MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
オモリ200号で狙う!勝浦沖のクロムツ&メダイ~オニカサゴ!

オモリ200号で狙う!勝浦沖のクロムツ&メダイ~オニカサゴ!

梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!

perm_media 《画像ギャラリー》オモリ200号で狙う!勝浦沖のクロムツ&メダイ~オニカサゴ!の画像をチェック! navigate_next

外房の荒波の洗礼を受け苦戦するも 激ウマのメダイとオニカサゴをゲット!

「オモリは200号です。集合は2時30分、沖揚がりは9時30分です」と川津港「源泉丸」の齋藤拓也・若船長。

自分は、このサイズのオモリを使うことは滅多にない。

急きょ竿を手配した。
 
外房・勝浦はカツオで有名だが、大型根魚も豊富。

今回は大型ムツ&メダイ、そしてオニカサゴを狙ってみた。

開始早々にメダイが顔を出す

川津には初の釣行。

川崎から日付が変わったら即出発でちょうどよい。

胸を弾ませつつ、細い道を通っていくと「新勝浦市漁協川津支所」を確認。

「源泉丸」は既に点灯中。
 
若船長と女将さんに挨拶し、荷物を積むと速攻で仕掛け作り、幹糸16号にハリス12号の3本バリ。

エサはサバのタンザク。配られる氷もでかい。

お客さんは5名。3時に出船。筆者は左舷ミヨシ。

「ムツは空が白み始める時に一番よく食うよ。潮が澄んでいるとタナは底から1m、潮が澄んだように見えても、漁師の目からは濁っているような『2番潮』なら数m上がいい。大きなムツはイサキと同じく群れの上にいるけど、日が出ると群れの下に移動する。アタったらアワせて。飲まれたらハリスが切れるよ」と齋藤俊和・大船長。

「50年以上漁師でやっているから、ムツ、メダイ、アブラボウズ、アコウ、カツオとお金になるものは何でもやったよ。八丈島や青ヶ島まで行ったこともあるし、前の船ではカジキの突きん棒もやった」

「漁ではハリを50本くらい使うから、よじれ(ヒネリ)のあるハリは、仕掛けを這わせると根掛かりする。食い気の薄い魚はエサを尻尾で叩いてから食うから、叩かれたエサがずれないよう、ハリを結んだときは、ハリスの端を5mm~1cmほど残す」
 
普段なかなか聞けない職漁のノウハウ。筆者も興味津々。
 
4時を回るとうっすら明かるくなり、場所へ到着。

「水深は180mです。仕掛けの投入は、ひと流し一投でトモから順に少し投げる感じです。投入にミスったらパスしてください」と齋藤拓也・若船長。
 
1番、2番と投入の度に前進。3番目の筆者が投入するとギアをバックに入れる。
 
ウネリが残り、200号オモリもガンガン潮に流される。道糸は220m出た。
 
右舷胴の間で早速アタリ。

大船長のタモに収まったのは3kg級のメダイ。筆者はサバ。

「サバが出てきちゃった」
 
時期柄痩せてはいるが、外房のサバはデカい!

仕掛けは胴付き式で、ハリ数は5本まで。エサはサバの切り身を使う

筆者は道糸が太く 苦戦する!

んっ? あっという間に根掛かり。オモリが取られた!
 
大船長はお客さん対応の合間に竿を出し、2kg級ムツ!よく太った美味しそうな魚体。
 
またオモリが取られた! PE6号は潮に流され過ぎ?

「6号を使う人はいません。太くて5号、4号が主流です」と若船長。
 
前日、電話でオモリや仕掛けの詳細を確認したが、道糸の太さはノータッチ。

速攻で予備の4号に巻き直す。これで糸フケも軽減。
 
右舷胴の間で小型のムツ。
 
黒潮の流れも受けるのか、クロアシアホウドリらしき姿も横切る。

職漁船も引っ張りをやっていた。
 
何度目かの流しで、2kg級のムツとメダイのダブル!これは撮り甲斐がある。
 
場所によってはサバが多く、投入中に食ってしまう。

着底してもサバが食ってくることもあるが、魚の反応は健在。

エサには釣れたサバも有効。切る時は船のまな板を使おう。
 
筆者は勝浦の波に不慣れ、船の揺れが応えるが根性で続ける。

サバの胃袋にはシラスのような小魚の他、イワシも入っていた。
 
右舷ミヨシの吉野さんは次々にメダイを掛け、左舷胴の間もメダイが取り込まれる。

筆者は苦戦するなか オニとメダイの一荷

「ここら辺はオニがいるから、テンビンでやってもいいですよ」と若船長。

「魚は底にいるから、3~5秒ごとにタナを取り直すよ。根が荒いとオモリが5個くらい取られることもある。道糸は普段は3号。今日は大型のムツなので4号」と吉野さん。
 
7時を回り、日も出てきたのでオニカサゴへ転戦。

「エサは20㎝くらいがいい。ヤリイカもいいよ」と、吉野さんからアドバイス。船長お勧めエサはヒイカ、アナゴも。
 
筆者はサバを切る力はなく、鮭ハラス&ヤリイカで対応。

「オモリで底をトントンしてくださいね」と船長。

ここでもトモから順に投入。水深は130m。
 
着底後、オモリが底を叩く感触が「デッキスティック73 203」に伝わってくる。

時々誘い上げ、魚にエサをアピールし、誘っていくと食った!
 
手持ちで巻き上げる間も竿をギュンギュン絞る。

3kg級メダイと30cm級オニカサゴのダブル。

メダイは口が柔らかいので、大きめのハリ&タモが不可欠だ。

本命で安心する。
 
少し走ると鳥が見え始め、15kg級のキメジも跳ねた!船の引っ張りを試すが不発。
 
次の流しは左舷トモで40cm級の良型オニカサゴ。筆者もいきなり食ったが、巻き上げ途中70mでハリス切れ!
 
船内では小型カンコも上がり、大船長はサメらしきアタリでハリス切れ。
 
9時20分に沖揚がり。

気温も上がり始め、帰港までゆっくり休んでようやく本来の感覚。

港では若船長のお子さんが嬉しそうにもやい綱を投げてくれた。
 
今回の取材は魚に加え、揺れる中で海と格闘した気分だった。
 
午前船は真っ暗な早朝に出船する。

必ず長袖&冷えにくいレインウエアを用意したい。
 
メダイは腹の中に脂肪塊があり、刺身はこれまで食べたメダイの中でも最高!

アラの塩焼き、船長お勧めの味噌漬けもじつに美味。

オニカサゴも楽しみだ。
 
次回こそ大型のムツを、そして外房の海に慣れることが不可欠だ。

【外房・勝浦沖】ムツ&メダイ~オニカサゴ リレー 釣行レポート

ムツは2〜3kg級まじり!!

クロムツとメダイが一荷で上がってきた

タナ取り後、誘いをかける齋藤俊和・大船長

齋藤俊和・大船長も良型クロムツをゲット!

良型メダイはタモで取り込もう!

メダイは2〜7㎏ぐらいまでのサイズが期待できる

後半のオニ狙いでは、取材者がメダイとオニカサゴの一荷

良型オニカサゴをゲット!

ウッカリカサゴもまじった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「源泉丸」

梅雨時は大ムツのチャンス。

深場を得意とする川津港「源泉丸」では、朝方にムツ&メダイを狙い、その後にオニカサゴを狙うリレーで出船。

オモリはいずれも200号。

「メダイは小さくても2〜3㎏、大きいと6〜7㎏あります。2匹掛かったらドラグ調整しないと切られます。ムツは2〜3㎏級ですが、アタッたらアワせないとハリス切れします」と齋藤俊和・大船長。
 
ムツは胴付き仕掛けだが、ハリは5本以内。勝浦沖はサバが多いので3本で十分。

エサは朝の数投分はサバのタンザクが配られるが、各自で好きなエサを持参しよう。

釣れたサバの切り身もお勧め。オニカサゴはテンビン仕掛けだ。
 
潮が速い海域なので、太い道糸はNG。

PE3〜5号を中型電動リールに400mは巻こう。予備の道糸もあれば万全。

「PEは3号だと潮切れがいいですよ。ムツのタナは底から1mより上。状況によって違いますが、オニカサゴはオモリで底をトントンしてください」と舵を握る拓也・若船長。
 
ムツは6月いっぱい狙えるが、夏場の小休止後は10月より再開予定。
 
オモリが重いため、若干テクニックが必要だが、職漁のノウハウを持つ船長にいろいろ質問しても大丈夫だ。

美味な根魚が海底で待っている。

以上の記事は「つり丸」2021年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル