MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚影激濃!脂ノリノリオキメバル&夜アカイカ!上越・直江津沖

魚影激濃!脂ノリノリオキメバル&夜アカイカ!上越・直江津沖

新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!

perm_media 《画像ギャラリー》魚影激濃!脂ノリノリオキメバル&夜アカイカ!上越・直江津沖の画像をチェック! navigate_next

水深120~130mで脂のりのり オキメバルを釣ろう! 夜はアカイカシーズン開幕!

7月8月のオキメバルは 食べておいしい

新潟県上越直江津沖はマダイの好漁場で5月6月の乗っ込み期はその釣れっぷりから全国に知られる。

今期もほぼ例年どおり、昨年同様5月~6月半ばの約1ヵ月半の間、盛大に盛り上がった。

もちろん、乗っ込みを終えてもマダイシーズンが終わるわけではないが、秋までいったん小休止する船宿も多い。そんななか、マダイにとって替わるのが中深場のターゲットのオキメバルだ。

この魚は冬から春のイメージが強いが、実は、真夏が一番脂がのっていて食べておいしいという。

「7月後半から8月のオキメバルは産卵を終え半年以上経過した個体がたくさんのアミを捕食して体力をさらに蓄える時期なんですね。だから、身には脂がたっぷりあるんですよ」とは、この釣りを得意とする直江津港「第三いしなぎ」の岩佐健作船長。

ポイントは直江津港沖の水深120~130mのツブ根周り。

底引き網船がシーズンになると盛んに操業する海域であるので、ここ周辺の海底はあまり起伏に富んではいない。だから、ポイントを見つけにくいところでもある。

「長年で蓄えたメバルポイントのデータが頼りですよね。食いが悪い群れにあたっても探せば必ず活性の高い群れがいます。食い渋り気味でも良型ばかりですから20匹も釣れれば十分です。この海域にはまだまだ、大型のメバルがたくさんいますからね。8月いっぱいは積極的に狙っていこうと思ってます」という。

7月後半からは夜アカイカ シーズン。水深30m前後で釣る

7月後半から8月は夜アカイカシーズンとなる。

金沢や福井と比べて、シーズンが短いが夏の直江津沖の夜の風物詩として、人気釣りものとして根付いている。

「第三いしなぎ」でのアカイカ釣りのスタイルは、2本竿が主流。

1本は5本スッテのサビキ仕掛けを置き竿にして、もう1本はメタルスッテ釣法で釣るというもの。

以前は、1本はアカイカ、もう1本はアジ狙いなどであったが、この形が近年の定番だ。

昼にオキメバル釣りをして、夜にアカイカを釣って帰るという釣り人も少なくない。

もちろん、メタルスッテのみの乗船も可能だ。

オモリ150号使用のオキメバル釣り

新潟県内ではオキメバルは大衆的な魚。関東のビシアジ釣りのような人気のターゲットだ。

釣り方はサビキ釣りで各地にプロのメバル釣り師がいるほど釣り方が成熟しているが、岩佐船長は、通常使われるオモリ200号ではなく150号を使ってこの魚を釣っている。

「うちは4mもあるようなロングロッドはいりませんよ。オモリが150号なので、ちょっと硬めのマダイ竿でもオーケーです。少し長めの胴調子ロッドがオススメですね」とのこと。

また、アカムツやオニカサゴに使う中深場用のショートロッドでもよいという。

仕掛けはホシノ釣具店 オリジナルがおススメ

岩佐船長がすすめる仕掛けは直江津港近くの釣り具店「ホシノ釣具店」のオリジナルのオキメバル仕掛けだ。

市販の一般的なものは、ハリス3号30㎝、枝間が60㎝、10本バリ。

そのオリジナルはハリス3号25㎝枝間が50㎝、10本バリ。 

釣れる理由は、起伏が少ない海底地形のためにメバルはあまり浮くことがないからだろう。

ボトムから低いところで群れている傾向があるので、サビキの間が狭いほうがエサが魚がいる層に入る、ということだ。

オリジナルの仕掛けを使い出してずいぶんと時間が経過しているが、その差がノーマル仕掛けと比較して歴然と出ることも多いという。

付けエサはホタルイカゲソ。

鮮度のよいものをツボ抜きし、肝をつけたまま、ハリ先を目と目の間に刺すのがコツ。

ゲソの目玉が残っていれば、そのまま継続して使うことができが、食い渋り時ほど、鮮度のよいホタルイカを付けることが大事。

そのほか、サバ皮やイカタンなどの定番エサももちろんOK。

だが、一番安定してメバルが食うのはホタルイカゲソという。

夏場はとくにこのエサを多めに持参しよう。

これが岩佐船長オススメのメバル仕掛け。「ホシノ釣具店オリジナル」だ

エサはダントツでホタルイカゲソが食いがいい

移動中に準備万端整えて 船長の合図で即投入!

釣り方は非常に簡単だ。船長の投入の合図ですばやく仕掛けを投入。

オモリが着底したらそのオモリを1mほどあげて静かに置き竿で待つだけ。

船長はメバルの反応を見つけピンポイントで投入指示を出す。だから、「合図と同時に全員一斉投入!」が必要となる。

アタリは仕掛けがボトムに着くと同時に乗船者全員ガタガタガタと出ることや端から順番にアタることもある。

我慢して静かに最初の1匹を待とう。

1匹ヒットしたら、そのあとは追い食いを期待しよう。

基本的にアタリが出たら置き竿のまま動かさず待つ。

なぜなら、メバルは1匹ハリ掛かりすると、それにつられて追い食いする習性があるから。

アタリが明らかに大きいようなら、上バリにヒットしているので、リールを1~2回巻いて再度アタリを待つ。

逆にアタリが大変小さいときは、サビキの下バリに掛かっていることが多い。

仕掛けを上げてみて、下バリばかりのときは、アタリが出たら上げるのではなく少し送りこんでもよい。

ただし、このやり方は根掛かりするようなところでは、オモリが根掛かりする確率が高くなるので注意しよう。

ヒットしたら 低速度で巻き上げよう

ガクガクガクと小気味いい引きが頻繁に訪れ、軟らかい竿が何度も満月にさせられる。

このような状態になったら、巻き上げ開始だ。

巻き上げは、基本的に置き竿のままでよいが、電動の巻き上げ速度は低速がベター。

速い巻き上げはとバレの原因になる。

水面まで仕掛けがあがってきたら、魚の回収だ。

必ず、手元にはタモ網を用意しておこう。

この回収時にメバルがハリから外れることが多い。

だが、ほとんどの場合、メバルは海面に浮いているので慌てずにタモですくおう。

ゲストには、良型のマゾイやアラが掛かることもありうれしいお土産になる。

半夜で楽しむアカイカ釣りがシーズンイン

7月後半から8月までは、直江津沖水深30m前後では、夜釣りでアカイカ(ケンサキイカ)釣りが楽しめる。

開幕期こそ、釣果は少なめからスタートするが、いい群れが回遊すると20杯、30杯キャッチすることもザラになっていく。

ここ直江津沖の遊漁船のアカイカ釣りスタイルは特徴があり、一人2本竿出しまでOK。

1本はスッテサビキの置き竿。

1本は手持ちでメタルスッテ釣法というのがすっかり定着している。

仕掛けはエサ巻き餌木付き5本スッテとイカメタル用

まずは、置き竿用について。

タックルはオモリ80号を背負えるものならなんでもOK。基本的にヒラメタックルの流用でよい。

仕掛けはスッテ数5本が基本。

「いしなぎ」では、エサ巻き餌木を下の枝スに2本付け、上部の枝ス3本は3号前後の浮きスッテを装着。

シーズン初期やシーズン終了間際にはとくにこのエサ巻き餌木の効果があり、良型が乗る。

エサ巻き餌木には、キビナゴを巻くのがご当地流だ。

この仕掛けは置き竿専用なので、オモリを底から50㎝ほど上げてそのまま静かに待つのみでオーケー。

一方、メタルスッテは、専用のタックルと15~20号のメタルスッテが基本。

カカリ釣りなので20号と重めのものでよいだろう。

枝スには、3号前後の浮きスッテと2号前後の餌木を装着。

シーズン初期は枝スにエサ巻き餌木を付けてもよい。

釣り方は、福井や金沢沖と全く同様だ。

開始早々のまだ明るいときはボトム中心にさぐり、20時過ぎくらいから、ベイトが船の周りに集結しイカもよるので中層から上を意識して探る。

日によってはタナがボトムのみのときもあるので、周りの釣れ具合をみながら、タナを探ってみよう。

【上越・直江津沖】オキメバル 釣行レポート

実は夏が一番おいしいんです! 脂ノリノリオキメバルを釣ろう!!

夏の昼の上越沖はほぼ貸し切り状態。ポイントを知る「第3いしなぎ」の独壇場だ

長めの胴調子のロッドでメバルを釣るのが「いしなぎ丸」流。ショートロッドでもOK

船長がピンポイントをラン&ガンするので釣り座に関係なく高確率で多点掛けになる

迫間さんは食い渋りにも関わらず、毎投入多点掛けに成功。おいしいメバルのお土産をゲット

こんな良型が釣れるまだまだメバルの魚影が濃い上越沖水深120~130m

置き竿でアタリを待つ

この日は数よりサイズ狙い。こんな大型が単発だが、よくヒットした

大型の魚体にコケがあった

クーラーはメバルで埋まるほど釣れる

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第三いしなぎ」

新潟県上越・直江津沖といえば、マダイの好漁場で全国に知られ5月と6月の前半は乗っ込みマダイ釣りで大盛況。

そのあとの夏のイチオシターゲットがこのオキメバルだ。

「オキメバルは冬や春のターゲットと思われがちですが、夏がシーズンなんです。たくさんのアミをたべているので脂がたっぷりと乗ります。中型サイズで頭が小さく体高があるものがまず間違いなく脂のってますよ」とは、操船力で定評があり、食べておいしい魚を好む直江津港「第三いしなぎ」の岩佐健作船長。
 
ポ イントの水深は120~130m前後の根周り。

活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。

直江津沖はまだまだスレてなく魚影がすこぶる濃い。
 
船長がススメる仕掛けは、地元の「ホシノ釣具店」オリジナルのオキメバル仕掛け。

枝スと枝間隔が短いのが特徴だ。

理由は直江津沖は起伏が少ない漁場のため、メバルがあまり浮かず、ベタ底付近に群れることが多いからだという。
 
オモリは150号。胴調子の軟らかい竿がオススメと船長は言う。

佐渡島方面で主流の日本海仕様のロングロッドは必要ない。
 
これからますます暑くなる日本海。

冷たい飲み物を多めに持参してうまいメバルを釣りに行こう。

以上の記事は「つり丸」2021年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル