MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

ドスン!! とくる手応えがたまらない。寒くなってますます熱くなるテンヤのスミイカ釣り。東京湾のカリスマ船長こと「鴨下丸」の望月亮英船長が、厳しくも優しくテンヤのスミイカ釣りをレクチャーしてくれるのだ。

700~800gの大型スミイカもヒット、その時の衝撃は「手首をねんざしそうなほど強烈」という

甘くてネットリ、イカ好きにはたまらない食味。

これから型のよいものが狙え、700~800gが掛かると手首を捻挫しそうになるほどの重量感だ。

エサ取りのフグ。こんな大型のアカメならうれしい!

この日竿頭になったベテランはナント23杯!

シャクリがこの釣りのすべてといっていい。フォームが定まればあとはリズムだ。

スミを吐かせてから取り込む手もある。

刺激を与えないようにテンヤを持って取り込む。

生きたシャコをエサに使用する。

スミイカテンヤは20号を使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子 八幡橋「鴨下丸」。

「テンヤのスミイカ釣りはフォームがすべて。あとはリズム。とにかく集中・集中。よそみしたり、しゃべったり、のんびり座ってやれる釣りじゃあない」と「鴨下丸」の望月亮英船長はキッパリ。テンヤのスミイカ釣りとマゴチ釣りをローテーションして出船している、東京湾のカリスマ船長だ。本気でこの釣りに入門しようという人には厳しく熱血指導することでも知られ、釣り人から慕われ、信頼されている。
エギングで釣るスミイカとテンヤを使ったスミイカ釣りはまったく別物だ。極先調子で、棒のように硬いロッドでカラアワセあるいはアタリを取って釣る。使用するスミイカテンヤは20号標準。生きたシャコを付けて着底させ、一定のリズムでシャープに小さくカラアワセして、エサを抱きにきたスミイカをテンヤのハリに掛ける。
スミイカが掛かった時の衝撃はハンパなく強烈で、これこそがこの釣りの醍醐味。これからは700~800gの大型もヒットし、その時の衝撃は「手首をねんざしそうなほど強烈」という。
釣り場は今のところ小柴沖から千葉県側の富津沖までと広い。まだ水温が高いので比較的浅場での釣りだが、冬場は30mラインも攻める。釣り物が少なくなる1~2月に大型が釣れるので、この釣りのファンは本格的に寒くなるこれからの季節に熱くなる。

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読