MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
生きアカイカで激うまカンパチを狙え!伊豆七島・神津島周り

生きアカイカで激うまカンパチを狙え!伊豆七島・神津島周り

近年、黒潮の流入により伊豆諸島周辺のカンパチ釣りは絶好調!“釣れるアカイカエサの付け方”と神津島専用の誘い方を覚えて激うまカンパチを釣ろう!

perm_media 《画像ギャラリー》生きアカイカで激うまカンパチを狙え!伊豆七島・神津島周りの画像をチェック! navigate_next

“釣れるアカイカエサの付け方”と 神津島専用の誘い方を覚えて 激うまカンパチを釣ろう!

今期もカンパチ当たり年の神津島周り

伊豆七島の神津島。

以前は磯渡しと船釣りのたくさんの遊漁船で賑わっていたが、燃料の高騰などもありそのほとんどの釣り船は漁船になってしまった。

そんななか、いまもなお多くの沖釣りファンを神津島の虜にし続けている船宿がある。

それが、神津島「重郎平丸」だ。

大船長の小林直也さんは、神津島周りの海底地形を知りつくす大ベテラン。

島の有名漁師から「山を探す船長」、つまり、独自のポイントを見つけ出す才能があると言われたエキスパート船長。

とくに、カンパチに関しては、起伏に富んだ海底に回遊するカンパチの群れをピンポイントにとらえる操船技術が必要だが、見事、魚をとらえ釣らせてくれることで大変評判が高いことでも知られる。

さらに難しいとされるモロコ釣りにもそのテクニックを生かし、数々の記録魚をゲットしているのがその証拠だ。

そんな父のもとで、全身全力でお客さんたちをサポートしているのが“キーズ”の愛称で親しまれている誠(きづく)さんだ。

「釣りは実際にやって経験しないと人に教えることはできません。

だから、私は一所懸命に魚釣りをしました。

そのおかげで、神津島に限りますが、カンパチが一番釣れる確率の高い釣法を導き出すことができました。

現在もなお日々勉強中ですが、私の釣り方を学んでもらえば、かなり本命キャッチの確率が上がります。

ぜひ多くの人たちに釣ってもらって、神津島ブランドの魚を味わってもらいたいです」と話す。

彼に今期の様子を聞くと、「カンパチが大好物のアカイカが今年も豊漁でした。

アカイカが多ければ、それに比例してカンパチも集結しますし、魚の味もよくなります。

昨年に続き、カンパチは当たり年といえると思います。

しかし、昨年は連日大が付くほど連日爆釣でしたが、今期はムラはありますね。

それでも釣果的には十分です。

アカイカが獲れる限り、イカエサでカンパチを狙いますが、イカ漁が終われば今度はムロアジの泳がせでカンパチを狙いますよ。

だから、カンパチはほぼ周年狙えますが、アカイカエサへのカンパチの反応がすごぶるいいので、どうしても、この季節が多くの人に人気が出るようなんですよ。

だから、この機会に“アカイカエサの泳がせ釣り”をしっかりと学んでバッチリと釣ってください!」とのこと。

まずは、彼がすすめる仕掛けとアカイカの付け方から解説していこう。

神津島周りは“根がきつい”ことを前提としたタックル設定

まずはタックルについて。

遠征大物釣りは、大物釣りの聖地である銭洲の泳がせタックルが基本とされるが、若船長の誠(きづく)さんは「神津島専用設定」にしてほしいと強調する。

「とにかく島周りのカンパチポイントは根がきついです。だから、根掛かりしたときにできるだけ高切れしない道糸が大前提になります」

具体的には、通常の泳がせタックルのリールにPE15号を巻き込んでほしいというのだ。

銭洲では通常PE10〜12号であるので、比べるとかなり太く感じるだろうが、根切り棒に道糸を巻きつけて根掛かりを外すとき、この道糸設定だとかなりの確率で高切れは防げるという。

オモリは200号統一。
親子サルカンとの接続はダブルスナップサルカンでオーケー。

ハリスは50〜60号だが、「私は60号をススメます。これも根がきついことを前提としたものです」とのこと。

若船長とプロショップが共同開発したイカ専用仕掛けとは

「絶対オススメのアカイカエサ用の仕掛けがあります。それは、プロショップ『アリーズ』と『FSS』の2種です」という。理由は、誠さんとプロショップが神津島専用のアカイカエサ仕掛けとして共同開発したものだからだ。

「アリーズは新しいマギールバリでカンパチに最適のハリを採用してます。軸が長めでハリ先が鋭いので刺さりが抜群。強化チューブを使うなどして結びの強度にもこだわって作ってます。FSSは孫バリが遊動式になってます。ハリも新型のハリを使ってますのでかなり信頼できます」

超オススメ 仕掛けがコレ

プロショップ「アリーズ」の仕掛け。新マギールハリ採用で孫バリ完全固定タイプ。すべてのイカのサイズに合う設定

フィッシングショップ潮風「FSS」の仕掛けは、孫バリ遊動タイプだ

エサのアカイカは島の漁師さんから各自直接購入する

アカイカは神津島の漁師さんから各自購入。1杯1300円だ

エサのアカイカは、朝、神津島に到着したときに島の漁師さんから各自、直接購入する。

1ハイ1300円で一人だいたい10ハイが目安だ。

買った生きイカは、各釣り座にある生け簀で管理する。

生け簀に差し込んである海水ホースが抜けていないか、足元のホースを物でつぶしていないかをきちんと管理することを心掛けよう。

けして、イカが入っている生け簀のなかには魚を入れてはいけない。

魚を入れると墨を吐き、死んでしまうことがあるからだ。

アカイカは各自釣り座の生け簀で自己責任で管理する

一番釣れる!最新アカイカ エサのハリ付け法とは

「泳がせ釣りはエサが最も大事ですからね。エサのハリ付け法はとことん研究しましたよ。それでようやく納得のいく付け方が見つかったんです」と話す。

そのやり方はまず、親バリ(※ヒラメでは孫バリ)を利き手(右利きなら右に持つ。画像の船長は左利き)に持つ。

生け簀からすくったイカを台の上へ“表にして”置き、まずは、親バリを目と目の間に刺し抜く。この際、深く差し込んでしまうと神経に当たり死んでしまうのでできるだけ、浅く刺すのがコツ。

次にイカの向きを上下入れ替えて置き、孫バリをエンペラの先端に刺す。

このとき手で皮をつまみその弛みに刺すのがコツ。

けしてイカの中心部にグサっと刺してはいけない。

ここにはイカの神経が集中しているので、深く刺してしまうと神経締めすることとなってしまうからだ。

これらの動作すばやく行うことが大事。

遊動式の孫バリを使う場合、かなり大事な注意点がある。

それは親と孫の長さについて。これはイカの大きさに応じて、長めにとることが必要という。

短いとイカが泳がなくなるばかりか、早死にしてしまうというので気をつけよう。

このやり方でイカを付ければ、かなり元気に普段と同じ状態で泳ぐこととなり、カンパチへのアピール度がアップするのだ。

ベストなアカイカの付け方を学ぼう!

これは若船長のキーズがすすめるベストなアカイカの付け方

初公開!これが神津島の アカイカエサの泳がせの誘い方

若船長の誠(きづく)さんが、神津島周りのカンパチに一番利く誘い方を説明してくれた。

「まずは、合図で素早く仕掛けを投入。オモリ着底後、一気に底から7〜10mあげてください。そこで30秒から1分静止させてアタリを待ちます。アタリがなければ、そこからゆっくりと3〜5m巻き上げます。巻き上げ後30秒ほど待ち、アタらなければ一気にオモリを底へ落としてください。サミングはいりません。底ダチをとったら、根掛かりを防ぐため素早く下から2mあげてそこで15〜30秒静止させてください。アタリがなければ、さきほどの底から7〜10mのタナまでゆっくりと巻き上げてください。そのタナからはこれら一連の動作の繰り返しです」

この誘いの肝は、タナが「底から7〜10m」であることと底上2mで短時間静止させること。

底から7〜10mのタナは、神津島の特徴であり最大の難関でもある根がきつい理由からだ。

下から2mでアタリを待つのは、その間はイカがタナにかなりの確率で底上2m付近を遊泳することとなるのでエサの根掛かりの心配がいらないことと追いかけてきたカンパチがバイトするきっかけをつくる目論みがあるから。

神津島周りではかなり実績がある誘い方なのでぜひ試してみよう。

活性の違いでアワセ方が異なる 基本は電撃アワセでOK

まずはドラグはきつめでOK。基本的にやり取りで道糸は出さないことが前提だ。

そのうえで魚の活性が高いときは、早アワセでOK。

さらに、大きく強くアワセる、いわゆる電撃アワセでよい。

なかなかアタリが出ないときなど、全般的に食いがよくないときは、逆に早アワセはNGだ。

もぞもぞしたままでなかなか食いこまないことが多く、そんなときは慌てず静かに待って2度3度グイグイと竿が海中に引き込まれてから強くアワセをいれるとよい。

伊豆七島・神津島周り カンパチ 釣行レポート

泳がせ大物釣り入門ウエルカム!!

神津島周りのカンパチポイントは島周り全体といっても過言ではないが、「重郎平丸」が得意とするのは、海底の起伏が大変激しいオンバセ島周りだ

神津島の沖釣りは 私に任せてくださーい! 全力サポートします!!

「重郎平丸」の若船長が完全サポート。島周りの釣りのことなら即答するとのこと。親切に対応してくれるのでビギナーも安心だ

大物がヒット! 強烈な引きに耐える。根が荒いのでドラグはきつくし糸を出してはいけない

若船長が船上をかけずりまわる。取り込みのあとは、撮影会だ

体高のある10㎏オーバーのヒレナガカンパチがきた

モロコ狙いのウインチタックルを豪快に曲げたのはコレ

朝いちに4人、いや5人同時ヒット!

高活性時にヒットしたカンパチは平均的にサイズがい

これも同時ヒットしたカンパチ

アカイカ泳がせ初チャレンジの小山さんも本命キャッチ

10㎏オーバー激うま カンパチキャッチ!

アカイカエサのシーズンはこのサイズもザラ

アカイカシーズンはこの1本がうれしいです

良型乱舞! これが神津島の実力だ!

浅場ではアカハタがまじる

状況次第だが、水深100m以深でハタとカンパチを狙うこともある

ツムブリもまじった

全員ボウズなしの釣果に大満足

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・神津島「重郎平丸」

近年、黒潮の流入により伊豆諸島周辺のカンパチ釣りは絶好調だ。

伊豆七島のひとつ、神津島周りでも例外ではなく、脂のりのり激うまのカンパチが5月から釣れている。

「今期も島周りのアカイカ漁が当たり年ですよ。だから、カンパチの大好物のアカイカエサの確保には困りません。しかもカンパチは島のどこにでもいるって感じですね。昨年はこの時期、カンパチは連日大爆釣でしたが、今期は多少日ムラがあるものの、カンパチの魚影はすこぶる濃いですよ」とは、神津島「重郎平丸」の若船長、小林誠(きづく)さん。

父の小林直也さんが操船し、ことこまやかに親切なアドバイスをアナウンスしている間に、船上をかけずりまわり釣り人をサポートするのが彼だ。

「アカイカエサの釣りは、泳がせ大物釣りの入門に最適なんです。エサの付け方から釣り方までしっかりと教えますよ」と、ビギナー釣り師たちでも温かく迎えいれてくれる。
 
操船技術が必要とされるこのカンパチ釣りを最も得意としている「重郎平丸」のメインポイントは島の住人が多く暮らす前浜の沖から超一級の沖磯で有名なオンバセ島周り。
 
南国を思わせる神津島をすぐ目前に眺めながら、大型カンパチとのファイトはアドレナリン放出間違いなし。

マッチ・ザ・ベイトのアカイカエサで釣るので釣果も高確率。

興味ある人はぜひ気軽に島周りのこの釣りに参戦してみてほしい。

アカイカが獲れる限りは、イカ泳がせ釣りが可能。

それ以降は生きムロアジエサにスイッチしてカンパチを狙うこととなる。

以上の記事は「つり丸」2021年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル