MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
黒潮の申し子がやってきた!好調!相模湾のシイラゲーム!

黒潮の申し子がやってきた!好調!相模湾のシイラゲーム!

黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!

perm_media 《画像ギャラリー》黒潮の申し子がやってきた!好調!相模湾のシイラゲーム!の画像をチェック! navigate_next

相模湾のシイラが好調だ。短いシーズンを堪能するためにも、早めの挑戦で釣りまくろう!

60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる

洋上ではイルカを目撃!クジラやジンベエザメに出会うことも

相模湾に夏の訪れを知らせる使者、シイラ。

5月後半からシイラの乗合出船を繰り返す平塚「庄三郎丸」は、シーズン開幕を心待ちにしていたアングラーで賑わっている。

「スタートこそ水温が20度に届かない日が多く、顔を見る程度の釣果が続きましたが、6月に入ってからは、水温も22度から24度くらいある日が多く、なかなか調子がいいと思いますよ」とは、シイラ乗合を担当する望月幸雄船長。

釣果の上下があるのはもちろんだが、60㎝から90㎝クラスを主体に、メーターオーバーがまじってくるという日が多いようだ。

数はアングラーの技術によるところも多いが、5本、というのが現実的な目標数にできるのではないだろうか? 

取材日は朝6時の出船で、7時にはほとんどのアングラーがキャッチ成功!という釣果に恵まれた。

ひとつのブイで釣果がまとまってしまった、という感じだ。
 
その後はシイラを探しながら、または潮目を流しながらの拾い釣りとなったが、サイズは後半のほうが伸びた。

オデコを避けるためにも、やる気のある濃い群れに遭遇したときはしっかり釣っておきたいものだ。

シイラゲームの基本タックルをおさらい

基本となるタックルを整理しておこう。
 
ロッドは長さ7ft前後、強さの目安はミディアムライトアクション。

ロッドに記載されているキャストウエイトの最大表示が60g程度のものが基本となる。

この一本で一般的なシイラ用ルアーのほぼすべてをカバーできるし、小型から大型シイラまで対応できる。
 
リールは5000番~6000番のスピニングリールが基本サイズ。

ルアーのアクション、回収スピードなどの点でも、巻き取りスピードは速いほうが使いやすい。

HG、XGといったハイスピードタイプを選ぶとよいだろう。
 
メインラインはPE2号、リーダーは40~50 Lbを選択する。メインラインは最低でも200m巻き込んでおくとトラブルによるラインカットや不意の巨大魚ヒットにも対応しやすい。
 
リーダーはショック吸収性が高いナイロン製を選択するとジャンプなどによるバラシを軽減できるのでおすすめだ。
 
ルアーとリーダーの結節は直結でもよいが、ルアー交換のたびに短くなってしまう欠点もある。交換のスピーディさにも欠ける。

強度に優れた、オフショア用スナップの使用がおすすめだ。

弱いスナップは壊れてしまうので避けるのが賢明だ。

ルアーの選択肢は数多いがマストルアーはシンキング&フローティングのペンシルベイトとジャークベイト。

とくに28~50g程度のシンキングペンシルはマスト中のマストルアー。

複数個用意しておくとよい。ジャークベイトは30gさらに、28~45g程度のヘビーウエイトミノー、30~60g程度のポッパーなどがあれば万全だ。
 
以上のほかに偏光グラスもマストアイテム。

強い日射しやルアーのフックなどから目を守ることはもちろん、水中のシイラの姿を確認できるかどうかは釣果を左右する重要事項。

ぜひ用意したい。そのほか、滑りにくいシューズやキャップなど、安全面への配慮も十分に行っておきたい。

椙尾さん使用タックル。写真右はグラップラー70L+ツインパワーSW6000XG。写真左はグラップラー70L+ステラSW6000HG。メインラインはバリバス マックスパワー2号、リーダーはオーシャンレコード40Lb。オーシャンスナップを使用して接続

椙尾さんオススメルアー。スギペンシンキング110、130、フローティング130。いずれもサプライズ製

リーダーはショック吸収率の高いナイロン製がおすすめ

まずは安全第一!フックはバーブレスにしておこう

実釣面での勘どころは数多い。

しかし、釣ることよりも優先したいのは安全面だ。

シイラゲームはルアーをキャストするため、ジギングなどに比べると危険が多い。

大前提として、フックはバーブレスにしておくことが基本だ。
 
シイラを探してクルーズするのが基本スタイルなので、移動しているときも常にシイラを探すことが大切。

船のどこかに掴まって安全を確保するのがおすすめだが、海況により揺れが大きいときは座るのもよい。

慣れないうちは、揺れの大きいミヨシに釣り座を取ることは避けたほうが賢明だ。
 
シイラを見つけたり、ブイに近づいたりしたらキャスト、となる。

釣り座にもよるが基本はアンダーハンドキャスト。

オーバーヘッドキャストをするときは一投ごとに後ろを確認して、ヒトやモノにルアーを引っ掛けることがないように注意する。
 
ファイト中はルアーが外れて飛んでくることを想定しておく。

自分がファイト中はもちろん、他の人がファイトしているときも同様だ。

とくにランディング時にフックが外れた場合は至近距離でルアーが飛んでくる。

不用意に近づくことは避けたい。
 
シイラを船上に取り込んでからも注意が必要だ。

ランディングは基本的に船長や中乗りさんがやってくれる。

しかし、その後のフックを外す作業はアングラーの仕事だ。

素手でフックを外すのは厳禁。プライヤーやリリーサーといった道具を活用して外す。

ルアーを口につけたままのシイラが跳ねてきて、ルアーのフックが自分に足に掛かったら…。

想像するだけに恐ろしいが、ときおり見かける光景でもある。十分に注意したい。
 
スペースの都合上、テクニック面までの紹介ができなかったが、取材日同船していた常連、椙尾さんの言葉だけ紹介しておこう。

「シイラを釣りたかったらロッドを置いてはダメですよ」
 
眠くても疲れていても、常に移動中は臨戦態勢を整えておく。

これが釣るための第一歩だ。

相模湾のシイラゲーム 釣行レポート

ルアーシイラゲームの聖地で開幕! サイトフィッシングで 熱くなろう!!

スピードとパワー。シイラはこの2つのフルに発揮して楽しませてくれる

ジャンプを披露するシイラ。ハラハラドキドキの一瞬だ

入手困難なオノウエジャークを使い、釣りまくった紅一点

手練れのひとり、上屋敷さんもスタート早々にヒット! 自らがプロデュースするアトゥーラ120が活躍!

上屋敷さんオススメルアー。写真右上から時計回りに、マヒペン127F、アトゥーラ120、マヒジャーク、ストライクジャーク。いずれもマングローブスタジオ製

シイラをしっかりコントロールしてファイトすることが大切だ

椙尾さんが仕留めた115cmがこの日の最大魚。魚体の美しさもシイラの魅力だ

メーターオーバー

メーターオーバー

取材日のブイ周りでのレギュラーサイズ

レンタルタックルの方も見事にキャッチ

マツダイもキャッチ成功。見た目は古代魚っぽいが、食味は上々だ

人気船宿、「庄三郎丸」。今年もシイラ乗合は相模湾で一番にスタートした

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」

「うちでは5月20日に試し釣りをして、模様が良かったのですぐに出船をスタートしました。最初のうちは顔を見る程度でしたが、だんだん調子がよくなって、数も型もいい感じですよ。今日も良さそうですよね」

好調振りをアピールしてくれたのは、シイラ乗合を担当する望月幸雄船長。

晴れときどき曇り。風、うねりともに弱し。シイラ日和に恵まれた取材日は、沖合に浮かぶブイ周りから攻め始めた。

船を寄せてキャストすると、すぐさま水面下を走るシイラの姿が目に入った。

そこからはいきなりの連続ヒット! 

キャッチしてからまた船をつけ直して再開するとまた連続ヒット! 

シイラがスレるまでこれを何回を繰り返すうち、船中のほとんどのアングラーがシイラをキャッチしてしまった。

サイズも70㎝~1mくらいまでが中心。手応え十分の相手揃いだった。

その後は潮目やフラツキを探しながらの拾い釣りとなったが、メーターオーバーも数尾キャッチ。

上々の釣果を記録することができた。

7月初旬は梅雨真っ只中だろう。

しかし、湾内にシイラの姿は多い。悪天候を避けて、穏やかな日を選んで出かければ、十分に楽しませてもらえること請け合い。

ぜひ挑戦していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2021年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている!金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
小さなジグと軽いタックルで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!取材当日は、激闘の末に90cm・6kgのヒラマサが浮上!
夏の風物詩!鹿島沖の夜ムラサキイカ釣りが開幕!ムラサキイカ&スジイカが絶好調!ライトのイカメタル釣法が超オススメだ!
テンヤにジグを組み合わせて「もっと簡単にビギナーにも釣って欲しい」と「テン巻き」を提唱する鹿島港「植田丸」。手軽に楽しく多彩な魚種と遊ぶスタイルに挑戦してみよう。
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル