MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
死ぬ程うまいトロサバだぁ〜〜!【東京湾・観音崎沖~第二海堡周り】

死ぬ程うまいトロサバだぁ〜〜!【東京湾・観音崎沖~第二海堡周り】

いま、東京湾でめちゃくちゃうまいサバが釣れているのをご存じだろうか? 脂は乗り乗りで「トロサバ」の名に偽りのない、震えるほどのおいしいサバがじゃんじゃん釣れているのだ。

いま釣れているサバは、ほぼ40㎝超えの大型ばかり。しかも、一度釣れ出すと入れ食いになる確率が高く誰でも大漁体験が可能

ゴマサバ、マサバまじりで釣れる。いまはゴマサバのほうが脂の乗りがいい。

浅場で引きは強烈だ。暴れさせないで素早く巻き上げよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「五郎丸」。

現在、東京湾では「トロサバ」の名の乗合船が出ている。トロサバの「トロ」はもちろんあの「トロ」なんだけど、つまり脂が乗っていてうまい、ということなのである。
「まあ、うまいよ〜。ゴマサバは100パーセントかな。マサバも70〜80パーセントの脂の乗りだよ」と、鴨居大室港「五郎丸」の福本清行船長が言うように、東京湾のサバが旬を迎えようとしている。
そもそも、サバの季節っていつだっけ? と思う人もいるかもしれない。東京湾の場合、ブランドサバである「松輪サバ」の時期と同じと考えていいだろう。実際、現在の東京湾内で狙っているサバは松輪サバそのものなのだ。
つまり、夏から秋にかけてだ。最初はゴマサバに脂が乗りだし、続いてマサバに脂が乗っていく。まさに、これからが食べ頃なのである。
現在釣れているサイズはほぼ40㎝オーバーの大型ばかり。しかもひとたび釣れ出すと、入れ食いになる確率が高く、誰でも大漁体験が可能なのだ。

東京湾のサバ仕掛け&サバの釣り方教えます

タックルはビシアジ用でOK。浅場なので手巻きでも大丈夫だ。

仕掛けは、ハリス3〜4号を使う。扱いやすい1本バリもおすすめだ。

タックルはビシアジ用をそのまま使う。つまり、ビシ130号のビシを背負えるビシ竿。リールは電動でも手巻きでもどちらでも大丈夫だ。ライトタックルでも狙えるが、船宿に確認しよう。
ライトタックルは手軽だが、サバに限って言えば、初心者にはあまり向かないかもしれない。まず、巻き上げに時間が掛かるので、オマツリする可能性が高くなる。さらに、ビシが軽いので、好きに泳がれてしまい、取り込みに時間が掛かるのだ。オマツリすれば道糸が切れる確率も高くなるので、ある程度慣れた人向けだ。
仕掛けは、大アジ用の仕掛けを使う。ハリスは3〜4号で、ハリはムツ11号。ハリ数は1、2本だが、1本バリも扱いやすくてオススメだ。1本のほうが取り込みしやすいし、安全でもある。入れ食い時には、タナが浅いのでダブルを狙うよりもかえって手返しが早いぐらいだ。
コマセはイワシミンチ、付けエサは赤タンとビシアジと同じスタイルだ。
「魚のタナは海底から3mぐらいです。だいたいこれぐらいでいいですよ」と船長。
ビシアジ釣りと同様に、ビシが着底したら、糸フケを取り、2、3回に分けてコマセをまき、タナである3mにセットする。
少し待って食わなければ、再度着底させ、もう一度タナを取り直す。朝イチよりも少し時間が経ってからの方が食いがいい傾向があるそうだが、食いが立つまでせっせとコマセをまこう。
食いがあまりよくないときは、竿を手に持ち誘いを入れよう。アタリは下に入るときと、食いあげるときがある。いずれもアワセは必要ないが、食ったら一気に巻き上げる。
一旦食い出すと、スイッチが入ったと言うより、スイッチが壊れたんじゃないか?
と思うような食い方をする。つまり、入れ食いである。
こんなときは、いちいち海底までビシを落とす必要はない。タナを覚えておき、そのタナを直撃。軽くコマセをまくだけで、食ってくる。コマセも少なくてOKだ。

コマセをまくとキュンキュンとスグにアタリが! トロサバちゃんを素早くギンギンのクーラーボックスへ。ウハウハだぁ

こんな太ったサバがダブルでくると大変な重さだ。さあ、帰ったら何にして食べようかな!

大きなクーラーボックスを持参して氷でバッチリ締めておこう。

開始2時間はポツリポツリの食いだったが、いきなりスイッチが入ったかと思うと、それ以降はラストまで食いっぱなし。
水深は17mほど。コマセを軽くまくと、「キュンキュン」とスグにアタリがやってくる。海面近くにやってきてモタモタしていると、横っ走りしちゃってもう大変。強引に糸を手繰って一気に取り込む。おいしく食べるには、ここからが重要。いかにサバを痛めずに持ち帰ることができるか。血抜きは賛否両論あるが、とにかく素早くギンギンのクーラーボックスへ。入れ食いになるとかなり大変だけど、ここだけはしっかりしておきたい。
「これから湾の奥に入っていき、その魚が再び戻ってきたときが一番脂が乗っています。しばらく楽しめますよ」
いま思い出してもニヤニヤしちゃう。お盆休みにもう1回行こっと!!
かくも楽しきサバ釣りなのだが、注意してもらいたいのが持ち帰り方。はっきり言って、釣るより、上手に持ち帰る方が難しいと言っても過言ではない。
以下、おいしく持ち帰るために気をつけるべきこと。
●床でバタバタ暴れさせない…身が悪くなってしまう
●バケツに入れっぱなしにしない…こちらも鮮度が落ちる
●素手で長時間持たない…鮮度が落ちる
とにかくサバはデリケートな魚。めちゃくちゃうまいサバだからこそ、丁寧に持ち帰りたい。
サバを血抜きするかどうかは賛否両論あるので、自分の好きな方でいいだろう。しかし、血抜きをしても、時間が掛かったり、バケツに長時間泳がせておくんだったら、何もせずにクーラー直行がいい。
「松輪サバ」の漁師は、釣ったサバは一切手を触れず、魚外しで外して、ギンギンの水氷の中へドボン。これと同じようにするのもおすすめ。
血抜きをすると、「うまみが抜ける」という人も多い。いずれの場合も、この暑い中にさらさないこと。
帰りには氷を追加して、ガチ冷えにして持ち帰ろう。
しめ鯖、塩焼き、竜田揚げ、味噌煮などなど、思う存分にご堪能あれ。サバの見方が変わるかもしれませんよ!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
東京湾で好調なスタート!大人気ターゲットのカワハギはエサをかすめ取るエサ取り名人。そんなカワハギのタックル、仕掛け、エサ付け、釣り方を紹介!釣り方をマスターして、良型を釣りに行きましょう!!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
最新記事
細身ブランクの究極のゲームロッドシリーズ「リーディングスリルゲーム・Y」
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
多希志丸(腰越)の釣果情報を掲載
源平丸(洲崎)の釣果情報を掲載
ハヤブサ女性モニター「隼華(HAYAKA)」女性限定アマダイ船釣り体験 12月14日開催 参加者募集
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読