MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キントキ爆釣!2kg級マハタも交じる!外房 大原沖 根魚五目!

キントキ爆釣!2kg級マハタも交じる!外房 大原沖 根魚五目!

外房大原の根魚五目!今シーズンは開幕からキントキが絶好調!多点掛け連発の爆釣も!釣って良し、食べて良し!マハタも掛かって大満足だ!

perm_media 《画像ギャラリー》キントキ爆釣!2kg級マハタも交じる!外房 大原沖 根魚五目!の画像をチェック! navigate_next

キントキメインの五目釣りに初挑戦! 良型キントキにマハタも掛かって大満足

いよいよ本格的な梅雨に突入した6月後半。

例年以上にイサキ好調に沸く大原港で、面白い釣り物が好調だとの報せを聞いた。

それは「チカメキントキ」。

大原沖のショウサイフグの老舗宿の「敷嶋丸」がヒラメやフグが始まるまでの間、イサキとともに狙うのがこの魚。
 
実際の乗合船の名前は「五目船」なのだが、この時期にメインで狙うターゲットはキントキ。

山本幸夫船長に話を聞くと「『キントキ五目』と呼んでもいいんだけれど、これから冬までの間に好調な他の魚を狙っていく場合もあるから『根魚五目』とか『五目船』って呼んでいます。今は間違いなく『キントキ五目』です。反応も色濃いし、連日数が上がっています。潮次第で御宿沖や太東沖を狙いますが、どちらも好調ですね。サイズが良いからクーラーいっぱいでお土産になっていますよ」と話してくれた。

スタートからキントキ3点掛け!

キントキは外房や南房を中心にイサキやマダイ、そしてイワシの泳がせでヒラメやハタなどを狙った際にたまにまじる高級外道。

しかしこれを専門で狙うとなると私もそんなに経験がなく、前回いつ行ったかを思い出せない。
 
そこで「敷嶋丸」のHPでタックルを再確認してみた。

推奨は長さ2.4mの軟調子竿。

確かにキントキは少し浮いているので、仕掛けが波の上下で暴れないように少し軟調子の竿が良い。

そして食い込みを重視して、持っている竿から2.3mの硬めのヒラメ竿を選択した。
 
仕掛けは胴付き3本バリ。

多点掛け必至なので、ハリスは6号ぐらいの太さがあると安心。

エサにはカサゴなどと同様にサバの切り身を使うので、ヒラヒラと舞うように30cmの枝スを準備した。
 
前日に船宿に集合時間を確認すると午前3時30分。

大原など外房の宿は古くからのしきたりで「漁師は沖で日の出を迎える」とあるのは知っていたが、それにしても早い。

しかしそれには理由があって、視力の良いキントキは日が昇ってからでは食いが落ちてしまうからだ。

日の出前後の時間を有効に使うには、この集合時間も仕方ない。

午前4時には港を出発し、本日は行程約45分の太東沖を目指した。
 
日の出を迎えたばかりの薄明るいなかで最初の一投。

船長のアナウンスは「水深38m。底近辺を狙ってください」とのこと。
 
着底を確認し、糸フケを取っていると、いきなり後ろから呼ばれた。

左舷船尾で竿を大きく弓なりにしならせているではないか!

朝のご挨拶は35cmオーバーの本命3点掛け。
 
その後もアタリは続く。今度は右舷船首で3点掛け。

その隣の私の竿先もブルブル震えた! 

ゆっくりと竿を聞き上げるとヒラメ竿が海面に突き刺さった。

キントキの強烈な引きは竿全体を「ガンガン」と叩く。

サバの引きをさらに強烈にしたような感じだ。
 
少し我慢して20秒ほど待って、いよいよ巻き上げ。

最初の5mぐらいは手で巻いて、そして電動のスイッチをオン。

きつめに閉めたドラグが出そうになるほどの強烈な引き。

竿をガンガン叩く様はキントキ独特。

水面に浮かんだ赤い花は3輪と全部のハリを制覇。

しかも最大で40cmちかいサイズだった。

仕掛けは胴付き式

エサはサバの切り身

キントキ好調!マハタもヒット

キントキは群れで泳ぐので、一人がアタリを出すとその周りも次々にアタる。

薄明るい朝まずめは、流し替えの毎にアタリが連発する。
 
次の流しは最初に写真を撮影してから投入。

すると水深35mのところ、25mで糸が止まった。

なんだ?サバか?いやいや、キントキが糸を止めるほどの好活性なのだ。

今度の流しも良型3点掛けを達成。船首では既に3点掛け3連発。

まさにサービスタイムと呼ぶにふさわしい時間だが、楽しい時間はあっという間。

日が昇って、すっかり明るくなってきた。

反比例するかのようにキントキのアタリが遠のき、今度は底付辺で根魚が口を使う。
 
底付辺といってもベタ底を這わせてしまうと根掛かり必至なので、底立ちを確認しながら少し浮かせて根掛かりを避ける。

それでもたまに根魚が掛かる。
 
すると右舷船尾で強い引き。なんと2kgちかいマハタ。

じつは筆者は裏本命としてこのマハタを狙っていたので、チャンス到来とばかりにここで作戦変更。

一番下に大きめのサバの切り身を付けて根掛かり上等で底ギリギリを攻める。
 
するとすぐさまガツンと重いアタリ。

キントキのガンガンとは少し違う引きを堪能して、水面に姿を現したのは褐色の魚影。

狙いどおりにキロオーバーのマハタをゲット。

次第にアタリが遠くなり トップはキントキ15匹

午前8時を過ぎるといよいよアタリが遠のいてきて、船長も少しでも活性の高いポイントを転々と探す。

目の良いキントキに気付かれないように私は糸の太さを5号、そして4号と落として試行錯誤する。
 
しかし、この日は朝のような活性に再度当たることはなかった。
 
船長の話では、良い日は終日食いっぱなしのときもあるそうだ。

この日はサービスタイムこそあったが、全体的には厳しかったのかもしれない。

トップは15匹。それでも35cm以上のサイズがアベレージなので、お土産には十分だった。

そして翌日はまた終日高活性に転じ、14~31匹と爆釣した。
 
キントキは食べても抜群。お勧めは刺身と塩焼き。

鎧のようなウロコが落としにくいというのが難点だが、刺身と塩焼きならば最後に皮を剥いでしまえば前処理にウロコを落とさなくても大丈夫だ。
 
これから秋から初冬にかけてがキントキの旬。

今シーズンも開幕から好調なスタート。

今後がさらに楽しみだ。

【外房・大原沖 】根魚五目 釣行レポート

今シーズンは開幕からキントキが絶好調!

ヒット!キントキの引きは意外と力強い

キントキは35~40 cmの良型が主体

一荷だ!朝のモーニングタイムは、あちこちで取り込む光景が見られた

良型のキントキを一荷でゲット

女性アングラーも一荷でゲット!

良型キントキの一荷!

朝イチにトリプル!

こちらもトリプル!

あちこちで一荷やトリプルで取り込まれた!

キッズアングラーもこのとおり

2㎏級のマハタもまじった

今回、取材にご協力いただいたのは、 千葉・大原「敷嶋丸」

強烈な引きと絶品の食味で「釣って良し! 食べて良し!」。

これに知る人ぞ知る希少性を併せ持った魚のキントキ。

標準和名は「チカメキントキ」。

金色に輝く大きな瞳と真っ赤な体色は一見キンメダイのようにも見えるが、スズキ目キントキダイ科に属する別種。

幅広な体高と、大きく発達した腹ビレ、背ビレが特徴的だ。
 
マダイやイサキ、そしてイワシの泳がせ釣りの外道としてたまにお目見えするが、専門で狙う船はそう多くはない。

千葉県大原港の「敷嶋丸」の五目船では、このキントキをメインターゲットに狙っている。

今シーズンも開幕から絶好調だ。

群れで泳ぐ魚なので、群れに当たると2点、3点と多点掛け連発の爆釣も珍しくない。

大きなヒレを使って抵抗するが、おもいのほかパワフルで力強い。
 
連日梅雨空の嫌なシーズンに突入した6月後半。

天気に反して視界良好な釣果の報せを聞き、大原港に向かった。

いきなり朝の第一投から海面にはキントキの赤い大輪が満開のサービスタイム。

超高級外道の2㎏ちかいマハタもまじって、クーラーの中は賑やかになった。
 
本来は秋から初冬にかけてが旬の魚なので、このスタートダッシュなら今年も期待できそうだ!!

以上の記事は「つり丸」2021年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル