MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、クロタチカマスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、クロタチカマスという魚を知ろう!

クロタチカマスは、クロタチカマス科クロタチカマス属の魚類である。南日本、世界中の温・熱帯域に分布する体長1m以上に成長する魚食性の魚で、一般に大陸斜面の中層に生息している。

perm_media 《画像ギャラリー》釣る前に、食べる前に、クロタチカマスという魚を知ろう!の画像をチェック! navigate_next

クロタチカマス(スズキ目クロタチカマス科クロタチカマス属)の生態

南日本の太平洋側のやや深場に生息する。
生息域の北限だろうと思われるのが相模湾。湾に臨む小田原では専門に狙う漁師もいるくらいに人気の食用魚。残念ながら最近とれる量がめっきり減ったという。同様に遊漁船もあって、本種を釣らせる名船頭がいたのだともいう。相模湾を代表する魚にクロシビカマスがいるが、なんとなく名前が紛らわしいと思われないだろうか、本種はこのクロシビカマスの親戚筋にあたり、これをもっともっと細長くしたものと思っていただくとわかりやすい。それでクロシビカマスを「スミヤキ」、本種が「ナガスミヤキ」と呼ばれている。「スミヤキ」を好んで食べる地域は少なく、「ナガスミヤキ」を好む地域はもっと少ないのではないか、相模湾には独特の魚食文化があるが、本種などその最たるもの。

クロタチカマスの値段は?

関東の市場でまだ3回しか見ていない。小田原魚市場では珍しい魚ではないというが、築地市場など消費地の市場ではめったに入荷しない希少な存在。ただし当然、一定の評価はなく、希に入荷しても非常に安い。写真のものの長さが1メートル。キロ単価はなく1本500円の卸値であった。

「クロタチカマス」の寿司…口に入れるとトロッととろける感がある

寒い日が続いたせいで、風邪っぴきである。市場にも行けず、釣った魚をくれる人もいない。あまりに寂しいので一年を振り返る。

辰年の収穫といえば、長年追い求めていた魚貝類が、やたらに手に入ったことだ。琵琶湖のイワトコナマズ、北アメリカのミルクイ、遠州灘のイトヒキヒメなどなど。なかでもクロタチカマスが最大の収穫。苦節二十年で、やっと手に入れることができた。この顛末を書きたい。

十二月初めに市場で見つけて、思わず万歳! 脇にいた『市場寿司』、たかさんが、「バカみたい」と一言。でもボクの場合、魚貝類を調べてデータベース化するのが趣味+仕事なので「初物を得る」ことほど喜ばしいことはない。

この魚が重要な存在である理由に以下二点があげられる。1/「科名」になっていること。例えば「シマイサキ科のシマイサキ」、「アイナメ科のアイナメ」にあたる。「科名」になっている動物がデータベースにないのではしまらない。2/食べる地域が非常に限定的で狭い。

その限定的な地域が小田原。同じく、よく食べる地域の狭いスミヤキ(クロシビカマス)が相模湾一帯なのに対し、より限定的に思える。

手に入れた途端、たくさんのめくるめく思いが頭に去来して、両手に四本提げたまま、茫然自失。近所の美人若妻が「どうしたの。大丈夫?」と聞いてくれたらしいのだが、覚えていない。

すぐに、たかさんに渡して、食べてみた。「市場の中に知り合いの飲食店があって、それがすし屋だ」という利点がまさにこれだ。
「いやだよ、こんなの。スミヤキの仲間だろ、顔似てるし」

還暦直前オヤジが子供のようにイヤイヤをしても始まらない。

鱗がないので頭を落とし、内臓を抜き、三枚に下ろし始めたら、包丁がカチ、カチッと鳴った。

「ほら、やっぱり骨だらけ。身質もスミヤキに似てるし。コイツの方がうんと長いから長スミヤキって名だったりして」

「あたり! 賞金百万円だ! これでコーヒーでも買いましょ」

三枚に下ろした皮近くには、太くて硬い骨が斜めにびっしりと並んでいた。刺身になるのは、なかほどの薄い層だけ。この刺身は、

「そんなにうまくねーなー」

これじゃスミヤキの足下にも及ばない。皮下の身をかきだし、また試食すると、こちらの方が断然うまい。これをどうするか?

「やっぱり軍艦巻きだね」

「そうだね。なめろうにする?」

「みそは、すし飯に合わないんじゃない。アジのたたきのようにネギとあわせてのせよう」

この軍艦巻きが、すこぶるつきにうまかった。かき出した身にうまみがある。脂がのっている。口に入れるとトロッととろける感もあり、「マグロで作ったネギトロよりも上だろう」とたかさんが太鼓判。

身をかき出したあとの、骨と皮で作った潮汁も、たかさん曰く、「のたうち回るくらい」にうまかった。

ふと、小田原魚市場の方が、「昔はナガスミヤキをねらう仕立てがあった」と話していたのを思い出した。夜行性の魚なので夜釣りだろうか? 厳寒の相模湾で夜釣り、想像するだけで熱が上がりそう。そこにたかさんから電話。

「どう、熱下がった? 今ね、富士山のそばでスケートしてるんだ」

「そうですか、元気でいいね」

「これから裸足になる。そしてかき氷大盛り食べるからね」

「なに、それ?」

「聞いただけで身体が冷たくなるでしょ。熱下がるんじゃない?」

「上がると思います」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
冬が旬、2月、3月の低水温期はとくに脂が乗って美味しいヒラメ。そのさばき方を動画で解説します! 
人気の沖釣りターゲットであり、一般的にも高級魚として人気の高いキンメダイのさばき方を動画で解説します!
オニヒラアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属。和歌山県から九州南岸の太平洋沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙の東シナ海、屋久島、琉球列島。台湾、西太平洋、インド洋に広く生息域をもつ。全長1m前後の大型魚だ。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル