MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

寒いなんて言っていられない! 夜タチウオ、ベストシーズンが到来したぞっ! 脂たっぷり甘みたっぷりの指3~5本サイズが釣れてます! 行くしかないぞっ、沼津沖へ!

大型が出るのは寒くなるこれから。指3本でも駿河湾のタチウオは名産サクラエビを主なエサとしているためか甘みたっぷり!

11下旬のヒットカラーは「オールピンク」。なんとなくベイトのイカが泳いでいるときの色に似ている?

駿河湾の夜タチウオで使われる竿は、このようなムーチングタイプが主流。

エサ釣りも絶好調。平均指3本だが、時折こんなサイズがまじる。本誌発売頃はこのサイズが増えるだろう。

当日は土曜日の夜とあって千本浜沖のポイントには職漁船を含め数十隻という大タチウオ船団が。金曜日の夜は漁師が休みなので、「大型狙いならこの日です」と伊海船長。「仕事を休んでも行く価値アリ!」とか。

タチウオが水面でボイルする場面も見られ、ワームの表層引きでもイレグイ状態に。

ジギングは終始アタリが続き、30~40本以上!

大半がフォールでのヒットなので、ベイトタックルが有利だ。

とにかくアタる! もうお祭り騒ぎだ。

2本バリで攻めるとダブルも珍しくなかった。

水深100~150mから水面まで暴れまくるのがバラムツやアブラソコムツ。水面まで上げてくると釣り人はヘトヘト。

「このサイズは小型20本分の価値があるよ」とは、父親が漁師をしている伊海船長。市場ではかなりの高値で取引される。それだけうまいのだ!

水面には仔イカが。時折タチウオがコレにボイルしていた。

エサ釣りのエサはサンマやサバの切り身を使用。

タチウオの口からは、やっぱりイカが出てきた!

今期のヒットカラーはオールピンクとグロー。

ワームやワインドにも高ヒット中だ。

このノベ竿で釣るのが最高に楽しい!

ラインはPE3号以上で。ジグは200g以上だ。

沼津沖の夜タチウオがいよいよベストシーズンに突入した。
今シーズンは沼津の漁師たちが“サバイカ”と呼ぶ、おそらくジンドウイカ(関東で言うマルイカ)の子供をメインで捕食している影響なのか、ルアーへの反応がすこぶるよく、取材当日はジギングで30~40本以上という高活性! “以上”と数が正確でないのは「クーラーに入り切らないので、途中からすべてリリースして数えるのをやめてしまいました」からだ。
エサ釣りももちろんアタリ頻発で、20~35本。上々の釣果をマークした。
取材日のサイズは指3本が平均だったが、大型が出るのは寒くなるこれからだ。とはいえ、指3本でも駿河湾のタチウオは名産サクラエビを主なエサとしているためか甘みたっぷり! もちろん脂もたっぷりで抜群においしいのである。
沼津沖でとくに大型のタチウオを狙って釣りたいなら、金曜日がオススメだ。これは会社を休んで来る価値がある。なぜならば、金曜日は職漁船が休みだからだ。
これだけ好調に釣れているのでかなり“熱く”はなるが、防寒対策は万全にして出掛けよう!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読