MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
餌木タコ大人気!今期も超絶好調!東京湾のマダコ!

餌木タコ大人気!今期も超絶好調!東京湾のマダコ!

東京湾のマダコは今期も絶好調だ!大人気の餌木タコ&テンヤもOK!何よりも、本当に美味しいのでぜひ自分で釣って食べてみてほしい!

perm_media 《画像ギャラリー》餌木タコ大人気!今期も超絶好調!東京湾のマダコ!の画像をチェック! navigate_next

今シーズンも絶好調!大人気の餌木タコ ルールとマナーを守って楽しもう

根掛かりしてもできるだけ 回収できる工夫を

取材は6月下旬で神奈川県側を攻めた。7月1日以降は富岡沖も解禁となり、ポイントが広がってさらに期待大だ

今シーズンも東京湾のマダコは絶好調で、大人気だ。

取材は本牧「長崎屋」で6月下旬に行ったが、サイズはシーズン初期ということで小型が多いのは否めないものの、最大2kgオーバーが登場し、トップ10杯以上、ボウズなしと上々だった。

7月中旬の頃は富岡沖もすでに解禁していて、ますます釣果はよくなっていることだろう。

さて、「長崎屋」長崎昭船長によると、釣り方は最近は圧倒的に竿&リールを使用した餌木タコが多いという。

カニエサテンヤの手釣りという、昔ながらのマダコ釣りスタイルを楽しませてくれる老舗の「長崎屋」であるが、「いまでは8〜9割の人が竿ですね。残りが手釣りで、圧倒的に竿のほうが多いです」と昭船長がいうほど、竿による“餌木タコ”は大ブームとなっている。

手釣りは基本的に自分の真下に糸を垂らして釣るので、船が流されて動いた範囲しか攻められない。

それが竿とリールを使えばキャストが可能となるので、手釣りよりもはるかに広範囲を攻められる。

広く探れればそれだけマダコとの遭遇率が上がるということであり、それはつまりよりたくさん釣れる、ということになるのだ。

さらに餌木タコは、餌木の色を変えたりアクセサリー類を付けたりなどルアー的要素が強く、釣り人が試行錯誤できる要素が増えたということもあり、それが釣りを面白くさせているということも言えるだろう。

ただ、餌木をキャストして攻めればどうしても根掛かりのリスクが高まる。

しかも、餌木タコは手釣りの仕掛けに比べて使用する糸が圧倒的に細いため、根掛かりしたらラインが切れてしまう確率が高くなってしまう。餌木やオモリ、そしてラインが海底に残ってしまうのだ。

海底に残ったそういった仕掛け類は、言うまでもなくただのゴミである。

とはいえ、このマダコ釣りは大きなハリが付いた仕掛けで海底を釣るため、どうしても根掛かりは避けては通れない。

だからこそ、自然の中で遊ばせてもらう釣り人として、できるだけ根掛かりさせない方法を考え、根掛かりさせてしまったとしてもできるだけ回収できるように何かしらの策を講じることは、釣り人として最低限のマナーだろう。

その一例としては、船宿で指定している号数より細い道糸やリーダーは使わない、餌木を必要以上に付けない、根掛かりしやすいポイントでは無理にキャストしない、などであろうか。

そして、今回取材した「長崎屋」では、船宿としても根掛かり対策を行っている。

「ウチでは、根掛かりしてしまったら私か仲乗りに声を掛けるようお願いしています。船を動かして、反対側などから引くと案外取れることが多いんです。その際は皆さんに仕掛けを上げてもらうことになるのですが、お互い様ということでご協力をお願いしています。そしてそれは、結果的にマダコや多くの魚たちが住む海を汚さないということになります」

そして、お願いをもうひとつ。リリースだ。とくにシーズン初期は小型のタコが多い。

「300g未満はリリースをお願いしています」と昭船長。

そうはいっても、美味しい東京湾のマダコだけにリリースする人は少ないのでは…と思っていたら、実に多くの人が小型のタコをリリースしていた。

タコは成長が早いと言われる。

末長く東京湾でマダコ釣りが楽しめるよう、こちらもできるだけご協力お願いしたい。

餌木タコの場合は道糸は3号以上で

前置きが長くなってしまったが、とても重要なことだと思うのでご了承いただきたい。

では、本題に入ろう。

ここでは、先に紹介したように「長崎屋」でも訪れる人の8〜9割が竿とリールによる餌木タコということで、餌木タコに的を絞ってタックルや仕掛け、釣り方をご紹介したい。

タックルは、今や大人気の釣りゆえ専用モデルが多くのメーカーから発売されているのでそれを選べば間違いはない。

ただ、もちろんそれがすべてではない。

強めのカワハギ竿やジギングロッドなどでも代用可能だが、ただこの釣りは一日小突き続け、その中でタコが乗ったことを察知しなければならない。

軟らか過ぎては小突きにくく、操作性が悪い。

先調子で胴やバットにある程度の硬さ(強さ)があり、軽くて感度のよいものを選ぼう。

さらに、餌木タコではベイトタックルを使う人が多いが、キャストして広範囲を探るという意味では、スピニングタックルはかなり有効だ。

その他重要なのは、道糸とオモリの号数だ。

「長崎屋」では、道糸はPE3号以上、リーダー(先糸)は10号前後を推奨している。

前述の根掛かり対策だ。

そしてオモリは、テンヤの手釣りの人もいるので、竿による餌木タコの場合は40号を使用する。

ちなみに、手釣りの場合は糸は24号、オモリは50号だ。

糸の太さとオモリの号数が他の釣り人と合っていなければオマツリの原因となるので注意しよう。

餌木は、タコを掛けるカンナが上方向のみ付いたマダコ用の3.5〜4号を1個または2個付け。

それ以上付ける人もいるが、たくさん付ければアピールにはなるものの、それだけ根掛かりしやすくなるので注意したい。

カラーは、白系、ピンク、イエロー、グリーン、赤、オレンジが定番だ。

「今期はゼブラ系によく乗っている傾向にあります」とは昭船長。

ぜひ参考にしていただきたい。

操作性がよく高感度で、タコの重量感を受け止める強度を持ち併せた最新タックルはやはり有利

餌木は2個付けが主流。長崎屋では竿の場合はオモリは40号

タコに襲われて 逃げないエサはいない

最後は釣り方。
釣り方を教えてくれるのは、ダイワフィールドテスターの林良一さんだ。

「オモリは常に海底に着けておくイメージで、小突きは1秒に3回のペースで行います。小突きのストロークは小田原オモリ1個分です。したがって、丸型のオモリではストロークが出ないのでオススメしません」と林さん。

マダコは基本的には海底で生活していて、主にエビやカニ、貝類など海底にいる生物をエサとしている。

したがって、餌木を海底から浮き上がらせ過ぎてしまうと乗りが悪いと考えたい。

「アタリはムニュ〜っと柔らかいお餅が乗っかったような感じです。そんな感触が伝わって来たら、ついアワセを入れたくなりますが、そこはガマンです。タコに襲われて逃げようとしないエサはいません。違和感があっても、しばらくはそのまま小突き続けてください。これがコツです。そしてしばらく小突き続けたら、タコに掛かっている水圧を利用して、竿のストロークでハリ掛かりさせます」

ズシンという手応えを感じたら、あとはそのまま竿を一定の角度で保持しながら、一定のスピードで巻き上げる。

タコが大きければ船長や仲乗りさんがネットですくってくれるので、無理して抜き上げないようにしよう。

小型は抜き上げてOKだ。

ただ、タコは同じ場所に固まっていることが多いようで、何人も同時にヒットすることは珍しくない。

そんなときは船長や仲乗りさんが来られない場合もあるので、隣の人がタモ入れを行うなど、お互い助け合いながら楽しむようにしたい。

東京湾のマダコは旨味が強く、超極上品。

それを半生など自分好みの状態に茹でて存分に味わえるのは、まさに釣り人の特権。

超絶おいしいので、ぜひチャレンジしていただきたい。

カニエサテンヤの手釣り道具は船で貸してくれる。テンヤは50号

自らの指先が高感度センサー。

手釣りには手釣りのおもしろさと奥深さがある

東京湾 マダコ 釣行レポート

今年も絶好調!!餌木タコ大人気!

何よりも、本当に美味しいので ぜひ自分で釣って食べてみて!

ダイワフィールドテスターの林良一さんは、関東で早くからこのスタイルの楽しさを提唱してきたひとり。

華麗なテクニックで乗せていく

餌木に装着する肉類? も様々。乗せたモン勝ちなのだ

トップは竿による餌木タコで12杯

餌木を手釣りで操作してもOKだ

手釣りによる餌木タコ初挑戦で見事キャッチ

「タコ初挑戦で3杯釣りました!」

多くのベテランアングラーがいるなか、次々と釣り上げる晴山さんは9杯でツ抜けまであと一歩と大健闘

竿による餌木タコ、テンヤの手釣りなど、それぞれのスタイルで楽しんでいた。長崎昭船長いわく、「どの釣り方でも飽きずに続けることが釣るコツです」

キロ級の良型もテンヤで

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」

東京湾のマダコは今期も絶好調だ。

「今(取材は6月下旬)は小型が多いですが、数は多いですよ。今年も沸きは上々といっていいでしょう。7月からは富岡沖も解禁しますし、タコは成長が早いのでどんどん大きくなります。年末までロングランで楽しめそうですよ」とは、本牧「長崎屋」の長崎昭船長だ。
 
釣り方は、目下東京湾でも大ブームとなっている竿&リールを使用した餌木タコはもちろん、伝統のカニエサを使用したテンヤもOK。

手釣りの仕掛けに餌木を付けて狙う人もいる。

「竿(餌木)は数は出やすいですが、サイズはテンヤのほうがいいような傾向があります」と昭船長。

実際、当日も竿頭は12杯で竿、最大は2kgオーバーでテンヤの手釣りだった。  

さて、そんな東京湾のマダコは食味も抜群。

「びっくりするぐらい美味しいので、まずはシンプルにタコぶつで味わってみてくださいね」と昭船長。

本当に腰を抜かすほど美味しいので、これは絶対に行く価値アリです!

以上の記事は「つり丸」2021年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
待望の〝照りゴチ〟シーズン到来!今期は鹿島サイズと呼ばれる60cm前後の大型がコンスタントにヒット!エサとルアーの二刀流で挑むのがベストだ!
東京湾のマダコが6月に開幕した。小型主体も数は上々のスタート!餌木タコの独特の釣り味にハマってみよう!もちろんテンヤでも楽しめる!今シーズンも期待大だ!
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル