MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏の好シーズン!メーター超の大型が狙える!東京湾のタチウオ!

夏の好シーズン!メーター超の大型が狙える!東京湾のタチウオ!

東京湾のタチウオはこれからが夏の好シーズン!メーター超の大型が狙える!今後も期待できるタチウオ、暑さ対策を万全に挑もう!

perm_media 《画像ギャラリー》夏の好シーズン!メーター超の大型が狙える!東京湾のタチウオ!の画像をチェック! navigate_next

掛かれば大型が多いが難しい状況で苦戦 それがおもしろく夢中になってしまう!!

2度目の流しで魚が食いだした。次々と竿が曲がり、銀白色の魚体が宙を舞う。
 
急いで投入し、指示ダナから誘い上げると竿先が押さえ込まれ、重みが乗った。

電動で巻き上げる間も、タチウオがギュンギュン竿を絞り込む…。

早々に筆者は 本命の型を見る!

6月上旬、久しぶりのタチウオ取材で、『つり丸』6月15日号の巻頭特集ページを読み返して金沢漁港「黒一丸」を訪れた。

黒川悠輔・若船長の案内で駐車。
 
今回は、母娘で1本の竿を出すビギナーのお客さんも。

これまでキスやアジを釣っていたという。

「今は難しいですよ」と言いつつ、船長が出船前に竿を持ってレクチャーする。

「誘ってアタリを出しますが、リールのハンドルを1/2、1/4、一回転とスピードを変えて探り、アタるパターンを探す感じです。水面で緩めるとバレるので、ハリスを手繰って素早く抜き上げてください」
 
巻頭特集でタチウオを解説してくれた田中義博テスターの弟さん、正志さんも「エサは必ず真っ直ぐに付けてください。エサが回転するとまず食いません。スソはゼロもあります。5本釣れればまあまあ。トップで10本です」と教えてくれた。

今は良型が多い。何とか5本釣りたい。
 
オモリは80号。船宿仕掛けは6号ハリスでハリは1/0。

筆者も6号ハリスを結び、7時30分に出船。
 
30分ほどで観音崎沖。既に20隻以上の遊漁船が集結し、プレジャーボートも見える。

「60から50を探ってください」
 
最初の投入は半数がサバを掛け、船中で胴震いが響く。
 
少々船を回してみると、僚船でアタリ。タチウオが抜き上げられた。

「どうぞ」まずは左舷トモでカップルの女性アングラーが1本。

右舷でも上がり、正志さんも即座に食わせ、流れるような手つきで抜き上げた。
 
筆者も素早く投入し、58mから「アルファソニックLG73」の繊細な穂先で誘い上げると53mでガツガツ!

一投目で食わせると気分も最高!魚は90㎝級。

船で配られる付けエサはサバの切り身。縫い刺しにする

アタリはあるが 一筋縄ではいかず苦戦

このタイミングで一人、また一人と型を見ていくが、ビギナーの娘さんは苦戦。

アタリを感じる前にエサを取られ続ける。
 
筆者も船宿支給のサバタンザクでアタって乗らなかったり、エサが取られる。

薄く削いだサケハラスを付けるが、いつの間にかハリス切れ。

いや~、難しい…。
 
途中で大アジやサバもまじるが、サバは脂が乗ってヌルヌル。

胃袋の中は10㎝ほどのカタクチイワシ。
 
次第にアタリが遠くなってくるが、誘う幅が狭いため、ほとんどの人が竿を細かく振り、リールも1/2、1/3と小刻みに巻いてタチウオの食い気を促している。
 
そのなかでも正志さんはまめにエサを確認し、時々食いが立つタイミングで逃さずハリに掛ける。カップルの男性も本命をキャッチ。
 
筆者も撮影のため、電動巻き上げ途中に食った!2本目はメーター級。
 
日が高くなると、エサが取られることも減るが、反応を探すと40mくらいまで浮く。
 
東京湾のタチウオは連日、無数の仕掛けを見る。

混雑した管理釣り場のマスのように百戦錬磨の相手だから、一筋縄ではいかない。

根気よく誘い続けてアタリを出したい。
 
僚船ではテンヤやジグで狙う人の姿も見え、ジグにも時々食っている。
 
試しに電動ジギング的に自動巻きしながら竿で誘うが、やはりアタらない。

カワハギやマルイカのような細かい誘いより、スタンダードに30~50㎝幅で誘う方が、自分には向いている?
 
アタッてもすぐ食い込むとは限らない。

アタリを感じたら誘うときよりスローにリールを巻き、重さが乗ったらアワセを入れる感じだ。
 
ミヨシで正志さん、お仲間が食わせたが、いずれも尾が食われて短い魚体。

筆者も3本目を追加。
 
少ないアタリのなかでも誘っていたビギナーの娘さんが食わせた! 

80㎝級のタチウオで笑みがこぼれる。

お母さんと船長が嬉しそうに撮影。
 
巻き上げ中に再びアタリ。

今度はメーター級。波打つ背ビレも美しい。
 
このタイミングで筆者も4本目を追加し、右舷トモの魚も撮影。

全員の写真が撮れて一安心。

筆者は目標の5本を達成!

午前船は引き返し始めるが、タナはやはり40~50m前後。

小さいアタリの後、エサを確認すると小さな噛み傷。

ハリスもチモトに傷が入りやすいが、20㎝くらい上まで小傷がつく。

少しでも心配なら必ずハリスを切って結び直そう。
 
一度ハリスを交換し、フラッシングを巻き付けたハリでサバをチョン掛けにして誘うが、反応がない。
 
次は軽量なタタキバリ。さらにサケハラスを長めに付けて動きでもアピールする。
 
沖揚がりまでわずかだが、再び食わせた!こちらもメーター級。

当初の目標数、5本を達成して安心の納竿。
 
本日の釣果は80~110㎝が2~8本。

朝イチが一番の時合いだったが、食うタイミングに当たった瞬間、確実に食わせるのが大切だ。

「今、とくにこの時期は難しいけど、タナが25~40mと浅くなればビギナーでも大丈夫だよ。次は竹岡沖のカワハギにも来てください」と黒川伸次・大船長。

東京湾のタチウオ 釣行レポート

これから夏の好シーズン!メーター超の大型が狙える!

出船前、ビギナーに釣り方を教える黒川悠輔・若船長

タチウオの引きは力強く楽しい!

取り込みは抜き上げで!

尻尾が少し切れているが、幅広の大型だ!

まずは1本!

女性アングラーは早々に本命を手にした!

ビギナーの女性もゲット!

取材者もこのとおり

東京湾のタチウオはこれからが夏の好シーズン

今後も期待できる!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「黒一丸」

東京湾のタチウオ釣りは、今や周年楽しめる。

釣り方も進化し続け、テンビン仕掛けも1本バリが普及した。ライトタックルは繊細なアタリをしっかり捉えることができる。

「道糸は2号なら60号、3号なら80号のオモリを使ってもらいます。品物(型)はいいから、ハリスは8号でもいいけど、たまに切れるが6号の方が食いはいい」と黒川伸次・大船長。
 
「夏タチ」は小型が多い印象だったが、今年は1m級の大型も珍しくない。

ハリスの傷はマメに確認し、少しでも違和感があればすぐ結び直そう。
 
エサのサバタンザクは、端が斜めだと動きが不自然になる。

よく切れるハサミでエサの端を平らに切り揃える。
 
タナの幅が狭いので、リールのハンドルは1/2、1/4と小刻みに誘い、スレたタチウオがアタるパターンを探す。

アタッた後も誘い続け、アワセが決まれば重量感ある引きを楽しめる。
 
取材当日は観音崎沖の40~60mを攻めたが、魚は時合いになるとパタパタと食ってくる。この時に集中して誘い、数を伸ばそう。

取材時の釣果は2~8本だが、半分ちかくが1m級。

「群れが浅場に来れば、初めての人でもチャンスあります」と黒川悠輔・若船長。
 
今後も期待できるタチウオ、暑さ対策を万全に整えて挑む価値がある。

以上の記事は「つり丸」2021年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル