MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

寒いなんて言っていられない! 夜タチウオ、ベストシーズンが到来したぞっ! 脂たっぷり甘みたっぷりの指3~5本サイズが釣れてます! 行くしかないぞっ、沼津沖へ!

大型が出るのは寒くなるこれから。指3本でも駿河湾のタチウオは名産サクラエビを主なエサとしているためか甘みたっぷり!

11下旬のヒットカラーは「オールピンク」。なんとなくベイトのイカが泳いでいるときの色に似ている?

駿河湾の夜タチウオで使われる竿は、このようなムーチングタイプが主流。

エサ釣りも絶好調。平均指3本だが、時折こんなサイズがまじる。本誌発売頃はこのサイズが増えるだろう。

当日は土曜日の夜とあって千本浜沖のポイントには職漁船を含め数十隻という大タチウオ船団が。金曜日の夜は漁師が休みなので、「大型狙いならこの日です」と伊海船長。「仕事を休んでも行く価値アリ!」とか。

タチウオが水面でボイルする場面も見られ、ワームの表層引きでもイレグイ状態に。

ジギングは終始アタリが続き、30~40本以上!

大半がフォールでのヒットなので、ベイトタックルが有利だ。

とにかくアタる! もうお祭り騒ぎだ。

2本バリで攻めるとダブルも珍しくなかった。

水深100~150mから水面まで暴れまくるのがバラムツやアブラソコムツ。水面まで上げてくると釣り人はヘトヘト。

「このサイズは小型20本分の価値があるよ」とは、父親が漁師をしている伊海船長。市場ではかなりの高値で取引される。それだけうまいのだ!

水面には仔イカが。時折タチウオがコレにボイルしていた。

エサ釣りのエサはサンマやサバの切り身を使用。

タチウオの口からは、やっぱりイカが出てきた!

今期のヒットカラーはオールピンクとグロー。

ワームやワインドにも高ヒット中だ。

このノベ竿で釣るのが最高に楽しい!

ラインはPE3号以上で。ジグは200g以上だ。

沼津沖の夜タチウオがいよいよベストシーズンに突入した。
今シーズンは沼津の漁師たちが“サバイカ”と呼ぶ、おそらくジンドウイカ(関東で言うマルイカ)の子供をメインで捕食している影響なのか、ルアーへの反応がすこぶるよく、取材当日はジギングで30~40本以上という高活性! “以上”と数が正確でないのは「クーラーに入り切らないので、途中からすべてリリースして数えるのをやめてしまいました」からだ。
エサ釣りももちろんアタリ頻発で、20~35本。上々の釣果をマークした。
取材日のサイズは指3本が平均だったが、大型が出るのは寒くなるこれからだ。とはいえ、指3本でも駿河湾のタチウオは名産サクラエビを主なエサとしているためか甘みたっぷり! もちろん脂もたっぷりで抜群においしいのである。
沼津沖でとくに大型のタチウオを狙って釣りたいなら、金曜日がオススメだ。これは会社を休んで来る価値がある。なぜならば、金曜日は職漁船が休みだからだ。
これだけ好調に釣れているのでかなり“熱く”はなるが、防寒対策は万全にして出掛けよう!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
最新記事
人気の餌木タコ専用ワイドベイトキャスティングリール「エランワイド パワー オクトパス P-LIMITED」
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
釣りを楽しみたい女性をサポートする「つりジェンヌ」では季節ごとのイベントの参加者を募集している。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読