MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】

日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】

日本海のブリジギングシーズンがいよいよ開幕した。上越沖は11月末より待望のブリが回遊。12㎏という大型もキャッチされている。

perm_media 《画像ギャラリー》日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】の画像をチェック! navigate_next

ボトム中心を探れ! ワラサのなかにブリがいる。根気よくシャクリ続けるのが貴重な1本をキャッチするための肝

イナダは抜き上げよう。必ずリーダーを持って。

今期初ブリは7㎏。年配のアングラーも楽しんでいる。

ワラサは多い。数釣り可能だ。

激うまのサワラが回遊中だ。ルアーの回収途中で中層でヒットすることも。

各々、期待を胸に糸を垂らす。

50〜200gのジグをセレクト。今期調子のよいシルバーベースのブルーピンク。

ブリはボトム付近のヒットがほとんどなのでベイトタックルも有効だ。

ポイントは有間川沖水深60〜90m。ベイトの反応を狙って攻める。
ブリはほとんどがボトム付近でヒットする。だから、ボトム付近では、ジャーク時もジグのフォール時も集中するのがコツ。ワラサはコンスタントにあがっている。
先日は沖の水深140mのポイントで6㎏までのワラサが入れ食いだった。マダイもヒット。凪ぎれば行ける。
春まで継続する上越沖のブリジギング。凪ぎればチャンス大だぞ!!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
SLJのメッカ・冬の陣開幕!小さなジグだからバ イトが出る!イナダ&サンパク、マダイも登場!小さなジグを使うが、「広布号」のターゲットは、つねにビッグワンだ!
大原沖の青物ゲームがヒートアップ中!今回の取材では大型10㎏と7.5㎏のヒラマサをキャッチ!ジギング&キャスティングで迎撃開始だ!
【東京湾】キャスト&ジギングで狙う冬シーバスゲームが好期突入!この時期、ビギナーにルアーで魚を釣る楽しさを教えてあげるにも最適だ。ぜひ、仲間や家族を一緒にチャレンジしてみよう。
横浜・根岸湾のメッキゲームが面白い。魚種多彩なうえに、ときにビッグサイズがドンッ!お早めのお出かけを!
東伊豆・伊東沖で、晩秋~翌春までホットシーズンを迎えるのがティップランによるアオリイカだ。ジグやタイラバを使ってルアーの五目釣りを楽しむ二本立ても面白い!
最新記事
旬はまさに冬!釣って楽しく、食べて幸せ!超絶美味な肝パンカワハギ!今回は松輪港から出船している「一義丸」さんにお世話になりました。
野毛屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
ソーラー電池を採用したカウンター付き万能ベイトリール「攻棚デジソーラーVR」
深海の高級巨魚ベニアコウ!難しいからこそ釣りたくなる!深海釣りの最難関ターゲット!?1000mからの魚信をつかめ!!
沼津静浦港「幸松丸」では、エサ釣り・ジギング&ワインド・サーベルテンヤ・タチウオテンヤまで、同乗してすべての釣り方が楽しめる夜タチウオ釣りが大人気!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル