MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、コクハンハタという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、コクハンハタという魚を知ろう!

コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。

perm_media 《画像ギャラリー》釣る前に、食べる前に、コクハンハタという魚を知ろう!の画像をチェック! navigate_next

コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)の生態

とても珍しい魚。釣れたら写真撮ってね

国内では東京都小笠原諸島、高知県の土佐湾、熊本県牛深、鹿児島県の屋久島・奄美大島、沖縄県の沖縄諸島・八重山諸島。

国外は台湾から西太平洋、インド洋の熱帯域までのサンゴ礁、岩礁域に生息している。
 
全長50cm前後になる。

不思議なことに過去に3回手に入れているが、釣り上げたばかり、生きているときは黄緑色が、我が家に来たときには赤く変色していた。
 
とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。

三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。

今回の熊本県天草産は九州鹿児島以外では初ものである。

漁師さんが珍しい魚がとれましたと、知り合いの水産会社の方に知らせてくれたものだ。

本州、駿河湾などにもいるはずなので、名前のわからない魚が釣れたら、ぜひ真横から撮影して欲しい。

コクハンハタの値段は?

東京都豊洲市場には、小笠原諸島や鹿児島県から非常に希に入荷してくる。

ハタ科の魚は総て高価。

あまり大きくならない魚だが、1キロ以上はビックリするほど高い。

今回の1.2㎏は関東の市場では最低でも1㎏あたり卸値4000円前後はする。

1尾卸値4800円は味からして安いと思う。

コクハンハタの寿司…キジハタよりもうまい!?

仕事関係の女性が「制服が変わりました」と写真を添付し見せてくれた。

「可愛い制服ですね」というと「中身もほめてくださいね」なんて、ボクにも再び春が来たかな♡

浮き浮きした心のまま、開店前の『市場寿司』ののれんをくぐると、たかさんがネタの入ったバットを前に、腕組みをしていたのだ。

「あのさ、やめてくれる。ハタを仕入れた日にハタ持ってくんの」

「いいじゃない。白身が二種なんて、普通のすし屋はやりたくてもやれない。ある意味ゴージャスじゃん」

「バカ言ってんじゃないよ。どっちがキジハタなのかわかんねー」
 
さて、目の前のバットには皮を引いた切身が並んでいる。方やキジハタ、方やコクハンハタである。

この二種の魚、キジハタはマハタ属、コクハンハタはユカタハタ属で、属(ハタ科の下に属、属の下に種)の階級からして違うのである。

当然、筋肉(身)の色も違う。

キジハタは透明感があり、血合いが微かに赤い。コクハンハタの血合いはほとんどなく白雪のように白い。
 
今年二度目のコクハンハタは重さ一・二キロで種としては最大級だ。
 
一度目は四月、静岡県御前崎から出船した釣り人が、画像を添付してきた。

それがまさかのコクハンハタだったのだ。今もそうだが小笠原諸島や高知県、九州などでは見つかっているが、本州では見つかっていない。

送ってくれるというので、喜び勇んでいたら半身だけだった。
 
ていねいに鱗がとってあるものの、間違いなくコクハンハタだった。

ただし本州初の固体としたくても真横から撮った写真もなく、あるのは半身だけでは、どうしようもない。
 
見知らぬ魚が釣れたら、最低限真横からの写真を撮っておいて欲しい、と思う今日この頃なのだ。
 
昼下がりに再度『市場寿司』に行くと、顔なじみが市場のテーブルで刺身盛り合わせを肴に、自前の酒を飲んでいた。

白身が二種、ということはキジハタとコクハンハタだ。

「どっちがうまい?」

「こっちかな」
 
箸で差した先は、まさかの雪のような白身の方だった。

「意外だね」
 
五月のキジハタと食べ比べて、勝利するとは、驚きである。
 
せっかくなので、ハタとハタをつまみに切ってもらって、味比べ。
 
最初はキジハタ。

間にノンアルコールビールで口の中を洗ってコクハンハタをゆっくりと咀嚼する。
 
はっきり言って両方ともおいしい。

どっちがいいとは明確には言えないが、雪のように白い身の方の、味の余韻が少しだけ長い気がする。

「どっちかというと、こっちだね」
 
たかさんが手に持ってひらひらさせているのも、コクハンハタだ。
 
今回の主役は、熊本県の市場人が初めて見たといって送ってくれたものだ。

天草の釣り物で活魚だった。
 
ちなみに九州では鹿児島県以外、初の固体だと思っている。

要するに記念すべき固体である。
 
ふとホワイトボードを見ると、ハタとしか書いていない。

「たかさん、不親切じゃね」

「ハタ仕入れた日に、ハタ持ってくる方が何倍も不親切だんべ」
 
つけてもらうと、締めて中一日ではまだ身が硬い。それなのにこんなにおいしいとは驚きである。

「たかさん、明日が楽しみ」

「わかった。残しとく」
 
翌日は締めて四日目になる。

つけてもらったら、ほどよい甘さに、うま味が一定の強さで舌を刺激する。すし飯との馴染みも最高に
いい。

「なんだか最近、楽しそうだね」

「恋の予感がするんだ」

「気のせいじゃない」

「たぶん」

以上の記事は「つり丸」2021年6月15日号の掲載記事です。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

関連記事
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
ヘダイ(スズキ目タイ科ヘダイ属)北海道日本海側から九州南沿岸、沖縄、西太平洋、インド洋、アラビア海、紅海の比較的浅い岩礁域や内湾に生息している。
ハナミノカサゴ(スズキ目フサカサゴ科ミノカサゴ属)太平洋、インド洋、大西洋の熱帯から温帯域に生息する。国内では外房以南の太平洋沿岸、九州、琉球列島の浅い岩礁域に生息する。
シノビテングハギ(スズキ目ニザダイ科テングハギ属)北限は伊豆諸島利島沖。三重県志摩市でも見つかっているが、鹿児島県屋久島以南では珍しい魚ではないだろう。
カッポレ(スズキ目アジ科ギンガメアジ属)。国内では小笠原諸島、トカラ列島、琉球列島、尖閣諸島に多く生息。銭州が本種の北限かもしれない
最新記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
1本ずつ手作りにこだわり強度に優れたコマセマダイ用仕掛け Amizesu「真鯛テーパー仕掛け(1本針・2本針)」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル