MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、カンパチという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、カンパチという魚を知ろう!

カンパチは、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。全世界の暖海域に分布する大型肉食魚で、日本では高級魚として扱われる。

カンパチ(スズキ目アジ科ブリ属)の生態

国内では本州日本海、北海道太平洋側以南に生息。世界中の温帯域・熱帯域にいる生息域の広い魚である。アジ科のなかでももっとも大型になり、築地場内で過去に1.8mというものも見ている。
標準和名のカンパチは「間八」と書くが、これは江戸時代以来の関東での呼び名。温暖化のせいか近年大型の漁獲量が関東でも増えているが、古くは若魚が主であったために、上から見ると「八」の字に見える頭部の帯が目立ったための呼び名だ。江戸前ずしで「潮っ子」と呼ばれる小振りのものが喜ばれるのも、そのため。ヒラマサ、ブリと比べると赤いので「あかばな」、「あかひら」。紀伊半島以南鹿児島県、沖縄県では根につくので「ねご」、沖縄県では「うちむるー」、「あかばー」と呼ばれている。

カンパチの値段は?

高級魚で、1㎏あたり1500円~3000円はする。あまり大きいものよりも1㎏前後から5㎏ほどがもっとも高価で、活け締めしたものだと1㎏あたり3000円前後になる。ということで5㎏サイズだと1尾で15000円前後となってしまう。
引きが強いので釣っておもしろく、食べてよし、その上高級魚。なので沖縄や離島への遠征費も決して高くはない。

カンパチの釣行レポート

「この船を作って以来(昭和62年)、最高の釣果を叩き出しているし、どのエリアに行っても反応がバッチリあるからね。今後も楽しみで仕方ないよ」とニッコリ顔で話したのは、銭洲を知り尽くす船長で、自らもこの釣りのエキスパートである土肥港「第11とび島丸」の鈴木忠文さんだ。

今年も伊豆諸島周辺のカンパチポイントに小型と中型のムロアジたちが集結中だ。この魚はフィッシュイーターのカンパチにとって大好物。当然のごとく、カンパチもこの魚を追って集結する。つまり、両魚とも釣りやすくなるので本格的なカンパチシーズンの開幕といえるのだ。

「銭洲のカンパチは、エサ釣りが大事です。エサのムロアジを上手に釣る人が結果としてカンパチあげますね。だから、誰にでも釣るチャンスがありますよ」と話す、遠征船の老舗、下田「龍正丸」の鈴木豊船長。

「カンパチ」の寿司…うま味と甘みが強いのに後味良し。天然ならでは

ある日、朝ご飯を食べに『市場寿司』ののれんをくぐると、たかさんが牛肉の佃煮の箱をボクに渡して

「はいこれ、村さんからお世話になりましたって」

「なぜ?」

「兵庫に引っ越すんだって」

これは実に痛手である。『市場寿司』の常連さんやボクの知り合いに釣り人は少なくないが、その獲物を分けてくれる人は少ない。

「困ったね。釣り魚が手に入らなくなる。どうしよう」

『市場寿司』に集う釣り師のなかでも、もっとも頼りにしていたのが村さん。年越しのタイだって、村さんからの頂き物だったのに。残念無念、釣り名人村さんが除夜の鐘とともに、ゴーンと関西に行ってしまう。

などと暗い話をしていたら、我が家から目と鼻の先に住まう、イトウさんからうれしいメールが届いた。

「石垣島に釣りに行ってきました。魚取りにきませんか」

川縁にあるイトウさんのお宅にたどり着くと、イトウさんが大きな発泡スチロールの前で待っていてくれた。その箱の中身がものすごい、というよりも、すさまじい。五キロ前後のカンパチが三尾、三キロ級のヒレナガカンパチが二尾、沖縄で「うむながー」と呼ばれている四キロ級のキツネフエフキが一尾。

遠く南にある石垣島に今すぐ飛んでいきたくなる、そんな釣果だ。

「海が大荒れだったので、これだけしか釣れなくて」

と照れくさそうに石垣島でのジギングの話をしてくれた。これなら相模湾一のへぼ釣り師のボクにも大釣りができそうである。

重量にして十キロ以上を『市場寿司』に持っていったら、のれんを下ろした店から出て来た、たかさんが大きなカンパチを見て、なぜか沈黙。

急いでいたので、「明日来るからね」と帰宅して翌朝のこと。

たかさんが、なんだか浮かない顔で出してきた石垣島の魚が実にうまい。いちばん驚いたのはカンパチのうまさ。熱帯域の魚は大味だと言ったのはムツゴロウこと畑正憲だったはずだが、「それ大間違いですよ」と教えて差し上げたくなる。

残念なのは釣ってから三日経っているのに、まだ身が固いことだろう。それも四日目、五日目になると身がほどよい硬さになった。うま味と、脂からくる甘みも強くなったのに後味がいい、のは天然ものならではだ。すし飯との馴染みもいい。

「天然ものはやっぱりいいねー」

「これ食ったら養殖は無理でしょ」

「沖縄にカンパチがいること自体知らなかったなー。そのイトウさんに勉強させていただきました、よろしくと言って置いてね」

さて、石垣島のカンパチの、味のピークは七日目だったようだ。イトウさんの乗る船では、船頭さんが釣り上げたそばから締めて神経まで抜くのだという。そのためか熟成が実にスムーズに進んだようである。

そして八日目、九日目のづけ握りもまことに印象深い味だった。

さて、大掃除で出た発泡スチロールを市場に捨てに行くと、『市場寿司』の隣にある食堂のオヤジが、

「どうです、軽く冷たいのを」

少々疲れ気味だったので、奥座敷で軽くノンアルコールビール。肴は魚のフライだ。

「やけに脂の強い魚だね。まずくはないが、味が重すぎない」

「これたかさんがくれたカンパチなんです。二本もくれまして」

ようするにボクが魚を持ち込む前にたかさんは、養殖カンパチを二本も仕入れていたのだ。天然・養殖を味見して、結果天然ものを残した。

まあ新年を前に、石垣島の魚で二軒がうるおったということだ。

めでたし、めでたし。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2015年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ナンヨウカイワリは、スズキ目アジ科ヨロイアジ属の魚。サンゴ礁などの沿岸の浅場に生息。
更新: 2019-03-05 12:00:00
スミイカは、コウイカ目コウイカ科コウイカ属。関東以南。南はインドネシアやベトナムなどの東南アジアまで生息している。
更新: 2019-01-29 07:00:00
ヒガンフグは、フグ目フグ亜目フグ科トラフグ属の魚。日本各地の岩礁または藻場に分布していて、浅海にすむ。甲殻類や軟体動物、海底生物をおもに食べる。市場ではトラフグに次いで値段が高い。
更新: 2019-01-18 11:20:47
ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。
更新: 2019-01-07 00:57:19
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読