MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
生きエサがカギ!高活性!だから釣れる夏ビラメ!外房・飯岡沖

生きエサがカギ!高活性!だから釣れる夏ビラメ!外房・飯岡沖

関東で、生きイワシ釣りのヒラメが解禁!沖の魚礁とツブ根をラン&ガンで攻める夏ビラメは、エサの扱いと投入のスムーズさがカギ!高水温&高活性の釣りを楽しもう!

perm_media 《画像ギャラリー》生きエサがカギ!高活性!だから釣れる夏ビラメ!外房・飯岡沖の画像をチェック! navigate_next

夏ビラメ釣りは “元気な”生きエサがカギ!高水温&高活性の釣りを楽しもう!

横流しではなくピンポイントの潮流し釣りが多い

船宿は港の前、しかも一人1室で素泊まりできる「隆正丸」

生きイワシエサを用いたヒラメ釣りが6月1日に関東エリアではいち早く外川・飯岡沖で解禁。

今期は銚子沖水深100m前後の深場で大型がアタるとあって、多くの船が大判釣りにチャレンジしていたが、それも6月中に収束。

それ以降は、飯岡水深30~40mの人工魚礁とツブ根のベイトに群れるヒラメを狙っていた状況だ。

例年、シーズン初期は1㎏前後サイズの数釣りのイメージが強いが、今期はサイズ勝負の傾向。

この釣りを得意とする飯岡「隆正丸」も深場では大型、水深30~40mでは2㎏前後をメインに釣果をあげている。

夏ビラメは8月9月がハイシーズン。

なぜなら、産卵を終えたヒラメたちが体力を回復するためにエサを飽食するからだ。

そして、ベイトを追うヒラメたちは7月のメインポイントだった水深30~40mに加えて水深10~20mへと回遊エリアを広げる。

これも、豊富なベイトを求めるヒラメたちの習性だろう。

飯岡沖の海底の特徴は、犬吠埼に近づくほど砂地に絡む天然の岩礁が多くなり、それとは逆に飯岡よりの西沖方面には砂地が多く、たくさんの人工魚礁が設置。

そこに回遊してくるヒラメを狙うこととなる。

11月に解禁する茨城のヒラメ釣りに慣れている人は、「ヒラメ釣り=横流し釣り」と思っている人もいるだろう。

飯岡沖に関していえば、横流しもスパンカーを立てての潮流し釣りもやる。

つまり、船は両方の流し方をすることとなる。

これについて、「隆正丸」芳野幹雄さんに聞くと、

「飯岡沖では基本はピンポイント流しと思ってください。つまり、潮流しですね。潮の流れ方やポイントによっては横流し釣りをすることもありますが、基本、魚礁と根周りなので横流しは頻繁にはやりません」と話す。

「隆正丸」では、ヒラメの使用オモリが80号とうたっているのは、基本的にこの2通りの船の流し方に対して対応できる、という設定と理解しておこう。

リールはパワーがあるもの 竿はゲーム&LT用でもOK

さて、タックルだが、「隆正丸」では使用オモリが80号ということで、一般的な沖釣り専用のヒラメタックルがなんでもほぼ使える。

いま流行りのライトヒラメができないか? という問いが聞こえそうだが、ライトタックルの使用はできる。

ただし、リールの道糸は2~3号で竿はライトといってもオモリ80号を背負えるものが前提。

PE1号前後の細い道糸と通常のPE2~3号の道糸との混合乗船となると、どうしてもオマツリのときに太さ負けして細いほうが高切れしやすくなってしまう。

竿はこのようにかなり選択の幅があるが、リールについては、“パワー重視”を基本にしよう。

水深が浅いので手巻きの両軸リールで十分だが、ハイギアタイプでパワーがあるものがベスト。

ハイギアでなくとも、ハンドルはパワーのあるものをチョイスしよう。

なぜなら、ヒラメ釣りでは大物釣りの基本やり取りである“ポンピング”が厳禁だから。

これをやるとバレの確率がかなりあがってしまう。

つまり、ヒラメ釣りのやり取りは、竿の弾性とリールの巻き取りパワーのみで行うのだ。

仕掛けはハリス6号90cm 捨て糸50cm前後がベース

仕掛けはハリス6号なら市販のもので十分

仕掛けは市販のもので十分。

ハリスが6号90㎝で捨て糸4〜5号50㎝が基本だ。

ライトタックルを使う場合、仕掛けの先糸はハリスをつなぐ親子サルカンのところからカットして、リールのリーダーを親子サルカンと結束する。

ハリは、数狙いたいなら孫バリをトレブル、大型狙いなら孫バリをシングルシングルフックにするといい。

孫バリを素早くイワシに装着させたいなら、シングルフックがオススメだ。

夏は高水温でエサが弱りやすいので海水になかでハリ付け

「8月のヒラメ釣りで一番重要なことは、エサの管理ですかね。水温が高いので、各釣り座のタルにイワシを泳がすとすぐに弱ってしまうヤツが多いんです。たくさんエサを積んでいってもエサが死んでしまったら、釣りになりませんから。エサが早い時間になくなってしまいしょうがなく早揚がりしたこともあるほどです。それだけ、真夏のヒラメ釣りではエサ付けには気を付けなければなりません。正直、ヒラメがいればこのイワシの元気のいいやつからヒラメは食ってきますからね」と芳野船長は話す。

まず、各釣り座、自分のタルになかにキープするのイワシは2匹までとする。

エサ付けは、両手を海水に付けて十分湿らせ若干でも手の温度を落としてからイワシを掴み、できるだけ海水のなかでエサ付けをする。

イワシをギュウっと強く掴むほど、ウロコが落ち、魚の弱りが早くなってしまう。

オススメの付け方は、まず孫バリを打ってから次に親バリを打つ。

これは人それぞれ好みだが、この方法のほうが孫バリは付けやすい。

親バリを打つときは、聞き手の反対の手でイワシを軽く掴み、両目を指でふさぐとイワシはおとなしくなる。

孫バリは背掛けがオススメと船長は言う

高活性の夏だからこそ アタリを出す釣りをやろう

アタリを出す釣り、とはどういう釣りか?

基本的には「ヒラメ釣りの基本を忠実に行う」ということが正解だろう。

つまり、ヒラメ釣りの基本中の基本である「タナキープ」に神経を集中させるということ。

具体的には、オモリが海底に着いたらすばやく糸フケをとり、1m前後海底からオモリを上げてアタリを待つ、というもの。

そこでアタリがなければ、再び底ダチを取り直して底上1m前後でアタリを待つ。この繰り返しだ。

この動作でアタリがなければ、今度は底から1.5~2mほどゆっくりとリールをまいて止める。

これはヒラメへのアピール。

高ダナをキープすることにより、より遠くのヒラメへエサをアピールとなるからだ。

アタリがなければ、再び底へゆっくりと仕掛けをさげて、底ダチをとり底上1m前後でアタリを待つ。

飯岡沖では根周りや魚礁周辺のみでほとんど釣るのでこの釣り方でよいが、根掛かりの少ない場所を横流しするときもある。

そんなところでは、オモリを底へ着けて引きずるくらいでオーケーだ。

食い渋り時の対処法、まずはハリスの長さを

半日、ヒラメ釣りをしているとどうしても食い渋りの時間帯がある。

理由はさまざまだが、船長によると、そのほとんどが潮の流れによるものという。

潮があまり流れない茨城方面では、この状況を回避するために横流しが取り入れられたともいう。

つまり、横流しとは風の力で船を強引に動かすトローリング的な釣り方なのだ。

夏の飯岡沖では、無風、潮なしという場面もある。

船長はこんなときは、よりピンポイントに船を据えてくる。

しかし、普段通り釣っていたのではなかなかアタリが出ないもの。

こんなときに釣るベテランたちは実際どのような工夫をしているのか。

その代表が「短ハリス作戦」だ。

ハリスの長さを短くすることによって、魚へのアピール効果をアップさせるのと、アタリの伝達速度を早めるのが狙いだ。

具体的には、ハリスの長さが90㎝ならば半分の45㎝にする。

なぜ、この方法がヒラメへのアピールアップになるかというと、イワシが泳ぎまわる範囲が狭まることでイワシそのものがアピールになり、ヒラメも捕食しやすくなるからだと考えられている。

しかし、これにはデメリットもある。イワシが弱りやすくなるのだ。

イワシの残数を計算しながらの短ハリス釣法と覚えておこう。

逆にハリスを長くするのが有効のときもある。

それは、ウネリや波があり船がよくゆれるとき。

水深が浅いので船の揺れによる竿の上下はほぼダイレクトに仕掛けに伝わる。

あまりにもエサが動き過ぎていたのでは、エサが弱りやすく食うだろうヒラメも口を使わなくなる。

こんなときはハリス長さは1.2~1.5mと長くしてみよう。また、横流し釣りで船が速く流れるときも長いハリスは有効だ。

ぜひ、試してみよう。

ここで大事なことは、あくまでも「いつもと異なる環境のときに有効」なので、潮が流れ始めて活性が高くなったら、通常の仕掛けに戻して釣るようにしよう。

船長の合図と同時に投入は慌てず正確に行う

投入についてだが、船長の仕掛け投入の合図と同時に慌てず、正確に行うことを心がけよう。

このフレーズは一見当たり前のことだが、

「食いが渋いときほど、ポイントはタイトにピンで攻めます。つまりなにが言いたいかというと、船が止まり投入の合図を出したところがベストポイントなんです。なにかしらのトラブルや合図を出してからエサ付けをして遅く投入すると、その時点でポイントを通過していることはよくあることです。だから、しつこいようですが、『投入の合図と同時に仕掛けを入れる』ことを心がけてください」と芳野船長はアドバイスする。

高活性の夏ビラメともいえども、周りの人たちが釣れているのに自分だけ釣れない、なんてこともある。

そんなときこそ、「基本動作をきちんと行う」を徹底すれば、自ずとよい結果に結びつくだろう。

【外房・飯岡沖】夏ビラメ 釣行レポート

ポイントは無数

真夏の釣りは熱中症に注意。飲み物を多く持参しよう

船はラン&ガン、そして横流しも行うこともあるので、使用オモリは80号だがゲームロッドやLT用を使うことができる

今期はこんな良型がよく釣れている飯岡沖。1枚釣れば十分お土産になるサイズだ

高活性! だから釣れる!

夏ビラメはこのように数釣りできるぞ

良型浮上!タモのなかへ ヒラメの頭部を誘導しよう!!

ゲームロッドに良型がヒット。ヒラメは水面での攻防が一番難しいので、慎重にタモ入れしよう

良型のヒラメがきた。魚礁周りではこのクラスがアベレージとなる

ツブ根でヒットした良型。根掛かりに気をつけてつろう

潮が動かないときこそ、生きエサをいかに上手に扱うかがカギとなる。常連さんはエサを弱らせず、そして確実に釣る

ゲームロッドに替えたとたんヒラメがヒットし始めた

元気な夏ビラメキャッチに全員エビス顔

ゲストも多彩

チカメキントキ

イシナギ/カサゴ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「隆正丸」

6月に関東でいち早く生きイワシ釣りのヒラメが解禁した飯岡沖周辺。

6月中は水深100mという深場で大型ラッシュに沸いたが、7月になるとその群れは浅場の魚礁や根周りにベイトを求めて移動。

7月後半は水深30~40m台がメインステージだった。

「私はみんなが叩きそうもないポ イントからせめていくのが得意なので、7月の水深30~40m台にヒラメが回遊してきたのはいち早くとらえてましたよ。

だから、釣れるヒラメは2㎏前後がアベレージです」とは、ヒラメ釣りを得意とする飯岡「隆正丸」の芳野幹雄さん。

無数にある魚礁とツブ根周辺をタイトに、ときには大流しするなど機転を利かしたポ イント選択と流し方をするので、連日安定した釣果を記録中だ。

「夏の飯岡沖のヒラメは、基本ピンポ イント狙いなんですよ。だから、私が開始のアナウンスをしたら素早く投入することが大事ですよ」
 
つまり、事前にハリのエサ付けは済ませておくことが必要となる。

「なにせ、8月は暑いし水温も高くなります。元気のいいイワシもすぐに弱ってしまうので、できるだけハリのエサ付けは海水のなかで行うことを心がけてください」と船長。
 
丁寧なエサ付けと素早い投入、この2点をきちんと守れば、誰にでもヒラメキャッチの確率があがること間違いなしだ。

ビギナー大歓迎の「隆正丸」だが、炎天下の釣りは多めの飲み物持参で熱中症対策を忘れずに!!

以上の記事は「つり丸」2021年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル