MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサ&イナダ釣りの仕掛けと釣果!キロ級の爆釣が続く!

ワラサ&イナダ釣りの仕掛けと釣果!キロ級の爆釣が続く!

8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。

異例の好釣果、「釣れすぎ早揚がり」という状況が続いている!

取材当日は、開始から好調にアタった! もちろんボーズなし!! この位のサイズが多かった。

食いのいいときは、手持ちで手返しよく!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

今年は6月後半ぐらいから、まとまって釣れ出した剣崎沖のワラサ&イナダ。その後は右肩上がりで釣果が伸び、7月中旬すぎ以降は連日のように爆釣が続いた。トップ20本以上は珍しくなく、30本台、40本台を記録する船も出るほど。しかも、これらの釣果の多くが「釣れすぎ早揚がり」という状況で記録されているから驚きだ。
これと同時に釣れるサイズにも変化が出てきた。
「数釣れるようになってからは、2㎏前後のサイズが多くなりましたね。それでも、この時期(7月後半)に、このサイズがこれほど釣れることはありませんでしたからね。これからどうなっていくのか楽しみです」とは今回取材した剣崎間口「喜平治丸」の鈴木武之船長。

剣崎沖のワラサ&イナダ仕掛け、その釣り方

8月前半の時点では、釣れるサイズは2㎏級主体。それでもタックル&仕掛けともに、ワラサ対応のものでOKだ。
「喜平治丸」の取材では、鈴木船長が「ハリスは8〜10号で、長さは4〜5mもあれば十分です。この仕掛けでもバンバン食ってきますから大丈夫ですよ。アタリ出すとタモが間に合いませんから、取り込みは抜き上げちゃってください」と、それぞれのお客さんに伝えていた。
この仕掛けのバランスは、食いの立っている時間帯に効率よく数を釣るためなのだ。ハリスが太く、短ければ、オマツリしにくく、取り込むにも時間短縮できるのだ。
また鈴木船長は、食いのいいときは、ハリを大きくすることもすすめている。2㎏クラスの魚は、高めのタナでもよくアタり、食い上げたり、モゾモゾとしたアタリも多い。これらのアタリへの対応次第ではハリが飲まれやすいからだ。当日も、あちこちでハリを飲まれ、外すのに苦労している光景が見られた。鈴木船長のオススメはヒラマサバリの13〜14号だ。
食いが渋いときは、ハリス5号、8mと細く、長くすることをすすめている。さらに、シーズンが進み、3㎏を超すワラサ級主体になれば、8号以上、6mの仕掛けも使う。
とにかく、いろいろ対応できるように5〜10号のハリスを準備しておこう。

2㎏級のイナダがバリ食いですっ! 80ℓのクーラーがパンパンッになるほどの釣果だ!!

「喜平治丸」にはソナーを搭載。当日はつねに魚群をとらえていた。

イナダ級が多いときは、ハリス8〜10号で豪快に抜き上げる!

28本釣って、80ℓクーラーがこのとおり!

取材当日は開始から2㎏級のイナダがバリ食い。手返しのいい人は午前8時すぎにコマセ切れで終了していたが、80ℓクーラーが満杯になるほどの釣果だった。
8月前半、まだ好調は続いているが、今後はどうなるのか? 例年ならワラサクラスが多くなるが、異例が続いているだけに予想は難しい。とにかく、今シーズンは目がはなせない!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読