MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型乱舞の乗っ込みXデーはすぐそこ!日立会瀬沖テンヤマダイ!

大型乱舞の乗っ込みXデーはすぐそこ!日立会瀬沖テンヤマダイ!

日立会瀬沖のマダイが大ダイを狙える乗っ込みの到来だ!入れ替え重視で釣りやすい角度をキープ!巻き物系も視野に入れて大ダイをゲットしよう!

perm_media 《画像ギャラリー》大型乱舞の乗っ込みXデーはすぐそこ!日立会瀬沖テンヤマダイ!の画像をチェック! navigate_next

大ダイを狙える乗っ込みの到来!道糸に角度がつくと釣りにくい 入れ替え重視で効率良く釣ろう!!

待望の乗っ込み間近で ビギナーにも大型の期待大

大型マダイが期待できる乗っ込み期。

関東南部では終盤戦に入っているが、ここ日立会瀬沖ではこれからひとつテンヤ釣法での乗っ込み本番を迎えようとしている。

「現状は、ようやく深場から浅場へ乗っ込んでくる端境期が終わりそうな感じです。日ムラがあった釣果が安定しだし、1㎏弱の小型が頻繁に食ってくるようになりましたからね。水温も活性が上がる16度後半を保っていますし、潮色もマダイに適した薄濁り状態です。いつ乗っ込み開始のスイッチが入ってもおかしくない状態ですよ」とは、年間を通してテンヤマダイ船を出す日立会瀬港「弁天丸」の若船長、阿部竜也さん。

その幕開けを期待して取材を敢行した日は、大ダイこそ顔を出さなかったが、お話通りの数釣りが楽しめ、さらにもうひとつの乗っ込みの特徴である五目要素が全開。

十種類以上の魚が釣れ〝本番近し!〟を印象付けてくれた。

取材前には 5㎏、そして6.3㎏の大ダイが浮上したように大型はいる。

「5㎏を釣り上げたのは、お父さんと釣りにきた初心者の小学5年生です。この釣りはビギナーズラックがあり、ベテランに限らず誰にでも大型のチャンスがあるのも魅力ですよね。うまく大型が潜むポイントを流しますので、期待して遊びに来て下さい」と船長。

それでは、そんな大物をしっかり仕留める方法を紹介していこう。

テンヤはもちろん、ジグや タイラバも専用タックルを

テンヤマダイを楽しむなら、やはり専用タックルを使用したい。

「この釣りの登場以来、タックルは進化の一途をたどっていて、上級モデルになればなるほど性能が良くなっています。竿の穂先感度はもちろん、しなやかに食わす軟らかさも持ち合わせているので掛けやすいですし、アワセもしっかり効きます。そして専用リールは優れたドラグを搭載しているので、やりとりを有利にしてくれますし、何より軽量で感度が良く、巻き心地も滑らかです。ですから僕は、ビギナーにもひとつテンヤ専用タックルをオススメしています」と船長。

具体的な竿の長さは2.4m前後。

リールは中型の2500番クラスが一般的だが、乗っ込み期は大型が対象となるので、よりパワーがある3000番クラスを選んでもいいとのこと。

なおドラグ設定は経験上、1㎏がベストだと教えてくれた。

道糸は、PE0.8号でよいが、当地は根(岩礁帯を含む)のきつい場所を攻めるので1号でも構わないそう。

最近のマダイ釣りは、ひとつテンヤにこだわらず、ジグやタイラバといった巻き物系で攻める釣り人も多く、実際、それで釣果も伸びている。

「こちらも専用タックルを推奨しています。テンヤ専用だと背負えるジグやタイラバの重さが限られてしまいますからね」。

ちなみに今後攻めるポイントを考えると、重さはどちらも80gまで背負えるものを用意すると良いそうだ。

テンヤ釣りをマダイゲームと捉える「弁天丸」では、ジグもタイラバも使用可。タックルはすべて専用タックルで挑むのが好ましい

実に底が取れる号数のテンヤを使うのが一番

この後の釣り方で詳しく解説するが、第1投目や入れ替え時のフォール(落とし込み)及び、その着底直後にヒットするケースが多々あるテンヤマダイ。

まずは確実に底が取れる号数(重さ)のテンヤを使って挑むことが、魚と出会う最短ルートになると覚えておこう。

「初めての場所では、船長に何号くらいを使えばいいかを聞くのがベストですね。僕もそうですが、当日攻める水深や潮の速度、風などを考慮した号数を伝えますので、その重さから探って下さい。ただしビギナーは、それより重い号数を使うことをオススメします。しっかり底を取ってチャンスを広げてほしいですからね」と船長。

ちなみに現在の水深は20m前後。使用テンヤは3号から12号まで用意すれば万全で、5号から8号をメインに使うとのことだ。

なおテンヤのカラーは、金絡みの配色の実績が高いという。

使用テンヤは3~12号を用意すれば万全。ジグやタイラバは40~60gをメインで使用するが、詳しくは船長に問い合せること

遊動タイプのテンヤが最近のトレンド

最近のテンヤはタックルの進化同様、改良が盛んに行われ、実にさまざまな形状や特性を持つタイプが発売されている。

「タングステン(通常の鉛より比重がある)素材のテンヤの登場で、シルエットを小さくして食わせる方法が一世を風靡して今でも効果的ですが、最近は、エサの吸い込みやすさと、テンヤを支点により自然にフォールさせることができる遊動式のテンヤの活躍が目立ちますね」と船長。

遊動タイプは、上のイラストで紹介しているようにハリとオモリが分かれる構造上のメリットが大きく、違和感なくエサを食わすことが可能だと大評判。

取材当日も、ほぼ全てのお客さんがこの遊動式をチョイスして釣果を伸ばしていた。

エサは冷凍エビがワンパック配られる。

頭がしっかり固定できるとの理由で、「弁天丸」では写真のようなエサ付け推奨している。

付け方は、
①エビの尾羽を切る。

②胴部の一節目のところに孫バリを刺し、頭胸甲へハリ先を抜く。

③親バリの先端を切り口にあて、懐のカーブに合わせてエビの尻尾を丸めて刺し込み、身側にハリ先を出して完成で、エビが一直線になるようにハリを刺すのが理想的だ。

エサ付けの完成形がこれ。頭部と尾部を孫バリで固定するように刺し、尻尾を切った部分より親バリを刺す

釣り方の基本は底を取ってリフト&フォール

マダイは通常、根周りの底付近に潜んでいて、落ちてくるエサを虎視眈々と待ち構えている。

第1投目のテンヤのフォールや着底前後にヒットするケースが多いと前記したのは、そんな背景があったからで、着底後も底付近をまず探るのがセオリーとなる。

具体的な釣り方は、上のイラストで紹介した通りのリフト&フォールでOKも、重要ポイントが2点ある。

ひとつは、道糸に付けられたマーカーで落ちていくテンヤの水深(必ず船長は水深をアナウンスする)を把握して、ボトムまで5mの位置に来たら集中して竿先などに出るアタリを捉えること。

もう一つは、誘い上げたときやフォールさせた際に必ず3~5秒程度の〝止め〟を入れてアタリを聞くことだ。

「最初の着底時は本当にアタリが多いので要注意ですし、食わせの間を与えるのも大切なことですからね」。

違和感があれば即アワセを入れて掛けていくこと。

乗っ込み期のマダイは、エサとなる小型魚を求めて浮上してくることが多々ある。

そんな状況下(アナウンスあり)でのテンヤ釣りは、1m刻みでタナを上げて探るのが一番で最低でも5mくらいまでは探ること。

ちなみに好釣果を得る人は、これを丁寧に行っている人が多いと船長が教えてくれた。

釣りやすい道糸の角度を意識してマメに入れ替える

水深が浅い乗っ込み期は、テンヤをキャストして広範囲を探ることも重要となるが、「弁天丸」では釣りやすくする(アタリを取りやすくする)ためにもキャストすることを推奨。

その理論は上のイラスト通りとなる。

「アタリが明確に出る理想的な竿と道糸の角度は垂直(90度)で、それに近づくほどアタリが取りやすくなります。毎回、真下に落として定位させることができれば問題ないのですが、船は風で流されますし、潮も流れていて必ず道糸には角度が付いていきます。ですからそれを考慮して、流される、または流れの対極にキャストして垂直に近くなる時間を多く作ってあげて、そこで集中してアタリを捉えて掛けて行くんです」。

道糸に角度(全方向に45度以上)がついたら、釣りにくくなり、アタリも取りにくくなるので即回収。

同様に入れ替え、これをマメに行うこと。

「テンヤ釣りは、この入れ替え時のお落とし込みが最大の誘いになりますからね」とのことだ。

巻き物系も視野に入れて探ることも!

茨城エリアにおける近年の春のマダイ釣りでの巻き物の釣れっぷりは本物で、ジグやタイラバがバズることも多いので、簡単に釣り方を紹介しておこう。

「浮いたマダイのタナを探るのも簡単ですし、結果も出ていますからね」。
使用するジグやタイラバの重さは、攻める水深が20m前後と浅いため両者とも40~60gがメインとなる。

「実績があるカラーは、ジグは緑金と金赤で、タイラバは赤金とオレンジ金のヘッドです。タイラバは、スカートやネクタイといったアピール系アイテムを控えめに付けたパターンが好調のようですよ」と船長。

釣り方は、キャストしてのタダ巻きが最強メソッドになる。

探るポイントは水深が浅く、バーチカル(垂直)に攻めると、すぐに回収することになるので、キャストして広く探るのだ。

探り方のパターンは、上のイラストで紹介している3種類があり、探り①の底からの斜め引きが基本となる。

重要なのは、一定の速度をキープして巻き続けることだ。

不規則な動きはマダイに違和感を与えるので、行わないようにしよう。

「活性の高いマダイは、いずれも着底後15巻きくらいで結果が出ます。勝負が早いので、ココゾというときに試すのもありです」と船長。

いろいろな釣法で会瀬沖の乗っ込みマダイを攻略しましょう!!

【茨城・日立会瀬沖】テンヤマダイ 釣行レポート

大型乱舞の乗っ込みXデーはすぐそこ!

ポイントまでは20分と近場で楽しめる

特有の三段引きで釣り人を魅了するマダイ。「この走りも病み付きになる要素だよね」と常連さん

このクラス(1㎏オーバー)がコンスタントに釣れるようになると乗っ込みの本番開幕だ

テンヤ修行中という女性にも1㎏クラスがヒット!

取材日は大型こそ上がらなかったが、塩焼きサイズ(500~800g)の数釣りが楽しめた

塩焼きサイズは『鯛めし』で食べるのもオススメだ

アタリ多く、ヒギナーにもオススメ

LTでの釣りだから子供でも楽しめる

レンタルタックルで挑戦した初心者の釣りガールも見事本命ゲット!

待望の乗っ込みは間近!

500~600gまでならロッドの弾性を利用して抜き上げ、手返し良く釣ろう

取材前に大ダイ浮上! 雰囲気は二重マル

2.8kg!

乗っ込みに入るとこのサイズが頻繁に顔を出すようになると船長はいう(写真/船宿HPより)

6.3kg!

ドカン!と大物が浮上するのも会瀬沖ならでは。去年は8㎏クラスまで上がったという。今期も期待大だ(写真/船宿HPより)

ゲストも多彩だ!

アイナメ

クロメバル

コブダイ

カナガシラ

ナメタガレイ

ムラソイ

ワカシ/この他にカサゴやマハタ、ショウサイフグなども釣れた 

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立会瀬港「弁天丸」

ひと足先に乗っ込みに突入した鹿島沖に続け~!とばかりに、ここ日立会瀬沖のマダイも活性を上げ始めたので要チェックだ。

「会瀬沖はまだ乗っ込み本番前で、大ダイが次々とヒットしてくる展開ではないですが、雰囲気はいいですよ。1㎏弱の小型が頻繁に食ってくるようになりましたからね」とは日立会瀬港「弁天丸」の阿部竜也若船長。
 
水温も16度後半をキープしていて、潮色もマダイに適した薄濁り状態。

いつ乗っ込みが本格化しても良いという。

現在のポイントは、例年乗っ込みが始まる水深20m前後の浅場を意識し、大小の根が連なる場所を流している。
 
釣り方はセオリー通りで、テンヤを海底まで落としてからリフト&フォールで誘うが、乗っ込み期はマダイが浮きがちなので、底から5mくらいまではしっかり探ってほしいとのことだ。

「道糸に角度(全方向45度くらい)がつくと釣りにくいし、アタリも取りにくくなるのでマメに入れ替えて下さいね。この入れ替え時の落とし込みが最大の誘いになりますから」という。
 
最近のマダイ釣りは、ひとつテンヤにこだわらず、ジグやタイラバといった巻き物系で攻める釣り人も多く、実際、それで釣果が伸びている。

「うちは、ひとつテンヤで看板を出していますが、今はマダイゲームと捉えているので全て使用OKです」。
 
いろいろな手段で大ダイを狙おう!!

以上の記事は「つり丸」2021年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
キハダを釣る一番の近道が久米島だ。全国に先がけてパヤオを釣り人に開放し、エサ、ルアーを問わず釣りが楽しめる。30㎏以上のキハダは日常茶飯事!久米島で夢の魚を手にしよう。
日立久慈港「直重丸」は釣り方の自由度が高いスタイル!テンヤ&カブラにジグ、タイラバもOK!外道も多彩な魅惑のフィールドで、春の大型マダイを!
金沢八景「一之瀬丸」さんにて、初めての釣り物エサマゴチ!何度目かのアタリで50㎝ぐらいの本命をゲット。ダイナミックなアワセからの強い引きが魅力的だなと思いました。
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル