ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

「野毛屋」のウイリー五目船が再開されたのは11月の半ば。今年はまだ水温が高くハナダイやマダイの釣果にはムラがあるが、それを補うようにカンパチ、イナダ、アジが活発な食いを見せ、まさに五目釣りならではの多彩な魚種が釣れている。ウイリーのシャクリ釣りはもう20年以上も通っている私の大好きな釣りのひとつ。早速、取材に向かった。


狙いはハナダイ、マダイの赤い魚、青物ではカンパチ、イナダ、アジが主体となる

ハナダイ、マダイ中心にさまざまな魚が釣れる東京湾のウイリー五目。正月用の祝い鯛を調達するにもおすすめ。こちらはマダイ。

根魚のマハタも食ってきた。何が釣れるかわからない!

数日前までは好調だったが取材当日はハナダイが絶不調。12月下旬は水温も例年並に落ち着きハナダイの食いも安定してくるはず。

イナダも数まじった。50cm級のイナワラサイズも少なくない。

ウイリー仕掛けで上がったワラサ。いろいろサプライズがあるのも五目釣りのいいところだ。

カイワリなど、おいしいゲストがいっぱい。

ハリス1.5〜2号のウイリー仕掛けが基本だが、今は青物も多いのでハリス4号以上の仕掛けも用意しておきたい。

取材日は赤い魚が少なかったものの、お土産タップリ!!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

ウイリーに食う魚、アミコマセに反応する魚なら何でも釣ってやろうという、ちょっと欲張りな乗合船が金沢八景の「野毛屋」から出船しているウイリー五目船だ。狙いはハナダイ、マダイの赤い魚と、カンパチ、イナダ、アジの青物が主体となる。魚の反応にぶつけて釣るため、いろいろな魚種が顔を出すのがこの釣りの楽しいところだ。
黒川俊之船長は久里浜沖から剣崎沖にかけての広い範囲をその時期の状況によって攻め分ける。取材日は、久里浜沖ではイナダ、カンパチが強烈な引きを見せ、ワラサもまじった。同じ場所で釣れるマアジは30㎝オーバーの幅広だ。下浦沖ではハナダイ、カイワリが中心となり、マダイも顔を見せた。どの魚も冬に備えて脂が乗り、釣る楽しみ、食べる楽しみを両方とも満足させてくれる。
タックルは2m前後のシャクリ竿に小型両軸リールか小型電動リールを使う。短い竿を使うので、魚をかけたときの引きはスリリングだ。色々な魚が釣れるが、釣果を伸ばすには魚種ごとに誘い方を変える奥の深さもあり、初心者からベテランまでが楽しめる釣りだと言える。
12月以降は、水温低下とともにハナダイの釣況が上向くだろう。正月用の祝い魚を狙いながら、豊富な魚種をクーラーに収めるウイリー五目は、年末年始の釣りにお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


外房・飯岡沖のマダイゲーム開始! ゲームロッドで勝負!(梅花丸)

外房・飯岡沖のマダイゲーム開始! ゲームロッドで勝負!(梅花丸)

この時期、頭によぎる言葉といえば「乗っ込み」。そんな言葉をつねに意識するシーズンだ。その乗っ込みだが、今年は全体的に少々遅れ気味な気配。しかし、である。いつスイッチが入るか分からない期待感を持てるのもこの時期。今回は、電動タイラバをメインにキャスラバ、テンヤと使い分けて、そろそろ爆発してもおかしくない飯岡沖へ向かった。


第14回九十九里漁協春の沖釣り大会(外房・正一丸)

第14回九十九里漁協春の沖釣り大会(外房・正一丸)

4月8日に行われる予定だった、「第14回九十九里漁協春の沖釣り大会」が天候不良のため中止。順延となった4月22日は、天気が良く、ナギにも恵まれ絶好のコンディションのなか開催された。当日は210名の参加者が集まり、14隻に分かれて乗船。対象魚のハナダイ、アジ、イサキ、5匹までの総重量で1位の座を競った。


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読