MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

ドスン!! とくる手応えがたまらない。寒くなってますます熱くなるテンヤのスミイカ釣り。東京湾のカリスマ船長こと「鴨下丸」の望月亮英船長が、厳しくも優しくテンヤのスミイカ釣りをレクチャーしてくれるのだ。

700~800gの大型スミイカもヒット、その時の衝撃は「手首をねんざしそうなほど強烈」という

甘くてネットリ、イカ好きにはたまらない食味。

これから型のよいものが狙え、700~800gが掛かると手首を捻挫しそうになるほどの重量感だ。

エサ取りのフグ。こんな大型のアカメならうれしい!

この日竿頭になったベテランはナント23杯!

シャクリがこの釣りのすべてといっていい。フォームが定まればあとはリズムだ。

スミを吐かせてから取り込む手もある。

刺激を与えないようにテンヤを持って取り込む。

生きたシャコをエサに使用する。

スミイカテンヤは20号を使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子 八幡橋「鴨下丸」。

「テンヤのスミイカ釣りはフォームがすべて。あとはリズム。とにかく集中・集中。よそみしたり、しゃべったり、のんびり座ってやれる釣りじゃあない」と「鴨下丸」の望月亮英船長はキッパリ。テンヤのスミイカ釣りとマゴチ釣りをローテーションして出船している、東京湾のカリスマ船長だ。本気でこの釣りに入門しようという人には厳しく熱血指導することでも知られ、釣り人から慕われ、信頼されている。
エギングで釣るスミイカとテンヤを使ったスミイカ釣りはまったく別物だ。極先調子で、棒のように硬いロッドでカラアワセあるいはアタリを取って釣る。使用するスミイカテンヤは20号標準。生きたシャコを付けて着底させ、一定のリズムでシャープに小さくカラアワセして、エサを抱きにきたスミイカをテンヤのハリに掛ける。
スミイカが掛かった時の衝撃はハンパなく強烈で、これこそがこの釣りの醍醐味。これからは700~800gの大型もヒットし、その時の衝撃は「手首をねんざしそうなほど強烈」という。
釣り場は今のところ小柴沖から千葉県側の富津沖までと広い。まだ水温が高いので比較的浅場での釣りだが、冬場は30mラインも攻める。釣り物が少なくなる1~2月に大型が釣れるので、この釣りのファンは本格的に寒くなるこれからの季節に熱くなる。

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読