MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
群れ最大級!良型オンリー!激うまカツオ大漁確実!駿河湾・金洲

群れ最大級!良型オンリー!激うまカツオ大漁確実!駿河湾・金洲

駿河湾・金洲のカツオが絶好機!群れ最大級!至る所にカツオあり!3㎏オーバーの良型ばかりがトップ20~30本なんてことも!今年もロングランで楽しめそうだ!

perm_media 《画像ギャラリー》群れ最大級!良型オンリー!激うまカツオ大漁確実!駿河湾・金洲の画像をチェック! navigate_next

群れ、最大級につき大漁確実!? 良型オンリーで太仕掛けで挑もう! 今年もロングランで楽しめそう!

群れの量はハンパない 至る所にカツオあり!

いよいよ夏の海でテンションマックス!

駿河湾・金洲のカツオが開幕から絶好調だ。

3㎏オーバーの良型ばかりがトップ20~30本なんてことも珍しくなく、とにかく大漁に沸いている。

「ここ数年は、一度カツオが入ってくるとずっと居着いていますね。今年は特に魚が多く、ポイントの周辺はいつもナブラが至る所に立っていますよ」とは、御前崎港「茂吉丸」の小野田秀平・若船長。

御前崎港からゆっくり走って1時間半ほど、駿河湾の出入り口にあたる場所にある金洲はさまざまな魚の宝庫だが、5月下旬ごろからカツオの群れが続々と入ってくる。

そして、今年は6月上旬にはコマセに食い出し、それ以来すでに2ヶ月近く好調をキープしている。

ポイントの金洲には御前崎の船はもちろん、静岡、沼津などからも遠征してくる船で船団を形成する。

さらに、高知のカツオ職漁船もきており、雰囲気をより一層盛り上げてくれる。

ポイントにつくと、軽く見渡すだけでも、海面がボコボコと波を打つ場所が散見される。

これはほとんどがカツオのナブラで、一体どれだけ魚がいるのか、というような状態だ。

さらに南の海を思わせる澄んだ藍色の海中でもカツオの姿が翻ってキラキラと反射する様が見て取れる。

「とにかく魚は多いですよ。ここでは、釣れる時に一気に釣る、という感じでやってください」

ちなみに釣れるカツオは個体差はあるものの、脂も適度に乗り出してうまい! 

刺身、タタキはもちろん、ソテー、ステーキなど何にしても美味。ぜひ、味わってみよう。

現在、カツオメインでたまにキメジがまじるという感じだが、少しずつ大型キハダも入ってきている模様なので、こちらも楽しみだ。

太ハリス&大バリのごっつい仕掛けが金洲流

金洲のカツオ釣りタックルは、相模湾のカツオ、キハダ用と同様でOK。

1.6~2mほどのカツオ、キハダ用ロッドに、中大型電動リールを組み合わせる。

タナが20mほどと浅いが船長は電動をすすめている。それは、電動で巻いた方がバラシが少なくなるためだ。

特に慣れない人は電動のアシストを得たほうが確実に取れるそうだ。

今回、本誌でもお馴染みのドクター・近藤惣一郎さんが選んだリールは「シーボーグ600MJ」だ。

「このリールは重量が1㎏を切っているので、手持ちでやるのに本当に楽なんですよ。8号300m巻けるので、キハダが掛かっても対応できますよ。パワーは銭洲のカンパチも取れているので余裕があります」

使用する道糸はオマツリも多いのでPE8号以上を使用する。道糸のトラブルを減らしたいなら、ナイロンのリーダー50号程度をFGノットやPRノットで接続しておくのもおすすめだ。

「カツオリーダーは必ず付けてください。これがあるとないとでは、取り込みが全然違います」と船長。

こちらは取り込みの最後のあると便利なグッズだ。同様にゴム引きのグローブをはめておくと安心だ。

仕掛けは片テンビン1本バリ仕掛け。

ビシはプラビシ、青物用の100号を使用する。

サイズはLで十分だ。これ以上の大きさのものだと、コマセがいくらあっても足りなくなってしまうためだ。

ハリスはナイロン30号2mが標準だ。随分、太いと思われそうだが、これが金洲の標準だという。

「この日もハリス40号でやっている人がいましたが、一番食わせていたくらいです。ここのカツオはサイズがよく引きが強いので、最低30号を使うようにしてください。相模湾と同じような仕掛けだと大体バレますよ」

さらにハリも16号以上を使用した方がいいそう。

「ハリも自分なら18号を使っています。15号以下だとどうしてもバラシが多くなりますよ」

ハリスの長さも2mあれば十分だそう。これなら取り込みも比較的容易になる。

ハリは青物系、キハダ用などで、サイズが大きくハリスも太いので管付きバリがメインに。

結びはイラストの「ウエノット」が簡単なので、今までやったことのない人はこの機会にマスターしよう。

コマセ、付けエサともにオキアミを使用する。御前崎の船の場合、予約時にオキアミの枚数を頼んでおく。

今の時期は2枚はあったほうが良さそうだ。

付けエサはコマセからも拾えるが、手返しアップのため、持参するのがおすすめだ。

また、氷は出船前に砕氷をもらえるが、ペットボトルの氷を数本入れておくと安心だ。

ポイントについたらクーラーの中に海水を入れるが、少なめにしておかないと溶けるのが早くなるので注意しよう。

取り込みが楽になる「カツオコード」の装着を推奨

コマセはオキアミ、ビシカゴは100号程度を使用

カツオはオキアミ丸掛けが食いがいい

ウエノット

食う食わないはコマセ次第 技術よりも強引な取り込みを

金洲のカツオはここ数年、一度このポイントに集結すると、居座る傾向にあるという。

エサの豊富なこの周辺を回遊している。そのため、群れを探してクルージングということはあまりない。

海面のカツオの動き、魚探、ソナーで動きを察知して群れに先回りして投入の合図が出ることが多い。

スピード勝負のことが多いので、合図が出るまでにはスグに投入できるようにしておく。

「タナが20mだったら、20mでストップしてコマセを1、2回まくだけで普通は食います」

早い時は、10秒もしないうちにヒットする。

「食いがいい時は置き竿で十分食います。食ったら、竿をキーパーにかけたまま全速で巻いてください。手持ちで食った時も電動を入れるのと同時にキーパーにかけた方がいいですよ。大体、手持ちでやるとグルグル走られたり、バラシが多くなります。楽しむというより、確実に取る方を優先してください」

群れがゆっくり入ってくることもある。そんな時は、入ってきた方から食い出すことが多い。

その後に順番にヒットしていく。

この時、コマセが残っていると確実に食うので、ある程度パラパラと出るくらいにしておくといいだろう。

誰かがヒットしたらコマセを一まきしてやるといい。

最初にコマセをまいてすぐに食わない時は、そのままにしておき、誰かが食ったらコマセをまいて食わせよう。

魚がいても食わない時は、手持ちで誘いをかけるのも有効だ。

この海域にはカツオだけじゃなく、サバやムロアジも多い。

手持ち、置き竿どちらの場合も、竿先はしっかりと見ておこう。

エサだけ取られることも多いので、エサを取られたらすぐに回収して再投入できるようにしておこう。

取り込みは、周りの人と協力しながらタモ入れを行う。

海面でも強烈な抵抗を見せるので、しっかりとハリスを掴んで、カツオの顔が海面で出るまで最後の一手まで確実に手繰ろう。

釣った魚は早めにクーラーへ。

釣れすぎてもクーラーに余裕がない場合は、打ち止めにしよう。

氷をしっかりと効かせた状態で美味しく持ち帰ろう。

帰港後にも氷をもらえるので安心だ。

【駿河湾・金洲】カツオ 釣行レポート

うまうまカツオの 群れはハンパない!

ガチバトルでゲット確率アップ!

ポイントの金洲は遊漁船だけでなく職漁船の姿も。朝はゆっくり走って1時間30分ほどで到着

強烈な引きが急襲する。今回は「シーボーグ600MJ」と「マッドバイパー スティング175」のコンビで挑んだ。「600MJは軽量で手持ちがめちゃくちゃ楽ですよ」

タモ入れは周りで協力しあって

「今年もカツオ、キハダの夏がやってきました。最高の引きと味を楽しめますよ」とドクター・近藤惣一郎

至る所にナブラが出現!

「良型ばかりですね!」。丸々と太って味も最高だ

丸々と太った良型ばかりだ

一人が食うと全員にヒットなんてことも。

皆さん良型ばかりをゲット!

キメジも何本か上がった。ラスト前には大型キハダと思われるアタリもあったが残念ながらハリス切れに。これからチャンスだ

「ルアーでも10本取れました。最高に楽しかったです」

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「茂吉丸」

駿河湾・金洲のカツオが絶好機を迎えて大きな盛り上がりを見せている。

「今年は6月10日ごろから本格化しました。サイズがよくて数もめちゃくちゃいます。さらに脂も乗って最高です!」とは、御前崎港「茂吉丸」の小野田秀平・若船長。
 
3~4㎏級主体にトップ10本、20本は当たり前といった状況が続いているが、その群れの濃さは現場に行ってみれば一目瞭然だ。

至る所で海面にカツオのナブラがボコボコと現れる。

澄んだ藍色の海中に目を向ければキラリと大群が泳ぎ回る。

「ここのカツオは引きが強いです。ハリスは30号以上を使ってください。ハリも大型を。これで十分に食ってきますからね」
 
7月上旬になってキハダのアタリも出だして、これからはこちらも楽しみだ。

今年はロングランで楽しめそうな予感もあり、当分目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2021年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
相模湾のイナダが好シーズンに突入!イナダがトップ30本以上を記録する日も!青物の強い引きを手軽に楽しむならコレ!LTで楽しめるのでビギナーにもオススメだ!!
「つり丸・9月15日号(2021年)」の巻頭大特集に掲載された茨城県・鹿島港「幸栄丸」の夜釣りで大人気のムラサキイカ・スジイカ釣り取材の様子を動画で公開。
静浦沖の夜タチウオシーズンが開幕!連日ドラゴンキャッチ中!波静かな湾内でテンビン釣り、テンヤ釣法、ジギングなど好みの釣り方でチャレンジしよう!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル