MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
極上激うま!イサキ数釣りベストシーズン!東京湾口・剣崎沖

極上激うま!イサキ数釣りベストシーズン!東京湾口・剣崎沖

剣崎沖のイサキがヒートアップ中!極上激うま印のお墨付き!大型はもちろん小型も脂ノリノリ!数釣りシーズンに突入です!!

perm_media 《画像ギャラリー》極上激うま!イサキ数釣りベストシーズン!東京湾口・剣崎沖の画像をチェック! navigate_next

大小問わず味はピカイチ!数釣りベストシーズン到来!ウイリー仕掛けで手返し良く釣ろう

一級ポイントの吉野瀬に 激うまイサキが集結!

ポイントは剣崎沖の吉野瀬。水深は25m前後の浅場を攻めるので釣りやすい。当日は平日にも関わらず、多くの船がポイントに集結していた

例年通りの好スタートで開幕し、好調をキープしていた剣崎沖のイサキに数釣り要素が追加。

より一層、面白くなってきた。

「解禁から1カ月が経ち、中型から小型が目立つようになってきましたが、トップ平均50匹。ビギナーでも20匹以上の釣果を記録していますからね。例年通りなら、これからさらに数がまとまるようになってくるので、本当に楽しみです」とは、松輪港「一義丸」の立川弘樹船長。

剣崎沖のイサキは脂の乗りが良く、大型はもちろん小型でも、いや小型こそ絶品と足繫く通う人たちがいるくらいなのだ。

現在、釣れているのは20~30㎝の中、小型主体で、それに40㎝クラスの大型が程よくまじる展開だ。

ポイントは、今期マダイの乗っ込みも好調だった剣崎沖にある〝吉野瀬〟。

水深25m前後の瀬の頂上付近が狙うポイントで、イサキの群れが続々と集結している。

「毎年この時期は、多くの船がひしめきあって釣っていますが、いまやそれが剣崎沖の夏の風物詩になっていますよね」と船長。

当地のイサキ釣りはアミコマセのシャクリ釣りで、ウイリー仕掛けを使用するのが一般的。

使用タックルはノーマルで狙う船、LT船、そのどちらでもOKという船があるが、「一義丸」はLTで出船しているので、ここではその攻略法を紹介したい。

タックルはLTで手軽に挑むスタイル

「一義丸」でのイサキ釣りは、ビギナーはもちろん、ベテラン勢も手軽に楽しめ、釣り味もバツグンとなるLTを使用する。

「LTを簡単に説明すると、軽量で操作性の良い道具を使うことになります。道具の軽さは、操作性の向上につながることはもちろん、感度にも直結するのでアタリが劇的に取りやすくなります。また感度が上がれば、魚の引き味も強く感じるようにもなります。LTを使うと万人が手軽に、そして簡単に釣ることができ、引き味まで楽しめるようになるのは、そんな理由からなんですよ」と船長。

LTの釣りは、通常より細い道糸を使って釣ることが大前提で、この細糸を用いることで、結果的にタックル全体を軽くすることができるようになるという。

「ちなみにうちのイサキ釣りでは道糸にPE1~2号を使うので、それに伴うビシは通常の60号より軽い40号となります。ただし現在は、潮が多少速めのため50号ビシを使用しています」。

竿はその50号に対応するLTロッドもしくは、ゲームロッドをオススメする。

「一日中コマセをシャクる釣りになるので、疲れにくい全長2m前後の7対3から6対4調子が使いやすいと思いますよ」。

リールは小型両軸か小型電動をセット。

両軸はカウンター(水深計)付きが便利といえる。

ゲストにマダイ、イシダイ、メジナ、青物などパワフルな魚もまじるので、ドラグ性能の良いものをチョイスしよう。

竿はLT用かゲームロッドを推奨。攻めるポイントが水深25m前後なので小型両軸リールでOKだ

オススメのビシと基本の窓の調整

コマセはアミを使うので、プラビシがオススメ。

ビシの大きさはFLサイズが一般的だが、LTにこだわる「一義丸」では、ビシに『サニーちびライト』を推奨している。

その理由は、ビシが細めで落下時の抵抗が少なく、タナまでスムーズに落とせ、何よりスムーズにシャクれるからとのこと。

なおビシは、船宿のレンタルを利用する人が多いという。

続いて、ビシの窓調節だ。

振り出したコマセを仕掛けと同調させて、魚を寄せると同時にウイリーを食わせようというのがこの釣りの狙い。

基本となる調整法は、下記イラストの通り下窓全閉で、上窓を3分の1程度開けるのがセオリーとなっている。

「それで指示したタナの範囲を2往復探って回収し、少々余っていれば理想的です。ちなみに朝イチは潮加減がわからず、コマセの出方もわからないので、指示ダナの1往復で回収してチェック。調節を」と船長がアドバイスをくれた。

なおコマセを詰める分量は、8分目が目安。

目一杯詰め込むと、窓で詰まって放出が悪くなるので要注意だ。

テンビンは小型でOK。スリム型のビシを使う。クッションは1~1.5㎜径の長さ20~30㎝を付ける。

船長こだわりのウイリー仕掛けを推奨

仕掛けは、ハリス1.5~2号。

ハリ数4本前後のウイリーで、全長3m前後を推奨する船宿が多く、「一義丸」では、コマセマダイで名を馳せる船長がこだわって仕上げた仕掛けで挑むスタイルをとっている。

「すべて空バリ仕様や一番下のハリのみ空バリになっている仕掛けで釣っても構いませんよ。うちではエサを付けずに済むお手軽さと実際、良く食ってくること。そしてエサ取り対策(今後は海水温が上昇し、さらにエサ取りが活発になる)も兼ねて、ウイリー仕掛けにしています」。

ちなみに仕掛けは船宿で購入することもできるが、船内で今期のスペシャルバージョンを買うこともできるという。

「船宿で購入できる仕掛けもオレや他の船長のこだわりが詰まっていて、どんな状況下でも釣れるように仕上げていますが、スペシャルは、それに加えて今期好調なウイリーのカラーとハリの大きさなどをオレがチョイスして特注でメーカーに発注したものを用意しているんです。仕掛け2組入りを500枚作りましたが、残りが少なくなってきていますので釣行の際はお早めにお声かけ下さい」とのこと。

指示ダナの範囲を細かくシャクって探る

ここからは実釣編に入るが、「一義丸」の仕掛けは、ウイリーの数が5本とビギナーが扱うハリ数としては少々多い。

まずはこの仕掛けを絡ませずに投入する方法をマスターしよう。

やり方は前項のイラストにある『振り込み式』がオススメなので、しっかり確認してイメトレをしておこう。

釣り方で最初に覚えたいのは、シャクリ釣りのキモとなるコマセと仕掛けの同調法になるが、実はこれ、意外と簡単なので構える必要はない。

上段イラストにあるように、〝ひとシャクリ、三分の1回転巻き〟を繰り返すだけでOKなのだ。

船長はイサキの魚影が濃いタナを「〇mから×mまで」と幅を持たせて指示を出すので、その範囲内でこのシャクリを繰り返してアタリを捉えよう。

「竿を振り上げてビシをシャクれば、ビシの上窓からフワッとコマセがでます。そこで止めを入れて、コマセと仕掛けの同調を2~3秒程度待ちます。ここで、アタリがなければ竿を下げつつリールを三分の1回転させて同様にコマセをまいていくうちにアタリが出ますからね」と船長。

イサキは意外と繊細で、ビシを素早く、そして大きく動かすと驚いて逃げてしまう。

シャクリは基本ソフトに。

そしてシャクリ幅も海面から30㎝。

時計でいえば7時から8時を目安に細かく行い、指示ダナ内を探ってアタリを捉えよう!!

アタリダナを見つけたら 集中して攻め数を伸ばす

一日を通して釣りをしていると食い渋ることもある。そんなときは、コマセの上窓を半分から半分以上開けて多めにまきながら再度タナの範囲を探ってアタリダナを見つける工夫をしよう。

数を稼ぐならアタリダナを集中して攻めて、追い食いさせるのが一番だ。

「イサキは群れの先頭を追う習性を持つ魚なので、追い食いを狙うならアタリダナから上へ、上へと誘い上げて行くことが重要となります。そのままスローに巻き上げる他、シャクリを続けてもいいですよ。探る距離は3mほどです」と船長。

なおこのアタリダナを攻めるときに役に立つのが、前述したリールのカウンター機能となる。

「最初の設定や高切れなどで詰めて誤差があったとしても、アタった場所の数字さえ覚えておけば、そこを重点的に攻めることができますからね」。

ピンポイントでの具体的な釣り方は、アタリダナより2mほどビシを落とし込んでシャクリを開始するだけでOK。

そこでアタリを捉えたら、追い食いさせてイサキ釣りの醍醐味でもある数釣りを満喫すると共に〝激うま〟を存分に堪能しましょう!!

【東京湾口・剣崎沖 】イサキ 釣行レポート

極上激うま印のお墨付き!

大型はもちろん小型も脂ノリノリ!数釣りシーズンに突入です!!

出船前に釣り方のレクチャーを船長が行うのでビギナーも安心。ご無沙汰気味のベテランさんも「再確認できて助かる」とのこと

剣崎沖のイサキが美味しいと聞き駆け付けたビギナーふたり。この日、初挑戦もバッチリお土産を釣って帰りました

こちらが20~25㎝のアベレージサイズ

今期は30~35㎝クラスの良型も良くまじる

『つり丸』お馴染みの〝なおちん〟こと井上直美さんも、大型の激うまイサキをゲット!「食べるの初なんで、めちゃ楽しみです」とのこと

イサキ釣りの醍醐味、 多点掛けもバッチリ楽しめる!!

今期のイサキも魚影が濃い。追い食いのコツは、仕掛けを上へ上へと巻き上げることだと船長。

良型の2点掛けはスリリングなやり取りも楽しめる

「ここのイサキは、体高があって身厚。甘みもあるからね。食べたら病みつきになるよ。今日はお土産を頼まれたんで頑張ったよ」と竿頭さんは46匹をマーク

極上の魚だけに、大型はタモでしっかり掬おう。船長がアシストしてくれるので指示に従い、息を合わせて取り込もう

この日は3点掛けまでだったが、ハリ数だけ付くこともある

ビギナーさんも、終盤は慣れてきて2点掛けを楽しめた

なおちんも2点掛けに成功!

「小型も美味しいけど、大型はより脂が乗ってバツグンだからね。この40㎝クラスが釣りたくて通っちゃうんだよ」と常連さん

〝激うま〟を存分に堪能しましょう!!

今期はゲストにイシダイが多く掛かるのが嬉しい

アジは定番ゲスト

美味しいタカベもまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪港「一義丸」

グ ルメもうなずくその美味しさ!開幕から好調をキープしている剣崎沖のイサキに数釣り要素が加わり、よ り一層ヒートアップしてきた。

「例年通りで順調に釣れていますよ。解禁から1カ月が経ち、中型から小型が目立つようになってきましたが、剣崎沖のイサキは脂乗りが良く小型でも、いや小型こそ味がいいと評判ですからね。数がまとまるようになってきましたし、今後も安定して楽しめそうですよ」とは、松輪港「一義丸」の立川弘樹船長。
 
トップ平均50匹。ビギナーでも20匹以上の釣果があり、サイズは20~30㎝の中小型の中に40㎝クラスの大型がまじる展開だという。
 
釣り方はアミコマセのシャクリ釣り。コマセマダイで名を馳せる船長がこだわって仕上げたウイリー仕掛けで挑むスタイルだ。

なおポ イントは、剣崎沖の一級ポ イントである吉野瀬。

水深25m前後の浅場を攻めている。

「竿を大きくシャクってコマセを出そうとする人がいますが、その必要はありません。30㎝幅で軽くシャクってリズムよく指示ダナ内を探れば、結果がでますからね」と船長。

「一義丸」では、LTで攻めるので、ビギナーや初挑戦の人でも簡単に楽しめるという。
 
激うまイサキを食べるなら、数釣り濃厚な今がチャンス!

存分に釣って、その味を堪能しよう!!

以上の記事は「つり丸」2021年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル