ワラサ&イナダ、2㎏級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

ワラサ&イナダ、2㎏級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。


異例の好釣果、「釣れすぎ早揚がり」という状況が続いている!

取材当日は、開始から好調にアタった! もちろんボーズなし!! この位のサイズが多かった。

食いのいいときは、手持ちで手返しよく!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

今年は6月後半ぐらいから、まとまって釣れ出した剣崎沖のワラサ&イナダ。その後は右肩上がりで釣果が伸び、7月中旬すぎ以降は連日のように爆釣が続いた。トップ20本以上は珍しくなく、30本台、40本台を記録する船も出るほど。しかも、これらの釣果の多くが「釣れすぎ早揚がり」という状況で記録されているから驚きだ。
これと同時に釣れるサイズにも変化が出てきた。
「数釣れるようになってからは、2㎏前後のサイズが多くなりましたね。それでも、この時期(7月後半)に、このサイズがこれほど釣れることはありませんでしたからね。これからどうなっていくのか楽しみです」とは今回取材した剣崎間口「喜平治丸」の鈴木武之船長。

剣崎沖のワラサ&イナダの仕掛け&釣り方

8月前半の時点では、釣れるサイズは2㎏級主体。それでもタックル&仕掛けともに、ワラサ対応のものでOKだ。
「喜平治丸」の取材では、鈴木船長が「ハリスは8〜10号で、長さは4〜5mもあれば十分です。この仕掛けでもバンバン食ってきますから大丈夫ですよ。アタリ出すとタモが間に合いませんから、取り込みは抜き上げちゃってください」と、それぞれのお客さんに伝えていた。
この仕掛けのバランスは、食いの立っている時間帯に効率よく数を釣るためなのだ。ハリスが太く、短ければ、オマツリしにくく、取り込むにも時間短縮できるのだ。
また鈴木船長は、食いのいいときは、ハリを大きくすることもすすめている。2㎏クラスの魚は、高めのタナでもよくアタり、食い上げたり、モゾモゾとしたアタリも多い。これらのアタリへの対応次第ではハリが飲まれやすいからだ。当日も、あちこちでハリを飲まれ、外すのに苦労している光景が見られた。鈴木船長のオススメはヒラマサバリの13〜14号だ。
食いが渋いときは、ハリス5号、8mと細く、長くすることをすすめている。さらに、シーズンが進み、3㎏を超すワラサ級主体になれば、8号以上、6mの仕掛けも使う。
とにかく、いろいろ対応できるように5〜10号のハリスを準備しておこう。

2㎏級のイナダがバリ食いですっ! 80ℓのクーラーがパンパンッになるほどの釣果だ!!

関連する投稿


タチウオ&アジ、超おもしろリレー釣り【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

タチウオ&アジ、超おもしろリレー釣り【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

毎年、タチウオが釣れ出すと、タチウオとアジのリレー船を出す鴨居大室港「福よし丸」。今シーズンは6月末から、このリレー船をスタート。開始してしばらくタチウオは低調な日が続いたが、観音崎沖の水深80m前後で釣れるようになった8月中旬ぐらいから安定しはじめた。


アマダイ釣り最高! 〝ビンゴ!〟の後のクンクン引きは格別【東京湾】

アマダイ釣り最高! 〝ビンゴ!〟の後のクンクン引きは格別【東京湾】

秋です。沖釣りに最高の季節がやって来た! 東京湾口の剣崎沖周辺では、アマダイがトップ5匹前後と好調に釣れている。入門にも最適なアマダイ釣り。さあ、みんなでチャレンジだ!!


引きも強くて楽しいイシモチ、血抜きをすれば極上の味【東京湾】

引きも強くて楽しいイシモチ、血抜きをすれば極上の味【東京湾】

東京湾のイシモチは、今や周年狙えるターゲット。夏場は数が落ちていたが、いよいよ秋の数釣りシーズン突入! アタリ多く、ビギナーにもオススメだ。


美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

食欲の秋、スポーツの秋、そしてなんと言っても沖釣りの秋! 今回はグルメの舌をも納得させる東京湾のマアジ取材となった。いざ、釣行だっ。


秋を迎えて安定釣果、走水沖の中・大アジ【東京湾・走水沖】

秋を迎えて安定釣果、走水沖の中・大アジ【東京湾・走水沖】

向かったのは東京湾横須賀の走水港。『秋鯵』を狙っての釣行だ。ただでさえ美味で名高い走水のアジに加え、ここに来て脂がビンビンに乗ったマサバもまじり出したと聞いてのこと。食いしん坊アングラーとしては見逃せないエリア、そして時期の釣行なのである。


最新の投稿


トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。


「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

五月病はあるが十月病はないと思っていたら、近所の釣り名人たちが、その十月病になってしまったようだ。みなそわそわ、外房に行こうか、伊豆に行こうか? 釣りものが多すぎてノイローゼ気味。ハガツオを塩に埋めて半月。塩出しして半月干して作った塩ガツオを削る。これを肴に酒を飲みながら、美味しい魚待ってるよー。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊港「かもめ丸」の岡部喜代治船長は今年のムラサキイカの状況についてこう話した。「昔は、スルメの終盤になるとまじりだして、8月になれば毎年いくらでも釣れたんだけど、最近はよくなかったよね。今年は久しぶりの当たり年です!」。「久しぶりの当たり年」…その当たりっぷりを確かめるために、いざ、那珂湊港へ!


「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

長野に出張していた友人が色とりどりのキノコ、リンゴにブドウをお土産にくれた。収穫の秋まさに来たれり、と感じながら、栗ご飯に、サンマ飯を大食い。とうとう体重が三桁に近づいてしまった。今夜は低カロリーのタマカイの湯引きで一杯だ。これなら体重増えないだろう?


ランキング


>>総合人気ランキング