MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

「野毛屋」のウイリー五目船が再開されたのは11月の半ば。今年はまだ水温が高くハナダイやマダイの釣果にはムラがあるが、それを補うようにカンパチ、イナダ、アジが活発な食いを見せ、まさに五目釣りならではの多彩な魚種が釣れている。ウイリーのシャクリ釣りはもう20年以上も通っている私の大好きな釣りのひとつ。早速、取材に向かった。

狙いはハナダイ、マダイの赤い魚、青物ではカンパチ、イナダ、アジが主体となる

ハナダイ、マダイ中心にさまざまな魚が釣れる東京湾のウイリー五目。正月用の祝い鯛を調達するにもおすすめ。こちらはマダイ。

根魚のマハタも食ってきた。何が釣れるかわからない!

数日前までは好調だったが取材当日はハナダイが絶不調。12月下旬は水温も例年並に落ち着きハナダイの食いも安定してくるはず。

イナダも数まじった。50cm級のイナワラサイズも少なくない。

ウイリー仕掛けで上がったワラサ。いろいろサプライズがあるのも五目釣りのいいところだ。

カイワリなど、おいしいゲストがいっぱい。

ハリス1.5〜2号のウイリー仕掛けが基本だが、今は青物も多いのでハリス4号以上の仕掛けも用意しておきたい。

取材日は赤い魚が少なかったものの、お土産タップリ!!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

ウイリーに食う魚、アミコマセに反応する魚なら何でも釣ってやろうという、ちょっと欲張りな乗合船が金沢八景の「野毛屋」から出船しているウイリー五目船だ。狙いはハナダイ、マダイの赤い魚と、カンパチ、イナダ、アジの青物が主体となる。魚の反応にぶつけて釣るため、いろいろな魚種が顔を出すのがこの釣りの楽しいところだ。
黒川俊之船長は久里浜沖から剣崎沖にかけての広い範囲をその時期の状況によって攻め分ける。取材日は、久里浜沖ではイナダ、カンパチが強烈な引きを見せ、ワラサもまじった。同じ場所で釣れるマアジは30㎝オーバーの幅広だ。下浦沖ではハナダイ、カイワリが中心となり、マダイも顔を見せた。どの魚も冬に備えて脂が乗り、釣る楽しみ、食べる楽しみを両方とも満足させてくれる。
タックルは2m前後のシャクリ竿に小型両軸リールか小型電動リールを使う。短い竿を使うので、魚をかけたときの引きはスリリングだ。色々な魚が釣れるが、釣果を伸ばすには魚種ごとに誘い方を変える奥の深さもあり、初心者からベテランまでが楽しめる釣りだと言える。
12月以降は、水温低下とともにハナダイの釣況が上向くだろう。正月用の祝い魚を狙いながら、豊富な魚種をクーラーに収めるウイリー五目は、年末年始の釣りにお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読