ワラサ&イナダ、2㎏級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

ワラサ&イナダ、2㎏級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。


異例の好釣果、「釣れすぎ早揚がり」という状況が続いている!

取材当日は、開始から好調にアタった! もちろんボーズなし!! この位のサイズが多かった。

食いのいいときは、手持ちで手返しよく!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

今年は6月後半ぐらいから、まとまって釣れ出した剣崎沖のワラサ&イナダ。その後は右肩上がりで釣果が伸び、7月中旬すぎ以降は連日のように爆釣が続いた。トップ20本以上は珍しくなく、30本台、40本台を記録する船も出るほど。しかも、これらの釣果の多くが「釣れすぎ早揚がり」という状況で記録されているから驚きだ。
これと同時に釣れるサイズにも変化が出てきた。
「数釣れるようになってからは、2㎏前後のサイズが多くなりましたね。それでも、この時期(7月後半)に、このサイズがこれほど釣れることはありませんでしたからね。これからどうなっていくのか楽しみです」とは今回取材した剣崎間口「喜平治丸」の鈴木武之船長。

剣崎沖のワラサ&イナダ仕掛け、その釣り方

8月前半の時点では、釣れるサイズは2㎏級主体。それでもタックル&仕掛けともに、ワラサ対応のものでOKだ。
「喜平治丸」の取材では、鈴木船長が「ハリスは8〜10号で、長さは4〜5mもあれば十分です。この仕掛けでもバンバン食ってきますから大丈夫ですよ。アタリ出すとタモが間に合いませんから、取り込みは抜き上げちゃってください」と、それぞれのお客さんに伝えていた。
この仕掛けのバランスは、食いの立っている時間帯に効率よく数を釣るためなのだ。ハリスが太く、短ければ、オマツリしにくく、取り込むにも時間短縮できるのだ。
また鈴木船長は、食いのいいときは、ハリを大きくすることもすすめている。2㎏クラスの魚は、高めのタナでもよくアタり、食い上げたり、モゾモゾとしたアタリも多い。これらのアタリへの対応次第ではハリが飲まれやすいからだ。当日も、あちこちでハリを飲まれ、外すのに苦労している光景が見られた。鈴木船長のオススメはヒラマサバリの13〜14号だ。
食いが渋いときは、ハリス5号、8mと細く、長くすることをすすめている。さらに、シーズンが進み、3㎏を超すワラサ級主体になれば、8号以上、6mの仕掛けも使う。
とにかく、いろいろ対応できるように5〜10号のハリスを準備しておこう。

2㎏級のイナダがバリ食いですっ! 80ℓのクーラーがパンパンッになるほどの釣果だ!!

関連する投稿


東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

ロングランで展開している東京湾のタチウオ。調子がいいのか、悪いのか? 日並み次第で大きく異なっているから分かりづらい。とりわけ、安定感のあるエサ釣りに比べ、ジギングはその傾向が強い。まさに幽霊魚の面目躍如、といったところだ。


深場にシロギス集結、テクニカルな落ちギス釣りを楽しもう【東京湾】

深場にシロギス集結、テクニカルな落ちギス釣りを楽しもう【東京湾】

木枯らしが吹きだす頃、東京湾のシロギスは深場に集まりだす。江戸前の冬の風物詩、落ちギスだ。


たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

春先からずぅーと好調続きの東京湾のアジ、中でもライトタックルで狙う半日船なら安・近・短でビギナーや家族連れにも最適だ。


ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

「野毛屋」のウイリー五目船が再開されたのは11月の半ば。今年はまだ水温が高くハナダイやマダイの釣果にはムラがあるが、それを補うようにカンパチ、イナダ、アジが活発な食いを見せ、まさに五目釣りならではの多彩な魚種が釣れている。ウイリーのシャクリ釣りはもう20年以上も通っている私の大好きな釣りのひとつ。早速、取材に向かった。


テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

ドスン!! とくる手応えがたまらない。寒くなってますます熱くなるテンヤのスミイカ釣り。東京湾のカリスマ船長こと「鴨下丸」の望月亮英船長が、厳しくも優しくテンヤのスミイカ釣りをレクチャーしてくれるのだ。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング