MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大ダイも浮上中!内房・上総湊沖の伝統釣法!シャクリマダイ!

大ダイも浮上中!内房・上総湊沖の伝統釣法!シャクリマダイ!

内房の上総湊で有名なシャクリマダイ!長さ1mほどの手バネ竿と呼ばれる竿のみで釣る。6月12日、上総湊港の「とう市丸」に向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》大ダイも浮上中!内房・上総湊沖の伝統釣法!シャクリマダイ!の画像をチェック! navigate_next

伝統釣法のシャクリマダイに初めてチャレンジ! 本命は釣れなかったが次回へのイメージができた

各地域で脈々と受け継がれる伝統釣法。

日本人に人気がある魚の一つ「マダイ」は、とくに地域ごとに独特な伝統釣法が多い。
 
内房の上総湊~竹岡エリアで有名なシャクリマダイ。

この釣法には今でこそ当たり前のリールがなく、長さ1mほどの手バネ竿と呼ばれる竿のみで釣る。

糸の先には豆テンヤと呼ばれる1.5~2号ほどのオモリとハリが一体となった仕掛け。

人気のひとつテンヤマダイの前身と言われている釣り方だ。
 
ひとつテンヤマダイに目がない私も、もちろん知っていたがいまだ経験は無し。

今回初めて挑戦の機会を得たが、釣り方の知識はゼロ。道具ももちろんない。

年間を通して最も釣りに行く機会が多いマダイが、アプローチが変わっただけで途端に遠い魚に思えた。
 
6月12日、シャクリマダイのメッカの一つ上総湊港の「とう市丸」に向かった。

常連さんと船長の釣りを見て勉強

道具は船宿でレンタル。

そして、シャクリマダイに精通した常連客の溝口さんの横で竿を出せる幸運に恵まれた。

仕掛けも全て船長にお任せで準備していただき、いざ出船。
 
長年にわたりこの釣りを継承してきた吉野泰治郎船長が選んだ最初のポイントは、上総湊港を出て15分ほど。

水深は30mぐらい。乗っ込み時期のそれらしく浅い。
 
この釣りでは、タナはメートルではなくヒロで指示される。

しかも「とう市丸」では1ヒロが一般的な1.5mではなく1.6m。

たかが10cmの違いだが20ヒロにもなると2mの差となるので注意が必要だ。
 
貸し竿についている糸(ナイロン)には5ヒロ毎に印が付いているので心配ご無用。

前日「YouTube」でしっかりと釣り方をチェックしては来たものの、最初は溝口さんの釣り方を見てしっかり勉強することに。

船尾では船長も釣りをするので、初めての場合は船長の横で勉強するのもいい。

私は前半は右舷船首(溝口さん)と左舷船尾(船長)を行ったり来たり。

溝口さんが開始早々に竿を海に投げ入れた。

予想外の行動に驚いたが、魚が掛かった時に手で手繰るのに糸が濡れている方がすべりがいいそうで、定期的に海に入れるのだそう。

すべりがいいというのは、強い引きの際のドラグ代わりにもなるので非常に重要なポイントだ。
 
最初のポイントでは指示ダナが17ヒロ。

仕掛けを下ろしたら、時おり誘いのシャクリを入れる。

すると溝口さんが下に向けていた竿先を大きく上にあおり、そして即座に手を糸に持ち替えて2回、3回とアワセを入れる。

まるでマダコでも釣っているかのようだ。

巧みな手さばきで手繰ってくると定番外道のサバフグ。

船中で本命こそ顔を出さないが、サバフグ、カワハギ、そしてカサゴなどがポツポツと釣れた。

手バネ竿のタックルは船で借りられる

1.5~2号の豆テンヤに生きエビをエサに狙う

初挑戦の同船者が本命をゲット!

私も勉強になったので、ここで竿を出すことに。

5ヒロ目、10ヒロ目。そして15ヒロ目の目印を確認して一回ストップ。

ここからは手バネ竿の糸巻きを3周するとちょうど約1ヒロなので、6周分糸を出して待機。

すると竿先にカツカツッというアタリ。

竿先を大きくあおってアワセ(そのすぐ後に糸を手に取りもう1、2回はまだできない…)を入れると魚が乗った。

何やら首を振っている。

しかも手で簡単に上がってきてしまう。定番外道のサバフグだった。
 
次は指示ダナから少しずつ落とし込んで、上げようかと竿先を下げるとガツっとアタリ。

先ほどと違って首は振らずに重い。

良型のカサゴをゲット。幸先よく2連発でアタリが出た。
 
あとは本命! しかし、今日は肝心要の本命がなかなか顔を出さない。

ポイントを少し南下し、竹岡沖に移動。反対舷で竿を出す、同じく今日が初のシャクリマダイの和住さんが待望の本命をゲット。

ひとつテンヤで 3kgのマダイ!

「とう市丸」はシャクリマダイで名を馳せる宿ではあるが、同船でひとつテンヤやタイラバをやってもOK。
 
初の手繰りでのマダイをゲットして、和住さんはタックルをひとつテンヤにチェンジ。これが奏功した。
 
午前10時半。いきなりの強めのアタリはラインを一気に出された。

かなり大物の予感。ドラグを駆使して上がったきたのは、3kgちょうどの大ダイだった。
 
これが手繰りでのやり取りだったら、リールのようなドラグ調整ができただろうか? 

常連さんは手を介して伝わる魚の引きに手繰りで対応することがこの釣りの醍醐味と言う。

さすがに一朝一夕でできる技術ではない。

皮肉なことにリールの性能を上手く使えたのが良かった。
 
一方の私は、その後もサバフグは釣れるが、本命の顔を見ていない。

ひとつテンヤの経験で仕掛けを前に投げてカーブフォールをイメージしたり、遊動テンヤの要領でエビを自然に漂わせてみたりと自分なりのイメージでいろいろ試す。

しかし、残念ながら本命は私のエビを咥えることはなかった。
 
この釣りの醍醐味である糸を手繰るやり取り。

そして急激な引き込みを見せる際は、尻手ロープを縛ってある竿ごと海に投げ入れることもあるそうだ。

ぜひともその経験をしたかったが…。
 
ただ、よくアタったサバフグのおかげで、伸びやすいナイロンでのアワセがいかに難しいかが分かった。

常連さんが竿だけでなく、素早く手でもアワセを入れる理由はそこにある。
 
常連の溝口さんは、さすがにしっかり本命を2枚ゲットした。

横でその腕前を見させていただき、次回へのイメージができた。
 
道具の進化に頼ることなく、文字通り自分の腕を頼りに狙いを定める粋な釣り。

伝統には長い期間培われた魅力が沢山あることを確認して、今日は満足とした。

【内房・上総湊沖】シャクリマダイ 釣行レポート

大ダイも取り込まれている!スリリングな やり取りを 楽しもう!

昔ながらの手バネ竿で狙う常連さん

手バネ竿使用では、魚が掛かったら道糸を手繰る。このやり取りがスリル満点

嬉しい1枚!

こちらはキロ弱のマダイ

取材当日はひとつテンヤで3kgのマダイが取り込まれた!「とう市丸」ではひとつテンヤで狙うのもOKだ

ハナダイもまじる

良型のイトヨリがヒット

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・上総湊「とう市丸」

年々進化を遂げる釣り道具。

この便利さは当たり前のものとなり、リールを使用しない船釣りなど想像がつかない。
 
しかし、内房で伝統的に継承されてきた「シャクリマダイ」は、「手バネ竿」と呼ばれる1mほどの釣り竿のみでリールを使用しない。

釣り竿のみと言ったが、むしろ釣り竿ではなく、「手の延長」と言った方が的確かもしれない。
 
魚が掛かると竿を脇に置き、正真正銘の手でのやり取り。

リールは糸を巻く機能の他に、魚とのやり取り時に糸の負担を軽減するドラグ機能が搭載されている。

一方のシャクリ釣りでは、これら多くの対応を全て釣り人に求められる。

一見不便と思われがちだが、この釣りに魅せられて足繁く通う常連さんは「最近の道具は釣り本来の楽しさを奪ってしまったよね。

魚とのヒヤヒヤのやり取りを自分の手でできないなんて勿体ないよ!」と話す。
 
この伝統釣法が継承される上総湊港「とう市丸」では、ほぼ通年でこの釣りを楽しめる。

いよいよ乗っ込み最盛期を迎え、大ダイが頻繁に顔を見せている。

釣行日も3㎏ジャストの大ダイが取り込まれた。

タイの強烈な引きがダイレクトに自分の手に伝わってくるこの感覚は、釣り竿では味わえない。

伝統釣法はやはり粋な釣りだ!

以上の記事は「つり丸」2021年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル