MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
御宿沖のイサキ、絶好調宣言発令中!!【外房・御宿沖】

御宿沖のイサキ、絶好調宣言発令中!!【外房・御宿沖】

外房・御宿 岩和田港「義丸」のHPを見ると、「イサキ解禁!! 連日食い活発!」「絶好調!!」「チャンスですよ〜」と刺激的な文字が並ぶ。ところが、意外にも今年は釣り客が少ないという。これは狙い目!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

イサキ50匹バッグリミット続出! すぐにオケは真っ黒になる

外房の海から昇る太陽に好釣果を祈る。

サニービシ60号使用、エサは船宿支給のイカの切り身。マルキユーの「パワーイソメ(桜イソメ・夜光)」を使っていた人にもよく釣れた。

船釣りが初めての人も33匹!

「今ならビギナーでもカンタンに釣れるね」とベテラン。

「宴会用の魚を調達にきました!」。

3本バリ仕掛けにパーフェクト!

こちらはダブル! 「1匹逃げられた」。

オキアミの刺しエサで釣っていた人にはウマヅラがたびたび釣れていた。

今回、取材にご協力いただいたのは、外房・御宿岩和田港「義丸」。

「義丸」の木原義一船長は、外房のイサキ釣りでは有名な船長。帰港後のおかみさんの料理も人気がある。資源保護のため、バッグリミットは50匹。
海から昇る太陽を眺めながら、省エネ航行(航程的には10〜20分も走ればポイントに到着する近場)。
釣り開始の時間になると、船長が大きな声で指示ダナをアナウンスする。指示ダナより5m下までサニービシの60号FLを下ろし、3m高速で巻いてからアミエビを振り出す(ビシの窓は下は全閉め、上は三分の一開ける)。残りの2mでコマセの中に仕掛けを入れるイメージのコマセワークが勝負が早い。ハリスは1.5号3m、ムツバリ9号3本バリ仕掛け。船宿支給の刺しエサは、イカを小さくサイコロに切ったもの。
持参したエサの使用もOKだ。
食い気のあるイサキのタナがバッチリ合えば入れ食いになる。食いがいいのは朝方。釣れたらリズムを変えないように、同じことの繰り返し。これが釣果を伸ばすコツ。余計なことは考えず、集中してただただ釣り続ける。3本バリなので、追い食いさせて釣っていけば、すぐにオケは真っ黒になるはずだ。今がチャンスだ、急げ!!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル