MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

寒いなんて言っていられない! 夜タチウオ、ベストシーズンが到来したぞっ! 脂たっぷり甘みたっぷりの指3~5本サイズが釣れてます! 行くしかないぞっ、沼津沖へ!

大型が出るのは寒くなるこれから。指3本でも駿河湾のタチウオは名産サクラエビを主なエサとしているためか甘みたっぷり!

11下旬のヒットカラーは「オールピンク」。なんとなくベイトのイカが泳いでいるときの色に似ている?

駿河湾の夜タチウオで使われる竿は、このようなムーチングタイプが主流。

エサ釣りも絶好調。平均指3本だが、時折こんなサイズがまじる。本誌発売頃はこのサイズが増えるだろう。

当日は土曜日の夜とあって千本浜沖のポイントには職漁船を含め数十隻という大タチウオ船団が。金曜日の夜は漁師が休みなので、「大型狙いならこの日です」と伊海船長。「仕事を休んでも行く価値アリ!」とか。

タチウオが水面でボイルする場面も見られ、ワームの表層引きでもイレグイ状態に。

ジギングは終始アタリが続き、30~40本以上!

大半がフォールでのヒットなので、ベイトタックルが有利だ。

とにかくアタる! もうお祭り騒ぎだ。

2本バリで攻めるとダブルも珍しくなかった。

水深100~150mから水面まで暴れまくるのがバラムツやアブラソコムツ。水面まで上げてくると釣り人はヘトヘト。

「このサイズは小型20本分の価値があるよ」とは、父親が漁師をしている伊海船長。市場ではかなりの高値で取引される。それだけうまいのだ!

水面には仔イカが。時折タチウオがコレにボイルしていた。

エサ釣りのエサはサンマやサバの切り身を使用。

タチウオの口からは、やっぱりイカが出てきた!

今期のヒットカラーはオールピンクとグロー。

ワームやワインドにも高ヒット中だ。

このノベ竿で釣るのが最高に楽しい!

ラインはPE3号以上で。ジグは200g以上だ。

沼津沖の夜タチウオがいよいよベストシーズンに突入した。
今シーズンは沼津の漁師たちが“サバイカ”と呼ぶ、おそらくジンドウイカ(関東で言うマルイカ)の子供をメインで捕食している影響なのか、ルアーへの反応がすこぶるよく、取材当日はジギングで30~40本以上という高活性! “以上”と数が正確でないのは「クーラーに入り切らないので、途中からすべてリリースして数えるのをやめてしまいました」からだ。
エサ釣りももちろんアタリ頻発で、20~35本。上々の釣果をマークした。
取材日のサイズは指3本が平均だったが、大型が出るのは寒くなるこれからだ。とはいえ、指3本でも駿河湾のタチウオは名産サクラエビを主なエサとしているためか甘みたっぷり! もちろん脂もたっぷりで抜群においしいのである。
沼津沖でとくに大型のタチウオを狙って釣りたいなら、金曜日がオススメだ。これは会社を休んで来る価値がある。なぜならば、金曜日は職漁船が休みだからだ。
これだけ好調に釣れているのでかなり“熱く”はなるが、防寒対策は万全にして出掛けよう!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読