MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】

日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】

日本海のブリジギングシーズンがいよいよ開幕した。上越沖は11月末より待望のブリが回遊。12㎏という大型もキャッチされている。

perm_media 《画像ギャラリー》日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】の画像をチェック! navigate_next

ボトム中心を探れ! ワラサのなかにブリがいる。根気よくシャクリ続けるのが貴重な1本をキャッチするための肝

イナダは抜き上げよう。必ずリーダーを持って。

今期初ブリは7㎏。年配のアングラーも楽しんでいる。

ワラサは多い。数釣り可能だ。

激うまのサワラが回遊中だ。ルアーの回収途中で中層でヒットすることも。

各々、期待を胸に糸を垂らす。

50〜200gのジグをセレクト。今期調子のよいシルバーベースのブルーピンク。

ブリはボトム付近のヒットがほとんどなのでベイトタックルも有効だ。

ポイントは有間川沖水深60〜90m。ベイトの反応を狙って攻める。
ブリはほとんどがボトム付近でヒットする。だから、ボトム付近では、ジャーク時もジグのフォール時も集中するのがコツ。ワラサはコンスタントにあがっている。
先日は沖の水深140mのポイントで6㎏までのワラサが入れ食いだった。マダイもヒット。凪ぎれば行ける。
春まで継続する上越沖のブリジギング。凪ぎればチャンス大だぞ!!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル