MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
上々の沸き具合!東京湾マダコ開幕!餌木もテンヤも楽しめます!

上々の沸き具合!東京湾マダコ開幕!餌木もテンヤも楽しめます!

東京湾のマダコが6月に開幕した。小型主体も数は上々のスタート!餌木タコの独特の釣り味にハマってみよう!もちろんテンヤでも楽しめる!今シーズンも期待大だ!

perm_media 《画像ギャラリー》上々の沸き具合!東京湾マダコ開幕!餌木もテンヤも楽しめます!の画像をチェック! navigate_next

小型主体も数は上々のスタート!独特の釣り味にハマってみよう! 今シーズンも期待大!

今シーズンも明るい見通し 今年始めるのもいいよ!

東京湾のマダコが6月に開幕した。

今年もまずまずのスタートを切って、ファンを喜ばせている。

「まだ小型が多いですが、1~2㎏もまじって連日オデコなしでトップ10杯前後のことが多いですね。タコは成長が早いので7月はサイズも良くなりますよ」とは、金沢八景「一之瀬丸」の西村幸治船長。

ここ数年、マダコのわきがよく、初めて挑戦した人が10杯以上釣ることも珍しくなく、この時期になると大挙してファンが押し寄せる。

その一因となっているのが、竿を使った餌木での釣りの確立にあるだろう。

従来、東京湾では、タコテンヤを使用した手釣りが主流だったが、特に神奈川エリアでは竿釣りが一気にブームとなり、より身近なターゲットとして多くの人に親しまれるようになった。

「最近は、竿釣りの人がほとんどですね。でも、もちろん手釣りでも楽しめますよ。カニエサは用意してありますので、どちらでも楽しめますよ」

現在釣れるマダコのサイズは200~300g級が多いが、タコはひと潮ごとに成長するので、これからさらに楽しみが増える。

小型主体といっても、中には2㎏、3㎏といった良型も。

釣ったタコはネットの中で生かしておき、釣果を見て最後に小型はリリースするのがいいだろう。

東京湾のマダコは味が濃いのが特長で、とにかく美味。

茹でてかぶりつくだけでもビールのつまみに最高!たくさん釣れたら家族でタコ焼きもおすすめ。

もし、たくさん釣れてもそのまま冷凍すればOK。

大型などは一度冷凍してから茹でたほうが上手くなるほど。

専用ロッドも増えてきた 道糸&リーダーはしっかりと

餌木タコに使用するロッドは、近年のブームを後押しするように各メーカーから様々なものが発売されている。

1.8m前後のものが多く、もし、東京湾のみで使用するならミディアムくらいのものでOK。

冬場の常磐でも使いたいならハードなどオモリ負荷の大きいものを選んでいいだろう。

もちろん、専用竿でなくても、硬めのカワハギ竿、ヤリイカ竿、ビシ竿などでも流用できる。

軟らかい竿だと小突きをしても吸収してしまうので、胴がしっかりしていて硬めの先調子竿を選ぼう。

リールは小型両軸がメインだが、スピニングを使用してもいい。

こちらはキャストする場合に便利だ。

小型両軸の場合は、小型でもドラグ強度の高いものがおすすめ。

道糸はPE2~3号を使用する。リーダー8号2m程度直結でつけておく。

もし、ラインシステムを組めない場合は、道糸にスナップサルカンを付け、そこから1mほどリーダーをつけてもいいだろう。

この釣りは、根掛かりが頻発する。

このため、最終手段として引っ張って切ることになるが、うまくリーダーの先で切れてくれればいいが、リーダーで切れることも。このため、予備のリール、またはラインシステムを組めるグッズがあるといいだろう。

リーダーの先には餌木タコ用のスナップを装着する。

これは1つをオモリに、その他2つのスナップに餌木を装着する。

スナップも根掛かり時に紛失することが多いので予備は多めに。

通常のスナップサルカンを予備として持参してもいい。

餌木はタコ用の餌木3.5号程度を2~3個付けるのが基本。

タコ用の餌木は、アオリイカ用と異なり、ハリが上側にしか付いていない。

これは根掛かりを防止するため。

通常の餌木のほか、最近はワームタイプのものも多く市販されているので、試してみるといいだろう。

カラーはいずれも白系、黄色系、ピンク系、赤系、オレンジ系、グリーン系などが定番。

餌木に豚の脂身や鶏皮を巻くのもいいだろう。

ただし、こちらはワイヤーを使ってしっかりと固定しないとすぐにずれてしまうので注意を。

また、手がベタベタになるのでしっかりと洗っておこう。

このほか、イカ用のスッテを付ける人など、まだまだ工夫は色々ある。

試したいことはどんどん試してみよう。

オモリは25号前後。

餌木の数を増やす場合はオモリを少し重くする。オモリも予備は多めに。

このほか、タコを生かしておくネットがあると便利。

こちらは百均で購入できる網目の細かい洗濯ネットが便利。

ファスナー付きでタコをしまうのが便利だ。

小突いて乗りを察知する タコと根の区別を!

ポイントは横浜~川崎沖の障害物周りがメイン。

堤防やテトラがあるような場所なので、当然、海底は起伏がある場所になる。

だが、そこはマダコの絶好の棲家にもなっているのだ。

基本の釣り方は、まず軽く前方にキャストする。

探りたい人は遠投気味でもいいだろう。

船下に落としても乗るが、どうしても探る範囲が狭くなってしまう。

根掛かりの具合にもよるが、探れる場所はキャストしてみよう。

着底したら、仕掛けを海底につけたまま、竿を両手で持ち「トントントン」と小突いてやる。

小突く幅は、餌木が立って周りにいるタコにアピールするイメージで。

投げた場合は、少しずつ手前に移動してくるような感じで小突き続ける。

ここでタコの乗りがあると、グニャっと押さえつけられたような感触になる。

これを感じたら一呼吸いて、素早く竿を持ち上げるような感覚でアワセを入れてやる。

テンヤのタコ釣りはここから時間を置いてからアワセを入れるが、餌木の場合は、抱いている時間が短くなるので早めにアワせよう。

タコが乗ると底から剥がしたような感触で重みが伝わるので、そのまま巻き続ける。

途中で止めるとバレてしまうので注意。

タコがある程度成長すれば強めのアワセでいいが、小型が多い時は、あまり強くアワせると、その衝撃で外れてしまうことも多いので注意を。

これが基本だが、厄介なのが根だ。岩場にオモリが入り込んだり、餌木がガッチリ引っ掛かったりと、この釣りに根掛かりは付き物。

小突いている最中に、いきなり全く動かなくなるような時は、根掛かりの可能性が高い。

ここでいきなり強い力で外そうとするとますますガッチリと根掛かりしてしまう。

最初に、根掛かりだと思ったら、まずはテンションを抜いてから、引っ張ると外れることが多い。

タコなのか、岩場なのか判断がつかないこともある。こんな時は、ゆっくりと竿を持ち上げて聞いてみるといいだろう。

タコの場合はグニャ~と感触があるので、この時は、もう一度ゆっくり海底まで仕掛けを落としてからアワセを入れよう。

聞き上げて「乗ってる!」とそのまま巻き上げるとしっかりハリ掛かりせずに、バラしてしまうことも。

周りはバンバン乗っている。

同じような餌木も使っているのに乗らない。そんな時は自分の小突きを再考してみよう。

餌木は基本は海底から離れてしまうとタコが乗ることができない。

アピールを大きくしようと小突きの幅が大きくなると、いつも仕掛けが浮いてしまっている可能性がある。

特に、竿を平行よりも下げて小突く場合は注意が必要だ。

オモリが海底についているようでも、実際は浮いている可能性もあるのだ。こんな時は、

竿を少し立て気味にして、糸フケをわざと作って小突きを行ってみる。

これなら確実に仕掛けが海底になることになるのだ。

【東京湾・横浜~川崎沖】マダコ釣行レポート

一潮ごとにサイズもアップ!!

この日は大黒沖からスタートし、川崎沖、横浜沖などを転戦

ロッドはチタン穂先の「アルファソニック 餌木タコ180tiリミテッド」を使用

リールはテイルウォーク「エラン ワイドパワーオクトパスSP2」を使用。「ドラグが12kgと巨大ダコも安心です!」(井上)

「餌木やワームなどあれこれ考えるのが楽しいですね」

この日、高い実績をあげていた「タコの恋人」

「これ、最近人気のアイテムです!」

この日、釣具メーカー「エイテック」の社員研修釣り会に乗船した井上直美さん。「ちょっと小ぶりですが釣れました~!」

このサイズは嬉しい!

この日最大はキロオーバー。現在も2~3㎏級のチャンスはある

「7月になればサイズもかなりアップするそうですよ」

ラストはフラットな沖のポイントを狙った。

根掛かりが少なく、どんどんキャストして探るといい

小型主体も数は上々のスタート

今シーズンも期待大!

一潮ごとにサイズアップしていくので楽しみ倍増

今年も上々の沸き具合だ 根掛かりを恐れず攻めよう!

皆さん、餌木タコの魅力を味わいました!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」

今 や東京湾、夏の新定番とも言えるのがこの餌木タコだろう。

ロッド操作で餌木を踊らせてマダコを誘惑し、押さえつけられる感触を手で感じ、バシっとアワせる。

キャストして探ればタコとの遭遇チャンスは増える。
 
こんなゲーム性が受けて人気は急上昇し、もはやブームと言っていいほど。

もちろん、それにはタコがいないことには始まらない。

「今年も数は結構いますから楽しめると思います」とは、金沢八景「一之瀬丸」の西村幸治船長。
 
この日は、「ア ルファタックル」や「テイルウォーク」を展開する釣具メーカー「エイテック」のスタッフの釣り研修会に乗船。

皆さん、小型主体ながらポンポンとタコを抜き上げていく。

前半は小型が多かったものの、後半からはサイズアップしトップは10杯超えを記録。

「7月はサイズもアップしてさらにいいと思います。餌木だけでなく、テンヤの人も楽しめますよ」と船長。

以上の記事は「つり丸」2021年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
東京湾のマダコは今期も絶好調だ!大人気の餌木タコ&テンヤもOK!何よりも、本当に美味しいのでぜひ自分で釣って食べてみてほしい!
待望の〝照りゴチ〟シーズン到来!今期は鹿島サイズと呼ばれる60cm前後の大型がコンスタントにヒット!エサとルアーの二刀流で挑むのがベストだ!
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル