MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

「野毛屋」のウイリー五目船が再開されたのは11月の半ば。今年はまだ水温が高くハナダイやマダイの釣果にはムラがあるが、それを補うようにカンパチ、イナダ、アジが活発な食いを見せ、まさに五目釣りならではの多彩な魚種が釣れている。ウイリーのシャクリ釣りはもう20年以上も通っている私の大好きな釣りのひとつ。早速、取材に向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

狙いはハナダイ、マダイの赤い魚、青物ではカンパチ、イナダ、アジが主体となる

ハナダイ、マダイ中心にさまざまな魚が釣れる東京湾のウイリー五目。正月用の祝い鯛を調達するにもおすすめ。こちらはマダイ。

根魚のマハタも食ってきた。何が釣れるかわからない!

数日前までは好調だったが取材当日はハナダイが絶不調。12月下旬は水温も例年並に落ち着きハナダイの食いも安定してくるはず。

イナダも数まじった。50cm級のイナワラサイズも少なくない。

ウイリー仕掛けで上がったワラサ。いろいろサプライズがあるのも五目釣りのいいところだ。

カイワリなど、おいしいゲストがいっぱい。

ハリス1.5〜2号のウイリー仕掛けが基本だが、今は青物も多いのでハリス4号以上の仕掛けも用意しておきたい。

取材日は赤い魚が少なかったものの、お土産タップリ!!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

ウイリーに食う魚、アミコマセに反応する魚なら何でも釣ってやろうという、ちょっと欲張りな乗合船が金沢八景の「野毛屋」から出船しているウイリー五目船だ。狙いはハナダイ、マダイの赤い魚と、カンパチ、イナダ、アジの青物が主体となる。魚の反応にぶつけて釣るため、いろいろな魚種が顔を出すのがこの釣りの楽しいところだ。
黒川俊之船長は久里浜沖から剣崎沖にかけての広い範囲をその時期の状況によって攻め分ける。取材日は、久里浜沖ではイナダ、カンパチが強烈な引きを見せ、ワラサもまじった。同じ場所で釣れるマアジは30㎝オーバーの幅広だ。下浦沖ではハナダイ、カイワリが中心となり、マダイも顔を見せた。どの魚も冬に備えて脂が乗り、釣る楽しみ、食べる楽しみを両方とも満足させてくれる。
タックルは2m前後のシャクリ竿に小型両軸リールか小型電動リールを使う。短い竿を使うので、魚をかけたときの引きはスリリングだ。色々な魚が釣れるが、釣果を伸ばすには魚種ごとに誘い方を変える奥の深さもあり、初心者からベテランまでが楽しめる釣りだと言える。
12月以降は、水温低下とともにハナダイの釣況が上向くだろう。正月用の祝い魚を狙いながら、豊富な魚種をクーラーに収めるウイリー五目は、年末年始の釣りにお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル