MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサ&イナダ釣りの仕掛けと釣果!キロ級の爆釣が続く!

ワラサ&イナダ釣りの仕掛けと釣果!キロ級の爆釣が続く!

8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。

異例の好釣果、「釣れすぎ早揚がり」という状況が続いている!

取材当日は、開始から好調にアタった! もちろんボーズなし!! この位のサイズが多かった。

食いのいいときは、手持ちで手返しよく!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

今年は6月後半ぐらいから、まとまって釣れ出した剣崎沖のワラサ&イナダ。その後は右肩上がりで釣果が伸び、7月中旬すぎ以降は連日のように爆釣が続いた。トップ20本以上は珍しくなく、30本台、40本台を記録する船も出るほど。しかも、これらの釣果の多くが「釣れすぎ早揚がり」という状況で記録されているから驚きだ。
これと同時に釣れるサイズにも変化が出てきた。
「数釣れるようになってからは、2㎏前後のサイズが多くなりましたね。それでも、この時期(7月後半)に、このサイズがこれほど釣れることはありませんでしたからね。これからどうなっていくのか楽しみです」とは今回取材した剣崎間口「喜平治丸」の鈴木武之船長。

剣崎沖のワラサ&イナダ仕掛け、その釣り方

8月前半の時点では、釣れるサイズは2㎏級主体。それでもタックル&仕掛けともに、ワラサ対応のものでOKだ。
「喜平治丸」の取材では、鈴木船長が「ハリスは8〜10号で、長さは4〜5mもあれば十分です。この仕掛けでもバンバン食ってきますから大丈夫ですよ。アタリ出すとタモが間に合いませんから、取り込みは抜き上げちゃってください」と、それぞれのお客さんに伝えていた。
この仕掛けのバランスは、食いの立っている時間帯に効率よく数を釣るためなのだ。ハリスが太く、短ければ、オマツリしにくく、取り込むにも時間短縮できるのだ。
また鈴木船長は、食いのいいときは、ハリを大きくすることもすすめている。2㎏クラスの魚は、高めのタナでもよくアタり、食い上げたり、モゾモゾとしたアタリも多い。これらのアタリへの対応次第ではハリが飲まれやすいからだ。当日も、あちこちでハリを飲まれ、外すのに苦労している光景が見られた。鈴木船長のオススメはヒラマサバリの13〜14号だ。
食いが渋いときは、ハリス5号、8mと細く、長くすることをすすめている。さらに、シーズンが進み、3㎏を超すワラサ級主体になれば、8号以上、6mの仕掛けも使う。
とにかく、いろいろ対応できるように5〜10号のハリスを準備しておこう。

2㎏級のイナダがバリ食いですっ! 80ℓのクーラーがパンパンッになるほどの釣果だ!!

「喜平治丸」にはソナーを搭載。当日はつねに魚群をとらえていた。

イナダ級が多いときは、ハリス8〜10号で豪快に抜き上げる!

28本釣って、80ℓクーラーがこのとおり!

取材当日は開始から2㎏級のイナダがバリ食い。手返しのいい人は午前8時すぎにコマセ切れで終了していたが、80ℓクーラーが満杯になるほどの釣果だった。
8月前半、まだ好調は続いているが、今後はどうなるのか? 例年ならワラサクラスが多くなるが、異例が続いているだけに予想は難しい。とにかく、今シーズンは目がはなせない!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
この夏も好調が続いている東京湾のタチウオ。7月後半の時点では観音崎沖~走水沖と第二海堡沖がメインポイントとなっている。観音崎沖のタチウオは大型がまじるのが魅力!アワセまでのカケヒキと強い引き味を楽しもう!!
更新: 2019-08-24 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
最新記事
小型の魚掴みに最適なフィッシュキャッチャー ブロックス「フィッシュキャッチャーRレギュラー」
更新: 2019-08-24 12:00:00
この夏も好調が続いている東京湾のタチウオ。7月後半の時点では観音崎沖~走水沖と第二海堡沖がメインポイントとなっている。観音崎沖のタチウオは大型がまじるのが魅力!アワセまでのカケヒキと強い引き味を楽しもう!!
更新: 2019-08-24 07:00:00
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読