ワラサ&イナダ、kg級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

ワラサ&イナダ、kg級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。


異例の好釣果、「釣れすぎ早揚がり」という状況が続いている!

取材当日は、開始から好調にアタった! もちろんボーズなし!! この位のサイズが多かった。

食いのいいときは、手持ちで手返しよく!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

今年は6月後半ぐらいから、まとまって釣れ出した剣崎沖のワラサ&イナダ。その後は右肩上がりで釣果が伸び、7月中旬すぎ以降は連日のように爆釣が続いた。トップ20本以上は珍しくなく、30本台、40本台を記録する船も出るほど。しかも、これらの釣果の多くが「釣れすぎ早揚がり」という状況で記録されているから驚きだ。
これと同時に釣れるサイズにも変化が出てきた。
「数釣れるようになってからは、2㎏前後のサイズが多くなりましたね。それでも、この時期(7月後半)に、このサイズがこれほど釣れることはありませんでしたからね。これからどうなっていくのか楽しみです」とは今回取材した剣崎間口「喜平治丸」の鈴木武之船長。

剣崎沖のワラサ&イナダ仕掛け、その釣り方

関連する投稿


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

釣り物が少なくなるこの時期に、逆に解禁になる魚が東京湾のメバルだ。魚体に似合わぬ瞬発的な引きは、居眠りをしていても思わず飛び起きてしまうほどだ。冬眠していた釣り人の目を覚ます「春告魚」メバル。解禁日の2月1日に神奈川県鴨居大室港の船宿「五郎丸」を取材した。


興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

東京湾のエビメバル。開幕の声を聞くと春を大いに感じさせてくれる釣りだ。「長い冬もようやく終わりだ」、こんな気分にさせてくれる。とは言っても、開幕の2月はまだまだ厳冬期。ちょっぴり沖に出るのはツライ季節だけど、それをガマンしてでも行きたいのがまたこのエビメバル釣りなのである。


東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

「昨年のスタート時点はいまひとつだったんですけどね。年明けからグッと調子が良くなっていますよ」とは杉村裕二船長。


絶品の久里浜マダイは小型ながら数釣り絶好調!【東京湾・久里浜沖】

絶品の久里浜マダイは小型ながら数釣り絶好調!【東京湾・久里浜沖】

久里浜沖のマダイが、サイズは1㎏前後の小型主体ながら年明けから好調に釣れている。トップ5~10枚という日が多く、なんとトップ17枚という驚異の釣果を記録した日もあったのだ。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018