣りはコマセ釣り。しっかりとコマセをまいて釣る。これが基本です。あとはイサキがエサを吸い込みやすいようにしてやる。多点掛けが醍醐味の釣りなので、ぜひ気軽にチャレンジしてください」とのこと。

釣り方とタックルは、コマセマダイ釣りとほぼ同じ。

基本釣法を的確に行うだけで、ほぼこのイサキが攻略可能。

今期も例年どおり6月いっぱいは十分この激うまイサキ釣りが楽しめそうだが、水温が高めなので激うまを味わうなら早めの釣行がオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2021年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
外房・岩船~大原沖の梅雨イサキが、食い活発でいよいよ最盛期に!コマセ釣りの楽しさが満載!!みんなで数釣りを楽しもう!
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル