MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは35㎝級!南房・洲崎沖 カサゴ五目!魚種も豊富で大満足!

狙いは35㎝級!南房・洲崎沖 カサゴ五目!魚種も豊富で大満足!

南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!

perm_media 《画像ギャラリー》狙いは35㎝級!南房・洲崎沖 カサゴ五目!魚種も豊富で大満足!の画像をチェック! navigate_next

一年で最大のチャンスゾーンへ!根掛かりを恐れず誘いで食わせる!多彩な高級ゲストで大満足!

狙いは35㎝オーバー! 25㎝クラスの数釣りが可能

「狙いは35㎝級です。数釣れるのは25㎝前後と良型主体です」と、洲崎港「北山丸」の北山茂樹船長が言うように、ここのカサゴ釣りは良型が揃うことで人気を集めている。

「このサイズまじりで30匹以上釣れることも珍しくありませんよ」

時には50匹なんて数が出ることもあり、サイズ、数ともに期待できるのが今の時期の特長だ。

「5月からスタートして、これからの梅雨時が一番食いが良くなります。浅場で活発にエサを追います」

この先、梅雨明けくらいまでがチャンス期間で、かなり熱い釣りが繰り広げられるという。

「カサゴの他にも、アカハタ、ハマタなどのハタ類、メバルと、いろんなゲストがまじります」

洲崎沖は、航程10分程度の近場ながら水深20~60mほどの変化に飛んだ岩礁帯のポイントが多数点在する。

このザクザクの根周りをピンポイントに攻めていくスタイルの釣りだ。

海底をトレースしていくと、「ガツガツ」と武骨なアタリがやってくる。

一呼吸置いて竿を持ち上げると「ゴゴゴゴゴ!」とハリ掛かり。

根から離そうとするときにカサゴもMAXパワーで抵抗してくれる。

これがカサゴ釣りの魅力だ。

さらに、締まった身質で刺身、煮付け、唐揚げなどどんな料理にしてもうまい。

これから本格的な梅雨シーズンだけど、これからが最盛期というのだからぜひ狙ってみよう!

ゲームロッドと小型電動で仕掛けは自作もおすすめ

ゲームロッドと小型電動の組み合わせがおすすめ

「北山丸」でのカサゴ釣りはオモリ60号が基本で、深場を狙うときは80号まで使用することも。

このため竿は1.8~2mほどのLTロッド、ゲームロッドなどを使用する。

底ダチを頻繁に取り直すので、操作性が良い7対3調子くらいの竿が使いやすいだろう。

硬い竿だと食い込みが悪く、逆に軟かすぎる竿だと操作性が損なわれる。

カサゴ自体は水深20~40mほどなので、小型両軸リールでもいいが、60~70mの深場を狙うこともあり、オモリが60号を使用するので小型電動があると便利だ。

道糸はPE2~3号を。

「ライトタックルでも道糸はPE2号以上にして下さいね。根掛かりも多いので、2~3号あったほうが安心です」

仕掛けは、船宿仕掛けの場合はハリス3号の胴付き2本バリ仕掛けとオーソドックスなカサゴ仕掛けを使用する。

根掛かりも多く、仕掛けのロストも馬鹿にならないので、自作するのもおすすめだ。

この場合は、ハリはムツ14~15号、ハリスは4~5号にしてもいいだろう。

ハリスとの接続は親子クレンサルカンを使用して、ハリスがロストしたときに予備ハリスと交換するようにすればいい。

捨て糸は3号程度にしておく。

「水深が急激に変化する根周りを狙うことが多いです。自作する場合は、捨て糸を短めにし、下バリのハリスを長めにしてもいいですね。こうすると、少しオモリを浮かせてもベタ底を狙うことができますからね」

自作する場合は、ハリを結んで30㎝程度のハリス長でスペアを10本も結んでおけば安心だ。

オモリは根掛かりに備えて5個くらい持参しておくといいだろう。

ちなみに、取材日はオモリのロストは一人2~3個だった模様。参考までに。

こちらは船宿仕掛け/胴付き2本バリ仕掛けで狙う

オモリ60号がメインで深場では80号も

エサはサバとイワシ。イワシは頭側から刺す

エサは小型イワシとサバの切り身が支給される。

「サバは身を削いでから付けてくださいね」

2本バリで上のハリにはイワシ、下バリにサバを付けるのが基本だ。

「上のハリにイワシがあると、アピールになります。これでアピールして下バリに食わせるというイメージですが、好きなようにやってもらって構いませんよ」

イワシエサはイラストのように、頭の方からハリ先を入れて、下顎の方にハリを抜くとエサが取れにくくなる。

エサはサバの切り身と冷凍の小型イワシ

上バリにイワシ、下バリをサバにするのがオススメ

根を渡っていき 上下の誘いでアピール

投入の合図があったら、まずは素早くオモリを着底させる。

素早く糸フケを取り、海底に着くか着かないかの位置でオモリをキープする。

船長からは水深の変化、浅くなっていく、深くなっていくなどの海底の情報が逐一アナウンスされるので、しっかりと聞いておこう。

特に注意したいのは「浅くなっていく時」だ。

オモリの位置がそのままだとあっという間に根掛かりしてしまう。

水深が浅く掛け上がっていく場所では、細心の注意を払って、底を取りながら根を渡っていくといいだろう。

「カサゴなどの根魚は、上下の動きに反応します。ゆっくりと誘い上げて、今度はストンとオモリを落とすのではなく、ゆっくりと落とし込んでいってください。これがいい誘いになります」

誘い下げる時は、テンションをかけたままゆっくりとエサが落ちていく様を演出してやるといいそう。

カサゴのアタリはエサをくわえるようなもの、エサをガブっと引ったくるようなものまで様々。

アタリを感じていきなりアワセを入れてしまうと多くの場合はすっぽ抜けてしまう。

アタリを感じたら、カサゴがしっかりとエサを食い込むのを待ってから、アタリが大きくなったら持ち上げるようにしてアワせてやる。

基本は向こうアワセの釣りだ。

ハリ掛かりした直後は底から離れまいと強い抵抗を見せる。

ここでモタモタしていると根に潜られてしまうので、まずは根から離そう。

活性が高いほどハリ掛かりもよくなる。低い時は待ち時間も長めにしてやる。

「自分だけアタリがない時は、エサのチェックをしてみて下さい。多分無くなっているはずです。アタリが遠いな、と思ったらどんどん上げて確認したほうが確実に釣果が上がります」

根掛かりは避けて通れず いきなり引っ張らない!

カサゴ釣りで避けて通れないのが根掛かりだ。

そもそも起伏の激しい根周りに生息し、ベタ底を狙わないとアタリも減ってしまうので、根掛かりはある程度は仕方ない。

以下の方法である程度は防ぐことができる。

①着底と同時に、リールのハンドルを巻いて底を切るのではなく、糸フケが出た瞬間に親指でスプールを押さえてすぐに竿を持ち上げる。

この時点でオモリは浮いているが、そこで初めてリールを巻いてクラッチをオンにする。

そこから竿をゆっくりと落としてそっと着底させてやる。

着底時に根掛かりが多い場合は試してみよう。

②「根掛かり」と思った瞬間にテンションを抜く

根を渡っている最中に、オモリが根の中にスポっと入ってしまうことがある。

この時にビックリして引っ張り合いっこみたいにすると、オモリが根にガッチリとハマってしまうことが多い。こうなるとなかなか外せなくなる。

スポっといった瞬間に竿先を下げてテンションを抜き、そこから「シュッ」と鋭く竿先を上げると、簡単に外れることが多い。

もちろん、こういった動きがアタリのときもあるので、常に竿先の動きには敏感になっておく。

「良型のマハタなどかなり引く魚が掛かったと思ったら、慎重にやり取りしてください。あとは、20㎝以下の魚はリリースをお願いしています」

ザクザクの根周りを果敢に攻めて、お宝をザックザクといきましょう!

【南房・洲崎沖】カサゴ五目 釣行レポート

釣れる魚のモノが違う!

魚種も豊富でワクワクドキドキ ここまで行く価値大アリ!

ポイントは洲崎沖一帯の水深15~70mほど

ハリ掛かりした直後にかなりの抵抗を見せて楽しませてくれる

ガツガツとした独特の引き味がたまらない

「いつも楽しませてもらっています。今日は海が悪くてちょっとサイズが小ぶりだけど、ここの釣りは楽しいですね」

ガツガツと引ったくるようなアタリで上がってきた30㎝級の良型

こちらはアヤメカサゴのダブル

準本命のアカハタもよくまじる

「何がアタるかわからないのもいいですね」

良型メバルも食ってくる

カサゴが入れ食いになるシーンも

ラストは深場でキントキを狙った。これがまためちゃ引く!

後半はキントキ狙いも的中!

アカイサキも大型!

30㎝近いタマガシラも

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「北山丸」

カサゴ五目釣りは各地で楽しめるけれど、今の時期は南房・洲崎沖のカサゴ五目を自信を持って推したい。

「この時期は良型カサゴが活発になります。良型ばかり50匹以上釣れることも珍しくありませんよ」こう話すのは、洲崎港「北山丸」の北山茂樹船長だ。

乗っ込み期に入り、梅雨時が一年のうちで最も食いがいいホットなシーズンとなり、多くのファンを虜にしている。

港から10分程度走ればそれこそ無数とも言えるほど根魚たちの棲家が点在しており、カサゴはじめ、メバル、アカハタなどが活発にエサを追う。

「ここからどんどん浅くなっていくよ」と、ポイントは起伏の激しい根周りを果敢に攻めていく。「ガツガツ」とエサをくわえるアタリの後に「ゴゴゴゴ!」とハリ掛かり。

「カサゴも釣り方で釣果が変わりますからね。ゆっくりエサを落とし込むとアタリが出ますよ」
 
高級魚のゲストも魅力。

今、イチオシのターゲットだ。

以上の記事は「つり丸」2021年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル